あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

プロジェクトの期間が終了しました

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

A4サイズに、DJに必要な全ての機能を。日本発、ポータブルDJシステム「FJ1」

戻す

ストーリー

  1. これ1台で、どこでもDJができる。日本最高記録を達成したDJデバイスが7年振りに進化
  2. 小さな筐体を、さらにパワフルに。アルミニウム筐体、ウルトラワイド液晶、1.6GHzプロセッサ
  3. デジタルオーディオ機器設計に20年の実績を持つ日本人チームが1から開発

かつて日本のクラウドファンディング記録を塗り替え、多くの音楽ファンを熱狂させたGODJ Plus。その後継機となるFJ1の開発をスタートさせました。バッテリー駆動、スピーカー搭載、PC不要といった、GODJ Plusの使い勝手はそのままに、課題となっていた部分を徹底的に見直し、さらなる進化を遂げました。

1/26(FRI) DJイベント開催決定!!

渋谷「Circus Tokyo」にて、FJ1の実機筐体(2色)を実際に“見て触れる”ことができる一夜限りのDJイベント「The DJ Gadget Night」を開催します。
スペシャルゲストとして、DJ KOOによるGODJ Plusを使用したDJプレイの他、DJ KOO、DJ TARO、株式会社ミューシグナル代表取締役 宮崎の3名によるトークセッションも実施予定です。

詳細はこちら
申込はこちら

ストレッチゴール設定!!
【8,000万円達成でBluetoothドングルに対応】

FJ1本体にはBluetoothの機能はございませんが、市販のBluetoothドングルを本体のUSBポートに刺すことでBluetooth対応のスピーカーやヘッドフォンに音を飛ばせるようになる見込みです。応援購入総額が8000万円を超えましたらこの機能の開発に着手致します。

一般に、DJを行うためには2台のターンテーブルまたはCDプレイヤー、ミキサー、さらにエフェクターやサンプラーなど、さまざまな機材を用意する必要があります。これらの機器をすべて揃え、適切に接続しなければスタートラインに立つことができないため、初心者にとっては大きなハードルとなっていました。

しかし、FJ1ならそんな心配は要りません。FJ1はA4サイズの筐体にDJに必要なすべての機能を搭載しており、さらに本格的なスピーカーも内蔵しています。そのため、普段の練習はもちろん、ちょっとしたパーティからクラブでのプレイまで、これ1台で対応する事ができます。

FJ1でのDJプレイにPCやスマホは必要ありません。音楽ファイルをUSBメモリに入れ、本体横のUSBポートに差し込めばすぐにDJをスタートできます。搭載しているスピーカーはフルレンジステレオユニットとパッシブラジエーターで構成される本格派。この薄さからは想像もできないような深く重みのある音を出力します。これら全機能がUSB Type-Cで簡単に充電ができる内蔵バッテリーで動作しますので、電源のとりづらいキャンプやBBQといったアウトドアでも大活躍します。

二つの曲をなめらかにミキシングしたり、スクラッチやエフェクトをかけたり。そんなDJの醍醐味はすべてこの1台に凝縮されています。A4サイズの筐体は運びやすさと使いやすさを両立させた手頃な大きさで、場面を選ばず気軽にプレイを楽しめるのも嬉しいところ。

気軽といっても中身は超本格派。初めてのDJプレイを支援する各種の自動化機能から、アイデア次第で様々な応用がきくサンプラーまで多彩な機能を備えており、そのポテンシャルは大規模なDJセットにもまったく引けを取りません。

FJ1には様々なインターフェースが搭載されています。ファイルの選択や波形の確認など視覚的に操作したいものはタッチパネル式液晶で、正確なタイミングや細かい調整が必要なものはノブやフェーダーなどの物理インターフェースで行います。左右に配置された計8個の物理パッドには様々な機能を割り当てることが可能です。筐体は、プラスチックからより丈夫なアルミニウムに変更。より明るく大きくなった、タッチパネル式液晶も、快適なDJプレイをサポートします。

FJ1はこのチームで開発するDJマシンの3機種目となります。2012年に誕生した初代の「GODJ(ゴーディジェイ)」は世界最小のDJマシンを謳い20か国以上に展開しました。2017年、GODJにビルトインスピーカーとハードウェアインターフェースを追加して誕生したのが「GODJ Plus(ゴーディジェイプラス)」です。GODJ Plusはクラウドファンディングで当時の日本最高金額(※)を更新し、TRFのDJ KOOさんやSEKAI NO OWARIのDJ LOVEさん、元スノーボード日本代表の成田童夢さん等国内外のアーティストの皆様にもご愛用頂きました。そして誕生するFJ1。FJ1はこれらの過去製品で培った経験を存分に注ぎ込み、2024年の最新の技術と部材で製造する最新鋭のDJマシンです。
(※国内における音楽ジャンルのクラウドファンディング史上最高記録。2016年5月30日時点、実行者調べ。)

既にDJをされている方へ。

1台で、本格イベントからホームパーティまで。

この機材、すでにDJ機材をお持ちの方にとっては信頼できるバックアップ機となります。DJ専用機器でもPCDJでも現場でのトラブルはつきもの。何かあった際にすぐに切り替えられるようFJ1をミキサーに繋いでおく事で安心してプレイする事ができます。実際にGODJシリーズをサブ機として携帯しているDJさんも多くいらっしゃいます。

もちろんFJ1をメインマシンとしてお使い頂く事もできます。現場のDJ機器が想定していた機種と違っていた、持って行ったUSBメモリがうまく認識されなかった、PCを立ち上げたらアップデートが始まってしまった、といったトラブルも回避できますし、なにより日々練習している機材そのものでプレイできる安心感はポータブルの専用機ならでは。充電式でどこへでも持っていけるFJ1は、クラブに限らずアウトドアやホームパーティ等、活躍の場を広げてくれるでしょう。

全ての、音楽好きへ。

DJが、新しい趣味になる

FJ1はこれからDJを始めようとする人にもおすすめです。本体にDJに必要な機能が全て搭載されていますので電源を入れるだけで簡単にDJの練習を始める事ができます。USBメモリにお気に入りの曲を詰め込んで、アウトドアやパーティなどでプレイすれば盛り上がる事間違いなし。2つの曲をミキシングしたり曲のサビでエフェクトを掛けたりと新しい音楽を創造する楽しさをFJ1で是非体験してみて下さい。事実GODJシリーズでDJを始め、DJを一生の趣味にしてしまった方もたくさんいます!

一味ちがう、音楽鑑賞にも!

電源を入れたらすぐにお気に入りの曲を再生できる、しかも本格的なスピーカー付き。スマホやPCを立ち上げる事なく音楽が聴ける普段使いのオーディオ機器としてもお使い頂けます。そしてそんな時に活躍するのが独自開発のAutoDJ機能。まるでDJがプレイしているかのように自動で選曲とミキシングを行ってくれるので、いつものアルバムも一味違った繋ぎ方で聴かせてくれるでしょう。

1 丈夫で高級感のあるアルミニウム筐体

FJ1では筐体をプラスチックからアルミニウムに変更しました。見た目や手触りから感じ取れる高級感はもちろん、プラスチックには無いほどよい重量感は長時間のDJプレイに安心感を与えてくれます。表面処理はアルミニウムに酸化被膜を作りつつ塗装を施すカラーアルマイトを採用。変色や腐食の少ない丈夫な筐体に仕上げます。

2 明るくそして大きくなったタッチパネル式液晶

GODJシリーズから大きく進化したポイントの1つがタッチパネル式液晶です。GODJを設計した2012年当時のものと比べると明るさもコントラストも別格。晴天の屋外だと液晶が見えづらいというGODJシリーズ弱点もこの液晶画面で解決です。

横長の液晶を採用する事で表示領域を1.5倍に拡張する事ができました。これもGODJシリーズを設計した2012年には存在しなかったタイプの液晶です。製品中央部に登場した新たな領域を使い、波形表示やビジュアルエフェクタ、追加のサンプラーなどを盛り込んでいく計画です。

3 縦並び3バンドイコライザ

イコライザは物理ノブで制御したい、そんな多くの皆様のご要望からGODJ Plusに搭載されたイコライザノブ。GODJ Plusではデザイン上横並びになっていましたが、世のほとんどのDJマシンが採用している並び方向と異なるため直感的な操作がしづらいというご意見を多数いただきました。これを受け、FJ1ではイコライザノブを縦並びに変更。他のDJマシンをお使いの方でも違和感なく使える仕様としました。

あのスピーカーユニットをさらに強化

GODJ Plusと同様、FJ1も本格的なスピーカーを本体に搭載します。GODJ PlusやOVOに搭載されたスピーカーユニットをそのまま採用しつつ、駆動方式をフルデジタルロジックから一般的なクラスDアンプに変更しました。フルデジタルロジックでは入力電圧の上限が5Vだったのに対し、今回は12V以上かけることができるため更なる大音量が期待できます。ステレオフルレンジユニットとパッシブラジエーターを備えた密閉型スピーカーユニットが、この薄さからは想像もできないような深く重みのある音を出力します。

GODJシリーズの機能は極力踏襲

メインプロセッサの動作周波数がGODJシリーズの58MHzから1.6GHzと約25倍になるため、動作速度や計算精度の向上はもちろん、ご要望の多かったアルバムアート表示や高負荷サウンドエフェクトにも対応できるようになる見込みです。一方で基本的な操作性はGODJシリーズを極力踏襲し、従来からのファンの皆様にも違和感のない快適さを約束します。ハードとソフト、どの側面を切り取っても、FJ1はGODJシリーズの正統進化形という位置づけになります。

GODJシリーズからの主な変化点

12年間で大きく変化した製造環境

初代GODJを設計したのは約12年前の2011年でした。当時と比べて、現在の2023年は、入手可能な電子部品の種類、性能、ロット、価格、そして供給ネットワークに至るまで、モノづくり環境が大きく変わりました。特に液晶画面の進化やマイクロプロセッサの処理能力の向上は驚異的であり、今回採用予定のハードウェア構成により、GODJシリーズでは実現できなかった様々な機能の実装にFJ1は挑戦できるでしょう。

世界でも極めて稀な「ポータブルDJマシン」を作れる会社

ハードウェアとソフトウェアの双方が複雑に絡み合う事から、完成品を提供できる企業は世界でも数えるほどしか存在しないと言われるDJマシン業界。その中でも持ち運びをコンセプトに掲げる数少ない企業の1つが、宮城県仙台市に本社を置く株式会社ミューシグナルです。2012年に世界最小のDJマシンを謳ったGODJシリーズを発表してから12年が経過しましたが、未だに類似商品すら登場していない「ポータブルDJマシン」という分野。FJ1はそこに新たな歴史を刻むプロジェクトです。

日本人スタッフによる細やかな設計とアフターサポート

FJ1は筐体、回路、ソフトウェア、全て日本人スタッフが設計する完全オリジナル商品です。本体に表示されるテキストやマニュアル等も全て日本語に対応、お問い合わせや修理サポートも全て国内対応となりますので安心してお使い頂けます。

・本体サイズ:250mm x 210mm x 35mm(試作時)

・重さ:1800g(試作時)

・オーディオ端子:RCA出力、ヘッドフォン出力×2、ステレオ入力、マイク入力

・インターフェース:USB Type-C(充電及びPC接続用)、USB-Aポート×2

・対応音源フォーマット:wav, AIFF, MP3, AAC, Apple Lossless, Ogg Vorbis, FLAC, DSD

・付属品:USBケーブル、専用キャリーケース

・一般販売予定価格:¥92,000(税込)

※仕様については試作段階のものになりますので、実際の製品とは異なる場合がございます。

FJ1はブラックまたはシルバーの2色からお選び頂けます。ブラックは重厚感のあるマットな仕上がりに、シルバーは手触りの良い高級感のある仕上がりとなっております。

2023年12月 目標金額達成次第、量産金型を発注

2024年1月 プロジェクト終了、量産数量で部品手配

2024年2月 筐体調整、回路設計、スピーカーのテスト

2024年2月~6月 ソフトウェア開発

2024年7月 ハードウェア・ソフトウェアの最終検証

2024年8月 FJ1出荷開始

ミューシグナルは宮城県仙台市に本社を置くベンチャー企業です。半導体設計とデジタルオーディオの分野で20年以上の経験を持ち、遊戯機やカラオケ機といった業務用製品からギターエフェクタやハイレゾプレイヤーなどのコンシューマー向け製品まで幅広い実績があるチームです。日本人ならではのキメ細かい製品作りが持ち味です。

株式会社ミューシグナル 代表取締役 宮崎晃一郎

Q1:全くDJ経験が無い人でも使いこなせますか?

A1:はい、オートシンクやEQクロスフェードなどのサポート機能がついているため、DJ経験の無い人でもすぐにミキシングを楽しむことができます。

Q2:クラブなどにある大型スピーカーに接続できますか?

A2:はい、本体左側にあるRCA出力をアンプに接続すれば大型スピーカーから音を出す事が可能です。

Q3:マニュアルやサポートは日本語ですか?

A3:はい、マニュアル、メール及び電話サポート全て日本語対応です。また修理拠点も日本国内にございます。

リスク&チャレンジ

FJ1は製造や部材調達を日本国内外の様々な工場を使って進めていく関係上、アジア周辺の世界情勢の影響を受けるリスクがございます。社員一丸となってスケジュール内での発送を目指して参りますが、発送に遅れが出る可能性につきましては予めご了承下さい。 各部品の生産能力を鑑みますと1か月の生産可能台数は500~1000台になります。初回ロットは2024年8月の納品を予定しておりますが、お申込み頂いた全台数の納品には数か月を要する見込みです。 本文中に記載させていただいたスケジュールは、あくまでプロジェクト公開時点の予定です。応援購入の性質上、配送遅延のおそれがございます。原則として、配送遅延に伴う応援購入のキャンセルはできませんが、リターン配送予定月から6ヶ月を超えた場合には、希望者に限りキャンセルにて対応させていただきます。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

?

このプロジェクトはAll or Nothing型です。プロジェクト成立のためにはプロジェクト終了日の2024年01月30日までに目標金額が達成となる必要があります。

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するアタラシイものやサービスのプラットフォームです。このページは、 プロダクトカテゴリの 「A4サイズに、DJに必要な全ての機能を。日本発、ポータブルDJシステム「FJ1」」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP