Makuake Makuake Makuake 400 403 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect apple loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots icon-warning
















あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

中高生とつくった「SDGsアイデアブック英語版」を出版したい!

戻す

ストーリー

  1. マクアケで実現した「SDGsアイデアブック」の英語版を出版したい
  2. 中高生が翻訳した英語をプロがブラッシュアップ
  3. 翻訳に参加してくれた日本の中高生たちの想いを世界へ発信したい

こんにちは、一般社団法人Think the Earthの上田壮一です。

2017年、MAKUAKEで「193カ国が合意した世界共通の目標=SDGsの書籍をつくり全国の学校に届けよう!」というチャレンジをしました。たくさんのサポートをいただき、2018年5月に『未来を変える目標 SDGsアイデアブック』を無事に出版することができました。

皆さまからの支援のおかげで、これまで「学校寄贈版」を1クラス分40冊ずつ、全国700校の学校に届けました。毎年公募するとすぐに100校の募集が埋まるほど人気で、来年度には1,000校に達する予定です。「市販版」も数あるSDGs 関連書籍のなかでも常に人気書籍のひとつになっています。また2019年度には韓国版と台湾版も出版することができました。この出版活動の母体となるプロジェクト「SDGs for School」の活動も元気に継続(後述)しています。あらためて御礼を申しあげます。

実は「この本の英語版はありませんか?」と当初からよく問い合わせをいただいていました。世界のどこの国でもSDGsに関心が高まっている今、この本が英訳されれば、日本からの大事な発信になると思っていたので「なんとかして英語版ができないものだろうか・・・」と頭を悩ませていました。そんななか、『未来を変える目標 SDGsアイデアブック』をつくるときから、ご一緒していた英語教師の山本崇雄さんと「そうだ、この本の英語版は全国の英語の先生と、英語を学ぶ生徒たちの力でつくったらどうか!?」というアイデアが生まれました。そこで、「英語版翻訳プロジェクト」として2019年の夏に公募したところ、なんと全国から54校、300人以上の生徒さんたちが参加してくれて、すべてのページの翻訳が集まったのです。参加した生徒さんからは「日本語から英語に翻訳するのは初めてだったので、少し難しかったですが、何よりSDGsへの理解が深まるのが感じられ、とても楽しかったです」「今回のプロジェクトを通じて、SDGsはもとより、世界と自分たちのつながりを感じ、自ら行動することの大切さを感じました。今回の取り組みをスタート地点にして、それぞれが自分の今後に生かしていきたいと思います」など嬉しいコメントをいただきました。

こんなにたくさんの生徒や先生のみなさんが参加してくれた翻訳プロジェクトをこのまま終わらすのはもったいない!しかし、本格的な英語版出版にはお金もかかります。そこで、再びMakuakeでチャレンジすることを決心しました。

今回のチャレンジは、生徒たちの翻訳をベースに、プロの翻訳家に校正・リライトをお願いし、しっかりデザインもした上でちゃんとした出版物として世に出そう、という挑戦です。出版だけでなく、できあがった本を日本語版とともに学校に寄贈し、SDGsを通じた国際社会の理解など、英語教育、国際教育の教材として届けます。

もうひとりの発起人である山本崇雄先生(新渡戸文化学園英語科教諭/横浜創英中学高等学校教育アドバイザー/未来教育デザイン Confeito 代表)から、本プロジェクトの意義と応援のメッセージをいただきました。

「SDGsを学校教育に取り入れるときに大切なのは、子どもたちが身近な困りごとを発見し、解決しようという『当事者』を育てるという視点です。そこから視野を広げていき、地域や国の社会問題につなげることで、自分も社会を構成する一員として意識し始めます。SDGsという窓を使って、自分のアイデアを世界に届けたいと思ったとき、コミュニケーションの手段として『英語を使いたい』という心が生まれます。いつか誰かを笑顔にするために英語を学ぶ。こんな学びを子どもたちには体験してほしいと思います。しかし、中高生がSDGsを英語で学ぶための適切なレベルの素材を手に入れることはとても難しいと感じていました。英語を学び始める子どもたちにとって、ウェブや新聞等のリアルな英語は難しすぎるのです。『だったら自分たちで作っちゃおう』そんな想いから『SDGsアイデアブック』の英訳がなんと全国の中高生によって始まったのです。中高生の力で、全国の子どもたちが世界につながる学びの手段を手に入れることができるのです。世界の誰かを笑顔にするために、SDGsを英語で学び、英語で発信する体験を多くの子どもたちができるよう本書の出版にお力をお貸しください

ここで、私たちが進めている「SDGs for School」というプロジェクトについて少しご紹介したいと思います。SDGs for Schoolは、全国で持続可能な社会実現に向けて創造的な教育活動を行っている先生や生徒たちを応援するプロジェクトです。教材となる書籍や冊子、映像などのコンテンツを企業や自治体と一緒に作り、学校で活用していただいたり、教員と生徒と一緒に、環境問題、社会問題の現場を見に行くスタディツアーを実施したり、全国の先生が集まって議論する「ティーチャーズギャザリング」を開催したりしています。そのほか、企業や自治体職員を対象にした研修や、SDGsの伝え手となるための認定エデュケーター講座、また自発的に活動を始めた学生たちが交流するためのユースメンバー制度もあります。

(ティーチャーズギャザリング2019の様子。2020年はオンラインで開催しました)

特にユースメンバーの自発的な活動は目を見張るものがあります。自分たちが着る制服をオーガニックな素材に変えたい!という想いに繊維業界の大人たちが共感して始まった「やさしいせいふく」プロジェクトやエシカル消費を盛り上げよう!とサステナブルラベルにこだわったフリーマーケット企画の「えこま」などなど。昨年末には学校を超え、世代を超えたイベント「超文化祭」を実施し、たくさんの学生が自分たちの活動発表を行いました。(超文化祭は今年も12月にオンラインで実施予定です!)

今年に入って、SDGs for Schoolも新型コロナウイルスの影響を強く受けました。感染拡大でリアルな場をつくるのが難しくなり、緊急事態宣言と休校のため、4月からすべての活動がストップしました。しかし、そんな逆境にあっても、学びの心に火がついた生徒たちは立ち止まりませんでした。むしろ、オンライン環境を活かして、会いたい大人を講師に迎えて勉強会を始める子たちも出てきました。そんな子どもたちのパワーに、私たちがいつも元気をもらっています。彼らの学びを止めたくない、大人と子どもが協力して未来をつくる気運をつくっていきたいと願っています。この英語翻訳プロジェクトもそんな彼らの想いに支えられています。

SDGs for Schoolの活動は、ウェブサイトのほか、LINEでも公式アカウントから情報発信しています。教員の皆さんはティーチャー登録もできます。くわしくはぜひホームページをご覧ください。

現在、制作途上のページをいくつかご紹介します。

(表紙の案。日本版を踏襲した楽しい雰囲気は変わりません)

(SDGsのゴールを説明するページ)

(マンガのセリフも子どもたちが翻訳しました)

A5版、176ページ、フルカラー。仕様や内容は基本的には好評だった日本版と変えずに制作する予定です。英文については、中高生が翻訳した原稿をプロの翻訳者が数段階のチェックとリライトを行って、クオリティアップを図っています。

2020年度内に英語版書籍を完成させ、2021年度の新学期が始まる頃に希望校へ教材を届けます。2021年4月、2022年4月には、支援してくださった皆さまに活動報告を行います。

前回のチャレンジと同じく、どの支援コースも完成した本を支援者ご本人に届けると共に、学校にも無償で届ける仕組みにしました(選択した支援コースによって学校に届ける書籍の数が異なります)。つまり、このプロジェクトを通じて、支援してくれたみなさん自身が子どもたちに本を届け、ともに未来づくりに参加する仕組みになっています。

英語版の制作に必要なお金は、ネイティブの翻訳者による校正、リライト、デザイン費、印刷費、そして学校に送る郵送費などです。まずは1000冊の印刷を考えていますが、これらを実現するのにざっと200万円ほどかかります。今回は、その半分の100万円を皆さまに応援いただけたらと思っています。目標を超える金額が集まれば、印刷する部数を増やし、より多くの人に届けることができます。また、最終的にはKindleなど電子出版での発行も検討しています。

本プロジェクトに共感・賛同いただけたら、ぜひ支援いただけるとうれしいです。どうぞよろしくお願いします。

上田壮一(『未来を変える目標 SDGsアイデアブック』編集ディレクター/一般社団法人Think the Earth理事)

リスク&チャレンジ

『未来を変える目標 SDGsアイデアブック』英語版の制作については、今後、日本版で取材した取材先や執筆者等に確認をして進めていくことになります。その過程で、大きな仕様変更を余儀なくされることがあった場合や、スケジュールに変更が生じた場合には、皆さまにご報告しながら進めたいと思っています。また資金が目標金額に達しなかった場合でも、自費での出版を予定しています。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2020年12月01日までに支払いを完了した時点で、応援購入が成立します。

3,300円(税込)

電子版をお届け
電子版をお届け

リターン内容
(1)SDGs for Schoolから心を込めたお礼のメールを送ります。
(2)SDGs for Schoolの活動報告(2020年と2021年の2年分)をマクアケのメッセージからお知らせします。
(3)完成した書籍の電子版を送付します。(ご本人へ)
書籍1冊は学校へ届け、子どもたちが授業で使います。(合計1冊)

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

5,500円(税込)

英語版の書籍をお届け
英語版の書籍をお届け

リターン内容
(1)SDGs for Schoolから心を込めたお礼のメールを送ります。
(2)SDGs for Schoolの活動報告(2020年と2021年の2年分)をマクアケのメッセージからお知らせします。
(3)SDGs for Schoolのステッカーを送付します。(1枚)
(4)完成した書籍を1冊送付します。(ご本人へ)
1冊は学校へ届け、子どもたちが授業で使います。(合計2冊)

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

11,000円(税込)

書籍にお名前を掲載します
書籍にお名前を掲載します

リターン内容
(1)SDGs for Schoolから心を込めたお礼のメールを送ります。
(2)SDGs for Schoolの活動報告(2020年と2021年の2年分)をマクアケのメッセージからお知らせします。
(3)SDGs for Schoolのステッカーを送付します。(1枚)
(4)完成した書籍の電子版を送付します。
(5)完成した書籍を1冊送付します。(ご本人へ)
1冊は学校へ届け、子どもたちが授業で使います。(合計2冊)
(6)書籍にお名前を掲載します。

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

16,500円(税込)

英語版と日本語版の書籍をお届け
英語版と日本語版の書籍をお届け

リターン内容
(1)SDGs for Schoolから心を込めたお礼のメールを送ります。
(2)SDGs for Schoolの活動報告(2020年と2021年の2年分)をマクアケのメッセージからお知らせします。
(3)SDGs for Schoolのステッカーを送付します。(1枚)
(4)完成した書籍の電子版を送付します。
(5)完成した書籍を送付します。(ご本人へ)
2冊は学校へ届け、子どもたちが授業で使います。(合計3冊)
(6)書籍「未来を変える目標 SDGsアイデアブック」を送付します(ご本人へ)
(7)書籍にお名前を掲載します。

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

33,000円(税込)

学校への支援を応援します
学校への支援を応援します

リターン内容
(1)SDGs for Schoolから心を込めたお礼のメールを送ります。
(2)SDGs for Schoolの活動報告(2020年と2021年の2年分)をマクアケのメッセージからお知らせします。
(3)SDGs for Schoolのステッカーを送付します。(1枚)
(4)完成した書籍の電子版を送付します。
(5)完成した書籍を1冊送付します。(ご本人へ)
10冊は学校へ届け、子どもたちが授業で使います。(合計11冊)
(6)書籍にお名前を掲載します。

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

55,000円(税込)

オンラインイベントにご招待
オンラインイベントにご招待

リターン内容
(1)SDGs for Schoolからお礼のメールを送ります。
(2)SDGs for Schoolの活動報告(2020年と2021年の2年分)をマクアケのメッセージからお知らせします。
(3)SDGs for Schoolのステッカーを送付します。(1枚)
(4)完成した書籍の電子版を送付します。
(5)完成した書籍を1冊送付します。(ご本人へ)
20冊は学校へ届け、子どもたちが授業で使います。(合計21冊)
(6)書籍にお名前を掲載します。
(7)英語版の出版を記念して上田と山本先生によるオンライントークイベントにご招待します。開催は2021年春を予定しています。当日参加できない方は記録映像を送付します。

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

110,000円(税込)

学校への支援をもっと応援します!
学校への支援をもっと応援します!

リターン内容
(1)SDGs for Schoolから心を込めたお礼のメールを送ります。
(2)SDGs for Schoolの活動報告(2020年と2021年の2年分)をマクアケのメッセージからお知らせします。
(3)SDGs for Schoolのステッカーを送付します。(1枚)
(4)完成した書籍の電子版を送付します。
(5)完成した書籍を1冊送付します。(ご本人へ)
40冊は学校へ届け、子どもたちが授業で使います。(合計41冊)
(6)書籍にお名前を掲載します。

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

330,000円(税込)

【企業向け】学校支援ベーシックプラン
【企業向け】学校支援ベーシックプラン

リターン内容
(1)SDGs for Schoolから心を込めたお礼のメールを送ります。
(2)SDGs for Schoolの活動報告(2020年と2021年の2年分)をマクアケのメッセージからお知らせします。
(3)SDGs for Schoolのステッカーを送付します。(1枚)
(4)完成した書籍の電子版を送付します。
(5)完成した書籍を40冊送付します。(企業へ)
40冊は学校へ届け、子どもたちが授業で使います。(合計80冊)
(6)書籍に企業名を掲載します。

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

550,000円(税込)

【企業向け】学校支援スペシャルプラン!講演付き
【企業向け】学校支援スペシャルプラン!講演付き

リターン内容
(1)SDGs for Schoolから心を込めたお礼のメールを送ります。
(2)SDGs for Schoolの活動報告(2020年と2021年の2年分)をマクアケのメッセージからお知らせします。
(3)SDGs for Schoolのステッカーを送付します。(1枚)
(4)完成した書籍の電子版を送付します。
(5)完成した書籍を40冊送付します(企業へ)
40冊は学校へ届け、子どもたちが授業で使います。(合計81冊)
(6)書籍に企業名を掲載します。
(7)上田壮一によるSDGs基礎講座を実施します。(オンライン)

のサポーター

2021年03月末までにお届け予定

8,800円(税込)

【早割】書籍にお名前を掲載します
【早割】書籍にお名前を掲載します

リターン内容
(1)SDGs for Schoolから心からのお礼メールを送ります。
(2)SDGs for Schoolの活動報告(2020年と2021年の2年分)をマクアケのメッセージからお知らせします。
(3)SDGs for Schoolのステッカーを送付します。(1枚)
(4)完成した書籍の電子版を送付します。
(5)完成した書籍を1冊送付します。(ご本人へ)
1冊は学校へ届け、子どもたちが授業で使います。(合計2冊)
(6)書籍にお名前を掲載します。

のサポーター

残り

2021年03月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するクラウドファンディングプラットフォームです。このページは、 出版・ジャーナリズムカテゴリの 「中高生とつくった「SDGsアイデアブック英語版」を出版したい!」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。