Makuake Makuake Makuake 400 403 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect apple loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots icon-warning
















あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

プロジェクトの期間が終了しました

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

防災士が考え、宮城県石巻市で誕生した家具工房が作る、木の防災ボックス

戻す

実行者の最新投稿

more
最新の投稿はありません

ストーリー

  1. 非常時には命を助け、普段は椅子としても使える、防災ボックス
  2. 頑強で長く使え、木の素材感を活かしインテリアに馴染む
  3. 木の除湿効果で、湿気やカビが発生するリスクを減らし、非常食を守る

2011年の東日本大震災で被害を受けた宮城県石巻市で誕生した家具工房「石巻工房」と、防災士の資格を持つプロダクトデザイナー「三島大世」が共同で商品開発を行い、新しいスタンダードとなる防災ボックスを生み出した。

その名は、「石巻ボウサイボックス」

この防災ボックスを初回生産として、50台限定で生産を致します。

コンセプトは、非常時には命を助け、普段は椅子としても使える、防災ボックス。

一般的な防災ボックスは普段見えないところにしまっていますが、この石巻ボウサイボックスは普段から椅子としても使えます。普段から目につく所に置いておくことで、いざという時にも役に立ちます。

この防災ボックスの中には、防災バッグや防災用品を収納することもできます。

87%

72時間

45%

この3つの数字が何を指し示すか、わかるでしょうか?

87%

東日本大震災の際に、宮城県民の87%(約211万人)は、やむを得ず自宅で避難生活をしました。水道が復旧するまで200日以上もかかりました。

72時間

大地震などの自然災害が発生したとき、国などの支援体制が整うまでは自力で生き残らなければなりません。その目安が、約72時間(3日間)と言われています。

45%

災害のために、自宅に「食料や飲料水の準備」をしている割合。内閣府の世論調査によると水や食料を備えている人は、たった45%。いつ災害が起こるかわからないからこそ、備え続けることが大切です。

この3つの数字から分かること。

・災害時、9割近くが自宅で避難生活をしなければいけません。

・約72時間、自力で生き残るための備えが必要。

・ただ半数以上の家庭には自宅に備えがありません。

※具体的な数字の参照元は、プロジェクトの最後に記しております。

この現状を踏まえて提案するのが、「石巻ボウサイボックス」

コンセプトは、「非常時には命を助け、普段は椅子としても使える、防災ボックス」

特徴① 防災用品を収納できる

容量は、たっぷりの約30L。自宅避難用の備えにぴったりで、約2人分の3日分の非常食を収納できます。そして木の除湿効果で、湿気やカビが発生するリスクを減らし、非常食を守ります。

特徴② 普段は椅子としても使える

一般的な防災ボックスは普段見えないところにしまっていますが、この石巻ボウサイボックスは普段から椅子としても使えます。

特徴③ 木の素材感を活かした、インテリアに馴染む佇まい

シンプル、頑丈、機能的なことに加えて、素朴でどこか愛らしいデザイン。普段から暮らしの中に溶け込み、いざというときにも忘れません。

特徴④ 丈夫な材料でシンプルな工程で作られ、頑強で長く使える

© Monster Smith / Hirotsugu Hoshikawa

この石巻ボウサイボックスの材木には、ウエスタンレッドシダーが使用されています。これは、石巻工房で主に使われている材木で、被災直後のものづくりの現場では必然的に耐久性と強度があり、汎用性と加工性の高い材料が求められたことに由来しています。また、簡単な加工と平易な技術で組み立てるという制約の元、デザインされました。

木製(ウエスタンレッドシダー)にすることは、外観的な美しさを生み出し、インテリアとして馴染みます。さらに機能的な面でも、木製は防災ボックスには最適です。

一般的なプラスチック製の防災ボックスは、通気性が悪く、湿気やカビが発生するリスクが高くなります。一方で、石巻ボウサイボックスは木材の除湿効果により、湿気やカビが発生するリスクを減らし、収納している非常食・水・防災用品を守ります。

いざというときに、しっかり使えるように備えることが防災にとって大切です。

ウエスタンレッドシダーについて

ウエスタンレッドシダーは日本では米杉と呼ばれ、北米太平洋側の温暖な雨量の多い地域に生息し、樹高60メートルを超える大木に成長します。このため、ウエスタンレッドシダーは『生命の木』として、現地で信仰の対象として崇められています。

ウエスタンレッドシダーの特徴は、その耐久性と強度。加えて、狂いが少なく軽量で加工しやすく、腐りにくく、高い防虫効果を有しているので、防災ボックスには最適です。さらにその特有の香りは気持ちを落ち着かせるとも言われています。

・日常生活

一般的な防災ボックスは普段見えないところにしまっていますが、この石巻ボウサイボックスは普段から椅子としても使えます。

・災害時

災害時には防災ボックスの中に収納していた非常食や水、防災用品によって命を守ります。

・アウトドア

室内はもとより、アウトドアでも使える丈夫な作りの家具。耐候性が高い素材を使っているので、室内外で楽しめます。アウトドア用品を収納したり、ピクニックのランチを運んだり、ドリンクテーブルや椅子としても使用できます。

DIYの世界と可能性をデザインの力で押し広げるDIYメーカー「石巻工房」

石巻工房は「地域のものづくりの場」として2011年に誕生しました。東日本大震災を背景に、復旧・復興のために使える場としてスタート。DIYの支援活動を行うほか、施設の復旧や改修を実施。再び立ち上がるまちの姿を、皆で考えるための場づくりが行われました。

作業場 © Chang Kim Photography

初期の活動のハイライトは、屋外映画上映会のために地元の高校生と協働しベンチを生み出したことです。同年にはハーマンミラーが、被災地支援プログラムを通じて石巻工房に協力。被災者とともに家具づくりのワークショップを開催し、家具を提供しました。アイデアやスキルを習得できるデザインワークショップは、現在でも継続して行っています。

作業風景 © Monster Smith / Hirotsugu Hoshikawa

石巻工房では「手づくり」にデザインの力を加え、地域内外で販売するための「石巻工房ブランド」を立ち上げました。

実力ある日本国内外のデザイナーと石巻のスタッフは、魅力ある製品を製作し、ラインナップされています。

石巻工房は、DIYの世界と可能性をデザインの力で押し広げる「DIYメーカー」として活動されています。石巻工房の活動を通じて私たちは、DIYとデザインが、どのような状況にあっても活力を生むことを確信されています。そして、あらゆる人々が自らの手に創造性を取り戻し、暮らしやまちがより豊かになる姿を夢見ています。

リターンには、50台限定の初回生産版「石巻ボウサイボックス」をお届けします。

サイズはH42cm×W32cm×D32cmになります。
(板厚に関しては、厚くなる
可能性もございます。

容量は、たっぷりの約30L。約2人分の3日分の非常食を収納できます。

石巻工房製だと分かる焼き印が、防災ボックスの右下に押してあります。


プロダクトデザイナー
三島 大世

1992年東京都生まれ。イギリスやイタリアでデザインを学び、東京を拠点にフリーランスのプロダクトデザイナーとして活動。近年は防災士の資格を取得し、防災デザイナーとしても活動を広げる。

現在は日本全国を飛び回り、工芸や地場産業の特徴を活かすデザイン活動を行っており、今回、伝統工芸を活かしたプロダクトブランドを立ち上げ、その第2弾として石巻工房と挑む。

http://taiseimishima.com

石巻工房

石巻工房は「地域のものづくりの場」として2011年に誕生しました。東日本大震災を背景に、復旧・復興のために使える場としてスタート。DIYの支援活動を行うほか、施設の復旧や改修を実施。再び立ち上がるまちの姿を、皆で考えるための場づくりが行われました。石巻工房は、DIYの世界と可能性をデザインの力で押し広げる「DIYメーカー」として活動しています。

https://ishinomaki-lab.org/

※参照元:「防災に関する世論調査」、「東日本大震災復旧期の取組記録誌」

https://survey.gov-online.go.jp/h29/h29-bousai/

https://www.pref.miyagi.jp/site/ej-earthquake/fukkyuuki-kiroku.html

リスク&チャレンジ

※1 一点一点職人の手で作っているため、形や色には個体差があります。 ※2 試作は杉を用いて製作しましたが、リターン品で製品版の石巻ボウサイボックスにはウエスタンレッドシダーを用いて製作を行います。 ※3 ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合があります。入荷時期などにつきましては万全の体制で臨んでおりますが、不測の事態により万が一遅延などが発生する場合には事前にご連絡いたします。どうぞご理解のほどよろしくお願い致します。 ※4 皆様のご支援により量産効率が向上した場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。 ※5 デザイン・仕様は変更になる可能性もございます。ご了承ください。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2020年04月10日までに支払いを完了した時点で、応援購入が成立します。

49,800円(税込)

【超超早割 15000円割引】石巻ボウサイボックス 1個
【超超早割 15000円割引】石巻ボウサイボックス 1個

いち早くご支援いただける方へ超超早割価格をご用意致しました。より多くの安心を届けたいと思います。

完成した石巻ボウサイボックス 1個
【販売予定価格(税+送料込)】
64,800円

【makuake限定 超超早割 15000円割引】
49,800円

製作:石巻工房
材料:ウエスタンレッドシダー
サイズ:H42cm×W32cm×D32cm 約30L

※ 皆様のご支援により量産効率が向上した場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。

※ デザイン・仕様は変更になる可能性もございます。ご了承ください。

のサポーター

残り

2020年07月末までにお届け予定

54,800円(税込)

【超早割 10000円割引】完成した石巻ボウサイボックス 1個
【超早割 10000円割引】完成した石巻ボウサイボックス 1個

完成した石巻ボウサイボックス 1個
【販売予定価格(税+送料込)】
64,800円

【makuake限定 超早割 10,000円割引】
54,800円


製作:石巻工房
材料:ウエスタンレッドシダー
サイズ:H42cm×W32cm×D32cm 約30L

※ 皆様のご支援により量産効率が向上した場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。

※ デザイン・仕様は変更になる可能性もございます。ご了承ください。

のサポーター

残り

2020年07月末までにお届け予定

59,800円(税込)

【早割 5000円割引】完成した石巻ボウサイボックス 1個
【早割 5000円割引】完成した石巻ボウサイボックス 1個

完成した石巻ボウサイボックス 1個
【販売予定価格(税+送料込)】
64,800円

【makuake限定 早割 5,000円割引】
59,800円

製作:石巻工房
材料:ウエスタンレッドシダー
サイズ:H42cm×W32cm×D32cm 約30L

※ 皆様のご支援により量産効率が向上した場合、正規販売価格が販売予定価格より下がる可能性もございます。

※ デザイン・仕様は変更になる可能性もございます。ご了承ください。

のサポーター

残り

2020年07月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するクラウドファンディングプラットフォームです。このページは、 プロダクトカテゴリの 「防災士が考え、宮城県石巻市で誕生した家具工房が作る、木の防災ボックス」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。