Makuake Makuake Makuake 400 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots

「Makuake」発の製品が展示・販売される「Makuake SHOP」取扱店舗が10店舗を突破!
〜伊勢丹新宿本店や、東急ハンズ、変なホテルなど全国各地の多岐に渡る店舗で展開〜

2019年06月06日




日本最大級のクラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」を運営する株式会社マクアケ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中山亮太郎、以下「当社」)は、「Makuake」発の製品が展示・販売される「Makuake SHOP」の取扱店舗が10店舗を突破したことをお知らせいたします。


「Makuake SHOP」は、「Makuake」発の製品が展示・販売されるリアル店舗です。「Makuake」におけるクラウドファンディング終了後も、ビジネスの広がりをサポートするために誕生しました。全国各地の様々な業態のパートナー企業と連携し、店舗数を拡大しています。


■提携販路と取り組み一覧

※東急ハンズ渋谷店の様子

「Makuake」は、「支援前にプロダクトに触れたい」という支援者の声に応え、2015年8月より伊勢丹新宿本店においてクラウドファンディング実施中のプロダクトを展示する国内初の取り組みを開始し、現在に至るまでこの取り組みを継続しております。その後、ドコモショップや、東急ハンズ、変なホテル、MONOTORY、北海道くらし百貨店と多岐に渡る流通パートナー企業の皆様と連携を結び、「Makuake」発の製品の展示・販売を行っております。 
さらに、東京や大阪をはじめとする主要都市だけでなく、北海道から九州に及ぶ幅広い地域において「Makuake SHOP」を展開しており、今後もエリアは拡大予定です。


■日本酒BARの実施や、店舗がクラウドファンディングを実施するユニークな事例も
また、伊勢丹新宿本店ではクラウドファンディング実施中のプロダクト展示のほか、「Makuake」発の日本酒を試飲・購入が出来る取り組み「Makuake×ISETAN 日本酒BAR」を期間限定で3回実施するなど、コラボレーション領域が広がっております。
さらに、2019年3月に開業した複合型体験エンタメ施設「アソビル」内における、ものづくりに特化した体験マーケット「MONOTORY(モノトリー)」では開業前に「Makuake」にてクラウドファンディングを実施し、顧客獲得を行いました。


■売れ筋商品
「Makuake」発の製品の展示・販売スペースにおいて取り扱われた製品数は400点以上にのぼり、これは「Makuake」を実施したプロダクトジャンルのプロジェクトにおいて10%以上が「Makuake」のリアル店舗スペースを活用していることになります。また、取り扱い商品ジャンルは最新ガジェットやファッション小物、便利グッズ、食品、ハンドメイドなど多岐に渡っており、店舗によってはその地域から誕生した商品を積極的に取り扱うなど、バラエティに富んだラインナップが特徴です。


全店舗を通して人気の商品は、「Makuake」でも4回プロジェクトを実施いただき累計3,300万円以上の支援を集め話題を集めた、持ち歩けるA4・A5サイズのノート型ホワイトボード「バタフライボード」や、タテ収納型アイテムキャリー「sussu stand by」などとなっており、日常で活用出来る便利グッズを中心に人気を集めています。
さらに、岐阜県関市の刃物の技術を活かした商品の人気は高く、簡単に魚をさばけるようになる包丁 「サカナイフ」や、年間40万本の耳かきを作ってきた会社が作るこだわりのチタン製木目ハンドル耳かき「極耳かき」、プルタブ起こしなどの6つの機能が1つにまとまった鍵型便利ツール「Key-Quest」などの商品が特に注目を集めています。
そして、大阪・泉州の地から生まれた吸水性抜群の臭わないふわふわタオル「菊風たおる」は、東急ハンズ 心斎橋店で売れ行きが良く、地元に根付いたプロダクトは支持を集めやすい傾向にあります。
また、猫の肉球のような触り心地のクッションが搭載されている「肉球マウス」や、日本刀モチーフのペーパーナイフなどは海外のお客様から非常に人気が高く、お土産としても活用される方が多いです。


タテ収納型アイテムキャリー「sussu stand by」の開発者の高橋節子さんは「Makuake SHOP」での展開について、「『Makuake』での成功実績を元に、販路展開が有利に進むようになりました。また、今まで繋がりのなかった店舗で販売が決まり、売れ行きも好調で非常に満足しています。今後も新商品を開発した際は『Makuake』を利用しその後の販路展開に繋げていきたいです。」と語りました。


また、スマホで撮影したお子様の画像や動画が実家のテレビへすぐに届く、IoTサービス「まごチャンネル」はプロジェクト実施期間中に伊勢丹新宿本店にて展示がされ、好評だったことがきっかけとなり、プロジェクト終了後に伊勢丹新宿本店や日本橋三越本店、銀座三越で販売が決定するなど、販路拡大に繋がりました。


■流通担当者が「Makuake」と取り組む理由
・自社バイヤーだけでは見つけきれないような、ユニークな商品や地方の素敵な商品が見つかる。且つ、情報スピードが早く商品のバリエーションが広い。
・「客観的に」人気のある商品が仕入れられる。「Makuake」での実績の高さが世間の注目ということがいえるから。
・「Makuake」で話題を集める商品目当てで来店するお客様もいるため、集客に繋がる。


「Makuake」と取り組む理由について、東急ハンズ渋谷店のMD企画部 ユニットリーダーの中村 勲さんは、「『Makuake』と取り組むきっかけとなったポイントは、情報のスピート感とバリエーションです。当社のバイヤーは様々な手段で取り扱う新商品を探しており、個々のメーカーへ地道に足を運ぶことも少なくありません。しかし、このやり方は当然手間がかかり、そのメーカーの商品しか見られないという弱点があり商品選定はいつも苦労するポイントです。一方『Makuake』の場合は、企画段階から多様な情報を手に入れられ、東急ハンズの業態からなかなか結び付きにくいフード系やファッション系などのプロジェクトも多数取り扱っているので、迅速な情報収集が可能になるとともに、今までにないコンテンツとのコラボレーションが期待できることが魅力でした。」とコメント。魅力的な店舗を作るための、商品調達手段として、トレンドになりつつあることがわかります。(※1)


今後も「Makuake」では、様々な全国の流通パートナーと連携しながら、プロジェクト実行者の皆様が生み出した新製品がより多くの消費者に届くよう支援してまいります。


※1:日経トレンディネット2018年4月から引用


■株式会社三越伊勢丹
http://www.imhds.co.jp/company/isetanmitsukoshi.html

※伊勢丹新宿本店
https://www.isetan.mistore.jp/shinjuku.html

■ NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/

※ドコモショップグランフロント大阪店
https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0601601340800

※ドコモショップ本町店
https://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/shop.html?id=0601601298000

■株式会社東急ハンズ
https://www.tokyu-hands.co.jp/

※東急ハンズ渋谷店
https://shibuya.tokyu-hands.co.jp/

※東急ハンズ心斎橋店
https://shinsaibashi.tokyu-hands.co.jp/

※東急ハンズ広島店
https://hiroshima.tokyu-hands.co.jp/

※東急ハンズ名古屋店
http://nagoya.tokyu-hands.co.jp/

※東急ハンズ大分店
https://oita.tokyu-hands.co.jp/

■H.I.S.ホテルホールディングス株式会社
https://www.hishotelgroup.com/

※変なホテル東京 浅草橋店
https://www.hennnahotel.com/asakusabashi/

■株式会社アカツキライブエンターテイメント
https://ale.tokyo/

※MONOTORY
https://monotory.me/

■サツドラホールディングス株式会社
https://satudora-hd.co.jp/

※北海道くらし百貨店 札幌ノルベサ
https://www.kurashistore-hokkaido.jp/user_data/brand-concept.php#NORBESA

■クラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」とは
株式会社マクアケが運営する日本最大級の、「生まれるべきものが生まれ 広がるべきものが広がり 残るべきものが残る世界の実現」をビジョンに掲げるクラウドファンディングサービス。2013年8月のサービス開始より、6,000件以上のプロジェクトを掲載し、累計調達金額はクラウドファンディングサービス最短で100億円を突破。1,000万円を超える大型の資金調達事例は約200件にのぼります。現在、全国90社を超える金融機関との連携や提携により、地方の事業者によるプロジェクトの実施事例も増加傾向にあるほか、製造業や飲食業との異業種提携も進め、プロジェクト実行者側や支援者側双方の利便性向上と満足度向上を目指しています。
サービスURL https://www.makuake.com/


■株式会社マクアケ 会社概要
社名   株式会社マクアケ
URL    https://www.makuake.co.jp/
所在地   東京都渋谷区渋谷2-16-1 Daiwa渋谷宮益坂ビル 10F
設立    2013年5月1日
代表者   代表取締役社長 中山亮太郎
事業内容  クラウドファンディングサービス事業、など

本プレスリリースに関するお問い合わせ先: 
株式会社マクアケ  広報担当
press@makuake.co.jp
 

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、支援後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、支援後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。