Makuake Makuake Makuake 400 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots
















あなたの支援

リターン支援

支援金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

100回のキセキ 読書会記念誌 作成プロジェクト

戻す

実行者の最新投稿

more
最新の投稿はありません

ストーリー

『100回のキセキ 読書会記念誌 作成プロジェクト』

「本を読んだ感想を誰かと共有して、意見交換する」を目的に『語り合おう読書交流会』がスタートしたのが、今から9年前の2010年4月。当初のメンバーはわずか2人でした。

 

毎回課題本を選出し、それを読書会開催日までに読み込み、当日議論するという形式。当初は不定期な開催日でしたが、数年前から月の第三金曜日開催と定期開催となり、月一回の開催を続けてきました。

勉強会の類としては風変りなのかもしれませんんが“お酒を飲みながら”というスタイルを初回より貫いてきました。ふざけている!と批判されそうですが、アルコールが参加者の気持ちを解放させるのか、毎回活発な議論が展開されています。

そんな肩ひじを張らないスタイルが良かったのか・・・、いや、きっと得るものが多かったのでしょう、開催数は2019年8月をもって100回を数えるに至り、参加人数もこれまでに70名を超えるまでになりました。

2人だけで始めた頃には、まさか100回を数えることになるとは夢にも思っていませんでした。

まさに塵も積もれば山となる、です。

さて、100回の読書会が開かれた、ということはその時に選出された課題本も当然100冊となるわけです。

第100回の開催を記念して、今までの100回分の軌跡を集約した“記念誌”を作成する、というのが今回のプロジェクト。各回の本の概要、参加者の感想や考察、開催されたお店の紹介をページ構成の基本として、100回分をまとめたものを作成します。

この「100回記念誌」は読書交流会メンバーにとって、当事者として思い入れの詰まった一冊であることは言うまでもありません。しかしながら、単なる「思い出アルバム」で終わるものにもしません。

70名もの本好き、読書好きが集まって、9年間という月日の中で選ばれてきた100冊の本です。ジャンルも純文学、ミステリー、時代小説、詩集、ノンフィクション、ビジネス本等々・・・と実に多岐に渡っています。

『星の王子さま』

著者:サン=テグジュペリ 訳者:河野 万里子

出版:新潮文庫

 

 『予告された殺人の記録』

著者:G. ガルシア=マルケス 訳者:野谷 文昭                             

出版:新潮文庫

 

『天平の甍』

著者:井上靖

出版:新潮文庫

 

『智恵子抄』

著者:高村光太郎

出版:新潮文庫

 

『バッタを倒しにアフリカへ』

著者:前野ウルド浩太郎

出版:光文社新書

 

『道をひらく』

著者:松下幸之助

出版:PHP研究所

 

それら全てを一冊に集約し、メンバーだけでなく、外に向けても紹介しよう!というのが私たちのチャレンジです。

世界の本の総数は一説では1億3000万冊ほどだと言われていますが(http://booksearch.blogspot.com/2010/08/books-of-world-stand-up-and-be-counted.html)、数多ある本の中からどんな本を選んで読めばいいのか?と悩んだ経験がある人は多いのではないでしょうか?せっかく時間を割いて読むのだから失敗したくない、良書を引き当てたいと思うのは当然です。

であるので、今回制作する「100回記念誌」は、本選びに悩む人のガイドブック、道しるべとなるでしょう。

更には読書会各回で語られた、参加者の感想や考察も記載されているので、記念誌に掲載された本を読めば読書会メンバーとの内容共有もできることになります。自分ひとりでは思いもつかなかった気づきを得られるかもしれない、いや!きっと得られるはずだと確信しています。

なかなか読書会という場に参加するのが難しいという方も、この記念誌で本を通じたコミュニケーションの醍醐味、思いもよらない発想の広がりを疑似体験していただきたいと思います。

また、読書会は長野県上田市周辺の飲食店が会場となります。つまりこれまでに100店のお店を利用したことになります。(もちろん重複するお店もありますし、残念ながら現在は閉店してしまった所もあります)それら読書会の会場となったお店も、記念誌の中で紹介させていただきます。私たちの活動で、地域の経済が潤う、そんな地域貢献ができれば嬉しいかぎりです。

さらに特筆すべきは、今回制作する記念誌の表紙を、地元長野県上田市出身のイラストレーター、押金 美和(おしかね みわ)氏が描き下ろしてくれます。

※↑上記イラストは押金氏のイラストですが、実際の表紙イラストとは異なります。

また、最高額のご支援をくださった1名様に表紙イラストの原画も提供していただけることになりました!生みの苦しみを経てこの世に生まれた原画は、絵を描く方達にとって我が子同然の大切な物だと思います。そんな貴重な物を提供してくれること、また多くの依頼が押し寄せ、多忙な毎日を送られている中、私たちの活動に賛同していただき、今回の無理なお願いを了承してくれた、押金氏に心から感謝しています。

多くの人たちの協力があっての今日ではありますが、一冊の本を通じて人と人とが繋がり、語らいの場が創り出される。そんなコミュニケーションの醸成モデルを、多くの方に知ってもらいたい。そのきっかけとなる“記念誌”、ぜひあなたに届けさせてください!

【リスク&チャレンジ】

読書会記念誌は、現在製作中で、11月中に支援者に配送を完了する予定です。プロジェクト終了後には迅速に支援者への配送を開始する予定ですが、生産状況や天候、シッピングの問題で配送が遅れる可能性があります。

支援者からの応援コメント

プロジェクトを支援する

プロジェクトを支援する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2019年08月21日までに支払いを完了した時点で、支援が成立します。

3,000円を支援(税込)

あなたのお名前 お載せします!  記念誌1冊!
あなたのお名前 お載せします!  記念誌1冊!

・記念誌1冊
 (※画像はイメージです。)
・芳名掲載 
 (※掲載保証:初回印刷分のみ)
 

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

5,000円を支援(税込)

読書会オリジナルしおり!
読書会オリジナルしおり!

・記念誌1冊
・読書会オリジナルしおり
 (※画像はイメージです。)
・芳名掲載
 (※掲載保証:初回印刷分のみ)

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

10,000円を支援(税込)

メンバーが選ぶ1冊! +会長からお礼の電話致します!
メンバーが選ぶ1冊! +会長からお礼の電話致します!

・読書会にて選んだ課題本1冊
・会長からお礼の電話(2019年11月中に実施予定)
・記念誌1冊
・芳名掲載
 (※掲載保証:初回印刷分のみ)

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

50,000円を支援(税込)

【先着10名様!】メンバーが選ぶ10冊!+会長との宴席!
【先着10名様!】メンバーが選ぶ10冊!+会長との宴席!

・読書会にて選んだ課題本10冊
・上田市内にて会長との宴席
----------------------
- 開催日時:2019年11月中旬~12月中旬(予定)
- 開催時間:土日の19時前後or平日19時〜21時くらい(予定)
- 開催場所:上田市内飲食店(予定)
----------------------
※日時・場所等の詳細は、追ってMakuakeメッセージよりご相談のうえ確認させて頂きます。
 ※交通費は自己負担にてお願いします。
 ※当日はMakuakeマイページにて本人確認いたします。
 ※支援者さまご本人のみ参加可能となります。

・記念誌1冊
・芳名掲載
 (※掲載保証:初回印刷分のみ)
  
   

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

100,000円を支援(税込)

【先着2名様!】記念パーティご招待(胴上げ致します)!
【先着2名様!】記念パーティご招待(胴上げ致します)!

・記念パーティご招待【胴上げ付】
  ※記念パーティー詳細
   日時:2019年8月24日(土) 18:00~
   場所:長野県上田市 「ささや」にて
   ※交通費は自己負担にてお願いします。
   ※当日はMakuakeマイページにて本人確認いたします。
   ※支援者さまご本人のみ参加可能となります。
・記念誌1冊
・芳名掲載
 (※掲載保証:初回印刷分のみ)
           

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

150,000円を支援(税込)

【先着1名様!】カバーイラスト原画 記念パーティご招待!
【先着1名様!】カバーイラスト原画 記念パーティご招待!

・イラストレーター押金美和氏
 【http://www.oshikanemiwa.com/ 】
 描き下ろし 記念誌カバーイラスト原画
 (※画像はイメージです。)
・記念パーティご招待【胴上げ付】
  ※記念パーティー詳細
   日時:2019年8月24日(土) 18:00~
   場所:長野県上田市 「ささや」にて
   ※交通費は自己負担にてお願いします。
   ※当日はMakuakeマイページにて本人確認いたします。
   ※支援者さまご本人のみ参加可能となります。
・記念誌1冊
・芳名掲載
 (※掲載保証:初回印刷分のみ)
                 

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 地域活性化カテゴリの 「100回のキセキ 読書会記念誌 作成プロジェクト」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、支援後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、支援後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。