Makuake Makuake Makuake 400 403 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check check-03 clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line link login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect apple loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots icon-warning
















あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

『映画大好きポンポさん』をフィルムver.へ「リデザイン」/完成品試写にご招待!

戻す

実行者の最新投稿

more
最新の投稿はありません

ストーリー

  1. 『映画大好きポンポさん』に「フィルムへの焼き付け」を施し、過去の名画と同様の風合いにリデザイン
  2. 本企画にかつての技術者が集い、失われかけた「フィルム化の工程」を再現。その模様を詳細レポート
  3. サポーターはフィルム版を作品スタッフと鑑賞可能。生まれ変わった『ポンポさん』を堪能しましょう!

プロジェクト概要

ポンポさんプロデュース第2弾始動! 絶賛公開中のアニメーション映画『映画大好きポンポさん』と、失われつつあるフィルム文化への応援企画を開始します。

劇中、ポンポさんのおじいちゃん(ペーターゼン)は、倉庫で作業を行っていました。フィルムを切って貼って編集する、あの静謐な空間と時間。これは現在の作業工程上存在しません。映画はフィルムからデジタルの時代へと移り変わったからです。

この企画は、その「フィルム化する工程」を完全再現するプロジェクトです。

そのうえで、本来デジタル作品である『ポンポさん』にそれを施し、データにはない質感や味わい――かつての「名作ってやつの匂い」――を纏わせます。フィルム用にリデザインされた本作は、これまでとは違った魅力を見せてくれるはずです。

ご支援いただいた方には、限定試写会で誰よりも先立って完成映像をご覧いただけます。また、ここだけで入手可能なオリジナルポスターもご用意いたしました。ぜひ支援のご検討をお願いいたします。

※本企画について、ご支援いただいた予算の余剰分が出た際は、宣伝費に補填させていただき、今後のロングラン対策に活かしていければと考えております。

『映画大好きポンポさん』とは?

原作・杉谷庄吾【人間プラモ】(プロダクション・グッドブック)『映画大好きポンポさん』(MFCジーンピクシブシリーズ/KADOKAWA刊)

敏腕映画プロデューサー・ポンポさんのもとで製作アシスタントをしているジーン。映画を撮ることにも憧れていた彼だったが、なんとポンポさんが脚本を書いた映画監督に突如指名されて……⁉ ポンポさんの目利きにかなった新人女優をヒロインに迎え、波瀾万丈の撮影が始まろうとしていた。

本作は、映画を愛する青年と映画に愛された女性が映画制作を通して"自分"を見つけ出す、映画愛に満ちあふれた作品です。pixiv上で99万9千ビューを超え、「このマンガがすごい! 2018」、「マンガ大賞 2018」に入賞。多くのファンを生み出してきた話題作が、充実のスタッフ、声優陣によりアニメーション映画となりました。

【公式サイト】

https://pompo-the-cinephile.com/

プロジェクト詳細

『映画大好きポンポさん』をフィルム上映したい!

映画制作を題材にし、映画愛にあふれる作品『映画大好きポンポさん』。まだまだ認知度が低いこの作品の魅力を、どうすれば広めていけるのか。それを考えているうちに、本作のフィルムを制作し上映するのはどうかと思い至りました。

フィルムとはもっともプリミティブな上映形態です。DCPがなかったころの映画はすべてフィルムでした。それゆえに「映画の映画らしさ」をフィルムに求める方はいまだに多くいる状況です。

そして、その「映画らしさ」に対する憧れは私たちスタッフ側にも確実に存在します。ひるがえって、「映画大好きポンポさん」は映画リスペクトが強い作品です。

登場キャラクターは映画の魅力に魅せられ、その魔力に憑りつかれ、クリエイティブの苦しみをこれでもかと味わい、それでも映画を完成させます。

また、ポンポさんの祖父であるペーターゼンは、往年の名作フィルムを切ってつなぐことを趣味としています。

そんな映画に対する想いがあふれているからこそ、最もプリミティブな形態での上映こそが、本作に映画ならではの力を与えてくれる、そんな気がするのです。それはきっとこの作品の、もうひとつの完成形であると信じます。

出資者の方に完成版をご覧いただいた後は、フィルムが日本全国を旅し上映可能な場所でかけられるよう働きかけていきます。役割を終えつつある映写機に再び光が灯れば、それが結果として本作の別の魅力を引き出し、広がりにもつながると考えています。

そして、この企画を通して、数多くの名作を焼き付けてきたフィルムという形態そのものにも、ぜひ興味を持っていただければと思っています。

フィルムの魅力とその文化

フィルム制作にはDCP(デジタル上映時のフィルムにあたるもの)の10倍以上のコストがかかります。さらに時間もかかるため、効率の面では圧倒的にデジタルに軍配が上がります。

いっぽうで、フィルムには独特の魅力もあります。デジタルでは表現できない空気感、独特の風合いや粒子感を味わえますし、使用するフィルムの種類、焼き加減で仕上がりが違うこともあり、その計算以上の働きも面白いものです。

海外ではスティーブン・スピルバーグ、クリストファー・ノーラン、クエンティン・タランティーノ、ポール・トーマス・アンダーソンなど数々の巨匠たちや名だたる映像作家が、フィルムを後世に残す活動に力を注いでます。

しかし、デジタル上映の広がりにより、その技術は失われかけています。上映用のフィルムは、現在ほぼ製造されておらず、日本においては一部のCMや文化庁における短編に使用される程度でしか、目に触れる機会がありません。また、アナログのオプティカル合成についても、処理を行う施設がない状況です。

くわえて、かつては富士フィルムとコダックの二社がフィルム製造を担っていましたが、現在は富士フィルムが映画用カラーフィルムの製造から撤退。多くの種類があったポジフィルムも少なくなりました。音ネガの製造も国内において撤退しています。

このように、様々な魅力を持ちながらも、失われつつあるフィルム文化。あえてそこにスポットをあてることで、得難い知見に触れることができるでしょう。

※本企画は「株式会社IMAGICAエンタテインメントメディアサービス(IMAGICA EMS)」「株式会社東京現像所」のご協力のもと、進行しております。

フィルム化のメリット、デメリット

① デジタルと比べると制作時間もコストもかかるが計算外の質感を得ることができる

② 現像の仕上がり次第で見え方が変わってしまうため、トライアンドエラーしながら精度を高める必要がある

③完成したとしても映写機がある劇場でしか上映できない

④ しかし、(今はその間口の狭さゆえに)特別感…ロマンがあります!

フィルム化工程

1.数カットのテストデータを、DPXの形式で静止画の状態に一枚ずつ置き換える

2.それを確認しながら、制作意図を説明する打ち合わせをする

3.Galette/ギャレット(※)を使用し、ポジフィルムを焼く

IMAGICA EMSのフィルム現像機。イギリスのPhotomec社のものを、カスタマイズして使用している。あらためて現像とは、フィルムを薬品で処理し、像を浮かび上がらせ、それを定着させる作業。

4.デジタルラット(制作側が渡した動画ファイルと同じ色合いをフィルム上で表現できるシステム)をかけて、データと同等のフィルムを作る

5.デジタルとフィルム両方で上映し(フィルムテスト)、見比べつつ、色の検討打ち合わせをする

6.全編のラッシュを行う(現在、本工程は行われていない)

7.タイミングを入れていく段階でアナライザーにて色合いを調整し、(現在はテストピースを)焼き直す

ネガの濃測チェック。タイミングの工程では、ネガからポジにプリントするにあたり、色や濃度を補正していく。

8.二回目のテストを行う

プリンター。現像済みのフィルムを別のフィルムに光学的に焼き付ける。

9.(ここより11まで音に関する工程)ダビングステージでフィルム用に整音された音を元に、東京現像所にて音ネガに光学リレコーディング・サウンドネガ現像を行う

10.東京現像所より、サウンドネガフィルムがIMAGICA EMSへ搬入

11.IMAGICA EMSで完成された画ネガフィルムと東京現像所で完成された音ネガフィルムを使用して完成プリントを作成

12.試写会を行う

(※)ギャレットは2001年IMAGICAが自社開発したカラー・マネジメントシステム。

応援購入、フィルム作成の特典として

・ポンポさんからの御礼メッセージ

・フィルム制作レポートの送信

・完成した本作フィルムバージョン上映ご招待

・フィルム化作業についてのトークショー

・劇中内映画のビジュアル含む額装ポスター全6種 など

額装ポスターの試作品

※額装ポスターの試作品です。実際のものとは異なる場合があります

「ポンポさんとフィルム文化を応援したい!」と声をあげてくださる方々は、ぜひ応援購入をお願いいたします。

<実行者紹介>

株式会社CLAP

2016年『この世界の片隅に』の制作プロデューサー・松尾亮一郎と制作チーム主体で設立。

主な事業はアニメーションの企画・開発・制作。

特に劇場作品と短編作品に特化した制作体制をとっている。

リスク&チャレンジ

私達はリターンについて滞りなく供給できるよう、鋭意準備を進めておりますが、配送の遅延、リターンプロダクトを製作する過程での仕様変更、イベントの実施中止などが生じる場合もございます。 この他にも予期せぬアクシデントが生じる場合がございますが、そういった際にはすぐに実行者よりご連絡できるよう、活動レポートで報告いたします。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

このプロジェクトはAll or Nothing型です。プロジェクト成立のためにはプロジェクト終了日の2021年08月30日までに目標金額が達成となる必要があります。

5,000円(税込)

ライトコース

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映会トークコーナー配信閲覧権

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています。ライトコースでは、トークショー部分の配信のみご覧いただけます
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

のサポーター

2021年09月末までにお届け予定

10,000円(税込)

Aコース(基本コース)
Aコース(基本コース)

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映ご招待

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(2)
フィルム版上映会場は、株式会社東京現像所・調布第二試写室(〒182-8555 東京都調布市富士見町2-13)を予定しています
こちらはスタッフ初号などに利用されており、普段一般の方は入れない試写室です
※交通費・宿泊費はご自身でご負担ください

(3)
フィルム版上映対象者は申込者のみとなります。また、入場の際には購入画面の提示をしていただき、ご本人様確認とさせていただきます

のサポーター

残り

2021年09月末までにお届け予定

30,000円(税込)

Iコース
Iコース

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映ご招待
(4)『8TH DIMENSION』ポスター

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(2)
フィルム版上映会場は、株式会社東京現像所・調布第二試写室(〒182-8555 東京都調布市富士見町2-13)を予定しています
こちらはスタッフ初号などに利用されており、普段一般の方は入れない試写室です
※交通費・宿泊費はご自身でご負担ください

(3)
フィルム版上映対象者は申込者のみとなります。また、入場の際には購入画面の提示をしていただき、ご本人様確認とさせていただきます

(4)
『8TH DIMENSION』ポスターは、劇中に登場した映画『8TH DIMENSION』のビジュアルをポスター化し、額装したもの。『メガロボクス』などで監督を務める森山洋によって描かれています

のサポーター

残り

2021年09月末までにお届け予定

30,000円(税込)

Jコース
Jコース

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映ご招待
(4)『ZOMBIZARRE』ポスター

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(2)
フィルム版上映会場は、株式会社東京現像所・調布第二試写室(〒182-8555 東京都調布市富士見町2-13)を予定しています
こちらはスタッフ初号などに利用されており、普段一般の方は入れない試写室です
※交通費・宿泊費はご自身でご負担ください

(3)
フィルム版上映対象者は申込者のみとなります。また、入場の際には購入画面の提示をしていただき、ご本人様確認とさせていただきます

(4)
『ZOMBIZARRE』ポスターは、劇中に登場した映画『ZOMBIZARRE』のビジュアルをポスター化し、額装したもの。『メガロボクス』などで監督を務める森山洋によって描かれています

のサポーター

残り

2021年09月末までにお届け予定

100,000円(税込)

Kコース
Kコース

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映ご招待
(4)『MARINE』ポスター
(5)『GUNS AKIMBO』ポスター
(6)『8TH DIMENSION』ポスター
(7)『ZOMBIZARRE』ポスター

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(2)
フィルム版上映会場は、株式会社東京現像所・調布第二試写室(〒182-8555 東京都調布市富士見町2-13)を予定しています
こちらはスタッフ初号などに利用されており、普段一般の方は入れない試写室です
※交通費・宿泊費はご自身でご負担ください

(3)
フィルム版上映対象者は申込者のみとなります。また、入場の際には購入画面の提示をしていただき、ご本人様確認とさせていただきます

(4)
『MARINE』『GUNS AKIMBO』『8TH DIMENSION』『ZOMBIZARRE』ポスターは、劇中に登場した同名映画のビジュアルをポスター化し、それぞれ額装したもの。『メガロボクス』などで監督を務める森山洋によって描かれています

のサポーター

残り

2021年09月末までにお届け予定

1,000,000円(税込)

Lコース
Lコース

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映ご招待
(4)特大キービジュアル

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(2)
フィルム版上映会場は、株式会社東京現像所・調布第二試写室(〒182-8555 東京都調布市富士見町2-13)を予定しています
こちらはスタッフ初号などに利用されており、普段一般の方は入れない試写室です
※交通費・宿泊費はご自身でご負担ください

(3)
フィルム版上映対象者は申込者のみとなります。また、入場の際には購入画面の提示をしていただき、ご本人様確認とさせていただきます

(4)
サイン入り 特大キービジュアルは、旗艦館であるEJアニメシアターに掲出していたものと同様の特大パネルを新たに制作したもの。平尾隆之監督ほか、本作に携わったスタッフのサインを可能な限り入れたメモリアルアイテムです

のサポーター

残り

2021年09月末までにお届け予定

15,000円(税込)

Bコース
Bコース

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映ご招待
(4)フィルム現像トークイベントご招待

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※日程など詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(2)
フィルム現像トークイベントは、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※日程など詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(3)
フィルム版上映、フィルム現像トークイベントの上映会場は、株式会社東京現像所・調布第二試写室(〒182-8555 東京都調布市富士見町2-13)を予定しています
こちらはスタッフ初号などに利用されており、普段一般の方は入れない試写室です
※交通費・宿泊費はご自身でご負担ください

(4)
フィルム版上映、フィルム現像トークイベント対象者は申込者のみとなります。また、入場の際には購入画面の提示をしていただき、ご本人様確認とさせていただきます

(5)
フィルム現像トークイベントは、フィルムを現像する工程を振り返りつつトークをするというものです。失われつつあるフィルム文化の技術に触れる絶好の機会となるでしょう

(6)
トークイベント登壇者は、平尾隆之監督と松尾亮一郎プロデューサーほか、技術スタッフの方々を予定しています

のサポーター

残り

2021年09月末までにお届け予定

15,000円(税込)

Cコース
Cコース

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映ご招待
(4)音の現像トークイベントご招待

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(2)
音の現像トークイベントは、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(3)
フィルム版上映、音の現像トークイベント対象者は申込者のみとなります。また、入場の際には購入画面の提示をしていただき、ご本人様確認とさせていただきます

(4)
フィルム版上映、音の現像トークイベントの上映会場は、株式会社東京現像所・調布第二試写室(〒182-8555 東京都調布市富士見町2-13)を予定しています
こちらはスタッフ初号などに利用されており、普段一般の方は入れない試写室です
※交通費・宿泊費はご自身でご負担ください

(5)
音の現像トークイベントは、音の現像工程を振り返りつつトークをするというものです。失われつつあるフィルム文化の技術に触れる絶好の機会となるでしょう

(6)
トークイベント登壇者は、平尾隆之監督と松尾亮一郎プロデューサーほか、技術スタッフの方々を予定しています

のサポーター

残り

2021年09月末までにお届け予定

15,000円(税込)

Dコース
Dコース

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映ご招待
(4)サイン入りキャップ帽

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(2)
フィルム版上映会場は、株式会社東京現像所・調布第二試写室(〒182-8555 東京都調布市富士見町2-13)を予定しています
こちらはスタッフ初号などに利用されており、普段一般の方は入れない試写室です
※交通費・宿泊費はご自身でご負担ください

(3)
フィルム版上映対象者は申込者のみとなります。また、入場の際には購入画面の提示をしていただき、ご本人様確認とさせていただきます

(4)
サイン入りキャップ帽は「杉谷庄吾イラスト ピンズ付きニャリウッドキャップ」に平尾隆之監督のサインとイラストが入ったもの

のサポーター

残り

2021年09月末までにお届け予定

30,000円(税込)

Eコース
Eコース

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映ご招待
(4)サイン入り額装ポスター(キービジュアル)

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(2)
フィルム版上映会場は、株式会社東京現像所・調布第二試写室(〒182-8555 東京都調布市富士見町2-13)を予定しています
こちらはスタッフ初号などに利用されており、普段一般の方は入れない試写室です
※交通費・宿泊費はご自身でご負担ください

(3)
フィルム版上映対象者は申込者のみとなります。また、入場の際には購入画面の提示をしていただき、ご本人様確認とさせていただきます

(4)
額装ポスターは、本作キービジュアルをポスター化、平尾隆之監督がサインを入れ、額装したもの。キービジュアルはキャラクターデザイン、足立慎吾が手掛けています

のサポーター

残り

2021年09月末までにお届け予定

30,000円(税込)

Fコース
Fコース

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映ご招待
(4)額装ポスター【KAMITSUBAKI STUDIOコラボレーション】

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(2)
フィルム版上映会場は、株式会社東京現像所・調布第二試写室(〒182-8555 東京都調布市富士見町2-13)を予定しています
こちらはスタッフ初号などに利用されており、普段一般の方は入れない試写室です
※交通費・宿泊費はご自身でご負担ください

(3)
フィルム版上映対象者は申込者のみとなります。また、入場の際には購入画面の提示をしていただき、ご本人様確認とさせていただきます

(4)
額装ポスター【KAMITSUBAKI STUDIOコラボレーション】は、本作にてキャラクターデザインを務めた足立慎吾が手掛けた『映画大好きポンポさん』×KAMITSUBAKI STUDIOの描き下ろしイラストをポスター化し、額装したもの

のサポーター

残り

2021年09月末までにお届け予定

30,000円(税込)

Gコース
Gコース

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映ご招待
(4)『MARINE』ポスター

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(2)
フィルム版上映会場は、株式会社東京現像所・調布第二試写室(〒182-8555 東京都調布市富士見町2-13)を予定しています
こちらはスタッフ初号などに利用されており、普段一般の方は入れない試写室です
※交通費・宿泊費はご自身でご負担ください

(3)
フィルム版上映対象者は申込者のみとなります。また、入場の際には購入画面の提示をしていただき、ご本人様確認とさせていただきます

(4)
『MARINE』ポスターは、劇中に登場した映画『MARINE』のビジュアルをポスター化し、額装したもの。『メガロボクス』などで監督を務める森山洋によって描かれています

のサポーター

残り

2021年09月末までにお届け予定

30,000円(税込)

Hコース
Hコース

(1)ポンポさんからの御礼メッセージ
(2)フィルム制作レポート(Makuakeメッセージで配信)
(3)フィルム版上映ご招待
(4)『GUNS AKIMBO』ポスター

-詳細・注意事項-----

(1)
フィルム版上映日程は、2021年10月中を予定しています
※新型コロナウイルス感染症の影響によっては、中止・延期の可能性があります。予めお含みおき願います
※詳細確定後、Makuakeメッセージでご連絡します

(2)
フィルム版上映会場は、株式会社東京現像所・調布第二試写室(〒182-8555 東京都調布市富士見町2-13)を予定しています
こちらはスタッフ初号などに利用されており、普段一般の方は入れない試写室です
※交通費・宿泊費はご自身でご負担ください

(3)
フィルム版上映対象者は申込者のみとなります。また、入場の際には購入画面の提示をしていただき、ご本人様確認とさせていただきます

(4)
『GUNS AKIMBO』ポスター
『GUNS AKIMBO』ポスターは、劇中に登場した映画『GUNS AKIMBO』のビジュアルをポスター化し、額装したもの。『メガロボクス』などで監督を務める森山洋によって描かれています

のサポーター

残り

2021年09月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するクラウドファンディングプラットフォームです。このページは、 映画・映像カテゴリの 「『映画大好きポンポさん』をフィルムver.へ「リデザイン」/完成品試写にご招待!」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。