Makuake Makuake Makuake 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake
















世界初?! 500人で田植えから、新しい日本酒5,000本を老舗酒蔵で造る!

戻す

「日本酒応援団」は、日本が誇る商品・文化である日本酒を応援する有志の集まり。第一弾「みんなで造る日本酒」プロジェクトでは、120人が世界から島根に集結。創業150年の酒蔵に泊り込み、蔵人の指導のもと「KAKEYA 2015」という新しい日本酒を3,000本造りました。

○ さらに多くの皆さんと、

○ さらに前工程の酒米の田植えから始め、

○ さらに多い5,000本の日本酒を

ゼロから造って、より多くの方に届けたい想いから、このプロジェクトを始めました。

米作りから酒造りまでを体感し、日本酒という伝統文化への理解を深め、その良さをみんなで世界中に伝えたい。

クラウド・プロダクティング」という、製造、販売からマーケティングまで、新しい商品を生み出す過程に、みんなで参加するモノづくり。そんな全く新しい形の日本酒造りを、皆さんと一緒に創りたく、以下の様な参加・支援コースを準備しました。

体験型: 見学すら稀な酒蔵に泊り、米〜酒造りに3食付で参加できるチケット

日本酒: 専門店でも扱いが少ない「純米・無濾過生原酒」という贅沢な日本酒

調達した資金は、約2トン必要になる酒米のイネ、米作りに必要な各種機材、酒造りに必要な原材料と5,000本の瓶・ラベルなどの仕入れ費用、米・酒造りから参加者の食事・宿泊までご支援頂く地元の方々の人件費などに利用させて頂きます。

皆さん1人1人の参加・支援が、現在供給不足に陥っている酒米の生産量を増やし、年々減っている日本酒の販売量を増やし、人口減少と高齢化が進む地方に雇用を増やし、日本酒造りという美しい伝統文化と技術の継承につながります。なにより、

○ 自然と「田舎時間」の中で、酒蔵で伝統に触れることは非常に稀な体験で、

○ 最高峰の「純米・無濾過生原酒」は、日本酒のイメージが変わる美味しさがある

かと思います。

KAKEYA 2015は今年4月末から発送、米作りは今年5月から、酒造りは2016年1月から参加頂けます。皆さんの参加・支援、お待ちしております!

 

KAKEYAは「純米・無濾過生原酒」で、造りや管理が難しく手間がかかるため目にする機会は少ないですが、米と水という原材料の本来の自然な旨みが「生」で味わえる、最高に贅沢な日本酒の最高峰です。

1. 「純米」:醸造アルコールは一切利用しません。

原材料は米、米麹、水。醸造アルコールの添加による度数や味の調整は一切行わないため、原材料の本来の良さが活き「アルコールっぽさ」がなく飲みやすい味になります。

2. 「無濾過」: 濾過剤は一切使用しません。

通常、日本酒は活性炭を添加して濾過しますが、米と水という素材のありのままの味をお楽しみ頂けるよう、濾過は一切行いません。

3. 「生」:火入れ殺菌は一切行いません。

多くの日本酒は製造工程で2回またはそれ以上の「火入れ殺菌」を行いますが、その過程で味も変わっていきます。KAKEYAは「生」の状態で、生きたままの鮮度で日本酒を堪能頂けるよう、火入れを行いません。

4. 「原酒」:加水による味の調整を行いません。

多くの日本酒は、最終工程で水を加え、味やアルコール度数を調整しますが、KAKEYAはこのような加水を行わず「原酒」の状態で瓶詰めするため、お米の旨みが最大限に楽しめ「しっかり」した後味と余韻になります。

5. 米: 島根県産の「五百万石」

山田錦に次ぐ生産量を誇る「五百万石」(島根県産)を、田植えからみんなで作ります。

6. 水: 島根県「掛合」の仕込み水

酒造りの舞台・島根県の掛合は、自然が豊かで綺麗な水が豊富な田舎町。地元の水はとても美味しいと定評があります。

このように、本格的な味に強くこだわった「純米・無濾過生原酒」を造ります。

「日本酒はアルコールが強くて飲みにくい。」「二日酔いになる。」

そんなイメージがある方も、ぜひこの「純米・無濾過生原酒」をお試し下さい。2015年2月に製造したKAKEYA 2015は飲食店等で、時にはワイングラスで、時には洋食と提供されるなど、日本酒初心者を含め多くの方に「日本酒のイメージが変わった」とご好評を頂いてます。

 

和醸良酒とは「良いお酒は酒に携わる人たちによって生まれる」と「良いお酒は人と人との関係を良くする」という意味。

今年の1-2月には、全国から120名が島根に集まりました。

20代の参加者から、80代の蔵人まで。男性も女性も、出身地も、母国語すら様々な参加者。

365日飲むという日本酒ファンから、日本酒はあまり知らないけど静かな田舎街で時間を過ごしてみたい方まで。会社員、公務員、起業家、IT系のエンジニアから飲食店経営者まで。

そんなみんなで、1つ1つの酒造りの作業、ラベルのデザイン、販売方法まで議論しながらも、新しい1つの日本酒が生まれました。まさに「和醸良酒」の日本酒です。

 

酒造りを行う島根県の「竹下本店」は、150年の歴史を誇る老舗。そこで40年以上日本酒造りを経験している蔵人の技術と指導、そして地元の方々の支援を受けながら新しい日本酒を造ります。

竹下本店は、神話のふるさと、島根県にある小さいながら、長い間地元に愛され続ける造り酒屋です。島根の綺麗な水、空気、腕利きの出雲杜氏そして温かな人々に支えられ、まっすぐなお酒を丁寧に醸しています。

蔵のある竹下家は、第74代内閣総理大臣の竹下登元首相の生家です。竹下家12代当主でもある登は、大学で東京に行くまでの間と、大学卒業後、衆議院議員になるまでこの家で暮らしました。今回の体験は、元首相のご実家兼酒蔵内にある施設に宿泊できる大変貴重な機会です。

 

島根県は神の国と呼ばれ、全国の八百万(やおよろず)の神々が出雲の国に集まります。

周辺には、縁結びの出雲大社や、もののけ姫の舞台となったといわれ、昔ながらの製鉄技法を伝承する「たたら」で有名な吉田村があり、観光もあわせてお楽しみいただける場所です。

また、酒造りの舞台・島根県の掛合は人口2,000人。いまだに夏は川で泳げ、鮎が手づかみで取れる、コンビニは1軒もない、日本の古きよき田舎街です。

満員電車。人混み。高層ビル。そんな日々とは無縁で、古民家と自然に囲まれ「田舎時間」が流れている掛合。自分の手で米、水、そして伝統文化に直接触れて、みんなで美味しい食事と最高の日本酒を飲む。「贅沢」な時間が、ここにはあります。

 

朝日新聞 2015年1月20日 「IT企業が挑戦 朝は酒造り、昼はパソコン」

朝日新聞 2015年2月17日 「親バカになるほどのうまさ 東京の若者が酒造り」

TBS系列のテレビ局などの番組や、朝日新聞を含め多くのメディアでも第一弾プロジェクトの試みが紹介されました。

 

ビールやワイン、そして寿司のように、最高峰の日本酒が世界中で生活の一部となるまで、日本酒応援団の挑戦は終わりません。

「日本酒があるライフスタイルを、世界に。」

年間数100銘柄を飲んでいる。味だけでなく、そこの凝縮された職人芸・文化にも惚れ込んだ。そんな発起人たちが、「何かで日本酒を応援できないか」という想いを抑えられず始めたのが、日本酒応援団です。

ビジョンに向けて前途多難で課題は山積みです:  生酒を少量でも冷蔵輸送するインフラがまだない。そもそも無濾過生原酒のような日本酒の存在が知られてない。酒造りの技術を継承する人がいなく、酒蔵の数が年々減っている。

それでも、とにかく、できることから全速で前に進めていきます。

また、みんなが楽しめる価格で、生酒を海外へ冷蔵輸送するには、100万本の単位での製造が必要です。でも、5,000本も造れなければ、100万本は造れない。造った日本酒の味が評価され、5,000本が販売できなければ、100万本は販売できない。

このプロジェクトは、このビジョンに向けた「大きな」第一歩です。

ぜひ一緒に、日本酒を応援しましょう!

ここまでお読み頂いた皆さん、ありがとうございます。

スタッフ、酒蔵の皆さん、島根県掛合の皆さん、そして応援頂いている全ての方を代表して。

日本酒応援団・発起人:

平井 誠人

オフショア開発会社のフランジアホールディングス 代表取締役社長。上智大学大学院修了後、三菱商事株式会社に入社。株式会社インテリジェンス等を経て独立。日本酒セラーには常時数十本の日本酒をストックする日本酒好きで、8年前から田舎時間を通して農業や漁業を続けており、農家や漁師の家で開発合宿を開催した経験もあり。個人で神輿を所有するほどのお祭り好き。

古原 忠直

iPhoneアプリ「Poin」開発のM&C(株)代表取締役社長、ベンチャーキャピタル ImproVista 共同代表パートナー。東京大学卒、スタンフォード大学MBA卒。三菱商事、東京海上キャピタル等で日本、米国、中国でベンチャー投資・事業開発を経験後、起業。祖母の実家が大分で造り酒屋を営んでいた(現在は廃蔵)ことや、海外経験が豊富なゆえに気付く日本の良さを世界に広めたいという想いが強く、日本酒応援団を立ち上げ。365日飲んでいる日本酒のラベル集めと日本酒が豊富な店を食べ歩くことが趣味。

支援するコースを選択する

支援するコースを選択する

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

5,400円コース(税込)

日本酒ボトル×2本
日本酒ボトル×2本

●今年2月製造「KAKEYA 2015 純米・無濾過生原酒」720ml瓶を2本
●「支援者」として日本酒応援団サイトにお名前を記載
●日本酒応援団オリジナルステッカー
※ 今年4月末から発送いたしますが、本プロジェクトで製造する「KAKEYA 2016」は含まれませんのでご注意ください。

が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

7,020円コース(税込)

1泊3食付の米・酒造り体験チケット
1泊3食付の米・酒造り体験チケット

【大変お得】宿泊費+3食の食事代+夕食時の日本酒代+体験への参加費等が全て含まれるチケット!
●「支援者」として日本酒応援団サイトにお名前を記載
●体験・宿泊先は酒蔵・竹下本店(島根県雲南市掛合町掛合955-1。現地集合、交通費は含まれません)
●時期:約40の候補日から選択し、参加可能
《米作り》
●今年5月(5/2-11の連休を予定): 田ならし、田植え
●6月〜8月中に合計6日間: 草取り等
●9月に合計8日間(9/19-26の連休を予定): ハデ作り、稲刈り、脱穀など
《酒造り》
●2016年1月(1/11-24頃を予定)で2週間: 仕込み・麹作り
●2月中旬で3日間: 絞り・瓶詰め・初呑み
※具体的な宿泊日は、日本酒応援団と直接連絡の上、後日確定頂けます。
連絡先: staff@welovesake.com
*全て天候・自然に左右される作業ですので、時期が若干ズレる可能性があること、ご了承下さい。

が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

7,560円コース(税込)

日本酒ボトル x 3本
日本酒ボトル x 3本

●今年2月製造のKAKEYA 2015を2本、2016年2月製造予定のKAKEYA 2016を1本、全て「純米・無濾過生原酒」720ml瓶
●「支援者」として日本酒応援団サイトにお名前を記載
●日本酒応援団オリジナルステッカー
- 発送時期: KAKEYA 2015は今年4月末、KAKEYA 2016は2016年2月末から発送

が支援しています。

2016年03月中にお届け予定です。

10,800円コース(税込)

【限定50名】日本酒x3本 + 新酒発表会(定価6,000円)へ無料ご招待
【限定50名】日本酒x3本 + 新酒発表会(定価6,000円)へ無料ご招待

●日本酒: 今年2月製造「KAKEYA 2015純米・無濾過生原酒」の720ml瓶を3本
●「支援者」として日本酒応援団サイトにお名前を記載
●日本酒応援団オリジナルステッカー
●KAKEYA 2016の新酒発表会は、日本酒が飲み放題・食事付
●発送時期: KAKEYA 2015は今年4月末から発送、KAKEYA 2016の新酒発表会は東京都内で2016年3月に開催で詳細はプロジェクト終了後に実行者からご連絡致します

が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

10,800円コース(税込)

日本酒ボトル x 5本
日本酒ボトル x 5本

●今年2月製造KAKEYA 2015を3本、2016年2月製造予定KAKEYA 2016を2本、全て「純米・無濾過生原酒」720ml瓶
●「支援者」として日本酒応援団サイトにお名前を記載
●日本酒応援団オリジナルステッカー
●発送時期: KAKEYA 2015は今年4月末、KAKEYA 2016は2016年2月末から発送

が支援しています。

2016年03月中にお届け予定です。

16,200円コース(税込)

2泊6食付の米作り・酒造り体験チケット + 日本酒x 1本
2泊6食付の米作り・酒造り体験チケット + 日本酒x 1本

【大変お得】宿泊費+6食の食事代+夕食時の日本酒代+体験への参加費等が全て含まれるチケット!
●「支援者」として日本酒応援団サイトにお名前を記載
●日本酒: 今年2月製造「KAKEYA 2015 純米・無濾過生原酒」の720ml瓶を1本
●日本酒応援団オリジナルステッカー
●発送時期: 今年4月末から発送
●体験・宿泊先は酒蔵・竹下本店(島根県雲南市掛合町掛合955-1。現地集合、交通費は含まれません)
●時期:約40の候補日から選択し、参加可能
《米作り》
●今年5月(5/2-11の連休を予定): 田ならし、田植え
●6月〜8月中に合計6日間: 草取り等
●9月に合計8日間(9/19-26の連休を予定): ハデ作り、稲刈り、脱穀など
《酒造り》
●2016年1月(1/11-24頃を予定)で2週間: 仕込み・麹作り
●2月中旬で3日間: 絞り・瓶詰め・初呑み
※具体的な宿泊日は、日本酒応援団と直接連絡の上、後日確定頂け、連泊でなくても期間中で2泊分ご利用頂けます。
連絡先: staff@welovesake.com
*全て天候・自然に左右される作業ですので、時期が若干ズレる可能性があること、ご了承下さい。

が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

54,000円コース(税込)

【限定20名】日本酒×10本+「特別スポンサー」特典
【限定20名】日本酒×10本+「特別スポンサー」特典

「特別スポンサー」として日本酒応援団サイトにお名前を記載
●日本酒: 今年2月製造KAKEYA 2015を5本、2016年2月製造予定KAKEYA 2016を5本、全て「純米・無濾過生原酒」の720ml瓶
●発送時期: KAKEYA 2015は今年4月末、KAKEYA 2016は2016年2月末から発送

が支援しています。

2016年03月中にお届け予定です。

108,000円コース(税込)

【限定10名・企業様も歓迎】日本酒×20本+「ゴールド・スポンサー」特典
【限定10名・企業様も歓迎】日本酒×20本+「ゴールド・スポンサー」特典

「ゴールド・スポンサー」として日本酒応援団サイト及びKAKEYA 2016同封パンフにお名前を記載
●2016年2月に完成予定の日本酒の同封パンフ(5,000部)にお名前・企業名を記載
●一部あたり200円(100,000円 / 5,000部)で宣伝に活用頂け、日本酒が20本付きます!
●パンフレットは全購入者及び飲食店様などへ配布予定
●日本酒: 今年2月製造KAKEYA 2015を10本、2016年2月製造予定KAKEYA 2016を10本、全て「純米・無濾過生原酒」の720ml瓶
●発送時期: KAKEYA 2015は今年4月末、KAKEYA 2016は2016年2月末から発送

が支援しています。

2016年03月中にお届け予定です。

540,000円コース(税込)

【限定5名・企業様も歓迎】日本酒×20本+「プラチナ・スポンサー」特典
【限定5名・企業様も歓迎】日本酒×20本+「プラチナ・スポンサー」特典

「プラチナ・スポンサー」として日本酒応援団サイト及びKAKEYA 2016の同封パンフにお名前を記載
●創業150年の伝統がある酒蔵・竹下本店内に、お名前を飾らせて頂きます
●2016年2月に完成予定の日本酒のラベル(5,000本)と同封パンフ(5,000部)の合計10,000カ所にお名前・企業名を記載
●パンフレットは全購入者及び飲食店様などへ配布予定
●日本酒: 今年2月製造KAKEYA 2015を10本、2016年2月製造予定のKAKEYA 2016を10本、全て「純米・無濾過生原酒」の720ml瓶
●発送時期: KAKEYA 2015は今年4月末、KAKEYA 2016は2016年2月末から発送予定

が支援しています。

2016年03月中にお届け予定です。

12,960円コース(税込)

【限定25名 3,000円割引】2泊6食付の米・酒造りチケット + 日本酒x1本
【限定25名 3,000円割引】2泊6食付の米・酒造りチケット + 日本酒x1本

【限定25名の特価】宿泊費+6食の食事代+夕食時の日本酒代+体験への参加費等が全て含まれるチケット!
●「支援者」として日本酒応援団サイトにお名前を記載
●日本酒: 今年2月製造「KAKEYA 2015純米・無濾過生原酒」720ml瓶を1本
●日本酒応援団オリジナルステッカー
●発送時期: KAKEYA 2015は今年4月末から発送
●体験・宿泊先は酒蔵・竹下本店(島根県雲南市掛合町掛合955-1。現地集合、交通費は含まれません)
●時期:約40の候補日から選択し、参加可能
《米作り》
●今年5月(5/2-11の連休を予定): 田ならし、田植え
●6月〜8月中に合計6日間: 草取り等
●9月に合計8日間(9/19-26の連休を予定): ハデ作り、稲刈り、脱穀など
《酒造り》
●2016年1月(1/11-24頃を予定)で2週間: 仕込み・麹作り
●2月中旬で3日間: 絞り・瓶詰め・初呑み
※具体的な宿泊日は、日本酒応援団と直接連絡の上、後日確定頂け、連泊でなくても期間中で2泊分ご利用頂けます。
連絡先: staff@welovesake.com
*全て天候・自然に左右される作業ですので、時期が若干ズレる可能性があること、ご了承下さい。

が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いをサポーターの支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 フードカテゴリの 「世界初?! 500人で田植えから、新しい日本酒5,000本を老舗酒蔵で造る!」プロジェクト詳細ページです。

PAGE TOP

支援を続けるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

SNSで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)

ログイン

SNSでログイン

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)