Makuake Makuake Makuake 400 403 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect apple loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots icon-warning
















あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

ドローン米が届く!自然栽培を見える化したお米作りを応援しよう!

戻す

ストーリー

  1. 作り手の想い 農薬・化学肥料に頼らない、大変だけど自然なお米づくりにこだわり続けたいお米農家
  2. 食べ手の想い 自然の力でつくられた元気なお米を食べ続けたい、 家族に食べさせ続けたい消費者
  3. ドローンジャパンの想い 空から田圃を撮影・解析しながらお米の作り手と食べ手の想いを繋ぎ続けたい

『ドローン米』への想い

ドローン米ウェブサイト
https://drone-rice.jp/

『ドローン米』とは。

農薬・化学肥料に頼らない、「自然を第一」に心がけた篤農家の米づくりを
ドローンの解析技術がお手伝いしながら作られているお米です。

New Normal・コロナ前提にした社会。
これまでは、「自然調和農業」とは”真逆”の農業が標準でした。
しかし、この新たな社会では”日本の自然調和を前提とした先人達からの農業”が改めて世界で見直されています。

私たち人間は自然の中で生かされています。
「持続可能型社会」とは、「自然調和」を深く想い生きていくこと。

「自然調和」が求められる一丁目一番地の農業がこれから社会規範になります。

自然を第一にする米づくりを続け絶やさない。
志をもった篤農家の想いとその想いに共鳴する消費者を繋げたい。

これからも自然を第一に”美味しいお米”を作る篤農家をドローン・ジャパンとともに応援してください。

ドローン米ウェブサイト
https://drone-rice.jp/

※ドローン米はドローン・ジャパン株式会社の登録商標です。

このプロジェクトで届くもの

2020年、長雨や酷暑により、例年よりも非常に大変だった自然栽培米(農薬不使用、化学肥料不使用)、非常に少ない量ですが、


三重県 辻さんの収穫直前のドローン米田んぼ

辻さんのインタビュー動画 https://youtu.be/9BHsUVTGC2w


新潟県 中島さんの収穫直前のドローン米田んぼ

中島さんのインタビュー動画 https://youtu.be/ErYFUSb-1jY

富山県 下村さんの収穫直前のドローン米田んぼ

下村さんのインタビュー動画 https://youtu.be/IS8kmTB4u9A

岡山県 本山さんの収穫直前のドローン米田んぼ

本山さんインタビュー動画 https://youtu.be/EgoSFLzul-c

熊本県 前田さんの収穫直前のドローン米田んぼ

前田さんインタビュー動画 https://youtu.be/cpGwelxgw_8


・ドローン米2020サポーター特別壁紙(Zoom用PNG)
・”ドローン体験会”ご招待
・”ドローン米農家さんとのZoom収穫祭”
各々下記に詳細

農家さんのこだわり

ドローン米プロジェクトに深い想いをもって、お米をつくっている篤農家のご紹介

■三重県 つじ農園 辻 武史さん 栽培品種 [結びの神]


【ドローン米プロジェクトへの想い】
IT&ドローンで日本の米作りを応援したいというドローンジャパンの皆様の思いに共感して、ドローン米プロジェクトに参加しています。

農村は現在、高齢化と農業者人口の著しい減少により、重要な転換点にあり、また、今回のコロナのような状況下では、農産物を安定的に生産することが、重要だと感じています。農村を存続し、日本で安全なお米作りを続けていくために、多くの皆さんに興味を持っていただき、一緒に未来を考えていきたいです。

ドローン米プロジェクトでは、ドローンで撮影したデータをソフトウェアで分析することで「今、お米がどんな状態か」をより簡単に理解でき、さらに、「記録」が残ることで、前年の栽培データが容易に参照できるようになりました。

ドローン&ITを活用して、効率の中にも安全性を確保した農業を続けていきます。

【品種の特徴や栽培のこだわり】
三重県のオリジナル品種「結びの神」を化学肥料、農薬を使用せずに栽培しています。
粒立ちがよく、さっぱりした中に深みのある味わいです。土鍋で炊飯すると、より一層おいしく召し上がっていただけます。ドローンによる品質管理を活用し、安全安心なお米を栽培することができました。

「結びの神」は許可された生産者により栽培された、外観基準、安全基準、食味基準を満たしたお米のみに冠される名前です。弊社では一等米、お米のうま味に重要な指標となる玄米タンパク値も6.8%以下と、高評価を頂いたお米を出荷しております。

弊社の農地から、栽培に適した圃場であるわずか20a(2,000㎡)をドローン米栽培に提供しております。「美味し国三重」のおいしいお米をぜひ一度お試しください!

■新潟県 中島明則さん 栽培品種 [コシヒカリ]


【ドローン米プロジェクトへの想い】
2017年からドローン米プロジェクトに参加し、ドローンを活用した有機の米作りに取り組んできました。
自然の恵みをいただく農業に、最新の技術であるドローンを使って経験と勘だけでないやり方を進めたい。
4年目の今年、新型コロナの影響でいろいろなことを考えながらの一年でした。
コロナの前で人間の小ささを実感すると同時に、技術と自然の調和を図ることが解決につながっていくのではないでしょうか?

まずは、自分にできることから。生育が進む田んぼの前で、太陽の光を浴びながら汗をかいて米作りを進めていきます。

【品種の特徴や栽培のこだわり】
コシヒカリをJAS認証の有機栽培(※)で作っています。小さな田んぼは人の手やマガモを入れてその力を借りながら。1枚1haの大きな田んぼは動力除草機を使いながら、雑草に負けない米作りで栽培しています。

新潟の田んぼは肥沃で、化学肥料であれば多収栽培も出来る土地柄ですが、収量よりも食味を重視した栽培を行っています。
ドローンでのセンシングが、最適なタイミングと施肥量を導き、施肥管理に大きな役割を果たしてくれると思います。

最後はお天道様の力をお借りして、おいしいお米をお届けしたいと思います。

※中島さんのお米は有機JAS認証を取得しています。

■富山県 下村豪徳さん 栽培品種 [コシヒカリ]


【ドローン米プロジェクトへの想い】
環境にやさしい農業であってもテクノロジーは必要で、経験と勘の英知を見える化し次世代に引き継いでいく必要があります。様々な事に挑戦し次世代の米つくりを目指します。

Afterコロナ、Withコロナは食への関心が高まります。是非、農家とともに未来の食をつくりましょう。

【品種の特徴や栽培のこだわり】
富山県は立山連峰からの雪解け水が豊富で稲作に向いています。
そこで育つコシヒカリは、甘みが強いのが特徴です

■岡山県 本山紘司さん 栽培品種 [きぬむすめ]


【ドローン米プロジェクトへの想い】
開業10年足らずの弊社では、米づくりについても、日々新しい取り組み、そして面白い取り組みを志向しています。稲作技術も頭打ちになりつつある中、ドローンを利用した栽培方法の高度化、「これだ!」と衝撃を受けました。

低農薬、低化学肥料での特別栽培農産物やさらに有機無農薬栽培などを行うのであれば、作物や圃場の状態を細かくチェックし、場面場面に応じた適切に管理していくことが必要です。プロの稲作農家、いわゆる篤農家といわれる方々は、培ってきた経験とそれに裏打ちされたここぞの勘を働かせ、素晴らしい米づくりをなさいます。私たち若手に不足している経験を補う一方、普段の生活に溶け込んでいるICT機器と我々の親和性の高さを活かし、先端技術を導入した米づくり。面白いじゃないですか!

ドローンによるリモートセンシングに加え、除草ドローンの開発にもお手伝いをさせていただき、瑞穂の国、日本の稲作農業をさらに発展させてゆくドローン米プロジェクトに大きく期待しています。

【品種の特徴や栽培のこだわり】
安全安心な農産物は消費者と生産者がともに求めているものです。残留農薬や土壌の窒素過多など、農産物や環境に対する負の影響をいかに低減させていくか。
ドローン米プロジェクトに参画し、平成29年から「農薬・化学肥料不使用」での米づくりに挑戦しています。慣行栽培で期待される収量の半分ほどしか収穫できませんが、食味は上々です。収量が少なくなる大きな原因は、「雑草」です。雑草と稲が栄養や陽光などを競合してしまうため、農薬など化学物質に頼らない物理的除草をドローン除草機を使って行う実証実験も並行して行っています。収量増、作業量減、そんな米づくりの実現に取り組んでいきます。

■熊本県 前田道範さん 栽培品種 [イセヒカリ]

【ドローン米プロジェクトへの想い】
当時住んでいた東京で東日本大震災後に店頭から食料が消えるのを目の当たりにしてから日本の食事情と将来に危機感を抱き、九州に夫婦で移住。妻の祖父母の住む熊本県荒尾市で農業を始めました。近所の篤農家の方々から米作りを教わりつつ、一から手探りで農薬を使わない栽培で農業を営んでいたところ、ご縁があり、2020年よりドローン米プロジェクトに参画することになりました。

米作りをしている田圃は県立自然公園のふもとの棚田です。杉さえも植わっていない手付かずの広葉樹林にホタルが見られる湧水が流れ、猫が田んぼの水を飲みに来ます。ここで米作りをしているだけでなく、ここに住み井戸水を飲み、自分の子供が遊ぶ場でもあります。
たとえ収量は落ちても農薬を使わず、環境に配慮した農業をしたい。ドローンやICTは経験が浅い私たちにとって、経験を補い圃場から得られる情報を可視化し記録してくれる心強いツールです。
誰もが食に関心をもち、農家でなくても誰もが当たり前に食べる物を作り、支えあう。農家が高齢化し自然災害やコロナで当たり前がなくなった昨今、そのような時代が来てもいいと思います。ドローン米プロジェクトは次世代農業で大きな役割を担うと確信しています。

【品種の特徴や栽培のこだわり】
昨年から「イセヒカリ」を育てています。伊勢神宮の神田で二度の台風でも倒れなかった2本のコシヒカリを増やしたのがイセヒカリです。一粒ひとつぶが立っていてあっさりとした味わいながら、噛めば噛むほど旨みがじわりと広がります。和食の繊細な味を邪魔しない味で、冷めてもおいしいと、とても好評です。

田圃は熊本県の北部一帯に広がる小岱山県立自然公園のふもとにあり、南向きで日当たりが抜群の小さな棚田です。手付かずの広葉樹林の森からの湧水でお米を育てています。ホタルも見られるとても綺麗な水が自慢ですので農薬、除草剤の類は一年を通して一切使っていません。そのため雑草が繁殖しますので、ドローンで雑草が生えている箇所を確認したあと、手押しの除草機や手作業で雑草を取ります。また水管理をうまく行うことで、田んぼに住み着いているジャンボタニシが除草をしてくれるんですよ。

イノシシの被害などもあり、収量は多くはありませんが、その分、安心して食べられるお米を作っています。

リターンについて

1)プロジェクト応援コース(お米なし)
支援価格 5,000円

-ドローン米2020サポーター特別壁紙(Zoom用PNG)
MAKUAKEのドローン米プロジェクトキービジュアルに”お名前”を入れたZoom用壁紙PNGを収穫祭招待URLと一緒にお送りします。

ードローン体験会ご招待
21年初夏の5月頃田植え後に予定(場所未定)2021年4月上旬にご案内します

ー収穫祭ご招待@Zoom
12月22日(火)18:30-20:30 直前にMakuakeにて招待URLをご案内します

2)農家さん応援コース (お米+参加券)
支援価格 7,500円 × 5農家5コース

4Kgの新米をお届け玄米もしくは白米4kg)


-5つのコースがあり、5軒のドローン米農家さんから選べます

① 三重県 つじさんの結びの神
② 新潟県 中島さんのコシヒカリ
③ 富山県 下村さんのコシヒカリ
④ 岡山県 本山さんのきぬむすめ
⑤ 熊本県 前田さんのイセヒカリ
-2020年12月末までに発送します


-ドローン米2020サポーター特別壁紙(Zoom用PNG)
MAKUAKEのドローン米プロジェクトキービジュアルに”お名前”を入れたZoom用壁紙PNGを収穫祭招待URLと一緒にお送りします。

ードローン体験会ご招待
2021年初夏の5月頃田植え後に予定(場所未定)2021年4月上旬にご案内します

ー収穫祭ご招待@Zoom
12月22日(火)18:30-20:30 直前にMakuakeメッセージにて招待URLをご案内します

3)5農家みんな応援コース(毎月お米が届く)
支援価格 30,000円

5軒のドローン米農家さんから、4kgのお米を毎月末お届け(2021年1月から5月まで)玄米もしくは白米4kg×全5回)

1月:辻さん 2月:中島さん 3月:下村さん 4月:本山さん 5月:前田さん

-ドローン米2020サポーター特別壁紙(Zoom用PNG)
MAKUAKEのドローン米プロジェクトキービジュアルに”お名前”を入れたZoom用壁紙PNGを収穫祭招待URLと一緒にお送りします。

ードローン体験会ご招待
21年初夏の5月頃田植え後に予定(場所未定)2021年4月上旬にご案内します

ー収穫祭ご招待@Zoom
12月22日(火)18:30-20:30 直前にMakuakeメッセージにて招待URLをご案内します

リターンのスケジュールと仕様

1)農家さん応援コースについて
4kgのお米を2020年12月末までにお届けします。
お申し込みの際に、ご希望の生産者のコースをお選びいただき、各コース内で玄米・白米をお選びください。
ギフトとしてもお使いいただけますが、配送は2020年12月中で、配送日時のご指定はできません。

2)5農家みんな応援コースについて
2021年1月から5月まで4kgのお米を全5回お届けします。
1月:辻さん 2月:中島さん 3月:下村さん 4月:本山さん 5月:前田さん
のお米をお届け予定。(お届け月と生産者さんは変更できません)
それぞれの生産者で、玄米・白米をお選びいただけます。お申し込みの際にご記入ください。

お米について
2kg米袋が2個入り、段ボール詰めされたセットになります。

お米4kgセット(2kg×2袋)

農家さんとのzoom収穫祭について

2020年12月22日(火) 18:30-20:30 開催

参加者の方には収穫祭前日までにzoomミーティングURLをMakuakeメッセージにてご連絡します。


ドローン米2020サポーター特別壁紙(PNG)について

makuakeキービジュアル画像に、サポートいただいた方のお名前が入った壁紙になります。zoomミーティングの際に、背景としてお使いいただけます。
Makuakeメッセージを通して共有させていただきます。
お名前は標準的なローマ字でお入れしますがご希望があればお申し込みの際にご希望のつづりをご記載ください。

ドローン体験会について
ドローン・ジャパンがドローンの基礎と飛ばし方・撮影の仕方を教え、操縦撮影体験していただきます。(ドローンはドローン・ジャパンが用意します)
-会場は東京近郊を予定。(尚、会場までの交通費は自己負担となります。)
-日程は2021年の田植え直後の初夏・5月を予定。(1日3時間程予定、また当日の天候・コロナ情勢により変更になる場合があります。)
参加者の方には、Makuakeメッセージにて2021年4月上旬ご連絡します。

資金の使い道

農家さんが来年度のドローン米を作るための圃場を確保するために使用します。
ドローン・ジャパン㈱が、ドローン米圃場の解析技術の開発に使用します。

実行者紹介

ドローン・ジャパン㈱は、「Droneで日本の土づくりを世界に」をVISIONに、ドローン業界・農業ITベンチャーの仲間たち、IT技術者・研究者、そしてボランティアスタッフに協力してもらいながら、農業者を支援する活動をしています。
https://www.drone-j.com/vision

ぜひ応援よろしくお願いします!!

ドローン米ウェブサイト
https://drone-rice.jp/

リスク&チャレンジ

コメ栽培は自然とともにあるため、近年の天候不順や台風、豪雨、病害虫、イノシシ被害など、様々なリスクの上に成り立っています。 米農家さんはリスクを軽減するためにあらゆる知恵や経験を総動員して栽培されていますが、自然栽培ゆえに予定収量に届かないことも多くあります。 また自然栽培のため、病害虫の影響で、一部が黒くなったお米が混じっていることもございます。その点ご了承いただき、気になる方は取り除いてお召し上がりいただければ幸いです。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

このプロジェクトはAll or Nothing型です。プロジェクト成立のためにはプロジェクト終了日の2020年12月15日までに目標金額が達成となる必要があります。

5,000円(税込)

ドローン米プロジェクト応援コース(お米なし)
ドローン米プロジェクト応援コース(お米なし)

[1] ドローン米2020サポーター特別壁紙(Zoom用PNG)
 MAKUAKEのドローン米プロジェクトキービジュアルに”お名前”を入れたZoom用壁紙PNGを収穫祭招待URLと一緒にお送りします。

[2] ドローン体験会ご招待(21年5月頃・場所未定)
 ドローン・ジャパンがドローンの基礎と飛ばし方・撮影の仕方を教え、操縦撮影体験していただきます。(ドローンはドローン・ジャパンが用意します)
-会場は東京近郊を予定。(尚、会場までの交通費は自己負担となります。)
-日程は2021年の田植え直後の初夏・5月を予定。(1日3時間程予定、また当日の天候・コロナ情勢により変更になる場合があります。)

[3] Zoom 収穫祭ご招待(12月22日(火)18:30-20:30)
ドローン米農家さんをまじえ、こだわりの栽培方法などお話を伺いながら
オンライン交流会を実施します。

のサポーター

残り

2020年12月末までにお届け予定

7,500円(税込)

人気

農家さん応援コース【1】三重県 辻さんの「結びの神」(お米+参加券)
農家さん応援コース【1】三重県 辻さんの「結びの神」(お米+参加券)

[1] 今年獲れたて、4Kgの新米をお届け(玄米もしくは白米4kg)
【1】三重県 辻さんの新米「結びの神」をお届けします。
 -2020年12月末までに発送します

[2] ドローン米2020サポーター特別壁紙(Zoom用PNG)
MAKUAKEのドローン米プロジェクトキービジュアルに”お名前”を入れたZoom用壁紙PNGを収穫祭招待URLと一緒にお送りします。

[3] ドローン体験会ご招待
ドローン・ジャパンがドローンの基礎と飛ばし方・撮影の仕方を教え、操縦撮影体験していただきます。(ドローンはドローン・ジャパンが用意します)
-会場は東京近郊を予定。(尚、会場までの交通費は自己負担となります。)
-日程は2021年の田植え直後の初夏・5月を予定。(1日3時間程予定、また当日の天候・コロナ情勢により変更になる場合があります。)
※4月上旬にMakuakeにて詳細をお送りいたします。

[4] ドローン米収穫祭ご招待@Zoom
ドローン米農家さんをまじえ、こだわりの栽培方法などお話を伺うオンライン交流会にご招待します。
 12月22日(火)18:30-20:30
直前にメッセージにて招待URLをご案内します。

のサポーター

残り

2020年12月末までにお届け予定

7,500円(税込)

農家さん応援コース【4】岡山県 本山さんの「きぬむすめ」(お米+参加券)
農家さん応援コース【4】岡山県 本山さんの「きぬむすめ」(お米+参加券)

[1] 今年獲れたて、4Kgの新米をお届け(玄米もしくは白米4kg)
【4】岡山県 本山さんの新米「きぬむすめ」をお届けします。
 -2020年12月末までに発送します

[2] ドローン米2020サポーター特別壁紙(Zoom用PNG)
MAKUAKEのドローン米プロジェクトキービジュアルに”お名前”を入れたZoom用壁紙PNGを収穫祭招待URLと一緒にお送りします。

[3] ドローン体験会ご招待
ドローン・ジャパンがドローンの基礎と飛ばし方・撮影の仕方を教え、操縦撮影体験していただきます。(ドローンはドローン・ジャパンが用意します)
-会場は東京近郊を予定。(尚、会場までの交通費は自己負担となります。)
-日程は2021年の田植え直後の初夏・5月を予定。(1日3時間程予定、また当日の天候・コロナ情勢により変更になる場合があります。)
※4月上旬にMakuakeにて詳細をお送りいたします。

[4] ドローン米収穫祭ご招待@Zoom
ドローン米農家さんをまじえ、こだわりの栽培方法などお話を伺うオンライン交流会にご招待します。
 12月22日(火)18:30-20:30
直前にメッセージにて招待URLをご案内します。

のサポーター

残り

2020年12月末までにお届け予定

7,500円(税込)

農家さん応援コース【5】熊本県 前田さんの「イセヒカリ」(お米+参加券)
農家さん応援コース【5】熊本県 前田さんの「イセヒカリ」(お米+参加券)

[1] 今年獲れたて、4Kgの新米をお届け(玄米もしくは白米4kg)
【5】熊本県 前田さんの新米「イセヒカリ」をお届けします。
 -2020年12月末までに発送します

[2] ドローン米2020サポーター特別壁紙(Zoom用PNG)
MAKUAKEのドローン米プロジェクトキービジュアルに”お名前”を入れたZoom用壁紙PNGを収穫祭招待URLと一緒にお送りします。

[3] ドローン体験会ご招待
ドローン・ジャパンがドローンの基礎と飛ばし方・撮影の仕方を教え、操縦撮影体験していただきます。(ドローンはドローン・ジャパンが用意します)
-会場は東京近郊を予定。(尚、会場までの交通費は自己負担となります。)
-日程は2021年の田植え直後の初夏・5月を予定。(1日3時間程予定、また当日の天候・コロナ情勢により変更になる場合があります。)
※4月上旬にMakuakeにて詳細をお送りいたします。

[4] ドローン米収穫祭ご招待@Zoom
ドローン米農家さんをまじえ、こだわりの栽培方法などお話を伺うオンライン交流会にご招待します。
 12月22日(火)18:30-20:30
直前にメッセージにて招待URLをご案内します。

のサポーター

残り

2020年12月末までにお届け予定

7,500円(税込)

農家さん応援コース【3】富山県 下村さんの「コシヒカリ」(お米+参加券)
農家さん応援コース【3】富山県 下村さんの「コシヒカリ」(お米+参加券)

[1] 今年獲れたて、4Kgの新米をお届け(玄米もしくは白米4kg)
【3】富山県 下村さんの新米「コシヒカリ」をお届けします。
 -2020年12月末までに発送します

[2] ドローン米2020サポーター特別壁紙(Zoom用PNG)
MAKUAKEのドローン米プロジェクトキービジュアルに”お名前”を入れたZoom用壁紙PNGを収穫祭招待URLと一緒にお送りします。

[3] ドローン体験会ご招待
ドローン・ジャパンがドローンの基礎と飛ばし方・撮影の仕方を教え、操縦撮影体験していただきます。(ドローンはドローン・ジャパンが用意します)
-会場は東京近郊を予定。(尚、会場までの交通費は自己負担となります。)
-日程は2021年の田植え直後の初夏・5月を予定。(1日3時間程予定、また当日の天候・コロナ情勢により変更になる場合があります。)
※4月上旬にMakuakeにて詳細をお送りいたします。

[4] ドローン米収穫祭ご招待@Zoom
ドローン米農家さんをまじえ、こだわりの栽培方法などお話を伺うオンライン交流会にご招待します。
 12月22日(火)18:30-20:30
直前にメッセージにて招待URLをご案内します。

のサポーター

残り

2020年12月末までにお届け予定

24,000円(税込)

【追加】4農家応援コース(毎月1農家ずつお米が届く)

[1] 4軒のドローン米農家さんから、4kgのお米を2021年1月から4月まで
  毎月末、全4回お届けします。

1月:辻さん 2月:中島さん 3月:下村さん 4月:本山さん

※それぞれの生産者で、玄米・白米をお選びいただけます。
※4農家さんから届く順番は変更できません。

[2] ドローン米2020サポーター特別壁紙(Zoom用PNG)
MAKUAKEのドローン米プロジェクトキービジュアルに”お名前”を入れたZoom用壁紙PNGを収穫祭招待URLと一緒にお送りします。

[3] ドローン体験会ご招待
ドローン・ジャパンがドローンの基礎と飛ばし方・撮影の仕方を教え、操縦撮影体験していただきます。(ドローンはドローン・ジャパンが用意します)
-会場は東京近郊を予定。(尚、会場までの交通費は自己負担となります。)
-日程は2021年の田植え直後の初夏・5月を予定。(1日3時間程予定、また当日の天候・コロナ情勢により変更になる場合があります。)
※4月上旬にMakuakeにて詳細をお送りいたします。

[4] ドローン米収穫祭ご招待@Zoom
ドローン米農家さんをまじえ、こだわりの栽培方法などお話を伺うオンライン交流会にご招待します。
 12月22日(火)18:30-20:30
直前にメッセージにて招待URLをご案内します。

のサポーター

残り

2021年01月末までにお届け予定

7,500円(税込)

農家さん応援コース【2】新潟県 中島さんの「コシヒカリ」(お米+参加券)
農家さん応援コース【2】新潟県 中島さんの「コシヒカリ」(お米+参加券)

[1] 今年獲れたて、4Kgの新米をお届け(玄米もしくは白米4kg)
【2】新潟県 中島さんの新米「コシヒカリ」をお届けします。
 -2020年12月末までに発送します

[2] ドローン米2020サポーター特別壁紙(Zoom用PNG)
MAKUAKEのドローン米プロジェクトキービジュアルに”お名前”を入れたZoom用壁紙PNGを収穫祭招待URLと一緒にお送りします。

[3] ドローン体験会ご招待
ドローン・ジャパンがドローンの基礎と飛ばし方・撮影の仕方を教え、操縦撮影体験していただきます。(ドローンはドローン・ジャパンが用意します)
-会場は東京近郊を予定。(尚、会場までの交通費は自己負担となります。)
-日程は2021年の田植え直後の初夏・5月を予定。(1日3時間程予定、また当日の天候・コロナ情勢により変更になる場合があります。)
※4月上旬にMakuakeにて詳細をお送りいたします。

[4] ドローン米収穫祭ご招待@Zoom
ドローン米農家さんをまじえ、こだわりの栽培方法などお話を伺うオンライン交流会にご招待します。
 12月22日(火)18:30-20:30
直前にメッセージにて招待URLをご案内します。

のサポーター

残り

2020年12月末までにお届け予定

30,000円(税込)

5農家みんな応援コース(毎月お米が届く)
5農家みんな応援コース(毎月お米が届く)

[1] 5軒のドローン米農家さんから、4kgのお米を2021年1月から5月まで
  毎月末、全5回お届けします。

1月:辻さん 2月:中島さん 3月:下村さん 4月:本山さん 5月:前田さん

※それぞれの生産者で、玄米・白米をお選びいただけます。
※5農家さんから届く順番は変更できません。

[2] ドローン米2020サポーター特別壁紙(Zoom用PNG)
MAKUAKEのドローン米プロジェクトキービジュアルに”お名前”を入れたZoom用壁紙PNGを収穫祭招待URLと一緒にお送りします。

[3] ドローン体験会ご招待
ドローン・ジャパンがドローンの基礎と飛ばし方・撮影の仕方を教え、操縦撮影体験していただきます。(ドローンはドローン・ジャパンが用意します)
-会場は東京近郊を予定。(尚、会場までの交通費は自己負担となります。)
-日程は2021年の田植え直後の初夏・5月を予定。(1日3時間程予定、また当日の天候・コロナ情勢により変更になる場合があります。)
※4月上旬にMakuakeにて詳細をお送りいたします。

[4] ドローン米収穫祭ご招待@Zoom
ドローン米農家さんをまじえ、こだわりの栽培方法などお話を伺うオンライン交流会にご招待します。
 12月22日(火)18:30-20:30
直前にメッセージにて招待URLをご案内します。

のサポーター

残り

2021年01月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するクラウドファンディングプラットフォームです。このページは、 フードカテゴリの 「ドローン米が届く!自然栽培を見える化したお米作りを応援しよう!」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。