Makuake Makuake Makuake 400 403 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect apple loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots icon-warning
















あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

錆を育てて黒錆化をDIYするインダストリアルデザインな屋外用シェルフが作りたい!

戻す

ストーリー

  1. 鉄の素材を生かし、錆びるのを待ち黒錆化させ自分だけのシェルフを作る「錆を育てるDIY」
  2. 頑丈な建築資材「グレーチング」を使用した屈強で男前なインダストリアルデザイン
  3. makuake 専用の規格寸法品で価格を抑えています。安く手に入れるチャンスです!

プロジェクト概要

ワビサビシェルフは、新しい価値観のDIYキットです。

鉄本来の錆びるという素材の魅力を生かし、

購入された方自身で自分だけの錆びを育てて頂き

柿渋を塗り黒錆加工をしてもらうことで、それ以上錆びにくい良質な錆にし

アンティークアイアンのような長く付き合える

オリジナルの鉄製の屋外用シェルフDIYでつくるプロジェクトです。

プロジェクト詳細

山形で江戸時代から続く老舗企業の14代目を引き継いだ30代の代表が、現在扱いのある建築資材を使ったインダストリアルデザインのDIY需要に注目し、今まで注目されていなかった資材と、その素材感に着目し、素材を育てるDIYキットとして販売していくプロジェクトです。今回はその第一弾としての商品です。

私は昨年ある園芸店でアデニウムという奇妙な形の植物に出会い一目惚れしました。それから塊根植物というジャンルを知り、どんどん惹かれていきました。増えていく植物を飾るため、屋外で使えるシェルフを探していましたが、なかなか気に入ったものがないと感じていました。塊根植物は10年以上をかけてゆっくり育っていくのに、屋外用のシェルフは木製や鉄の塗装品、ステンレス製のものが多く、数年で腐ったり錆びて朽ちていってしまったりと長く使えないものが多いと感じていました。ステンレスでさえ、もらい錆で赤く錆びることがあります。

⇩塊根植物を知るきっかけになった我が家のアデニウムです。

ワビサビシェルフの棚板は

グレーチングで作られています。

弊社は建築土木資材として使われるグレーチングの扱いが多く、

地元山形県米沢市にメーカーの工場もあることと、

雪国では頑丈な流雪溝の蓋として欠かせないため、とても身近な資材でした。

⇩弊社の敷地前の開閉式の流雪溝用のグレーチングです。

グレーチングは特注加工なども比較的容易にできることと、

とても頑丈な鋼材でできていることから、2つのアイディアを思いつきました。

・最も軽量なグレーチングで棚板を作り、ボルトと組み立てシェルフをつくること

・材料をすべて無塗装とすることで、錆を育てていけるようにすること

そして何度か実験を繰り返し、商品のDIYキットの販売を考えました。

なぜ錆びさせるのか

素材自体のもつ魅力を生かせる素材としては、木材が多いと思います。

無垢の木材は使い込むうちに味がでてきていい雰囲気になります。

金属の場合、は古来から神社仏閣建築でも屋根材に使われ、銅板の表面の錆び

(緑青:りょくしょう)を発生させ、銅板内部の腐食を防ぐという使われ方をしてき

ました。化学塗料のない時代には、錆が素材を守るためのものだったわけです。

⇩張ったばかりの神社の銅板屋根です。ここから緑青に変化していきます。

の他にも、真鍮など、経年による傷や汚れや錆も味わいとして

捉えられる金属が世の中には存在します。それらは比較的高価な金属です。

しかし、最も身近な金属である「」に発生する錆は嫌われています。

無塗装のままでは赤錆がすぐに発生し、酸化が進みます。

最終的には朽ちて穴が開くことがあります。

⇩真っ赤に錆びた鉄板です。鉄鉱石(酸化鉄)に戻ろうとしているのです。

ですので鉄を使う材料は塗装がされていたりメッキがされていたりということが

ほとんどで無垢の鉄をそのまま使うということはほとんどありません。

⇩弊社社屋 築30年の屋上の手すりです。

⇩恥ずかしながら、塗装はほとんど剥がれてしまって錆が露出しています。

しかし私たちは、これも古来から行われてきた黒錆化という手法に着目し、

それを現代の鉄製品にも施すことで、

錆びるため嫌われてきた、鉄の素材感を愛でることができる製品

できるのではないかと考えました。

まず初めに鉄を赤錆化させることは、

その後に黒錆化にするための最初の工程なのです。

すべての材料を無塗装の鉄で用意しました。

まずはサンプルを作り、シェルフを組み立てた状態です。

製品版も組み立てはご自身で行って頂きますが、

モンキーレンチもひとつ同梱しますので比較的容易かと思います。

無塗装のボルト支柱とナットで棚板をお好みの位置で

固定してください。

作り方簡易GIF動画です。構造は単純なので感覚的に組み立てできます。

詳しい作り方はYoutubeで公開しています。

⇧モンキーレンチをひとつ同梱しています。口が広く24mmまで回せるので

シェルフで使用後も工具箱にひとつあるとご家庭の他の用途でも何かと使えます。

そしてシェルフを錆させる

シェルフはご自身で錆びさせて頂きます。

錆びていく過程も楽しんで頂きたいと思います。

⇩写真は雨ざらし10日後です。錆びるスピードは思ったより早いです。

濡れる、乾くを繰り返すことが錆を早めるようです。

雨の当たらない環境の方は水のスプレーでも効果的かと思います。

錆びる過程です。Instagtam@daysay1688

⇩18日間放置したところで待ちきれずに次の工程に進むことにしました。

通常、1ヶ月~1ヶ月半程度はしっかり錆びを育てて頂きたいと思います。

後述しますが、しっかり錆びさせることがいい黒錆になります

黒錆化する工程

ある程度錆びたところで日本で古くから染料として使われてきた柿渋を使います。

赤錆と柿渋のタンニン成分が反応し「黒錆化」をさせるのです。

無臭柿渋500mlを同梱しますので黒錆化する工程もご自身で行って頂きます。

柿渋特有の臭いはなく無臭でサラサラとしていて塗りやすいです。

黒錆は、鉄の表面に黒色の膜をつくります。

表面のみ錆びてそれ以上錆びが進行することを防ぐ良質の錆で、

昔から南部鉄器にも使われてきた鉄を赤錆化から守るものです。

南部鉄器は800度で被膜をつけることで黒錆化されますが、

家庭でシェルフを高温化させるのは現実的ではないので、

より手軽な手法で黒錆加工をするために柿渋で黒錆化を行うことにしました。

⇧祖母の鉄瓶です。

黒錆加工されていて無塗装の鋳鉄のどっしりとした質感があります。

近年ではコールテン鋼という橋梁などにも使われる自身の錆で錆から守る鋼材も

ありますが、高価なので日用品では使われることはあまりない材料です。

錆びを錆びで防ぐという考え方は同じです。

柿渋を1回塗った後の様子です。

シェルフを横にして側面を下から塗るのが塗りやすいです。

塗装後です。

⇧スッと全体が黒っぽく変色しました。

⇧よく見るとムラが目立ちます。

柿渋との反応具合もひとつとして同じにはならず、どう育てたか、どのタイミングで柿渋を塗ったか、何回塗ったかで表情が変わってきます。

数日後、柿渋2回目を塗りました。

袋ナットのアップの上と同じ写真が1回塗りの状態で、

それ以降は2回塗りの状態です。塗った直後は漆黒に近い色合いでしたが

乾くと少し赤みが戻ってきます。

2回塗り後に乾燥させたのがこちら。

なぜ山バック!すみません。近づきます。

どうしても蔵王をバックに写真を撮ってみたかったのです。

日陰で見ると黒く、日なたで見ると部分的に赤茶色に見えます。

手前の端部、しっかり錆びていたところが、柿渋とよく反応し黒錆化しました。

鉛筆の芯で塗りつぶしたようなグレーがかった部分もあり、

それぞれの色味に濃淡があり、複雑な色をしています。

赤みもまだあるので、もう少し錆び待ちをしてもよかったのかもしれません。

ですが色味に濃淡のある、陶器の釉薬のような雰囲気はとても気に入っています。

触った感じもつるつるしており、こすると少しだけ手につく錆はありますが、

赤錆の、触ってしまったら手が真っ赤になるような質感とは異なります。

もう少ししたらまた柿渋を塗ってみたいと思います。

メンテナンスをしながらアンティークに

錬鉄のロートアイアンに代表されるように

厚みのある鉄はメンテナンスをすることで

屋外でも100年以上も持つと言われています。

このシェルフの材料はすべて肉厚な鉄材を使用しており、

錆により朽ちることはありません。

しっかりしている分、重量はずっしりあります。

写真の試作品も20kg近くあります。

そのかわり、ちょっとやそっとの強風でシェルフが倒れることはまずありません。

時々また柿渋を塗ってあげることで、より強固な黒錆となり

年月の経過とともに本当のアンティークアイアンになっていきます。

当社でも何度か実験したところ、柿渋を重ねて塗っていくという工程が、

よいムラを生み出し、まるで陶器の釉薬にも似た風情を醸し出してくれました

鉄が自然に還る過程の風情。姿を変えた黒錆の二つとない表情。

質素の中に美しさがあり、これは日本古来から伝わる美意識である

侘び寂びの文化を思い起こさせます。

お気に入りの植物たちのステージに

素敵な塊根植物を集めていらっしゃる方に植物をお借りし撮影をしました。

私もこれくらい素敵な植物を増やしたい。。

グレーチング棚板は通気性がよいので水はけの良さが求められる植物に最適です。

シェルフ自体は主張をしないので、植物、鉢を引き立ててくれます。

セメント鉢のような無機質な鉢はもちろん、

釉薬がかけてある焼き物の鉢とも相性がとても良いと感じます。

黒いだけに、まさに引き立て約の黒子と言えます。

共感頂ける方に

塊根植物や多肉植物が好きな方、古いものに魅力を感じる方、鉄の素材感を楽しんで

みたい方、DIYが好きな方。インダストリアルデザインが好きな方。

同じような趣味を持つ方のために、シェルフを育てる楽しみを持って頂くのは

いかがかと思い、製品化を検討し、クラウドファンディングでその魅力を伝え、

応援頂ける方を募りたいと考えました。

⇩私の自宅の植物達です。

⇩日の当たるウッドデッキに置いています。

自然の中で育つ植物と、

自然に戻ろうとするシェルフ。

庭で織りなされる景色は何時間でも飽きずに見ていられそうです。

製品版の最終仕様

その後も製品化のための試作品をいくつか作りました。

当初、棚板とボルトナットで固定する部分は金具を溶接して作っていましたが、

製品版ではコの字型の専用金具を別に用意し上下で挟み込む構造にしました。

この専用金具を使うことで、支柱位置が固定されないので

組立てにある程度バリエーションが生まれるメリットが生まれました。

⇧製品版はコの字金具を上下で挟み込む形状になります。

リターン品まとめ

棚板の枚数で商品を分けています

リターン品の番号を確認してください。

【ワビサビシェルフ本体】 リターン品仕様

今回makuakeでは使い勝手のよい専用規格を用意しコストを抑えています。

棚板規格 幅603㎜ 奥行350mm (製品誤差範囲3mm以内)厚み19mm

重量1枚あたり約4.5kg 耐荷重100kg

グレーチング網目のピッチ 縦50mm 横30mm

棚板枚数を2枚~4枚からお選びください。

棚板3枚以上を選択の方は、最上段の棚板のみ、通常の四隅固定タイプ

最上段片持ちタイプ(奥行は200mm 耐荷重30kg)タイプがお選び頂けます。

・ボルト支柱は長さ1.0m以内で指定寸法でカットし出荷します。

最上段片持ちタイプをお選び頂いた場合は、

ボルトは1mX2本 800mmX2本 といったようにご指定ください。

棚板3枚以上の場合の最上段のタイプについて

写真左のシェルフは最上段片持ちタイプ 棚板4枚です。

ひな段式で植物を綺麗に見せてくれるため、

植物を置く方は最上段片持ちタイプがおすすめです。ステージ感が高まります。

写真右は四隅固定 棚板3枚タイプです。

棚板片持ちタイプ、ならびにボルト寸法カットの場合も、

定尺のものからカットするため端材が出てしまいますので

それぞれ一律の価格とさせて頂きますのでご理解頂きたいと思います。

※端材はリサイクルに出しますので、再び別な鉄製品として生まれ変わります。

【応援リターン】パンチングメタル皿

シェルフまではいらないが活動を応援して頂けるという方には、

多用途でお使い頂けるパンチングメタル皿を用意させて頂きました。

直径150mm 厚み3.2mm 穴径5mm 穴ピッチ8mmです。

⇧錆びている途中の写真です。※鉢は含みません。

⇧写真は柿渋1回塗り後で、まだ完全な黒錆化していません。

シェルフの棚板の網目では傾いてしまうような小さな鉢や、

脚付きの鉢を置くための透水性のある皿を、

これも建築用途で使われるパンチングメタルで作りました。

シェルフのみならず、オブジェなどの敷き皿として使って頂いても

引き立て役になってくれると思います。

当社で錆させた後に柿渋を塗って黒錆化させた皿のみの⑬と、

黒錆化する工程を楽しんでもらえる皿と柿渋セットの⑭を用意しています。

⑭の柿渋は500mlあるので、余った柿渋は、他に黒錆化させたい鉄製品に

是非つかってみてください。

スケジュール

2020年11月19日 クラウドファンディングスタート

2021年1月16 クラウドファンディング終了

3月第1週目 第一弾発送予定
3月第3週目 第二弾発送予定

今後の販売予定とPRについて

DIYのECサイトを新に作り販売を行います。

そこではセミオーダーサイズ、メッキタイプの錆びないタイプや、

いろんな派生タイプ、異素材、オプション品などのバリエーションを増やして

素材感に着目した製品を販売していきたいと思っています。

この寸法ではないもので作りたいという方はクラウドファンディング終了後に

弊社の自社サイトでの注文をお待ちしております。

Makuakeで購入頂いた方にもSNSで#ワビサビシェルフで自身のシェルフ

の育ち方や植物を置いた写真などを投稿してもらうことで、

今後のECサイトのPRに繋がればと思っています。

またDIYブロガーさんを通じ製品の魅力を発信することも検討しています。

資金の使い道

今後、ワビサビシェルフのような、今までと違う価値観の製品を作り、

素材の魅力を引き出す、一味違ったDIYを世に広めていくための

材料費、試作品制作費用、よりよいパッケージ等の付属物の

デザイン費用、PRのための広告費用に充てたいと考えています。

実行者紹介

㈱大清 14代目 代表取締役 中村友彦 39歳 常務取締役 中村真也 37歳

山形県米沢市で建設資材の卸売を行っている会社です。

https://daysay.co.jp/

配管資材、土木資材、工具類、セメント類、鋼材の扱いをしております。

大清という社名は代々続く屋号の

坂屋兵衛」の頭文字をとり社名としたものです。

⇧初代 中村清兵衛 弊社資料室の当時の商いを再現したコーナーに

鎮座されております。

大坂屋という名の通り、江戸時代に大阪から山形に移り住み、

元禄元年、1688年に現在の地で小間物屋の商売を始めました。

当初は筆などを扱っていたそうです。

そこから現代に至るまで時代の需要に合わせ様々に業態を変化させてきて

昭和初期からは金物屋となりましたが戦時中には軍事需要のために商品は

ほとんど没収されました。

⇧昭和12年の様子です。米沢で初めてオート三輪を販売したそうです。

戦後は復興需要もあり建築資材の扱いをはじめ現在まで至っております。

2021年で創業から333年が経ちます。

現代まで商売を続けてこれたのは業態を変えてきたからだと考えています。

現代表の私の好きな言葉は「温故知新」

老舗だからこそできる、昔からの技法を取り入れ、素材の魅力を引き出すこと。

新しい価値観のDIY分野のプロジェクトを世に広めたい

兄弟二人で取り組んでいます。

公式instagram: https://www.instagram.com/daysay1688/

Special Thanks

㈱マキテック

トルク㈱

㈱高儀

Ad hoc for hair

リスク&チャレンジ

制作スケジュールは、現在の目標額を想定した数量で考えておりますが、もしも想定をはるかに上回る受注を頂いた場合、制作に時間を要する場合があります。また、製品管理には細心の注意をしておりますが、検品時に不具合を確認した場合には、再度の制作をするために時間を要する場合があります。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2021年01月16日までに支払いを完了した時点で、応援購入が成立します。

2,750円(税込)

【13】黒錆パンチングメタル皿
【13】黒錆パンチングメタル皿

グレーチングの網目が大きいために
置くと傾いてしまうような小さな植木鉢用や、脚付の鉢のために
パンチングメタルで作成した透水する敷き皿 1枚です。
 
直径150mm 穴直径5mm 穴ピッチ8mm 板厚3.2mm
無塗装の生地品で用意していますが、  
この敷き皿のみ注文の方には、クラウドファンディングの期間中、当社で錆びさせ、
柿渋で黒錆化させてから発送させて頂きます。

シェルフと同時注文の方は、本体とのセット品を選択ください
(送料がまとまるので安価になります) 
その際は錆びる前の状態で一緒に出荷します。 

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

3,300円(税込)

【14】柿渋500mlとパンチング皿(無塗装)のセット
【14】柿渋500mlとパンチング皿(無塗装)のセット

・無臭柿渋500ml 1つ
・パンチングメタル透水皿 3.2mm厚 直径150 穴径5mm 穴ピッチ8mm 1枚

ご自身でパンチングメタル透水皿を錆びさせて頂き、柿渋を塗ることで黒錆化を
気軽に楽しむことができるセットです。

黒錆化された後は、お気に入りの鉢の下に敷いたり、オブジェの下に敷いたりするだけで
黒錆の質感が、鉢やオブジェの存在感をより強調してくれると思います。

柿渋は500mlあるので皿だけでは余ると思いますので、身の回りの無塗装の鉄製品で
黒錆化の実験をされてみてください。

シェルフを買うまでではないがプロジェクトに共感頂き、
錆を育ててみたくなった方のためのサービス価格のキットです。

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

15,840円(税込)

【1】【早割10%OFF】ワビサビシェルフDIYキット 棚板2枚
【1】【早割10%OFF】ワビサビシェルフDIYキット 棚板2枚

【早割10%OFF】元値makuake価格 17,600円
ワビサビシェルフDIYキット 
棚板2枚タイプ
・無塗装棚板 幅603X350mm 厚み19mm
 1枚4.5kg 2枚 
・無塗装ボルト
 1m以内 指定寸法にて 4本
・取付金具
・ナット類
・モンキーレンチ
・無臭柿渋500ml   

のサポーター

残り

2021年03月末までにお届け予定

17,600円(税込)

【2】ワビサビシェルフDIYキット  棚板2枚
【2】ワビサビシェルフDIYキット  棚板2枚

ワビサビシェルフDIYキット
棚板2枚タイプ
・無塗装棚板 幅603X350mm 厚み19mm  
 1枚4.5kg 2枚
・無塗装ボルト
 1m以内 指定寸法にて 4本
・取付金具ナット類
・モンキーレンチ
・無臭柿渋500ml 

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

17,820円(税込)

【3】早割10%OFF ワビサビシェルフDIYキット 棚板2枚+パンチング皿1枚
【3】早割10%OFF ワビサビシェルフDIYキット 棚板2枚+パンチング皿1枚

【早割10%OFF】元値makuake価格 19,800円
ワビサビシェルフDIYキット
棚板2枚タイプ
・無塗装棚板 幅603X350mm 厚み19mm
 1枚4.5kg 2枚
・無塗装ボルト
 1m以内 指定寸法にて 4本
・取付金具
・ナット類
・モンキーレンチ
・無臭柿渋500ml  
・パンチング皿 無塗装品 1枚

のサポーター

残り

2021年03月末までにお届け予定

19,800円(税込)

【4】ワビサビシェルフDIYキット 棚板2枚+パンチング皿1枚
【4】ワビサビシェルフDIYキット 棚板2枚+パンチング皿1枚

ワビサビシェルフDIYキット
棚板2枚タイプ
・無塗装棚板 幅603X350mm 厚み19mm
 1枚4.5kg 2枚
・無塗装ボルト
 1m以内 指定寸法にて 4本
・取付金具ナット類
・モンキーレンチ
・無臭柿渋500ml
・パンチング皿 無塗装品 1枚

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

20,790円(税込)

【5】【早割10%OFF】ワビサビシェルフDIYキット 棚板3枚
【5】【早割10%OFF】ワビサビシェルフDIYキット 棚板3枚

【早割10%OFF】元値makuake価格 23,100円
ワビサビシェルフDIYキット
棚板3枚タイプ
・無塗装棚板 幅603X350mm 厚み19mm
 1枚4.5kg 3枚
・無塗装ボルト
 1m以内 指定寸法にて 4本
・取付金具ナット類
・モンキーレンチ
・無臭柿渋500ml  

のサポーター

残り

2021年03月末までにお届け予定

22,770円(税込)

【7】早割10%OFF ワビサビシェルフDIYキット 棚板3枚+パンチング皿1枚
【7】早割10%OFF ワビサビシェルフDIYキット 棚板3枚+パンチング皿1枚

【早割10%OFF】元値makuake価格 25,300円
ワビサビシェルフDIYキット
棚板3枚タイプ
・無塗装棚板 幅603X350mm 厚み19mm
 1枚4.5kg 3枚
・無塗装ボルト
 1m以内 指定寸法にて 4本
・取付金具ナット類
・モンキーレンチ
・無臭柿渋500ml
・パンチング皿 無塗装品 1枚

のサポーター

残り

2021年03月末までにお届け予定

23,100円(税込)

【6】ワビサビシェルフDIYキット  棚板3枚
【6】ワビサビシェルフDIYキット  棚板3枚

ワビサビシェルフDIYキット
棚板3枚タイプ
・無塗装棚板 幅603X350mm 厚み19mm  
 1枚4.5kg 3枚  
・無塗装ボルト
 1m以内 指定寸法にて 4本
・取付金具ナット類
・モンキーレンチ
・無臭柿渋500ml  

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

24,750円(税込)

【9】【早割10%OFF】ワビサビシェルフDIYキット 棚板4枚
【9】【早割10%OFF】ワビサビシェルフDIYキット 棚板4枚

【早割10%OFF】元値makuake価格 27,500円
ワビサビシェルフDIYキット
棚板4枚タイプ
・無塗装棚板 幅603X350mm 厚み19mm
 1枚4.5kg 4枚 
・無塗装ボルト
 1m以内 指定寸法にて 4本 
・取付金具
・ナット類
・モンキーレンチ
・無臭柿渋500ml 

のサポーター

残り

2021年03月末までにお届け予定

25,300円(税込)

【8】ワビサビシェルフDIYキット 棚板3枚+パンチング皿1枚
【8】ワビサビシェルフDIYキット 棚板3枚+パンチング皿1枚

ワビサビシェルフDIYキット 
棚板3枚タイプ
・無塗装棚板 幅603X350mm 厚み19mm
 1枚4.5kg 3枚
・無塗装ボルト
 1m以内 指定寸法にて 4本
・取付金具
・ナット類
・モンキーレンチ
・無臭柿渋500ml  
・パンチング皿 無塗装品 1枚

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

26,730円(税込)

【11】早割10%OFF ワビサビシェルフDIYキット 棚板4枚+パンチ皿1枚
【11】早割10%OFF ワビサビシェルフDIYキット 棚板4枚+パンチ皿1枚

【早割10%OFF】元値makuake価格 29,700円
ワビサビシェルフDIYキット 棚板4枚タイプ
・無塗装棚板 幅603X350mm 厚み19mm
 1枚4.5kg 4枚
・無塗装ボルト
 1m以内 指定寸法にて 4本
・取付金具
・ナット類
・モンキーレンチ
・無臭柿渋500ml  
・パンチング皿 無塗装品 1枚

のサポーター

残り

2021年03月末までにお届け予定

27,500円(税込)

【10】ワビサビシェルフDIYキット  棚板4枚
【10】ワビサビシェルフDIYキット  棚板4枚

ワビサビシェルフDIYキット
棚板4枚タイプ
・無塗装棚板 幅603X350mm 厚み19mm
 1枚4.5kg 4枚
・無塗装ボルト
 1m以内 指定寸法にて 4本
・取付金具ナット類
・モンキーレンチ
・無臭柿渋500ml

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

29,700円(税込)

【12】ワビサビシェルフDIYキット 棚板4枚+パンチング皿1枚
【12】ワビサビシェルフDIYキット 棚板4枚+パンチング皿1枚

ワビサビシェルフDIYキット
棚板4枚タイプ
・無塗装棚板 幅603X350mm 厚み19mm
 1枚4.5kg 4枚
・無塗装ボルト
 1m以内 指定寸法にて 4本
・取付金具ナット類
・モンキーレンチ
・無臭柿渋500ml
・パンチング皿 無塗装品 1枚

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するクラウドファンディングプラットフォームです。このページは、 プロダクトカテゴリの 「錆を育てて黒錆化をDIYするインダストリアルデザインな屋外用シェルフが作りたい!」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。