Makuake Makuake Makuake 400 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7
















晴天中止!?の音楽フェス「曇天野外」を鳥取で!

戻す

このプロジェクトについて

0.イベント概要

曇天の楽しみ方を見直す音楽フェス「曇天野外」を鳥取は浜村温泉にて開催します。

その為のご支援をお願いします!

<日時> 2018/11/18(日)

<開場/開演予定> 13:00/14:00 終演予定21:30

<場所> 鳥取県鳥取市気高町浜村783-781(元カーポート、中田建築工場)

<アーティスト> 
・Apartment
・井手健介
・gre-gla
・水中、それは苦しい
・杉瀬陽子
・正調会
・その他の短編ズ
・マッカーサーアコンチ
・mei ehara

 

1.はじめに

鳥取に引っ越して来て2年目、変な建築チーム「パーリー建築」。
鳥取に引っ越して来て10年目、カレーとチャイの店「asipai」が主催する、
曇天の楽しみ方を分かち合う音楽フェス「曇天野外」のプロモーションページへようこそ。

こちらのページでは、どうしても熱くなってしまう想い、チケットの入手方法、曇りの日の楽しみ方、忘れられないあの子の忘れ方などをパッション担当宮原翔太郎がお送りいたします。

 

2.これまで

ときに、我々(パーリー建築)が鳥取に引っ越してきてもう少しで2年になります。

鳥取に定住する前は、全国各地10ヶ所以上の空き家を改修して周って来たのですが、その地域ごとに特徴や、住民のコンプレックスがあることを興味深く観察してきました。



(こんな変な建物を作ることもありますが)

(みんなで作業することや)

(人が集まる場所を作ることが僕たちの仕事です)

 

3.曇りとの出会い

鳥取に定住してみて、本当によく聞くのが、冬場に太陽と全然出会えないという話です。長く鳥取に住む地元の方々はもちろん、移住者の先輩方の多くも苦しんでいるようでした。

(会場から見える最高の曇天模様)

中には、移住予定だったけど、冬の天候を目の当たりにして予定を変更した人もいるくらいです。1年程度しか住んでいないけれど、何件も同様の話を聞きます。

僕達はそんなのもういやなのです。

鳥取でみんなと一緒に楽しく暮らしたい。

必ず曇天を楽しむ方法はあるはず。

それをみんなと分かち合いたい。

という事で、曇天の楽しみ方を分かち合う音楽フェス「曇天野外」を開催することにしました。

 

実は、中国山脈の一部を爆破し雲を流す事で物理的に晴れるようにするか、音楽フェスを開催するか、直前まで意見が割れていました。でもやはり爆弾は危険なのと、ネガティブと考えられている状況をイマジネーションの力で打破する方が価値のある事だと考えたので、音楽フェスに決めました。


 

曇天の暗い昼間に部屋の電気をつけず、ビール飲みながら漫画を読む。そこにグッドミュージックがあればもう最高。そんな曇天の楽しみ方をみんなで分かち合う。そういう趣旨の音楽フェスです。状況を憂いていても仕方がない。自身の持つフィルターを更新して人生を楽しむ他ないのです。

 

4.鳥取に先輩がいた

しかしフェスをやろうにも、我々は鳥取に来てまだ1年やそこら。

アーティストの呼び方すらよく分からない。

とにかくイベントに参加してみる他ないと、鳥取で催されるいくつかの音楽イベントに参加してみたところ、高確率でお会いするカレー屋さんがありました。鳥取市内で音楽イベントを企画するなど、鳥取の音楽シーンを長年引っ張ってきたカレーとチャイの店「asipai」さんです。そこの店主ツガパイさんに相談したところ、彼も曇りフリークであることが判明。即座に共同で企画することになりました。



(asipai主催で開催している音楽フェスの様子)

関西などからステキなミュージシャンを呼んで、鳥取で数多くのイベントを開催してきているasipaiさんと一緒に主催できるのであれば曇天初心者の我々でも安心です。カレーとライスのように混ぜて尚美味しい。そんな関係の主催者達によって進んでおります「曇天野外」です。

 

5.船を得る

強力な仲間ができたものの、おいら達にはまだ船がありません。会場を探す必要があります。

我々の住む浜村温泉はかつては栄華を誇ったものの、現在は他の地域と違わず、町中に溢れる空き家、空き店舗。これで困っている人が多いと聞きますが、我々の活動のメインステージは常にそんな場所でした。

であれば今回も砂浜や綺麗な公園ではなく、放っておいたら朽ちてしまうような空き店舗でイベントを催そう。さすれば、それだけでも多くの人の色眼鏡をかち割る事ができる!と考え、浜村温泉にある空き店舗の中でも、海沿いの素晴らしい立地にある元飲食店の空き店舗と、建築加工場の持ち主の方に掛け合い、フェスの会場として貸していただけることになりました。

(最高の曇天の中に最高の看板)

 

会場の空き店舗は、現在次の事業に向けて改修準備中。日本海沿いを走る国道9号線と、浜村駅から海に向かう一本道とが運命的にぶつかるこの場所には、もともとはガソリンスタンドとラーメン屋さんがありました。地元に暮らす方々はもちろん、鳥取県内を西へ東へと走るドライバーにとっても多くの思い出があるお店でしたが、ラーメン屋さんは一昨年の暮れに閉店、ガソリンスタンドも昨年の夏前に約50年間の営業に幕を閉じました。海すぐそばにあるゆえ、建物は潮風にあたり随分と痛んでいますが、この場所がこのまま朽ちていくことは町の宝の持ち腐れ。どうにか楽しく使っていきたいと、今回会場として開放してもらえることになりました。


(会場である空き店舗)


(会場内の様子)

 

建築加工場は地域を元気にする事にとても積極的な街の建築屋さんにお借りしました。先代から製材所としても使っていたこの加工場は、現在ほとんど使われていません。中に眠る木材とともに新たな命を吹き込んでくれるのなら!と、建物の約半分をフェスの会場として貸して頂ける事になりました。製材所として使っていた時の名残が残っているのがまたとてもいい演出となること請け合いです。


(空一つない曇りの元、会場の建築加工場)

 

 

7.僕たちのパッション

我々パーリー建築も、手作り音楽フェスはこれまで開催してきました。


(新潟県十日町市で毎年パーリー建築が主催しているローカルフェスの様子)

今回も仲間たちと共に会場を作り上げていくのですが、祝祭的というよりも少し退廃的な雰囲気で会場を装飾して、曇天を盛り上げていきます。僕達の想像力を爆発させてとってもキュートでミステリアスな会場を作ります。

(こんなイメージです)

そんな会場に鳥取県内、県外から曇りの日に合うミュージシャンや、出店者をお招きして、音楽フェスを開催するわけなのです。どんよりエネルギーを爆発させて山陰の良さを再解釈といきましょう。

寒くどんよりとした山陰の冬でも、雪景色を横目に暖かいコーヒーを入れて、北欧ミュージックをかける。近所の焼き菓子屋さんにお菓子を買いに行ったり、お気に入りのマグカップがあればもうファンタジー。

そんな少しの想像力があれば日常はもっと豊かになる。

そんな人が増えたらきっと生きることは楽しくなる。

そんな感覚を山陰に住む多くの人と共有したいという思いから「曇天野外」を企画しています。共に曇天を楽しみましょう。もちろん県外の人も大歓迎!これを機に鳥取に遊びに来てください!

 

8.アーティスト紹介

【Apartment】


 身の回りにある楽器とコトバのブリコラージュをカセットテープに流し込む宅録系SSW。2005年に1st album『Apantgarde』をリリースし、その後も3枚のアルバムを発表している(最新作は『apartopology』〔2011〕)。ソロやバンドでのライブも行っている。現在は東京から神戸に活動の拠点に移し、新たなアルバムを作成中。


【井手健介】

 東京・吉祥寺バウスシアターのスタッフとして爆音映画祭等の運営に関わる傍ら音楽活動を始める。

2014年夏、バウスシアター解体後、アルバムのレコーディングを開始、2015年夏に1stアルバム「井手健介と母船」をP-VINE RECORDSより発表。

その他、CD-R「島流し」「停泊」12inch「おてもやん・イサーン」をリリース。


【gre-gla】

 メロディ担当のティンホイッスル奏者と、リズム担当のギター&アイリッシュハープ奏者の二人組で、鳥取市を中心にアイルランド伝統音楽(アイリッシュ)を演奏しています。まだまだアイリッシュに馴染みのない方も多いですが、ダンス向けの賑やかな曲や、しっとりとしたヒーリング系の曲など、初めて聞いても何故か不思議と懐かしい音色をお楽しみ頂ければと思います。


【水中、それは苦しい】

 ジョニー大蔵大臣(Vo,Gt)、セクシーパスタ林三(Vn)、アナーキー吉田(Dr)によるアコースティックパンクバンド。1992年始動。2004年から現メンバーとなり不平不満をもらさない活動が評価され「サマーソニック」「あらびき団」に出演。これまで「水中見舞い」等7枚のアルバムを発表。ジョニーは映画『モテキ』『SPECシリーズ』等に出演。2018年8月末からEテレで新曲『じゆうけんきゅうのめがみ』が放送され話題となる予定。

【杉瀬陽子】

 奈良出身 大阪在住のシンガーソングライター。母の様に包み込む優しさと、少年の様に無垢な力強さ。 ポップス、ロック、パンク、ソウル等、多岐に渡る音楽ジャンルの経験を経て産み出される楽曲は、バラエティに富んでいて、飽きることなく楽しませてくれる。  2011年 1stアルバム『音画』リリース。 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団のゲストボーカルとして「FUJIROCK FESTIVAL’12」に出演。2015年には3rdアルバムをリリース。 

sugiseyoko.com/



【正調会】

 「貝殻節」はフェスの会場である浜村温泉に伝わる代表的な民謡です。漁夫の作業唄として古くから浜村に根付いていました。正調会は「貝殻節」を愛するメンバーによって、地元PRの為に平成19年に結成され今年で11年目です。みんないい年になりましたが、若さを保つ為にも踊りを楽しみたいと思います。



【マッカーサーアコンチ】

大阪アンダーグラウンドの冷静と情熱の間を

ループし続けるロックバンド!


FUJI ROCK FESTIVAL出演や二度の海外ツアーなど活動は多岐にわたる。

 

合言葉は100%DANCE!

ゴリラも踊り出すぜ。

 

Let's go マッ!!!!



【mei ehara】

 1991年愛知県生まれ。学生時代、自主映画のBGM制作のため宅録を始める。

その後、歌唱を入れた音楽制作に移行し、may.eという名義で、これまでに計5作の自主制作作品を発表。Yogee New Waves、nakayaan(ミツメ)などのアルバムにゲストコーラスで参加。

音楽活動のほか、文藝誌「園」主宰、写真やデザインなどの制作活動も行う。

活動名をmei eharaと改め、2017年11月、カクバリズムより本格デビュー。

http://eharamei.com/

 

9.主催者紹介

「asipai」

2008年鳥取にて誕生、毎日食べれるスパイスカレーを作るべく鍋をかき混ぜて10年目になりました。店主つがぱいの優しいスパイス使いから生まれるカレーにファン急増中。2016年京都にもお店を出しました。

 

【パーリー建築】

2014年より、パーティーをしながら空き家を直す活動をメインで行っています。約三年半の移動生活を経て2017年鳥取の浜村温泉に定着。少しづつ町に根を張りながら生活をしている。

 

 

 

Grafic design by Kotaro Miyake (ukabullc)

応援コメント

支援するコースを選択する

支援するコースを選択する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2018年11月09日 23:59までに支払いを完了した時点で、支援が成立します。

4,000円コース(税込)

曇天野外入場チケット
曇天野外入場チケット

11/18イベント当日に入場する為のチケットです!
ネットで手に入れられるのはここだけ!
当日会場でお名前を言って頂ければ、チケットをお渡しします。

が支援しています。

2018年11月末までにお届け予定です。

7,000円コース(税込)

チケット+ネット限定グッズ
チケット+ネット限定グッズ

入場チケット+ネット予約限定グッズ(Tシャツ)です。
当日会場でお名前を言って頂ければ、チケットと限定グッズをお渡しします。

※画像はイメージです。
※事前にサイズ(XS,S,M,L,LL)を伺います。

が支援しています。

2018年11月末までにお届け予定です。

12,000円コース(税込)

【会場に来られない方!】限定グッズ詰め合わせ+プレイリスト
【会場に来られない方!】限定グッズ詰め合わせ+プレイリスト

当日会場には来られないけど、我々を応援してくださるあなたに!
気合いを入れて作った曇天野外グッズ(Tシャツ,トートバック)+曇天の時に聴きたいプレイリストをお送りします。

※画像はイメージです。
※事前にサイズ(XS,S,M,L,LL)を伺います。
※プレイリストは文字情報でお送りします。

が支援しています。

2018年12月末までにお届け予定です。

50,000円コース(税込)

「asipai」と「喫茶ミラクル」に一年間広告を設置します。
「asipai」と「喫茶ミラクル」に一年間広告を設置します。

企業の方(もちろん個人もOK!)向けの協賛リターンです。
主催のasipaiと、パーリー建築の運営する喫茶ミラクルに一年間広告を設置します。
※2019年1月1日から1年間

が支援しています。

2018年12月末までにお届け予定です。

50,000円コース(税込)

会場にロゴパネルを設置
会場にロゴパネルを設置

企業の方(もちろん個人もOK!)向けの協賛リターンです。会場に馴染む素敵なロゴパネルを会場内のどこかに設置します。事前にロゴデータなどをいただいた上でこちらで制作いたします。
ご支援頂きました後、データのやりとりにつきましてご連絡させていただきます。

が支援しています。

2018年11月末までにお届け予定です。

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 音楽カテゴリの 「晴天中止!?の音楽フェス「曇天野外」を鳥取で!」プロジェクト詳細ページです。

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

ショッピングモールIDで登録

SNSで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)

ログイン

ショッピングモールIDでログイン

SNSでログイン

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)