Makuake Makuake Makuake 400 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots
















あなたの支援

リターン支援

支援金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

プロジェクトの期間が終了しました

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

歩く安心を届けたい「杖用ショルダーベルトARUKUTOMO(アルクトモ)」

戻す

実行者の最新投稿

more
最新の投稿はありません

ストーリー

【この杖用ショルダーベルトで、杖で歩く人に安心を届けたい。

発明ラボックスの松本と申します。

なぜか・・今までに普及してこなかった大事なものを作ります。
それは「杖のショルダーベルト」です。

杖を利用する人は、杖を床に落とすことがとても心配なのです。

なぜなら、取ることが容易でないからです。



しかし、杖にショルダーベルトをつけることで
杖を床に落とす心配がなくなり、できることが増えるのです!

たくさんの杖を利用している方に、安心を届けたい・・

との思いで立ち上げました。

杖を利用している方は、どうしても片手が塞がるため、

電話をしたい
お財布を出したい
手すりを使いたい

など、利き手を使いたい時
杖の置き場所に困っていました。


例えばトイレにしても、

トイレで杖を倒してしまうと取れない、という不安から
介助をお願いしがちになります。

これが家でなく、外出先のトイレで杖を床に倒してしまったら
どうでしょう・・

みなさん、想像してください。
誰かを呼ぶと言ってもやはり恥ずかしいものです。

しかし、杖をショルダーベルトにつないでおけば、
利き手がフリーになりますので、
ズボンも上げ下げできます。
トイレットペーパーも使えます。
水も流せるのです。

そしてすぐに杖を使って
立ち上がることもできるのです。


 

【開発の背景】

5年前、2回目の脳梗塞で生死をさまよい、半身が動かなくなった
遠藤一代吉(かずよし)さんは、
医者から「これからもう歩けることはありません・・」
と車椅子生活を宣告されていました。

しかし一人暮らしをしている遠藤さんは、退院後なるべく自分でできる
ことはしようと心に決め、杖が自分から離れる心配がなければ、
歩く練習もできるのでは?
と思いついたのです。

そしてカメラのショルダーベルトを杖につけ、歩く努力をし続けた結果
なんと現在は車椅子を使うことなく、一人で日常生活ができるように
なったのです。

遠藤さんは、杖にショルダーベルトをつけたことで、
今までできなかったことが、たくさんできるようになりました。

杖を手放して

手すりも使えます。
ドアノブも使えます
買い物で財布を出せます。

利き手で電話もできます。

 

【リハビリ病院の職員さん達がビックリ!】

歩くこと以前に椅子にも座れなかった遠藤さんが、杖を使って病院を
訪ねてくることに、何よりもリハビリ病院の先生方はビックリ。


遠藤さんが使っている「杖のショルダーベルト」に注目しました。

このショルダーベルトがあるから、不安が軽減されて
歩く練習ができるんですね。


これはいいアイデアじゃない!
他の患者さんにも使ってもらいたいけど、どこで売ってるの?

「自分で考えたものなので、売ってはいないんです。」

 ※個人の体験談になります。

【遠藤さん、発明ラボックス訪問】

発明ラボックスは、主婦発明家の私が立ち上げた会社で
一般の人のアイデアを応援する会社です。

ある日、遠藤さんが介助なく一人で発明ラボックスを訪ねてきました。

「この杖のショルダーベルトは、どうも必要な人がたくさんいるようです。
これを商品化して、たくさんの人に使ってもらえるようにできませんか?」
と。


発明ラボックスは古いマンションの一室にあります。
20段もの階段を上らないと、マンションの入り口に辿りつきません。
遠藤さんの体の状態では、登ってこれるところではありません・・。

あのエントランスの階段を上ってこれたのですか!?

「この杖のショルダーベルトがあるから、手すりを伝って上がって
これるんです」
と初めて、杖のショルダーベルトを見せて頂いた時


「たくさんの人が待ってる商品かもしれない・・」

と胸にこみ上げるものがありました。



遠藤さんのアイデア「杖のショルダーベルト」は、なぜ今まで普及して
こなかったのか不思議でした。

商品リサーチしても、特許リサーチをしても
使いやすさを追求した杖用のショルダーベルトは、どうも見当たりません。

早速、遠藤さんに、使っていたカメラのショルダーベルトの不満を聞いて
改良し、本格的な「杖用ショルダーベルト」を制作することになったのです。


【カメラのベルトを利用していた時の不満点は2つ】

(1)カメラのショルダーベルトを杖につけると、動かしながら歩くので、
ベルトが肩から外れてしまう。

(2)手すりを使いたい、電話をしたい、ドアノブを使いたい
あるいは座った時、杖の置き場所に困った時など
一時的に、体のどこかに引っ掛けておきたい時がある



発明ラボックスでは、この2か所を改良し、
ファーストサンプルを作成しました。
※特許・意匠・商標出願中

 

(1)の不満点に対して・・
肩から落ちない工夫は「スライダー」を設けました。

素材のちょうど良い摩擦加減により「スライダー」は落ちません。
そして軽い力で、上げ下げすることができます。

(2)の不満点に対して・・
胸元に設けた「杖保持用ベルトスライダー」を設け、
軽い力で下げることができ、杖が入れやすいように大きめの輪ができます。

 

さらに、杖を入れて、邪魔にならない体の箇所に移動できます。

 


 


 

 

【リバビリ病院現場でも大好評!】

ファーストサンプルができた時点で、まずは遠藤さんの通っていた
リハビリ病院の先生方に渡し、各々の担当する患者さんに使って頂きました。

------------------------------------------------------------

(作業療法士 K様より)

>右上肢切断、左でT-caneを持つ方に使用して頂きました。

ドアの開閉や、手洗いの時などの工程が減るのでとても良い!

------------------------------------------------------------

(訪問リハビリ O様より 患者様の声)

>階段の上り降り、エスカレータを利用するとき杖の置き場に困っていました。

これがあると一人での外出にとてもいいですね。

-----------------------------------------------------------
※個人の体験談になります。

このように利用者の声を伝えてもらったり、
リハビリ現場の先生方から「使ってもらいたい患者さんはいますよ。」
とお話しを伺うたびに、

杖を利用しているたくさんの人に、まずは使って欲しい。

もっと、歩くことを楽しめる人を増やしたい。

ご家族、介護スタッフの負担も軽減したい。

という思いが強くなっていきました。

 

【そして製造は、遠藤さんと松本の故郷、福島で】

偶然なことに、発案者の遠藤さんと、私(松本)はともに福島県出身だった
のです。

故郷福島を応援したい気持ちも一致し、
福島県のよろず支援拠点様に相談をしたところ、快く応援してくださること
になりました。

東日本大震災で被災し、現在はいわき市に工場を構えている
有限会社キャニオンワークス様が、登山のバッグや付属品を製造しているので、
この商品を製造することにピッタリじゃないか!とご紹介頂き、製造を願い
することができたのです。


福島県よろず支援拠点」渡辺コーディネーターと松本

 

いざ、製造のための試作を始めてみると
簡単そうに見えても、試行錯誤の連続でした。

ベルトが折れる箇所は、もっと薄くできないか・・
素材は、擦れてボロボロにならないように、この素材はどうだろう・・
もうちょっと、スライダーをキツくした方がいいかな・・
スライダーは、素材によって微妙なユル加減が変わるところで難しいところです。
 

(有)キャニオンワークス企画の松田さん「ARUKUTOMO」試作奮闘中!

ベテラン職人さんが縫製いたします。

完成した「ARUKUTOMO」試作品!

製造:有限会社キャニオンワークス
本社:福島県浪江町 現在いわき市
 

【いいものをお届けしたい!】

(有)キャニオンワークス半谷社長のご提案で
「丈夫さとお手入れなどを考えて、ソファーの素材を使いましょう!」

「ARUKUTOMO」は高級ソファーなどに使われる丈夫な合皮を使います。
ソファーのお手入れと同じですので
汚れても中性洗剤で拭き取ることで、いつでもキレイになります。

お手入れが簡単で、上品な仕上がりになりました。

【カラーバリーション】
カラー:3色 
「ARUKUTOMO」に杖はついておりません。ご使用中の杖に装着して下さい。

【素材】
表地/合皮
裏地/メリヤス(ポリエステル65%、レーヨン35%)
パーツ/金属
重量/約93g 


【お金の使い道】

集まった資金は製品の生産に使用致します。
そして杖を利用している人に「ARUKUTOMO」を、使っていただきたく、必要な方にお届けしたいと思います。

またリハビリ病院などへ
差し上げたいのです。

 

<3,000円コース>
「ARUKUTOMO」製作寄付+発明ラボックス商品

リハビリなどの医療機関で、現場の先生方のご指導のもと
「使ってみたい」という患者さんに是非使って欲しいので
必要な施設に「ARUKUTOMO」をプレゼントしたいと思っております。

今までになかったものなので「必要ない」と思っている方が
多いと思います。

邪魔じゃないか?と思うかもしれません。

だから、一度「ARUKUTOMO」をつけて歩いて欲しい。
快適さがお分かりになると確信しています。

私たちは、ここから始めたいとおもっております。

 

ご支援頂いた金額を製作の寄付に使わせていただきます。
お礼としてご希望の発明ラボックスの商品を送ります。

発明ラボックスの商品は、個人が考えたアイデア品です。

------------------------------------------------------------

●おそうじシュシュ(イヌ、ネコ、ゾウ、カエル)1個
販売価格 864円(税込)

------------------------------------------------------------




 

<6,480円コース(25%割引)販売価格:8,640円(税込)>
「ARUKUTOMO」1本(ご希望の色)

ご自身でお使いになりたい、
または家族、友人などに贈りたい
今度の敬老の日に祖父母に贈りたい

という方のためにラッピングをして、
敬老の日に間に合うよう送ります。
松本の発明品、メッセージが後から書ける
「リボンカード」を添付します。
 

また、ご自身では必要ないの方には、
「利用したいという方への寄付」も選択できます。

 

<16,200円コース(38%割引)販売価格:25,920円(税込)>
「ARUKUTOMO」3本
(3色各1本ずつ)


●ブラック
●ベージュ
●ライトグリーン

1本ごとにプレゼント用ラッピングいたします。

ご自身でお使いになりたい、
または家族、友人などに贈りたい
今度の敬老の日に祖父母に贈りたい

という方のためにラッピングをして、
敬老の日に間に合うよう送ります。
松本の発明品、メッセージが後から書ける
「リボンカード」を添付します。


また、ご自身では必要ない方には、
「利用したいという方への寄付」も選択できます。

 

<43,740円コース(50%割引)販売価格:86,400円(税込)>
「ARUKUTOMO」10本
(9本(3色セット×3)+1本(オマケ))


●ブラック
●ベージュ
●ライトグリーン

※オマケの1本の色は選べません。

ご要望に応じてラッピングも致します。

松本のオリジナルアイデア
メッセージを後から書くことができる「リボンカード」
10枚付き。

また、ご自身では必要ない方には、
「利用したいという方への寄付」も選択できます。



 

【実行者/チーム紹介】

株式会社発明ラボックス+考案者:遠藤一代吉

試行錯誤して出来上がった「発明」には、ひとつひとつ愛情物語が
いっぱいです。
世の中にはそんな個人の素晴らしいアイデアがたくさん溢れています。
その一方では、この不況の中、売れる商品がなかなか見つからないと
いった企業の悩みを良く耳にします。
もしこの両者を結び付けることができればと発明ラボックスを設立しました。

生活の中から生み出される発明、アイデアで日本をもっと元気に!
私たち、発明ラボックスの願いです。
 

代表:主婦発明家 松本奈緒美

「お金をかけずに発明する」をモットーに数々のヒット発明品を生み出して
いる主婦発明家。
厚紙で試作をし5年かかって商品化になった掃除具「ペン先すーぴぃ」は
10万個以上のヒット。他「ルーム耳当てマフラー」など発明品販売実績多数。


「ARUKUTOMO」発案者 遠藤一代吉

建設業で様々な資格をとり、現場責任者として活躍している最中、
28才の時1度めの脳梗塞に倒れる。以後一人暮らしの中リハビリの生活を
送りながらも、5年前に2度めの脳梗塞で倒れ、医者から「もう歩くことは
できません」と宣告される。しかし、なんとか自力で歩きたいと「杖用ショル
ダーベルト」を思いつく。他にも「片手で干せる洗濯小物干し」等、様々な生
活のアイデアを発明ラボックスに提案しています。

 

何卒、遠藤さんのアイデア「ARUKUTOMO」に
ご支援をお願い申しあげます。





FAQ

Q 購入したいのですが、サイズはありますか?

A   男女共用です。長さは調節できるようになっておりますので、
   身長145cm〜180cmの方まで大丈夫です。それ以上の大きな方や、
  小さな方はご相談ください。

Q どんな杖にも装着することができますか?

A   手に通す杖ストラップがついていれば、そこに装着できます。
  ご不安な方はお尋ね下さい。

支援者からの応援コメント

プロジェクトを支援する

プロジェクトを支援する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2016年07月25日までに支払いを完了した時点で、支援が成立します。

3,000円を支援(税込)

「ARUKUTOMO」製作寄付と発明ラボックス商品
「ARUKUTOMO」製作寄付と発明ラボックス商品

【寄付コース】

ご支援頂いた金額を製作の寄付に使わせていただきます。
お礼としてご希望の発明ラボックスの商品を送ります。

発明ラボックスの商品は、個人が考えたアイデア品です。

●おそうじシュシュ(イヌ、ネコ、ゾウ、カエル)1個
<販売価格 864円>

が支援しています。

2016年08月末までにお届け予定

6,480円を支援(税込)

「ARUKUTOMO」1本購入
「ARUKUTOMO」1本購入

「ARUKUTOMO」1本
【定価8640円の25%OFF!】

3色の中からご希望の色お一つをお選びください。

●ブラック
●ベージュ
●ライトグリーン

ご自身でお使いになりたい、
または家族、友人などに贈りたい
今度の敬老の日に祖父母に贈りたい

という方のためにラッピングをして、
敬老の日に間に合うよう送ります。
松本の発明品、メッセージが後から書ける
「リボンカード」を添付します。

また、ご自身では必要ないので、
「利用したいという方への寄付」も選択できます。

が支援しています。

2016年08月末までにお届け予定

16,200円を支援(税込)

「ARUKUTOMO」3本購入
「ARUKUTOMO」3本購入

「ARUKUTOMO」3本(3色セット)
【定価25,920円の38%OFF!】

3色各1本ずつ

●ブラック 1本
●ベージュ 1本
●ライトグリーン 1本

1本ごとにプレゼント用ラッピングいたします。

ご自身でお使いになりたい、
または家族、友人などに贈りたい
今度の敬老の日に祖父母に贈りたい

という方のためにラッピングをして、
敬老の日に間に合うよう送ります。
松本の発明品、メッセージが後から書ける
「リボンカード」を添付します。


また、ご自身では必要ないので、
「利用したいという方への寄付」も選択できます。

が支援しています。

2016年08月末までにお届け予定

43,740円を支援(税込)

「ARUKUTOMO」10本購入
「ARUKUTOMO」10本購入

「ARUKUTOMO」9本(3色セット×3)+1本(オマケ)
【定価86,400円の50%OFF!】


●ブラック 3本
●ベージュ 3本
●ライトグリーン 3本
●オマケ 1本
※オマケの1本の色は選べません。

ご要望に応じてラッピングも致します。

松本のオリジナルアイデア
メッセージを後から書くことができる「リボンカード」
10枚付き。

また、ご自身では必要ないので、
「利用したいという方への寄付」も選択できます。

が支援しています。

2016年08月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 プロダクトカテゴリの 「歩く安心を届けたい「杖用ショルダーベルトARUKUTOMO(アルクトモ)」」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、支援後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、支援後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。