Makuake Makuake Makuake 400 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7
















鉱山の町にワイナリー。秋田県小坂町の新産業創出プロジェクト 純国産ワイン限定販売

戻す

実行者の最新投稿

more
最新の投稿はありません

このプロジェクトについて


■初販売からわずか2日で品切れ!昨年誕生した「小坂ワイン」の新商品を開発します。

皆さん、初めまして。小坂まちづくり株式会社代表取締役の髙橋と申します。私は秋田県小坂町にある観光施設の運営をするかたわら、昨年10月にオ-プンした「小坂七滝ワイナリー」の責任者も務めております。

秋田県小坂町で、世界に一つしかないワインをつくる―そんな構想が生まれたのが今から30年前。そして2017年12月、多くの方たちのご協力のもと、30年かけて待望の「小坂ワイン」が完成しました。「小坂ワイン」のこだわりは日本オリジナルのワイン専用種「山ぶどう」交配品種を使った“純国産”のワインであること。昨年1,100本限定で販売したところ、2日で完売するほどのご好評をいただきました。


(待望のワイン初出荷に向け平成29年12月14日小坂町と合同記者発表が行われました。)

 

今回のプロジェクトでは昨年製造した「小坂ワイン」の発酵技術をさらに改良し、より味わい深くなった新商品を開発し、Makuake限定で販売いたします。

 

■日本オリジナルのワイン専用種「山ぶどう」交配品種を使用!こだわりの日本ワイン

 

 皆さん、「日本ワイン」って聞いたことがありますか?これは日本の工場でワインを製造するだけでなく、原料となるぶどうも全て国産のものを使って作られたワインのことを言います。実はこの日本ワイン、近年ではその上品で繊細な味わいが評価され、世界的に注目が高まっているのです。海外の品種を導入する産地が多いですが、小坂町では日本で開発したワイン専用種の「山ぶどう」交配品種にこだわり、産地化を進めてきました。

植付けから30年の時を経て産地化したぶどう園は、ワイナリーと同じ地域に位置しています。

私たち小坂七滝ワイナリーが製造しているのも、日本ワインの一つ。日本オリジナルのワイン専用種「山ぶどう」交配品種の「小公子(しょうこうし)」をベースに、4種類の国産「山ぶどう」系品種をブレンドしたワインづくりにこだわっています。その口当たりは深く、しっかりとしたコクがあり、野性味ある豊かな酸味が特徴です。日本国内でもあまり見られない「山ぶどう」系品種を、地元小坂町のぶどう農家が丹精込めて育てています。

 

■鉱山の町にワイナリーを!ゼロからぶどう園をつくる壮大なプロジェクト

秋田県の北部に位置する小坂町は、明治時代から鉱山の町として栄えました。しかし戦後は採掘量の減少や若者の県外流出、企業の撤退などから徐々に鉱山は廃れ、鉱業に支えられてきた小坂町の産業も翳りが見えてきました。

このままじゃいけない!そう思った小坂町の人々は、鉱業に代わる新たな産業を創り出すために立ち上がりました。その中で出てきたアイデアの一つが

「小坂町にワイナリーをつくろう!」

というものでした。


(小坂鉱山全盛期であった明治時代の町。)
 

小坂町とその周辺には、様々な観光スポットがあります。そうした観光地を訪れた皆様に、地元で作られた本格的なワインを楽しんでほしい―そんな願いのもと、ワイナリーをゼロからつくる、小坂町の壮大なプロジェクトが始まったのでした。

(鉱山文化が遺した近代化産業遺産のひとつ。小坂鉄道レールパ-クでは寝台特急あけぼの号の車両を宿泊施設として活用しています。)

(国立公園十和田湖は訪れるごとに四季の表情を変えていきます。)

(近代化産業遺産「小坂鉱山事務所」。)

 

■“日本ワインの父”故・澤登晴雄氏から受け継いだぶどうの苗を小坂町に!

 

 平成元年にスタートしたワインプロジェクト。これまでワインと全く関連がなかった地にぶどう園をつくり、ワイナリーを開くというのですから、当然ながらその道のりは決して楽なものではありませんでした。何もかもが手探りの中、救いの手を差し伸べてくださったのが“日本ワインの父”とも呼ばれる山ぶどう研究者、故・澤登晴雄さんでした。

(ぶどう農園を視察する澤登晴雄氏。写真左。)

 

澤登さんは日本産の山ぶどう研究や品種開発における第一人者。私たち「小坂ワイン」の他にも、日本国内で数多くのワイナリー設立に尽力されています。小坂町でしか飲めないワインをつくる―そんな私たちの思いに共感していただき、日本オリジナルの品種「小公子」をはじめとするぶどうの苗を譲ってくださり、その育て方を一からご指導いただきました。

(澤登氏より譲り受けた「小公子」の苗。)

 

こうして、澤登さんをはじめ様々な方からご協力をいただき、小坂のワイン産業は着実に育ち続けました。そして昨年9月、「日本の滝百選」にも選ばれた小坂町の名瀑「七滝」のふもとに「小坂七滝ワイナリー」が竣工。構想から30年の月日を経て、第1弾の商品となる「小坂七滝ワイナリークリスマスヌ-ヴォ-2017」がついに発売となりました。

(「小坂七滝ワイナリ-」竣工記念施設見学会の様子。)

 

(初出荷ワインのビン詰め作業の様子。)

 

■さらなる高みへ!次の課題は「山ぶどう」交配品種にマッチする発酵技術の研究

 多くの方々の想いが形となり、小坂町で待望のワインが誕生しました。しかし、これで終わりではありません!私たちはさらなる高みを目指して、より味わい深く、どんな食材にも合うワインづくりを進めていきます。そのためにどうしても必要なのがワインの発酵技術の研究です。

 

ワインを作るにあたって外せない工程が発酵。あまり知られていませんが、原料となるぶどうによって仕込み方法が異なり、ぶどうと酵母との相性によって完成したワインの味が大きく変化するのです。基本技術の蓄積は多くあるものの小坂町で栽培している「山ぶどう」交配品種に特化した発酵の研究は進んでおりません。「小公子」をはじめとする「山ぶどう」系品種に最適な発酵技術が見つかることで、小坂町のワインはさらに進化できると信じています。今回はその発酵技術の研究に必要な資金をMakuakeで募集いたします。小坂町がつくる世界でただ一つのワインづくりに、ぜひご協力ください!

 

 

小坂まちづくり株式会社 髙橋 竹見

 

1954年岩手県八幡平市生まれ。1973年(株)プリンスホテルへ入社、2009年まで36年間勤務。2010年(社)十和田湖国立公園協会(観光コンシェルジュ)を経て、2011年に設立した小坂まちづくり株式会社に入社。現在、小坂七滝ワイナリー、小坂鉱山事務所、康楽館、小坂鉄道レールパークの館長を兼務。

 

応援コメント

支援するコースを選択する

支援するコースを選択する

このプロジェクトはAll or Nothing型です。プロジェクト成立のためにはプロジェクト終了日の2018年03月27日 23:59までに目標金額が達成となる必要があります。

5,000円コース(税込)

【小坂の恵み】ぶどうジュース×1本
【小坂の恵み】ぶどうジュース×1本

小坂特産の山ぶどう系ワイン用品種と生食用品種をブレンドして濃厚で深みのある味わいに仕上げました。

が支援しています。

2018年09月末までにお届け予定です。

(更新日:2018年10月12日)

10,000円コース(税込)

【ワイン2本付き】小坂町のブドウ園オーナーに!オーナー会員証(ブロンズ)
【ワイン2本付き】小坂町のブドウ園オーナーに!オーナー会員証(ブロンズ)

●HPにお名前記載(1年間)
●オーナー会員証(ブロンズ)
 ・ワイン(フルボトル720ml)×2本
 ・ブドウ園オーナー看板設置(1年間)

※看板についてはブドウ農園の一画にご協力いただいた方のお名前の一覧を掲載する、といった形になります。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

が支援しています。

2018年09月末までにお届け予定です。

(更新日:2018年10月12日)

30,000円コース(税込)

【ワイン4本付き】小坂町のブドウ園オーナーに!オーナー会員証(シルバー)
【ワイン4本付き】小坂町のブドウ園オーナーに!オーナー会員証(シルバー)

●HPにお名前記載(1年間)
●オーナー会員証(シルバー)
 ・ワイン(フルボトル720ml)×4本
 ・ブドウ園オーナー看板設置(1年間)
※会員権の有効期間は1年間となりますが、毎年自動更新となり、最大
3年間まで継続可能です。
※看板についてはブドウ農園の一画にご協力いただいた方のお名前の一覧を掲載する、といった形になります。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

が支援しています。

2018年09月末までにお届け予定です。

(更新日:2018年10月12日)

50,000円コース(税込)

【ワイン4本付き】小坂町のブドウ園オーナーに!オーナー会員証(ゴールド)
【ワイン4本付き】小坂町のブドウ園オーナーに!オーナー会員証(ゴールド)

●HPにお名前記載(1年間)
●オーナー会員証(ゴールド)
 ・ワイン(フルボトル720ml)×4本
 ・ブドウ園オーナー看板設置(1年間)
※会員権の有効期間は1年間となりますが、毎年自動更新となり、最大
5年間まで継続可能です。
オーナー様限定ワイナリーツアー2名招待(ブドウ園とワイナリー見学及び試飲
※ガイド付き
※現地集合・現地解散となります。
※看板についてはブドウ農園の一画にご協力いただいた方のお名前の一覧を掲載する、といった形になります。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

が支援しています。

2018年09月末までにお届け予定です。

(更新日:2018年10月12日)

100,000円コース(税込)

【ワイン4本付き】小坂町のブドウ園オーナーに!オーナー会員証(プラチナ)
【ワイン4本付き】小坂町のブドウ園オーナーに!オーナー会員証(プラチナ)

●HPにお名前記載(1年間)
●オーナー会員証(プラチナ)
 ・ワイン(フルボトル720ml)×4本
 ・ブドウ園オーナー看板設置(1年間)
※会員権の有効期間は1年間となりますが、毎年自動更新となり、最大
5年間まで継続可能です。
・オーナー様限定ワイナリーツアー4名招待(ブドウ園とワイナリー見学及び試飲)
※ガイド付き
※現地集合・現地解散となります。
・「小坂七滝ワイナリー」協賛パートナーとして、HP、チラシ、パンフレットに企業名記載(1年間)
※看板についてはブドウ農園の一画にご協力いただいた方のお名前の一覧を掲載する、といった形になります。
※未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

が支援しています。

2018年09月末までにお届け予定です。

(更新日:2018年10月12日)

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 地域活性化カテゴリの 「鉱山の町にワイナリー。秋田県小坂町の新産業創出プロジェクト 純国産ワイン限定販売」プロジェクト詳細ページです。

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

ショッピングモールIDで登録

SNSで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)

ログイン

ショッピングモールIDでログイン

SNSでログイン

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)