Makuake Makuake Makuake 400 403 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check check-03 clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line link login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect apple loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots icon-warning

あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

プロジェクトの期間が終了しました

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

業界初採用の特許技術!スイッチ1つで青軸赤軸が切り替えられるゲーミングキーボード

戻す

ストーリー

  1. クリック感のある触覚的な青軸と、スムーズで静粛性の高い赤軸の打鍵感をスイッチ1つで切り替えれる
  2. 青軸、赤軸ともゲーマーが満足する打鍵感が1台で手に入る革新的なキーボード
  3. Nキーロールオーバー、キーの割り当てやバックライトなどカスタム可能、パームレスト付きと高機能

ゲームのジャンルによって青軸赤軸を使い分けたいと思ったことはありませんか?

両方のキーボードを揃えたくても、キーボードを2台置くスペースに困ったり、ケーブルを差し替える手間が面倒で諦めた方もいると思います。

Predator Aethon 700は、キーボードにこだわるプレイヤーに送る、打感を切り替えられる特許技術を業界で初めて搭載したメカニカルゲーミングキーボードです。

打鍵感はキーボード上に鎮座するレバーにより瞬時に切り替えが可能。プレイを止めることのないスムーズな動作をお約束します。

レバーを左に倒すと、レバー根元のLEDが青く発色し視覚的にモードを知らせると共に、瞬時に確かな打鍵感を得られるタクタイルモードに移行します。レバーを上に起こすと、LEDは赤く発色しリニアモードに移行し、静かな打鍵感が得られます。

タクタイルモードはクリック感のある触覚的な打鍵感で、クリック感のある触覚的なキー操作ができます。ひとつひとつのキーを押すたびに心地よいフィードバックを感じることができ、高い精度でゲームに集中できます。

リニアモードは直線的な打鍵感で、直線的でスムーズかつ静粛性の高いの高い光学的なキー操作ができます。キー入力が瞬時に行われ、キーの跳ね返りがスムーズなため滑らかな感触を得ることができ素早い入力が可能です。

どちらのモードも作動点は 2.0 ± 0.6 mmで素早い入力が可能。45 ± 15 gfで初めて作動することで誤った入力を防げます。キーストロークはどちらも4mmと変わりませんが、タクタイルモードでは圧点力60±15gfにより確かな手応えが得られます。逆にリニアモードでは、軽い力で押下できキーの戻りもスムーズなためスピーディなタイピングが可能となります。

2つの打鍵感を持つPredator Aethon 700はゲームジャンルを選ばず、青軸、赤軸に適したゲームのどちらにも対応します。また、静かにゲームをしたい時間帯やゲーム以外の作業をするときにお好みのモードに切り替えて使用することができます。

Predator Aethon 700はNキーロールオーバーで、同時押しされているキーの数にかかわらず、新たに押されているキーの入力を認識します。また同時に押されているキー数の制限もありません。6,000万回のキーストローク耐久性で、あなたを入力エラーから守ります。キーボード本体のトップケースはアルミを採用。激しいキー入力にも本体がたわむことがない設計です。

ダイヤルを回転させれば、すぐに音量を変更することができます。ローラーを回転させながら操作するため、集中力を持続させることができます。

暗い場所でもキーやキーボードの底版がLEDで光るので、認識度が上がります。Acerが開発した「Predator Quartermaster」というソフトをインストールすることで、1680万色のライティングを自在にコントロールできるほか、各キーのバックライトもカスタマイズ可能。さらに予めキーボードに登録されている7種類のライティングモードから好みに合わせた設定を選択することも可能です。

Predator Aethon 700はプログラマブルキーボードです。Predator Quartermasterを介して、ライティング以外にもマクロなどの設定をカスタマイズすることができます。

腕を休ませるような設計を取り入れたマグネット式パームレストの快適な装着感をお楽しみください。

エッジの効いたエレガントなデザインでアルマイトのメタリックな質感。

*1 PredatorQuarterMasterで設定可能
*2 Acerホームページよりダウンロード
*3 製品の仕様は予告なく変更することがあります

パソコンを使用しオンラインゲームに没頭すること。
自分の能力をフル活用しサイコーのパフォーマンスで他を圧倒すること。
その時、環境が勝負を左右するのは明らかで、触覚はプレイへ最も影響します。

FPSにおける操作は一瞬のミスも許されません。まして使用する道具のせいで負けるなんてあってはならないと考え、本キーボードの設計が始まりました。

デザインについて

エルゴノミックデザインのキーボードは疲労感を覚えづらく非常に魅力的ですが、一方で慣れ親しんだ直線的なキーボードが一般的です。どの環境においてもスッと手を伸ばした時に違和感なく使えるキーボードがプレイヤーにとって最も親しみやすいと考えました。

また、プレイ中の操作における安定感は剛性のある本体から生み出されます。デザインにも妥協せずアルミニウムのトップケースを採用することで、圧倒的な安心感を提供します。

機能について

ゲーミングキーボードとして当たり前と言えるNキーロールオーバーを盛り込み、気持ちを高揚させるべく、全キーにはLEDを埋め込みました。専用のアプリケーションから色味を変えられる事で、一人一人に合わせたカスタマイズが出来るようにしました。

キーボードにおいてはクリック感の有無や押下圧の好みは様々です。本製品は、ゲームシーンによって異なる触感のキーボードが求められることに着目しました。FPS・シューティング、ダイレクトに動きを確認したい時にはクリック感を求め、チャットを多用するシーンや、配信を行う事を目的とした場合には静音性を求める傾向にあるのが昨今の主流です。

一般的にはいくつものキーボードを使いまわすほどスペースに余裕もありませんし、異なるキーボードではいつものパフォーマンスも出しづらいと思います。

これが1台で叶えられたら唯一無二の武器になるのではないか、使い慣れたキーボードがサイコーのパフォーマンスを引き出す手伝いができるのではないか。これこそが開発陣の総意となりました。

結果、出来上がったAethon700はゲームシーン以外にも有用でした。静音性が求められるところで、自宅でのテレワーク業務・論文や勉学用に素早い入力が可能となり、クリック音が響き渡らないことで集中力も上がります。

更に、使い込めば使い込むほどにキータッチになれることが出来るので、改めてゲームの世界に帰ってきた際には今まで以上のパフォーマンスを発揮できます。

出来上がった本製品はより多くの方に多くのシーンでご利用いただけるものになったと思います。全てのゲーマーにとってサイコーのキーボードになったら大変嬉しいです。ぜひ応援よろしくお願いいたします。

日本エイサー株式会社
Predator Aethon 700 製品開発担当 アラン・リン

FAQ

Q1. この商品は必ず手に入れることができますか?
A. 今回のプロジェクトは『All in』制になっておりますので終了後は必ず実行となりお手元にお届けできます。

Q2. 交換用のキートップの販売はされますか?
A. 現在のところ販売予定はございません。

Q3. 製品保証は海外でも適用されますか?
A. 本製品は国内での利用を想定しております。海外でのサポートは対象外となります。

Q4. 購入後の問い合わせはどこになりますか?
A. 日本エイサーのカスタマーサポートにてお受け致します。

Q5. いつ頃手に入りますか?
A. 2022年12月下旬頃にお届けする予定です(諸事情で変わる可能性がございます)

Q6. マウスなど他のPredator 関連商品はありますか?
A. 企画中ではありますが存在しています。

Q7. 動作するOSのバージョンはなんですか?
A. 動作確認済みのOSはWindows10及び、Windows11となります。

Q8. 日本語キーボードはありますか?
A. USキーボードのみとなります。

Q9. 専用のソフトウェアはどこで手に入りますか?
A. 「Predator Quartermaster」と検索していただくか、こちらからダウンロードが可能です。

リスク&チャレンジ

※開発中の製品につきましては、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。 ※本文中に記載させていただいたスケジュールは、あくまでプロジェクト公開時点の予定です。応援購入の性質上、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により配送遅延の可能性もございます。原則として、配送遅延に伴う応援購入のキャンセルはできませんが、リターン配送予定月から6ヵ月を超えた場合には、希望者に限りキャンセルにて対応させていただきます。 ※本プロジェクトを通して想定を上回る皆様から応援購入を頂き、現在進めている環境から量産体制を更に整えることができた場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2022年12月11日までに支払いを完了した時点で、応援購入が成立します。

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するアタラシイものやサービスのプラットフォームです。このページは、 プロダクトカテゴリの 「業界初採用の特許技術!スイッチ1つで青軸赤軸が切り替えられるゲーミングキーボード」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

ログインできない場合

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。