Makuake Makuake Makuake 400 403 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect apple loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots icon-warning
















あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

プロジェクトの期間が終了しました

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

遊んで学べるプログラミングロボット 「あるくメカトロウィーゴ」の特別先行販売!

戻す

ストーリー

  1. 【初心者にも優しい】見た目も動きも自分好みにカスタマイズできる新感覚プログラミングロボット!
  2. 【福島県産ロボット】カメラを使った操縦やアクロバティックな姿勢制御など期待に応える技術が満載!
  3. 【小林和史氏/講談社監修】人気ロボットキャラクター「メカトロウィーゴ」の動くロボットが実現!

※最終製品のデザイン、仕様、外観は、掲載の写真・動画とは異なる場合があります。

ロボットとの思い出が、成長の記録。

株式会社リビングロボットは「人とロボットが共に生きる」というビジョンを掲げ人に寄り添い、人と共に成長するロボットを開発しています。このビジョンにピッタリだったのが、造形家の小林和史氏がデザインし「新世代のロボットキャラクター」として講談社が注目した「メカトロウィーゴ」でした。

私たちが開発した遊んで学べるプログラミングロボット「あるくメカトロウィーゴ」を今年3月から自社オンラインショップにて発売するのに先立ち、このロボットをより多くの方に知っていただきたいという思いから、Makuakeにて「あるくメカトロウィーゴ」の先行販売を行います。

手のひらサイズで二足歩行。ロボットなのに、愛着の湧くフォルム。

「あるくメカトロウィーゴ」は見た目や動きを自分好みにカスタマイズできるロボットです。広くプログラミング教育に使われているScratch(スクラッチ)を応用した、専用のプログラミング学習用ソフトウェアを使うことで、難しい知識なしに、誰でも簡単に色々な動きをロボットにさせることが出来ます。

プログラミング教育の必修化に合わせ、プログラミングスキルの習得そのものを目的とするだけでなく、プログラミングを通じてどんなことをしたいのか考える、物語のデザイン力・実現力を高めるロボットとして、「あるくメカトロウィーゴ」はすでに福島県、福岡県の小中学校を始め、様々な場面で子ども向けのプログラミング学習用教材として選ばれています

「孫といっしょにプログラミングを学びたい」という声に応えて

日本各地の小中学校で、プログラミング学習用ロボットとして「あるくメカトロウィーゴ」が活躍する中、「孫と一緒にプログラミングを学びたいから、ロボットを一般向けにも販売して欲しい」という一通のメールをいただきました。

昨年まで学校向け限定で販売していた「あるくメカトロウィーゴ」でしたが、より多くの方々に「あるくメカトロウィーゴ」を使うことでしか味わえない、プログラミング学習の楽しさや喜びを体験していただきたいと思い、学校や教育機関以外でも楽しんでお使いいただけるよう改良を重ね、今年遂にこうして一般向け販売が実現しました。

「あるくメカトロウィーゴ」の一般向け販売を希望し、お問い合わせいただいた多くの方々に深く感謝申し上げます。

“わたしだけのロボット”があっていい

私たちひとりひとりに個性があって違うように、ロボットとの関わり方も人それぞれいろんな形があっていい。動きや見た目を自分らしくカスタマイズしながら、ロボットと一緒にオリジナルストーリーを考えたり写真や動画を撮影したり、他にもどんなことをしようかワクワクしながら考えてみませんか?

今まで学校向けに販売していた「あるくメカトロウィーゴ」はプログラミング学習用のコンテンツを主に提供していましたが、今回一般向けの「あるくメカトロウィーゴ」には新しくご家庭でも楽しめるコンテンツを追加しました。ご家庭での遊びと学びをサポートします!

学校にてプログラミング教育が必修化されてから、プログラミングに興味をもつようになった方が増えてきていますが、難しそうでなかなか手を出せずにいる方もいるのではないでしょうか。しかし、「あるくメカトロウィーゴ」は難しい知識なしに、誰でも簡単にプログラミングを学ぶことができます。しかも、従来ならプログラムした結果をパソコンの画面内でしか確認できないのに対し、「あるくメカトロウィーゴ」なら自分がプログラムした結果を実際に動きだすロボットを通して見て触って確認することができます。プログラムした通りにロボットが動くの見れば、楽しさも喜びも倍になるはずです!

※動画は学校向けのコンテンツとなります。動画1:07~1:23の内容(先生や生徒のための手引書やプリントなど)は、一般向けには販売されません

「あるくメカトロウィーゴ」を使ったプログラミング学習は、ロボット本体と併せて私たちが開発したScratch(スクラッチ)をベースとした専用のプログラミング学習用ソフトウェアを使って行います。この専用ソフトの特徴は、教材を見ながらお子さんが自力で学習を進められることです。

「ダンスする」「キックする」「ガッカリする」「ごっつあんポーズをする」など個性的で見飽きないロボットの動きが盛りだくさん!音楽に合わせて好みのダンスが自分で作れるカスタマイズダンスができるほか、センサーを使って周囲の環境を認識しながら歩かせたり、ボールを蹴るなどの動きを組み合わせて、遊び方を自由に工夫することができます。

本来、「あるくメカトロウィーゴ」をご利用いただくには月額利用料金(基本使用料500円/月など)が発生しますが、今回はMakuakeでの先行販売にてご購入いただいた方限定で、「あるくメカトロウィーゴ」の月額利用料金(基本使用料500円/月など)が3ヶ月間無料で試せるパッケージ※を用意しました!今がお得にお買い求めいただける絶好のチャンスです!

プラモデルと同じように「あるくメカトロウィーゴ」は外装パーツの付け外しができます(頭部、足(靴)は取り外しできません)。パーツを付け替えたり、好みの色に塗装し直したりして、自分だけのオリジナルロボットにカスタマイズしてみませんか?

今回、パーツの付け替えや塗装をもっと楽しんでいただくために、真っ白な外装パーツをまとった「あるくメカトロウィーゴ」プレミアムバージョンや、プレミアムバーションのパーツセットなどをリターンとしてご用意しています!自分がデザインしたロボットなら、より一層愛着が湧くこと間違いなしです!

「あるくメカトロウィーゴ」の一般向け販売に伴い、今回新たに追加したのが「操縦モード」です。操縦モードではロボットの目に搭載したカメラを使って、まるでウィーゴのコックピットに乗っているような気持ちで、ロボットの目線から見た景色をスマホやパソコンの画面上で確認しながら、ロボットを歩かせたり、色々な動きをさせることができます。

操作はとても簡単!操作画面上でロボットに歩かせたい方向にカーソルもしくは指をなぞるだけでロボットがその通りに動き出します。ペットを下から見上げてみたり、家具と家具の隙間に入ってみたりと、手のひらサイズのロボットに乗っている感覚を楽しめます。さあ、「あるくメカトロウィーゴ」と一緒に冒険に出かけましょう!

「あるくメカトロウィーゴ」を動かせるのは家の中だけではありません。Wi-Fi環境下やスマホを使ってテザリングを行うことで、どこでもロボットを動かすことができます。Wi-Fi完備のカフェでプログラミングのお勉強をしたり、友達と屋外でロボットを操縦して遊んでみましょう!

やりたいことに寄り添える高い技術

ロボットと一緒にこんなことがしたい!という願いを叶えるために、「あるくメカトロウィーゴ」の小さい体の中には様々なロボット技術が搭載されています。

カメラ:ロボットの頭にカメラを搭載!

センサー:距離センサー(TOF) 、明るさセンサーを搭載!障害物を避けたり、暗いところで目が光る、など状況に合わせた動きをプログラミング可能。

高度なモーション:二足歩行のみならず、片足立ちや前転などアクロバティックな動きも可能。このモーションプログラムはロビ2やロボホン等も手掛けるクリエーターの亀井栄輔氏によるものです。

東日本大震災から10年

「あるくメカトロウィーゴ」は、モデリズム小林和史氏が生み出したオリジナルロボット「メカトロウィーゴ」をモデルに作られました。「メカトロウィーゴ」はその幅広い世界観と愛らしさでファンを魅了し、プラモデルや完成品トイとして今でも大人気のロボットです。「メカトロウィーゴ」が誕生したのはちょうど10年前、東日本大震災が起きたあとでした。

ロボットが登場する映画やアニメ作品では、その大半が兵器として扱われています。小林氏は戦いを目的とするのではなく、人々の日常に寄り添い、人々を笑顔にできるようなロボットを作れないかと考えていました。そんなロボットを考案している最中に東日本大震災が起こりました。人々が過酷な状況に強いられるのを目の当たりにして、より一層人々の支え合いの必要性を噛みしめ、人々を笑顔にしたいという想いが強くなったと小林氏は語りました。こうして「We Go(みんなでともに前に進もう)」という意味が込められた平和を象徴するロボット「メカトロウィーゴ」が生まれました。

3年前に福島県にて創業した弊社リビングロボットは創業以来、人に寄り添い、人と共に成長するパートナーロボットの開発を進めてまいりました。講談社を通じて小林氏の想いに共感した弊社は、小林氏ご本人のデザイン監修も得られ「あるくメカトロウィーゴ」を完成させることができました。

また、この度Makuakeでの「あるくメカトロウィーゴ」先行販売のためにイラスト付きサインTシャツデザインを描き下ろしていただきました。

「あるくメカトロウィーゴ」があなたと共に前へ進む良きパートナーになりますように…

※ロボット本体がお手元に届いた後に、弊社サイトにてID作成やロボット登録作業などのお手続きが必要となります。また、4ヶ月目以降は利用料金がかかります。

◼︎商品仕様

◼︎実行者紹介

株式会社リビングロボットは、メーカーで携帯電話、スマホ、ロボホン等、イノベーティブな商品を開発してきたメンバーが集まり、2018年に起業しました。「人とロボットが共に生きる」をビジョン人に寄り添い、人と共に成長するロボットの開発を行っています。2019年に人気ロボットキャラクター「メカトロウィーゴ」をモデルに、自分で動かせ一緒に学ぶロボット「あるくメカトロウィーゴ」を開発。2020年には福島県や福岡県の小中学校に導入され、福島県の被災地をはじめ、日本全国各地で小・中学生のプログラミング学習に活用されています。現在も赤ちゃんを見守るロボットや介護の手助けをするロボットなどを開発中です。

本社は福島県伊達市に位置し、福島県南相馬市にある福島ロボットテストフィールドにも開発ラボを構えています。他にも福岡県福岡市に開発ラボ、東京都渋谷WeWorkにオフィスを構え、日々ロボットの開発や広報活動に尽力しています。

2021年1月28日に行われた「ふくしまベンチャーアワード2020」にて最優秀賞をいただきました!写真は「あるくメカトロウィーゴ」の製造を担っていただいているアサヒ電子の皆さんとともに撮った一枚です。

リスク&チャレンジ

私たちは「あるくメカトロウィーゴ」をお客様に提案するために現在、プロジェクトを誠心誠意進めております。しかしながら、開発中の工程で、仕様の一部が変更になる可能性がございます。発送スケジュールについては、想定外の事象が発生した場合にお届けが遅れる場合がございます。プロジェクトページの記載内容に変更が出た場合は、できるだけ迅速に活動レポートなどで共有を行っていく予定です。最後に「あるくメカトロウィーゴ」を手に取った皆様に喜んでいただけるよう、チームメンバー一生懸命に対応していきますので、応援のほどよろしくお願いいたします。 ※使用感等に関する返品・返金はお受けいたしかねます。 ※本プロジェクトを通して想定を上回る皆様からご支援を頂き、現在進めている環境から量産体制を更に整えることができた場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。 ※他社様の類似品の販売を防ぐことができない可能性がある点、ご了承願います。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2021年02月26日までに支払いを完了した時点で、応援購入が成立します。

3,000円(税込)

【ウィーゴに氏名記載ができる】支援セットB

本プロジェクトを支援していただいた方の氏名をあるくメカトロウィーゴの本体に記載し、福島ロボットテストフィールドにて展示させていただきます。また、福島ロボットテストフィールドまで実際にお越しいただける方には、お土産付き見学ツアーを提供させていただきます。

内訳:
★プロジェクト支援者として「あるくメカトロウィーゴ」に氏名を記載し福島ロボットテストフィールドにて展示
★福島ロボットテストフィールド見学ツアー
(お土産付きツアー参加権込みのセット価格です)
(福島ロボットテストフィールドにお越しいただける方のみ)

〈★はMakuake限定〉


※記載したい氏名はご自由に希望いただけます。ただし、記載したいロボットの部位はお選びいただけません。
※見学可能期間は2021年3月1日〜2021年8月27日までです。ご希望の日時を事前にご連絡いただき日時調整を行います。ただし、福島ロボットテストフィールドへの交通費は自己負担とさせていただきます。

のサポーター

残り

2021年03月末までにお届け予定

5,000円(税込)

【限定デザインTシャツ付き】支援セットA
【限定デザインTシャツ付き】支援セットA

本プロジェクトを支援いただいた方に、Makuake先行販売限定の小林和史氏による描き下ろしデザインTシャツとリビングロボットのオリジナルクリアファイルを差し上げます。

内訳:
★小林和史氏による限定デザインTシャツ1枚(背面無地) ※1 ※2
・リビングロボットオリジナル クリアファイル1枚

〈★はMakuake限定〉

※1:Tシャツは2色(ホワイト/ブラック)からお選びいただけます。
※2:Tシャツは5サイズ(キッズ(130cm)/S/M/L/XL)からお選びいただけます。
※製造工程上の止むを得ない事情により、お届けが遅れる場合がございます。

のサポーター

残り

2021年03月末までにお届け予定

110,000円(税込)

【限定カラー】あるくメカトロウィーゴ 付け替えパーツセット
【限定カラー】あるくメカトロウィーゴ 付け替えパーツセット

今回Makuakeでの先行販売のために作られた「あるくメカトロウィーゴ」プレミアムバージョン(ホワイト)の付け替えパーツが付いたセットです。「あるくメカトロウィーゴ」ノーマルバージョンの付け替えを楽しんでいただけます。また、「あるくメカトロウィーゴ」の月額利用料金が特別に3ヶ月間無料になります。

内訳:
・「あるくメカトロウィーゴ」ノーマルバージョン(スカイブルー)1体 ※1
★「あるくメカトロウィーゴ」プレミアムバージョン(ホワイト)のパーツ1セット
★「あるくメカトロウィーゴ」の月額利用料金(基本使用料500円/月など)が3ヶ月間無料で試せるパッケージ ※2 ※3 ※4

〈★はMakuake限定〉

※1:ロボットのパーツは頭部、足(靴)は取り外しできません。
※2:4ヶ月目以降は利用料金がかかります。
※3:ロボット本体がお手元に届いた後に、弊社サイトにてID作成やロボット登録作業などのお手続きが必要となります。
※4:基本使用料などの月額利用料は1台ごとに1契約となります。
※製造工程上の止むを得ない事情により、お届けが遅れる場合や仕様が一部変更になる可能性がございます。

のサポーター

残り

2021年03月末までにお届け予定

90,000円(税込)

【早割・限定カラー】あるくメカトロウィーゴ 付け替えパーツセット
【早割・限定カラー】あるくメカトロウィーゴ 付け替えパーツセット

今回Makuakeでの先行販売のために作られた「あるくメカトロウィーゴ」プレミアムバージョン(ホワイト)の付け替えパーツが付いたセットです。「あるくメカトロウィーゴ」ノーマルバージョンの付け替えを楽しんでいただけます。また、「あるくメカトロウィーゴ」の月額利用料金が特別に3ヶ月間無料になります。

内訳:
・「あるくメカトロウィーゴ」ノーマルバージョン(スカイブルー)1体 ※1
★「あるくメカトロウィーゴ」プレミアムバージョン(ホワイト)のパーツ1セット
★「あるくメカトロウィーゴ」の月額利用料金(基本使用料500円/月など)が3ヶ月間無料で試せるパッケージ ※2 ※3 ※4

〈★はMakuake限定〉

※1:ロボットのパーツは頭部、足(靴)は取り外しできません。
※2:4ヶ月目以降は利用料金がかかります。
※3:ロボット本体がお手元に届いた後に、弊社サイトにてID作成やロボット登録作業などのお手続きが必要となります。
※4:基本使用料などの月額利用料は1台ごとに1契約となります。
※製造工程上の止むを得ない事情によりお届けが遅れる場合や仕様が一部変更になる可能性がございます。

のサポーター

残り

2021年03月末までにお届け予定

200,000円(税込)

【限定カラー・サイン付き】あるくメカトロウィーゴプレミアムセット
【限定カラー・サイン付き】あるくメカトロウィーゴプレミアムセット

今回Makuakeでの先行販売のために「あるくメカトロウィーゴ」プレミアムバージョン(ホワイト)をご用意しました。パーツの付け替えや塗装をお楽しみいただけます。他にも「メカトロウィーゴ」の原作者である小林和史氏のサイン、「あるくメカトロウィーゴ」の月額利用料金が特別に3ヶ月間無料になるなど、ここでしか手に入らない限定品を贅沢に盛り込んだプレミアムセットです。

内訳:
★「あるくメカトロウィーゴ」プレミアムバージョン(ホワイト)1体 ※1
・「あるくメカトロウィーゴ」ノーマルバージョン(スカイブルー)1体 ※1
★「あるくメカトロウィーゴ」プレミアムバージョン(ホワイト)のパーツ1セット
★「あるくメカトロウィーゴ」の月額利用料金(基本使用料500円/月など)が3ヶ月間無料で試せるパッケージ ※2 ※3 ※4
★小林和史氏のイラスト付きサイン色紙1枚 ※5
・リビングロボットオリジナル パーカー(ネイビー)1着 ※6
・リビングロボットオリジナル クリアファイル2枚

〈★はMakuake限定〉

※1:ロボットのパーツは頭部、足(靴)は取り外しできません。
※2:4ヶ月目以降は利用料金がかかります。
※3:ロボット本体がお手元に届いた後に、弊社サイトにてID作成やロボット登録作業などのお手続きが必要となります。
※4:基本使用料などの月額利用料は1台ごとに1契約となります。
※5:サインは宛名入りを希望いただけます。
※6:パーカーは2サイズ(M/L)からお選びいただけます。
※製造工程上の止むを得ない事情によりお届けが遅れる場合や仕様が一部変更になる可能性がございます。

のサポーター

残り

2021年03月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するクラウドファンディングプラットフォームです。このページは、 プロダクトカテゴリの 「遊んで学べるプログラミングロボット 「あるくメカトロウィーゴ」の特別先行販売!」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。