Makuake Makuake Makuake 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake
















北村薫ファンサイト「北村亭」開設20周年記念同人誌『再び見つける北村薫』の刊行

戻す

作家北村薫のファンサイト「北村亭」を開設してから今年で20周年という節目になる、ということにハッと気づき、こんな区切りのいい年じゃないとできないようなちょっと大きな活動をやってみよう!ということでこの記念誌刊行を企画しました。

 

北村亭といえば北村薫先生。北村先生一筋に活動してきましたが、北村先生の活動も文芸・ミステリ作品一筋ではなくなり、詩歌など新たな分野の開拓にも余念がありません。
しかし、それとともに昔の作品が好きだった方が少なくなってきたような気がしています。

本誌を手に取ることで、いや手に取らなくても作っているということを知ることで、北村作品の読者の方に(特に元読者だった方)北村作品を再度手にとってもらうきっかけを作りたい、そしてあわよくば新たな北村ファンを増やしていきたいと考えています。

また2019年は北村薫作家デビュー30周年の年でもあり、来年第⼆弾の活動を⾏う布⽯を打つ意味合いも込めたいと考えています。

作家北村薫のファンサイト「北村亭」のサイト開設20周年を記念し、北村亭開設20周年記念同⼈誌『再び⾒つける北村薫』というネットではない紙媒体を作成し、⽂学フリマを初めとするとするイベントなどで広く頒布したいと考えています。


これは紙媒体による従来のサイト読者以外の北村薫作品の読者層に改めてサイトの活動をアピールするとともに、北村薫作品から離れていた読者に作品をもう⼀度⼿にとってもらうきっかけ作りを⾏いたいためです。


もちろん、新たな読者も、お待ちしています。

記念誌のコンテンツとして複数の方へのインタビューや「作品縁の地探訪」があります。これらはお話を聴きに行くためや、縁の地への撮影のための交通費、手土産・謝礼、インタビューの依頼や原稿の改稿の確認などにかかる通信費、また必要なソフトウェアの調達など諸々の費用がかかり、その上で印刷代がかかってきます。そうした制作・印刷費用をそのまま頒布価格に反映すると実際に売れるのか疑問に感じる価格になります。そこで制作費分だけでも別に回収できないかと考えました。

また北村亭だけで告知を打っていても情報は作品読者層の熱心な固定層にしか届かず、頒布数もしれています。文学フリマに出すとは言え、別のマスにも情報を流さないと広く作品読者に届きません。

お金と告知の問題を一度に解決できる。それがmakuakeでのクラウドファンディングでした。

『再び見つける北村薫』の名の通り、北村薫の作品・作家像を見つめ直すために、北村薫作品を支える編集者、装画家などから北村薫先生とその作品作りについてのお話しを聴きました。これにより裏方から見た北村薫先生の姿がいかなるものか、照らし出さんとしています。また読者から作品についてのアンケートを募集し、様々な読者からのいろいろな見方を紹介することによって個々人では気づかなかった作品・作家像を見直すきっかけになればと思います。

また「作品縁の地探訪」によって作品のキーになる土地を訪問し、そこへの道のりを紹介することで、作品を再読するきっかけ作りになればと考えました。

加えて北村亭の活動を紹介するものとして「北村試験」「北村薫ランキング」を紹介します。北村試験は実際の試験を提示し、ランキングでは北村亭で展開する各種ランキングの結果を提示して、読者に実際に本を再び読み込むきっかけになればと考えました。

本誌制作費の補填およびリターンの制作費、および文学フリマ出展料やFacebook等での広告費など頒布原価の補填、また印刷代の一部に充てられます。

1998年に開設された、直木賞作家北村薫の著作の読者が集う専門ファンサイト「北村亭」の管理人です。

北村亭を立ち上げ、各種コンテンツ開発や書籍・雑誌掲載・各種メディアミックス・講演会などイベントの告知、その他管理運営などの裏方な活動を個人で地道に続けてきました。

このような活動が北村薫先生ご本人や編集者からも認められ、情報提供を受けたり、授賞式などへご招待いただいたりもしています。

1.この記念誌は北村薫先生本人の監修を受けているの?

最終的に献本する予定ですが、監修は受けていません。(制作はご存じです)

あくまで「北村亭」による私的研究・調査の成果物とお考えください。またインタビュー・アンケートの結果も個人の意見です。文責は北村亭にあります。

2.記念誌はもうできているの?中身をチラ見したい。

残念ながら2018年1月現在でまだ完成しておりません。期間中に完成しましたらチラ見も検討します。

 

本誌を一読して「私ならもっと作り込める」というコアな方がいらっしゃるかもしれません。

ぜひ作ってください。アウトプットしてください。それらが多ければ多いだけ読者は増えます。コミュニケーションも増えます。読者が多ければ本の企画も沢山出るようになります。先生は「依頼が来ても色々言って逃げている」と講演会で仰ったりしますが、実際原稿に取り組むとその上がりはとても早いそうです。どんどん書いていただくためにも支える読者は必要です。評論でも二次創作でもなんでもいいです。告知協力ぐらいします。ぜひ発信してください。

支援するコースを選択する

支援するコースを選択する

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

1,000円コース(税込)

【限定50部】第二十六回文学フリマ東京で『再び見つける北村薫』お取り置き予約
【限定50部】第二十六回文学フリマ東京で『再び見つける北村薫』お取り置き予約

・リターン:『再び見つける北村薫』(会場にてお渡し)

当日文学フリマ東京に行くよ、という方で、
なおかつ『再び見つける北村薫』を確実に手に入れたい方向けのリターンです。
※北村薫作品の装画を手がけた版画家大野隆司氏協賛による同氏の版画を一緒にお渡しします。

※第二十六回文学フリマ東京は2018年5月6日(日曜日)に東京都大田区にあるTRC:東京流通センターにて開催されます。

が支援しています。

2018年05月中にお届け予定です。

1,500円コース(税込)

【限定50部】『再び見つける北村薫』発送確約
【限定50部】『再び見つける北村薫』発送確約

・リターン:『再び見つける北村薫』(郵送)

文学フリマに行けない、という方で、
なおかつ『再び見つける北村薫』を確実に手に入れたい方向けのリターンです。
※サンクスレターを同封させていただきます。
※北村薫作品の装画を手がけた版画家大野隆司氏協賛による同氏の版画を同封します。

が支援しています。

2018年05月中にお届け予定です。

5,000円コース(税込)

【限定25部】ご協賛:発送+巻末献辞にお名前
【限定25部】ご協賛:発送+巻末献辞にお名前

・リターン1:『再び見つける北村薫』(郵送)
・リターン2:記念誌巻末献辞にお名前掲載。

『再び見つける北村薫』の趣旨に協賛していただける方へのリターンです。協賛のお印に巻末の巻末献辞欄にお名前を掲載させていただきます。
※サンクスレターを同封させていただきます。
※北村薫作品の装画を手がけた版画家大野隆司氏協賛による同氏の版画を同封します。

が支援しています。

2018年05月中にお届け予定です。

10,000円コース(税込)

【限定25部】特別ご協賛:発送+巻末献辞にお名前+北村亭サポーター会員証
【限定25部】特別ご協賛:発送+巻末献辞にお名前+北村亭サポーター会員証

・リターン1:『再び見つける北村薫』(郵送)
・リターン2:記念誌巻末献辞にお名前掲載。
・リターン3:北村亭サポーター会員証贈呈。

『再び見つける北村薫』の趣旨に協賛していただける方へのリターンです。協賛のお印に巻末の巻末献辞欄にお名前を記載させていただきます。

また北村亭サポーター会員証を贈呈(同封)します。北村亭サポーター会員の方には会員特設サイトにて北村亭で企画する北村薫先生作家デビュー30周年プロジェクトの際の最速のご案内など、北村亭の活動をいち早くお知らせします。

※サンクスレターを同封させていただきます。
※北村薫作品の装画を手がけた版画家大野隆司氏協賛による同氏の版画を同封します。

が支援しています。

2018年05月中にお届け予定です。

10,000円コース(税込)

【限定10部】特別ご協賛:発送+巻末献辞にお名前+北村亭サポーター会員証+版画
【限定10部】特別ご協賛:発送+巻末献辞にお名前+北村亭サポーター会員証+版画

・リターン1:『再び見つける北村薫』(郵送)
・リターン2:記念誌巻末献辞にお名前掲載。
・リターン3:北村亭サポーター会員証贈呈。
・リターン4:謡口早苗様の版画冊子贈呈。

『再び見つける北村薫』の趣旨に協賛していただける方へのリターンです。協賛のお印に巻末の献辞欄にお名前を記載させていただきます。

また北村亭サポーター会員証を贈呈(同封)します。北村亭サポーター会員の方には会員特設サイトにて北村亭で企画する北村薫先生作家デビュー30周年プロジェクトの際の最速のご案内など、北村亭の活動をいち早くお知らせします。

加えて北村薫作品の装画を手がけた画家謡口早苗氏協賛による同氏の版画集(小冊子)を同封します。

※サンクスレターを同封させていただきます。
※北村薫作品の装画を手がけた版画家大野隆司氏協賛による同氏の版画を同封します。

が支援しています。

2018年05月中にお届け予定です。

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いをサポーターの支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 出版・ジャーナリズムカテゴリの 「北村薫ファンサイト「北村亭」開設20周年記念同人誌『再び見つける北村薫』の刊行」プロジェクト詳細ページです。

PAGE TOP

支援を続けるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

SNSで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)

ログイン

SNSでログイン

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)