Makuake Makuake Makuake 404 500 ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04
















お気に入り

お気に入りボタンを押すと?

マイページのお気に入りリストに追加されます

プロジェクト終了前にメールが届きます

メールマガジンの設定はこちらから

第二弾!年貢を納めて村民に?!シェアビレッジが西日本進出。新村は潮風香る陸の孤島

戻す

皆さん、こんにちは!シェアビレッジ村長の武田昌大と申します。

「ただいま」って最近言葉にしていますか?

都会に出て一人暮らしを始めると、なかなか言わなくなる言葉かもしれません。
「ただいま」と「おかえり」、それを気軽に言い合える関係が故郷にはあります。

昔から馴染みの顔があたたかく迎えてくれる。
ゆっくりとした時の流れ、地平線に沈む夕日、人々の笑顔。
田舎は何にもないけど面白いし、そこに癒されます。 

「田舎でゆっくりしたい。」
「でもどこに行っていいかわからない。」
「そもそも帰る田舎がない。」

そんなあなた!いっそのこと第二の故郷、自分の村を作りましょう!第二弾「シェアビレッジ(SHARE VILLAGE)」は海が見える香川県で開村します。

昨年年貢を納めて頂いた村民の方は、1年間で有効期限が切れますので、この機会に更新をお願いします。

 


地方は今、人口減少により集落としての機能が失われ始め、多くの古民家が消滅の危機にあります。

その理由は2つ。

1. 住む人がいない
2. 維持費が高い

それだけの理由で数百年続いてきた日本の文化でもある古民家は失われ続け、このままだと消滅してしまいます。

「ではどうしたら良いのか?」

それは1人の人が1つの家を支えるのではなく、多くの人で1つの家を支える仕組みをつくること。

「村があるから村民がいるのではなく、村民がいるから村ができる」

という考えのもと、古民家を村に見立てて再生させていきます。

そして、古民家保全という領域に留まらず、関わるすべての人のクリエイティビティを増幅させる村づくりを行っていきます。

それが、シェアビレッジ。

 

あなたが自分の村をもつ方法はいたってシンプルです。

一年に一回の年会費、年貢(NENGU)3000円を納めるだけです。

年貢を納めると村民証があなたのもとに届き、シェアビレッジ村民としての村ライフが始まります。

ここで気をつけて欲しいことがあります。

年貢は年会費であり、一年に一度更新していただく必要があります。

古民家を次の100年維持していくためにも、村民の皆さんの力が必要です。

※昨年の2015年4月17日のクラウドファンディングで村民になられた皆様は更新の時期となります!

今回のクラウドファンディングで更新できますので是非よろしくお願いします。

       2015年2月27日から4月17日に行ったクラウドファンディングより

 


 

1. 寄合

田舎に行くだけではないのがSHARE VILLAGEの面白いところ。
「せっかく村民になっても年に何回も田舎にいけないよ」という方のためにも
村民だけが集まる定期開催飲み会「寄合(YORIAI)」を都市部で開催します。
会社でもなく、同級生でもなく、出身地も関係ない村民同士が気軽に仲良くなれる飲み会を行い、村について語り合います。

2. 里帰

村民同士が仲良くなることで生まれるのが、「里帰(SATOGAERI)」です。
仲良くなった村民同士で実際に自分たちの村に遊びに行きましょう!
いつ行っても楽しめるように村では様々な企画をご用意します。
春から夏にはお花見、無人島体験、砂浜でBBQ、秋から冬は紅葉観賞やみかん狩りが楽しめます!

3.一揆

年に一度のお祭り「一揆(IKKI)」という名のフェスでは、出店あり、音楽ライブありです!「村歌(SONG)」という歌を歌いましょう!

※村民制度について
年貢に応じて、「ブロンズ村民(ブロンソン)」→「シルバー村民(シルソン)」→「ゴールド村民(ゴールソン)」→「名誉村民(メイソン)」と呼称が変わっていきます。位が上がるほど、村内で讃えられる可能性があります。

※参加費について
寄合や一揆など各種イベント・体験プログラム=1,500円〜3,000円程度。いずれも村民限定です。宿泊費は各シェアビレッジの設定に準じます。

※ご家族の場合、どなたか一人が村民になっていれば各種イベントや宿泊をご利用いただけます(ご夫婦でそれぞれ村民になっていただくのも、よりコミュニティへの参加が深まりオススメです)また、18歳未満のご家族の年貢は必要ございません。

 

SHARE VILLAGEは秋田県の辺境から始まった「村」の概念をひっくり返すプロジェクトです。
最初の村は、2015年5月に秋田県五城目町で開村しました。
記念すべき第2の村は、西日本に開村します。
海の近くの潮風香るSHARE VILLAGE。それが香川県に開村するSHARE VILLAGE仁尾です。

「うどん」でも「アート」でもないみんなの知らない香川県がここにある。

でもなぜ、今回は香川県だったのか。香川県と言えば「うどん」そして、今年も開幕する「瀬戸内国際芸術祭」があります。それがみなさんが持っている香川県のイメージだとしたらSHARE VILLAGE仁尾はその二つはありません。その代りにあるのは重ねてきた歴史と青く広がる海があります。そして、その土地を愛し、根付いている仁尾町の人たちがいます。

一般社団法人「誇」は自分たちの町で流れるゆっくりしとした時間を守り続けたいという想いから、三豊市仁尾町という地域に根ざし、地域活性化活動を行いながら仁尾町のシンボルでもある松賀屋を守り続けてきました。ただ古民家があるからSHARE VILLAGEなのではなく、その土地を愛する地元の人がいて、そこに古民家を守っていく人たちがいたからこそこの土地にSHARE VILLAGEができることになったきっかけです。

香川県は高松空港から車で1時間ほどの場所にある、仁尾町に2つ目のSHARE VILLAGEがあります。仁尾町は香川県西部の三豊市にある三方が山、そして一方は海という人口約6,300人の小さな港町。江戸時代には燧灘(ひうちなだ)で波もないことから港町と商業の町としてたくさんの人や商品が集まり、当時は「仁尾買物」と栄え賑やかだったと言われています。

塩作り、お酢作りが古くから町の伝統を築きあげ、現在でも町中に酢の醸造工場があります。町を囲う山々にはみかん畑があり、みかんの季節に一面オレンジ色に色づき、町を見守っています。

「ここだけ違う時間が流れているようですね」たまに仁尾町にきてこんな風に言う方がいます。

慌ただしい現代時間とかけ離れ、ゆっくり自分と向き合える時間。穏やかでそしてやさしい海の風の中にあなただけの時間「仁尾じかん」があります。

地元の自慢の一つに夕日100選に選ばれた父母ヶ浜海岸(ちちぶがはま)があります。地元の中でもファンが多く、夕日がきれいな日には浜辺にカメラを持った地元の人が数多く訪れる場所でもあります。

三方が山の一方が海で、どこへ行くのにも山を越えなくてはいけないことから通称「陸の孤島」。だからこそ、あなたにきてほしい。

今回シェアビレッジとなる建物は、塩業により莫大な富を得た初代村長、塩田忠左衞門の旧邸「松賀屋」で、明治時代後期に建てられたものです。

塩田忠左衞門は学校の建設やお寺の修復、景観の保全、トンネルの開通など地域に多大な貢献をしてきた人物だったそうです。

840坪の土地に360という建坪のお屋敷は贅沢な建築材をふんだんに使い、細部にまでこだわりを取り入れ、母屋に女中部屋、蔵も4棟あり、まるで小さなまちを思わせる空間となっています。

石造りの台所やおくどさんからは当時の賑わいを感じられるでしょう。

そして庭に残った巨大なハクの樹は今も松賀屋を守っているようにも見えます。

 

2015年5月2日に記念すべき最初の村が秋田県五城目町に開村。

現在の村民数は20代から80代まで全国44都道府県に1200人います。

さらに2015年はグッドデザイン賞ベスト100と特別賞である地域づくりデザイン賞も受賞し、村民一同大喜びの年となりました。

 

地方は人口減少・過疎化が進み、消滅可能性都市などと呼ばれています。
そんな地方をつないで100万人の村を作りたいというのがこのプロジェクトにかける想いです。

村民が増えれば増えるほど全国に散らばる古民家を村に変えることができます。
村が増えれば増えるほど村民はたくさんの村に行くことができるようになります。

都市から田舎へ、田舎から田舎へ。田舎から世界へ。
村民は様々な田舎を持ち、田舎を巡ることで癒しや新たな発見、コミュニティ、楽しさで充実した日々を過ごすことができます。

 

ここまで読んでいただき有難うございます。
あなたは香川の村民になるわけでも、秋田の村民になるわけでもありません。シェアビレッジの村民です。シェアビレッジは今後全国に散らばる古民家を村に変えていきます。あなたは村民になることでどのシェアビレッジにも行って田舎体験することができます。ぜひ一緒に新しい田舎づくりをしましょう!

 

◼︎お金の使い道


・古民家の宿泊棟、瓦屋根の改修
数年間人が住んでいなかったことで、建物の壁などの老朽化が進んでいます。
(十分な管理を続けていたため、それ以外の部分はとても綺麗に保全されています)
建物が瓦屋根でできているため瓦の老朽化により修復が必要になります。

村民の滞在・宿泊体験が最高の時間となるよう、2016年5月オープンに向けて、改修を行いたいと思っています。

 

◼︎リターンについて

シェアビレッジは年貢として3000円納めると誰でも村民になることができます。
今回は特別にmakuake限定でシェアビレッジ仁尾のある香川県三豊市仁尾町の特産品をリターンとしてお届けします。 

 

【仁尾町内で醸造している中橋造酢の「仁尾酢」】

中橋造酢(株)は創業270余年の香川県下で最も古い歴史をもつ醸造米酢です。 杉樽発酵により醸し出される伝統の香りとまろやかな味は根強い人気があり、地元はもとより全国各地に愛好者がいます。

 

【仁尾の若大将「今川宗一郎」が作る香川県の「てんぷら」】

 

【三豊オリーブの「オリーブオイル〜あかつき」】

三農オリーブ(株)のあかつき 三豊市にて手積みで収穫したオリーブを絞った、100%三豊産エキストラバージンオイル“あかつき”県下はもとより国際的品評会で高い評価を得ています。 フルーティーな香りが特徴でサラダ、ヨーグルトにもとてもよくあいます。 

 

【仁尾町でとれたレモンを使ったお酒ロロロッサの「リモンチェッロ」】

ロロロッサのリモンチェッロとは、イタリアを起源とするレモンを用いたリキュールです。 レモンは、ロロロッサで育てているワックスや防腐剤を使っていない安心なレモンの皮をたっぷり使っています。 水などを入れて調整するところもあるようですが、ロロロッサでは、レモンの果汁で調整をするので、より高いレモンの風味をたっぷり感じてもらえるものに仕上がっています。

 

◼︎シェアビレッジ・プロジェクトメンバー紹介



・村長 武田昌大 (シェアビレッジ・プロジェクト全体運営)
1985年、秋田県北秋田市生まれ。kedama inc.代表取締役。トラクターに乗る男前農家集団トラ男を結成。たべてとつくりての繋がりを作るため首都圏でのイベント開催やこだわりの厳選米を産地直送するWEBサイトtorao.jpを運営。
http://www.torao.jp/

・家主 藤岡優
1985年香川県仁尾町生まれ。一般社団法人誇メンバー、カメラマン。主にブライダルのカメラマンとして県内外で活動。仁尾町きってのおしゃれ番長で町内のおしゃれBOYはだいたい友達…らしい。
http://www.hokori.or.jp/

・若大将 今川宗一郎
1986年香川県仁尾町生まれ。一般社団法人誇メンバー、永遠の末っ子。仁尾町内に2店舗ある老舗スーパー、スーパー今川三代目として店を切り盛りすると同時に香川県内の離島への移動販売「サンサンマーケット」もてがける仁尾町きっての若大将。
http://www.hokori.or.jp/

・御意見番 丑田俊輔 
ハバタク株式会社代表取締役。イナカ発ベンチャー創出と、クリエイティブな教育環境づくりがミッション。東京、東南アジア、米国での事業展開を行う中で、日本のイナカの可能性に惹かれ、五城目町の小学校廃校をベースに活動中。
http://www.habataku.co.jp/

 

【運営組織】
<シェアビレッジ・プロジェクトの運営>
社名: 株式会社kedama
住所: 秋田県北秋田市米内沢字長野岱136番地8 
代表者: 武田昌大
設立: 2011年8月
事業内容: こだわりの厳選米を産地直送するWEBサイトtorao.jpの運営

<シェアビレッジ仁尾の運営>
社名: 一般社団法人誇
住所:香川県三豊市仁尾町仁尾乙165-1
代表者: 浪越弘行
設立: 2014年2月
事業内容:香川県三豊市仁尾町を中心とした地域活性化。及びイベント企画、商品開発など

 

 

支援するコースを選択する

支援するコースを選択する

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

3,000円コース(税込)

村民証発行。第二の故郷が生まれます
村民証発行。第二の故郷が生まれます

【ブロンズ村民(ブロンソン)】
シェアビレッジの村民に。
現在既に村民という方もこちらで次年度分の更新をすることができます。

村民証を持つことで、滞在・宿泊予約や、四季折々の田舎イベント、東京での定期交流会「寄合」への参加が可能となります。
また、5/21に予定しているシェアビレッジ仁尾の「開村祭」にご参加いただけます。

※イベントや宿泊は別途参加費がかかります
※村民証の有効期限は、発行から1年間です。

337人が支援しています。

2016年06月中にお届け予定です。

5,000円コース(税込)

【村にこなくても大丈夫】村民証+厳選米1kg
【村にこなくても大丈夫】村民証+厳選米1kg

【ブロンズ村民(ブロンソン)】
村民証に加えて、下記をプレゼントします。

■秋田の若手農家集団「トラ男(=トラクターに乗った男前)」がつくる厳選米(あきたこまち)1Kg

※いますぐには村に行けない!という方に特にオススメのコースです。
※村民証の有効期限は、発行から1年間です。

60人が支援しています。

2016年06月中にお届け予定です。

5,000円コース(税込)

村民証+「シェアビレッジ限定クーポン」3000円相当
村民証+「シェアビレッジ限定クーポン」3000円相当

【ブロンズ村民(ブロンソン)】
村民証に加えて、「シェアビレッジ限定クーポン」3,000円相当をプレゼント。

村民証は通常3000円のため、1000円お得です!

※「シェアビレッジ限定クーポン」は、宿泊予約時等に使用可能です。香川と秋田共通でご利用いただけます。詳細はシェアビレッジのWebサイト(sharevillage.jp)をご覧ください。クーポンの有効期限は2017年2月末まで。
※村民証の有効期限は、発行から1年間です。

64人が支援しています。

2016年06月中にお届け予定です。

10,000円コース(税込)

【村にこなくても大丈夫】村民証+「香川&秋田の詰め合わせ」
【村にこなくても大丈夫】村民証+「香川&秋田の詰め合わせ」

【シルバー村民(シルソン)】
村民証に加えて、下記をプレゼントします。

◆秋田と香川のコラボセット◆
■香川県三豊市仁尾町の海水で作った手作り「塩」15g程度

■仁尾の若大将「今川宗一郎」がつくる香川県の「てんぷら」えび天4枚
※香川県のてんぷらになります。
※揚げたものを発送します。

■秋田の若手農家集団「トラ男(=トラクターに乗った男前)」がつくる厳選米(あきたこまち)2Kg
[香川の塩と秋田の米で塩むすびがおススメ!!]

※いますぐには村に行けない!という方に特にオススメのコースです。
※村民証の有効期限は、発行から1年間です。

76人が支援しています。

2016年06月中にお届け予定です。

10,000円コース(税込)

村民証+「シェアビレッジ限定クーポン」6000円相当、仁尾町産ジャム&お酢セット
村民証+「シェアビレッジ限定クーポン」6000円相当、仁尾町産ジャム&お酢セット

【シルバー村民(シルソン)】
村民証に加えて、下記をプレゼントします。

■「シェアビレッジ限定クーポン」6,000円相当

■香川県三豊市仁尾町内で醸造している中橋造酢の「仁尾酢」900ml 1本

■仁尾町でとれる希少みかん「曽保みかん」を使った三宅青果の「ジャム」120g 1個

※「シェアビレッジ限定クーポン」は、宿泊予約時等に使用可能です。香川と秋田共通でご利用いただけます。詳細はシェアビレッジのWebサイト(sharevillage.jp)をご覧ください。クーポンの有効期限は2017年2月末まで。
※村民証の有効期限は、発行から1年間です。

59人が支援しています。

2016年06月中にお届け予定です。

30,000円コース(税込)

残り5個

【限定20名様】村民証+限定クーポン15000円相当、仁尾町セット、満喫ツアー券
【限定20名様】村民証+限定クーポン15000円相当、仁尾町セット、満喫ツアー券

【ゴールド村民(ゴールソン)】
村民証に加えて、下記をプレゼントします。

■「シェアビレッジ限定クーポン」15,000円相当

■香川県三豊市仁尾町でとれたレモンを使ったお酒ロロロッサの「リモンチェッロ」200ml 1本

■仁尾町でとれたオリーブを使った三豊オリーブの「オリーブオイル~あかつき」33ml 1本

■イナカを満喫する特別観光ツアー券(半日)

※「シェアビレッジ限定クーポン」は、宿泊予約時等に使用可能です。香川と秋田共通でご利用いただけます。詳細はシェアビレッジのWebサイト(sharevillage.jp)をご覧ください。クーポンの有効期限は2017年2月末まで。
※村民証の有効期限は、発行から1年間です。

15人が支援しています。

2016年06月中にお届け予定です。

50,000円コース(税込)

残り8個

【限定10名様】村民証+クーポン25000円相当、仁尾町セット、ツアー券、講演
【限定10名様】村民証+クーポン25000円相当、仁尾町セット、ツアー券、講演

【ゴールド村民(ゴールソン)】
村民証に加えて、下記をプレゼントします。

■「シェアビレッジ限定クーポン」25,000円相当

■香川県三豊市仁尾町でとれたレモンを使ったお酒ロロロッサの「リモンチェッロ」200ml 1本

■仁尾町でとれたオリーブを使った三豊オリーブの「オリーブオイル~あかつき」33ml 1本

■イナカを満喫する特別観光ツアー券(半日、2名まで)

■村長・武田昌大の出張講演1回(東京または関西・四国近郊)
出張公演の会場迄の交通費は別途ご負担頂きます。
日程、場所の詳細に関しましてはプロジェクト終了後、ご相談の上決めさせて頂きます。

※「シェアビレッジ限定クーポン」は、宿泊予約時等に使用可能です。香川と秋田共通でご利用いただけます。詳細はシェアビレッジのWebサイト(sharevillage.jp)をご覧ください。クーポンの有効期限は2017年2月末まで。
※村民証の有効期限は、発行から1年間です。

2人が支援しています。

2016年06月中にお届け予定です。

100,000円コース(税込)

残り5個

【限定5名様】村民証+クーポン50000円、仁尾町セット、ツアー券、村長講演
【限定5名様】村民証+クーポン50000円、仁尾町セット、ツアー券、村長講演

【名誉村民(メイソン)】
村民証に加えて、下記をプレゼントします。

■「シェアビレッジ限定クーポン」50,000円相当

■香川県三豊市仁尾町の海水で作った手作り「塩」15g程度

■仁尾町でとれたレモンを使ったお酒ロロロッサの「リモンチェッロ」200ml 1本

■仁尾町でとれたオリーブを使った三豊オリーブの「オリーブオイル~あかつき」33ml 1本

■香川県三豊市仁尾町内で醸造している中橋造酢の「仁尾酢」900ml 1本

■仁尾町でとれる希少みかん「曽保みかん」を使った三宅青果の「ジャム」120g 1個

■イナカを満喫する特別観光ツアー券(半日、4名まで)

■村長・武田昌大の出張講演1回(東京または関西・四国近郊)
出張公演の会場迄の交通費は別途ご負担頂きます。
日程、場所の詳細に関しましてはプロジェクト終了後、ご相談の上決めさせて頂きます。

※「シェアビレッジ限定クーポン」は、宿泊予約時等に使用可能です。香川と秋田共通でご利用いただけます。詳細はシェアビレッジのWebサイト(sharevillage.jp)をご覧ください。クーポンの有効期限は2017年2月末まで。
※村民証の有効期限は、発行から1年間です。

0人が支援しています。

2016年06月中にお届け予定です。

300,000円コース(税込)

残り1個

【限定1名様】村民証+クーポン50000円、あなたの「塩」、ツアー券、村長講演
【限定1名様】村民証+クーポン50000円、あなたの「塩」、ツアー券、村長講演

【名誉村民(メイソン)】
村民証に加えて、下記をプレゼントします。

■「シェアビレッジ限定クーポン」50,000円相当

■あなたの名前の「塩」ができる!仁尾町の海水を使って塩職人と一緒にあなたのための塩作り体験ができます。塩の五味「塩辛味」「甘味」「旨味」「酸味」「苦味」をヒアリングしながらあなたのお好みに仕上げます。

■仁尾町でとれたレモンを使ったお酒ロロロッサの「リモンチェッロ」200ml 1本

■仁尾町でとれたオリーブを使った三豊オリーブの「オリーブオイル~あかつき」33ml 1本

■香川県三豊市仁尾町内で醸造している中橋造酢の「仁尾酢」900ml 1本

■仁尾町でとれる希少みかん「曽保みかん」を使った三宅青果の「ジャム」120g 1個

■イナカを満喫する特別観光ツアー券(半日、4名まで)

■村長・武田昌大の出張講演1回(東京または関西・四国近郊)
出張公演の会場迄の交通費は別途ご負担頂きます。
日程、場所の詳細に関しましてはプロジェクト終了後、ご相談の上決めさせて頂きます。

※「シェアビレッジ限定クーポン」は、宿泊予約時等に使用可能です。詳細はシェアビレッジのWebサイト(sharevillage.jp)をご覧ください。クーポンの有効期限は2017年2月末まで。
※村民証の有効期限は、発行から1年間です。

0人が支援しています。

2016年06月中にお届け予定です。

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いをサポーターの支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 地域活性化カテゴリの 「第二弾!年貢を納めて村民に?!シェアビレッジが西日本進出。新村は潮風香る陸の孤島」プロジェクト詳細ページです。

第二弾!年貢を納めて村民に?!シェアビレッジが西日本進出。新村は潮風香る陸の孤島

\このプロジェクトが気に入ったら/

PAGE TOP

支援を続けるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

SNSで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

ログイン

SNSでログイン

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。