Makuake Makuake Makuake 400 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots
















あなたの支援

リターン支援

支援金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

プロジェクトの期間が終了しました

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

職人と私でつくる世界にひとつの『かわず張り傘』 小宮商店 

戻す

ストーリー

  1. 傘一筋、88年。東京の老舗洋傘店「小宮商店」の職人と一緒につくる、自分だけの傘。
  2. 日本が誇る老舗洋傘店が企画する、 女性職人による体験型プロジェクト
  3. 大切な方へプレゼントにもぴったり!オリジナル日傘で、感謝の気持ちを送りましょう!

職⼈と私でつくる世界にひとつの『かわず張り傘』

小宮商店は、創業88年を超えた洋傘を製造販売する会社です。明治時代からつづく傘の製法を現代に受け継ぎ、傘職人と共に生地づくりから、布の裁断、裁縫まですべて手作業で「東京洋傘」と呼ばれる日本製洋傘(東京都指定伝統工芸品)をつくっています。 

今回のプロジェクトは、手作業の日本洋傘の素晴らしさを実感してもらうために、お客様⾃⾝がものづくりに参加していただき、オリジナル⽇傘の製作をするというものです。 

対象とする傘は、一部の職人の間でしかつくられていない「かわず張り」と呼ばれる、傘⽣地を⼆重に張った特殊な日傘を用意しました。実際に工程の全てをみなさまに作っていただくのは高度な技術を要しますので、その日傘の内側の⽣地に、お客様自身で絵を描いてもらい、それを⼩宮商店の若⼿⼥流職⼈が精魂込めて日傘に仕上げる形です。

「⽇本製の⼿作り」でしか体験できない職人の世界で、ものづくりの深い感動をご一緒に味わって下さい。

 リターン① ワークショップのご紹介

1.先ず、二重張り生地の外側の生地を4種類(水色、赤、紺、ベージュ)から選んで頂きます。

(水色)

(赤)

(紺)

(ベージュ)

2.次に、内側の白生地へ、絵の具で自由に絵を描いていただきます。(原則2時間くらいです)

尚、描いて頂く絵は事前に考えた方がよりスムーズに行きますので、ご参考に傘用のテンプレートをダウンロードできるようになっています。 ぜひご利用ください。

http://www.komiyakasa.jp/makuake/download/kasa_template.pdf

3.絵付けの完成例です。

(お好きな色の組み合わせで、晴れやかに仕上げることができます)

(ひまわりやお花を書いて入れるだけで、日傘を開くたびにテンションがアップ)

(シンプルな物がお好みの方には、好きな絵をいくつか書いて楽しめます)

 

〔 かわず張り製法について 〕

この傘の製法「かわず張り」とは通常の表側の生地に加え、内側にも傘骨を覆い隠すように二重に生地を張る作り方のこと。内側から見た様子がカエルの水かきに似ていることから、そう呼ばれます。日傘にした際に、布と布の間に空気の層が出来るのでその分、温度が涼しくなるなど、これには機能的な一面もあります。

【 ワークショップの概要 】

 (1)開催日時: 2019年1月27日(日)

          2019年2月2日(土)、2019年2月17日(日)

          2019年3月2日(土)、2019年3月17日(日)

          《 全日二部制 》

          午前の部  10:00~12:00

          午後の部  15:00~17:00

 (2)場所:   小宮商店工房(小宮商店の店舗から徒歩1分)

          集合 → 小宮商店本社の店舗前(開始時刻の10分前)

          103-0004 東京都中央区東日本橋3-9-7

          (現地集合・現地解散となります)

 (3)各回定員: 6人(最低1人から実施)

 (4)参加費用: 29,160円(税込) → 10%オフ 限定11人

          32,400円(税込) → 限定50人

 (5)無料付帯サービス: 「てるてる坊主」の房飾り、お客様の名入れ、

          プレゼントラッピング(手さげ袋付き)、

          小宮商店本社店舗で6ヶ月有効な10%引きク―ポン

 (6)お申し込み、詳細のご案内:

          http://www.komiyakasa.jp/makuake/

リターン② ワークショップ以外のリターン(イベント記念新商品)

若手女流職人が精魂込めた雨傘「イベント記念の新商品が早割20%オフ(限定10本)」

《 レディース甲州織裏縞/55cm16本骨(雨傘) 》

マニッシュで瀟洒なデザインの生地を、持ち姿が美しくて軽い16本骨(カーボン製)に張りました!

表側は無地(ブラックのみ)、裏側に約1ミリ間隔の細かいストライプ模様を配し、さりげないお洒落心をくすぐりメンズ傘で大好評の一品を、レディースの新商品として若手女流職人が精魂込めて製作致します。

 

後日発売予定の定価としては27,000円(税込)のところ、早割り20%オフのイベント記念価格の21,600円(税込、プレゼントラッピング+手さげ袋つき、及び小宮商店本社店舗で6ヶ月間有効な10%引きクーポンを進呈)にて、限定先行販売(10本)にてご提供させて頂きます。

 

 

【 ご参考; メンズ甲州織裏縞 】 

 https://item.rakuten.co.jp/komiyakasa/997716-72/ 

《 小宮商店のご紹介 》 傘一筋、88年。東京の老舗洋傘店

お読みくださっている皆さま、ありがとうございます。株式会社小宮商店の三代目、代表取締役の小宮宏之です。

良い洋傘の秘密。見えない部分にこそ、こだわりをもちたい

 例えば、お客さんが傘を開いたときに手が痛くならないよう、通常の傘ではあまりついていない「ろくろ巻き」をつけたり、生地が傷みにくいように「ダボ巻き」をつけたりと、細かい気遣いが散りばめられて、気が付かないような“気遣い”の積み重ねこそが日本の美学のひとつである奥ゆかしさでもあり、日本の伝統工芸の美しさでもあると思っています。 

 普通の洋傘より何倍も長持ちし、メンテナンスさえすれば末永くお使い頂くことができます。メンテナンスといっても、ご自身でたまに軽く水洗いをするとか、使用後は陰干しをすることです。それでも、万が一のときもあるかと思います。その際は、部品が有る限り、お店で修理ができますのでご安心ください。

日本の洋傘は、道具からファッションへ

 よく“おしゃれは洋服から入り靴で終わる”なんて言われますが、それよりももっと先へ。本当のおしゃれは「洋傘」で差がつくのではないでしょうか。

小宮商店の傘で、もっとおしゃれに...多くの人が「道具」としての洋傘をもっているからこそ、周りと差がつくのではと思います。

 

今回プロジェクトを立ち上げた理由

 激減する傘職人の数 

今の⽇本の洋傘市場では、⼤量⽣産型の安価な既製品を中⼼とする海外製品で溢れています。ところが、日本製の洋傘づくりは実はとても手間がかかった商品。それを担う伝統的な職⼈の承継が、危機に瀕しています。都内でも、傘職人の数は現在20名ほどまで減少し、さらに高齢化も進んでいます。

予想外だった、女性職人の応募 

小宮商店では本格的に後継者の育成に力を入れて職人の募集をかけたところ、まだ日本のものづくりの世界では男性が多い中で、応募数はなんと8:2の割合で女性。 その結果、採用した若手の職人3人は全員女性です。

とは言っても、あくまで男女平等で厳しい職人の世界。良いものを作るためにはひとつひとつの傘に集中力を切らすことなく向き合える力が必要です。 

 私が彼女たちを選んだ一番の理由は「やる気」でした。そして、私たちも次のステップに行かなくてはならないという思いから発足したのが、本プロジェクトです。新たな挑戦として、女性職人を中心に、このクラウドファンディングを実施することにしました。 

小宮商店の職人紹介

はじめまして。宮戸小百合と申します。前職では、Tシャツのプリント会社でデスクワークをしていました。オフィスの下に工場があり、どちらかというとものづくりをサポートする立場でした。だんだんと、自分自身がものづくりをしたいと思うようになり、職人という道を志しました。ものづくりをやるなら、日本の伝統工芸がいいと思っていました。そうして探していくうちに「洋傘職人募集」の文字を見つけたのが小宮商店との出会いです。 

出会いこそ “偶然”でしたが、今ではすっかり手作りの日本製洋傘の美しさに魅了されていますし、機能性重視の洋傘が多く出回っているこの時代だからこそ、私たちがその伝統を受け継いでいく意味と可能性をとても感じています。本物志向の洋傘なので、私たちと同じ様な若い世代にも、日本製の洋傘を知っていただきたいと思っています。ぜひこの機会に、日本製洋傘、そして日本の伝統工芸に触れていただき、興味をもっていただくきっかけとなったら幸いです。 

晴れた空を願う傘、それなら日傘にしよう。

今回のプロジェクトで、リターン内容を考えたときに私たちの頭の中に真っ先に浮かんだのは、地域の自然災害でした。傘と天気は深い関わりがあると思います。

私たちに「何か出来ることはないのだろうか…?」と考えたときに、思いついたのが「晴れた空を願う傘」でした。

日傘を開けたときに、かわず張りの内側にパッと広がる色が、明るい気持ちにしてくれます。そして、日傘の中にみなさまの思い思いの空を描いてほしいという気持ちから、ペイントを選びました。

Q&A(よくあるお問い合わせ) 

Q: 予定変更は、何回まで可能ですか? 

A: 回数の制限はありませんが、限られた日時(5日間×各2部制=全10回)と定員(各6人)の中での調整になりますので、ご希望に添えない場合がございますので、ご了承下さい。 

 

Q: 集合場所&時刻は、どちらになりますか? 

A: 小宮商店の本社店舗(東京都中央区東日本橋3-9-7 )にて、各回定刻(10時または15時)の10分前にお越し下さい。 

http://www.komiyakasa.jp/shop

 

Q: 製品の保証はありますか? 

A: 1年以内に故障が有った場合、修理代を無料とさせて頂きます。(お客様から弊社への送料のみ、ご負担下さい)

返送先住所:〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-9-7 

事前連絡先 TEL 03-6206-6297まで、ご連絡願います。

 

Q: 子供の参加は可能ですか?

A: はい、親子ご一緒でのご参加は可能です。但し、工房での作業となりますので、小さいお子様のお預かり施設等はございませんので、ご了承下さい。 

 

Q: 各回2時間とのことですが、時間不足で絵付けが終わらなかった場合はどうなりますか?

A: 定刻終了後でも対応させて頂きますので、お時間の必要と思われる方は、スケジュールに余裕を持ってご参加頂ければ幸いです。

 

Q: 事前に準備することは、有りますか?

A: 事前に絵を考えておいて頂きたいので、下記のテンプレートをダウンロードして、ご参考にお使い下さい。

http://www.komiyakasa.jp/makuake/download/kasa_template.pdf 

 

Q: どんな服装で参加すれば良いですか?

A: 絵具を使って描いて頂きますので、汚れても大丈夫な服装でお越し下さい。

 

Q: 当日の持ち物は、何か必要ですか?

A: 絵の具(布用の水彩タイプ)、筆(大き目の2本)、パレット、スポンジ等はこちらで用意しておりますが、ご自身でお持ちの筆等を使用されたい場合は、ご持参下さい。但し、ご自身の所有用具の管理(洗浄を含む)は、責任を負いかねますので、ご了承下さい。

 

Q: 当日の緊急連絡先は、どちらになりますか?

A: 携帯 090-6000-1090 小林宛まで、お願い致します。 

 

Q: ギフトラッピング+手さげ袋とは、どんなものですか?

A: ご参考用として、こちらのサイトをご覧下さい。

https://item.rakuten.co.jp/komiyakasa/c/0000000171/ 

 

Q: クーポン券 とは、どんなものなのですか?

A: 6ヶ月間有効(2019年5月1日〜2019年10月31日)の10%割引クーポン券で、本社店舗(東京都中央区東日本橋)にて購入可能な全商品が対象です。但し、他のセール等の割引(アウトレットセール品を含む)とは併用できません。

 

Q: キャンセルは可能でしょうか?

A: クラウドファンディングの性質上、支援のキャンセルや返金を受け付けておりませんが、急用で参加できなくなってしまった等の場合は、小宮商店まで直接お伝え下さい。日程調整等の代替案をご案内致します。 

 

Q: その他、申し込み方法や、分からないことについての、問い合わせ先はどちらになりますか?

A: 小宮商店のホームページ特設サイトで、概要や内容詳細等をご案内しています。

http://www.komiyakasa.jp/makuake/#backtotop 

また、お問い合わせについても、下記宛にお願い致します。

http://www.komiyakasa.jp/mail_form/form.php

日本製洋傘を後世に継ぐ責任があります

小宮商店の使命は美しい手作り日本製洋傘をつくり、それを後世に継いでいくこと。そのためには、もっと多くの方に興味をもってもらいたいと思っています。 

手間がかかっている分、出来上がりの品質には自信があります。本プロジェクトでは、実際に一緒に制作をすることで、より技術の深みや、傘の美しさを共有できると思っています。

それでは、お会いできるのを、楽しみにしています!

支援者からの応援コメント

プロジェクトを支援する

プロジェクトを支援する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2019年03月29日までに支払いを完了した時点で、支援が成立します。

21,600円を支援(税込)

『早割20%オフ』イベント記念新商品 婦人裏縞55cm16本骨(限定10本)
『早割20%オフ』イベント記念新商品 婦人裏縞55cm16本骨(限定10本)

(ワークショップご参加が困難方々にもプロダクトのリターンを)


・若手女流職人が精魂込めた雨傘《レディース甲州織裏縞/55cm16本骨 》を、イベント記念の新商品として早割20%オフにてご提供します。(限定10本)
一般販売予定価格 →27,000円(税込)


・マニッシュで瀟洒なデザインの生地を、持ち姿が美しくて軽い16本骨(カーボン製)に張りました!

・表側は無地(ブラックのみ)、裏側に約1ミリ間隔の細かいストライプ模様を配し、さりげないお洒落心をくすぐりメンズ傘で大好評の一品を、レディースの新商品として若手女流職人が精魂込めて製作致します。

・プレゼントラッピング+手さげ袋付き

・小宮商店本社店舗で6ヶ月間有効な10%引きクーポン進呈(2019年5月1日〜2019年10月31日)

が支援しています。

2019年04月末までにお届け予定

(更新日:2019年04月27日)

29,160円を支援(税込)

『10%オフ』 世界にひとつのかわず張り傘@ワークショップ 1回券
『10%オフ』 世界にひとつのかわず張り傘@ワークショップ 1回券

【 二重張りの日傘であるかわず張り傘を、ワークショップを通じて職人と一緒に作って頂きます 】

・日傘(純パラソル)です。

・ワークショップでは、二重張り生地の内側に絵を描いて頂きます。

・外側の生地は、空をイメージした4種類の色(水色、赤、紺、ベージュ)の生地の中から、おひとつを選んで頂きます。

・それを後日、職人が傘骨に張って手元を付け、かわず張り傘を完成させて送付します。

・手元には、ご希望の名入れを致します。

・ワークショップの日程は、すべて2019年で、1月27日(日)、2月2日(土)、2月17日(日)、3月2日(土)、3月17日(日)の5日間。

 いずれも全日2部制で、10:00~12:00と15:00~17:00の2回行います。
(各回の定員は6人、最低1人から実施、1回券で2時間のご参加となります)

[ 重要 ] 日程の確定は、ご支援申込み後にマクアケメッセージにてご連絡致します。
定員の関係上、調整をさせて頂くことが有り、ご希望に添えない場合がございますので、ご了承下さい。

・集合は、開始時刻の10分前に小宮商店本社の店舗前(東京都中央区東日本橋3-9-7)、現地集合・現地解散となります。

・ワークショップの場所は、東日本橋の小宮商店本社すぐ近くの工房。(徒歩1分)

・てるてる坊主の房飾りサービス

・手元への名入れサービス

・プレゼントラッピング+手さげ袋付き

・小宮商店本社店舗で6ヶ月間有効な10%引きクーポン進呈(2019年5月1日〜2019年10月31日)

が支援しています。

2019年04月末までにお届け予定

(更新日:2019年04月27日)

32,400円を支援(税込)

世界にひとつのかわず張り傘@ワークショップ 1回券
世界にひとつのかわず張り傘@ワークショップ 1回券

【 二重張りの日傘であるかわず張り傘を、ワークショップを通じて職人と一緒に作って頂きます 】

・日傘(純パラソル)です。

・ワークショップでは、二重張り生地の内側に絵を描いて頂きます。

・外側の生地は、空をイメージした4種類の色(水色、赤、紺、ベージュ)の生地の中から、おひとつを選んで頂きます。

・それを後日、職人が傘骨に張って手元を付け、かわず張り傘を完成させて送付します。

・手元には、ご希望の名入れを致します。

・ワークショップの日程は、すべて2019年で、1月27日(日)、2月2日(土)、2月17日(日)、3月2日(土)、3月17日(日)の5日間。
 
 いずれも全日2部制で、10:00~12:00と15:00~17:00の2回行います。
(各回の定員は6人、最低1人から実施、1回券で2時間のご参加となります)

[ 重要 ] 日程の確定は、ご支援申込み後にマクアケメッセージにてご連絡致します。
定員の関係上、調整をさせて頂くことが有り、ご希望に添えない場合がございますので、ご了承下さい。

・集合は、開始時刻の10分前に小宮商店本社の店舗前(東京都中央区東日本橋3-9-7)、現地集合・現地解散となります。


・ワークショップの場所は、東日本橋の小宮商店本社すぐ近くの工房。(徒歩1分)

・てるてる坊主の房飾りサービス

・手元への名入れサービス

・プレゼントラッピング+手さげ袋付き

・小宮商店本社店舗で6ヶ月間有効な10%引きクーポン進呈(2019年5月1日〜2019年10月31日)

が支援しています。

2019年04月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 プロダクトカテゴリの 「職人と私でつくる世界にひとつの『かわず張り傘』 小宮商店 」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、支援後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、支援後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。