Makuake Makuake Makuake 400 403 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect apple loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots icon-warning
















あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

プロジェクトの期間が終了しました

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

とっておきの夜食。食べても罪悪感のないハーブ香る至福の【22時のカレー】

戻す

ストーリー

  1. 【心と身体を整うカレー 】1日の終わりにぴったりな心と身体を整えるレトルトカレーをお届け!
  2. 【やさしさを重視した食材選び】ハーブとスパイスの豊かな香り、オレンジが隠し味
  3. 【夜遅くに食べても身体への負担が少ない】脂質ひかえめ&低カロリーで身体への負担が少ない

夜遅くに食べることを想定した心と身体にやさしい「22時のカレー」を完成させるには、構想から約2年かかりました

スパイス、ハーブの知識だけではなく、漢方医学や栄養学などの知識も取り入れながら、食材や調理法を何度も変えながら20回以上の試作を行い、最終的に4種類のハーブとオレンジを組み合わせ、癒やしの香りを引き立てながらカレーのおいしさも担保できるオリジナルのレシピを完成させました。

ひとくちめは、スープのようなやさしさとハーブの香りを感じ、食べ進めるとホールスパイスや生姜の食感、旨味とじんわりとしたやさしい辛味を感じるカレーを目指しました。さらに、油控えめで調理をすることで、91kcal(1袋120gあたり)という低カロリーを実現しました。夜遅くにカレーを食べる罪悪感も少なく、胃がもたれにくくなっています。

オリジナルレシピを基にしたレトルトの製造には、長崎県五島列島の『ごと株式会社』さんと一緒に取り組むことで、食材の調達~製品化までの製造環境が整いました。その結果、本格的な商品化を視野に入れることができるようになりました。


その販売の第一歩として、Makuakeを通して皆様に召し上がっていただこうと決めました。ご支援いただいた皆様には、
最速で「22時のカレー」をお届け致します。

そして、ご支援いただいた資金で販売環境を整え、自社のECサイトを制作し、本格的に販売を開始したいと考えています。

夜遅くに食べる罪悪感も妥協もないカレー

食事は生きていくために欠かせないもので、理想は健康的な食生活を心がけたいものです。

ただ、どうしても日々の仕事や家事、気分や体調によって食事の時間帯がずれ込んでしまったり、外食やインスタントの食事が続くこともあります。それにより食事への意識やカロリーバランスが不安定になってしまうのも現実です。

規則正しいバランスの取れた食生活をしたいのに、どこかで妥協をしなければならず、少し罪悪感を感じながら食事をする…そのような経験はありませんか?

・家事や仕事に手一杯で夕食どきを逃してしまい、コンビニや外食で済ませるものの、身体に良くないことをしているように感じる。

・夜中に小腹が空いて我慢できずに食べてしまったものの、罪悪感が残る。

・夜遅いからヘルシーなものを…と身体に気を遣ったものを食べてみても、どこか満足感のない食事になる。

インスタントや外食、中食に頼ることが悪いことではないのですが、夜遅くになるほど自身の健康に気を遣いたいはずなのに、食べた後に「罪悪感」が生まれてしまうシーンが多いのではないでしょうか。そこで私たちは、遅い時間でも罪悪感なく食べることができ、さらに食べることで香りと美味しさにホッとする、1日の終わりにぴったりなレトルトカレーの開発に取り組みました。

開発ストーリー
コンセプトの実現と美味しさの両立の難しさに直面

カレーに使用されるスパイスやハーブにはそれぞれ効能があります。ただ美味しいカレーを作るのではなく、アロマに近い考え方で、香りも楽しめるカレーを開発できないかと着想しました。漢方医学も参考にしながらハーブやスパイスの効能をひとつひとつ確認・検証するところからはじめ、カレーのレシピをまとめました。

ただ「癒し」をコンセプトにした「22時のカレー」の開発は簡単なものではありませんでした。

まず、ハーブの香りの出し方の難しさにぶつかりました。ハーブの香りを立たせようとして量を増やすと、苦味が気になり、ご飯との相性が悪くなります。どの程度の量をどのように組み合わせるのが良いのか…何度も組み合わせや分量を調整しながら実験し、最終的には鶏肉に少量のハーブをまぶして香りを移すことで、香りを引き立てながらも、苦味を抑えることに成功しました。さらに、スパイスとハーブの相性にもこだわり、爽やかな香りが特徴のコリアンダーを多めに使用することで、カレー全体を整えました。

次にぶつかった壁は、「やさしい」味をカレーで表現することの難しさです。
「やさしい」味にするため、油やにんにく、唐辛子の量を少なめに調整すると、どうしても物足りなさを感じてしまいます。試作をする中でも「ハーブ感はあるけど、ちょっと後味がもの足りない…」「カレーの満足感はあるけど、夜遅くに食べるには重いかな…」と、やさしさとカレーの食べ応えの調整に苦悩しました。

試行錯誤する中で、複数のハーブを使用したり、重たさを軽減するために鶏肉の皮を取り除き肉の油を控え、食感が残るように切った生姜とクミンシードを使うことで、カレーの風味と後からくる辛味を感じるように調整しました。その結果、やさしさとカレー感を両立させることができました。

こだわり抜いた“やさしさ”

1.香りにこだわりハーブを使用

やさしい香りのバジル、セージ、タイム、パセリ、オレンジをカレーに使用しています。ハーブの香りを軸に、コリアンダー、クミン、ターメリック、パプリカなどのスパイスをバランスよく配合しました。

2.身体への負担が少ない

鶏肉の皮を取り除くなどの工夫で、油が少なく辛さも控えめにしました。また、油が少ないことで、91kcal(1袋120gあたり)という低カロリーを実現しています。夜遅くでも心置きなく食べられるカレーを目指しました。

3.添加物不使用

「22時のカレー」は添加物※を使用していません
指定添加物、既存添加物、天然香料、一般飲食物添加物不使用

4.ひとくちめはスープのような口当たり

はじめは、スープのようなやさしさとハーブの香りを感じ、食べ進めるとホールスパイスや生姜の食感、旨味とじんわりとやさしい辛味を感じるカレーを目指しました。半熟の茹で卵や卵黄を入れていただくと、さらにマイルドになります。
また、しつこくないサラリとした口当たりが特徴です。

5.自然豊かな五島列島でつくられた塩を使用

九州西部長崎県にある自然豊かな五島列島で作られた塩を使用し、カレーのうまみを引き立てました。

ゆっくりおいしい、お召し上がり方

まず、カレーを温めます。湯煎の場合、袋の封を切らずに、そのまま熱湯の中に入れ、約5分加熱します。電子レンジでも温め可能です。その場合、袋の封を切り、深めの耐熱容器に移し、ラップをかけて加熱してください。

温めたら器に盛ります。マグカップに入れて「食べるスープ」のようにお召し上がりいただくのがオススメです!ソファーでゆったりくつろぎながら、夜の読書や映画鑑賞のお供にもぴったりです。

スプーンでかき混ぜ、香りをお楽しみいただいてから召し上がっていただくと、癒やしのハーブを感じていただけます。


また、「22時のカレー」は、カレー単体でも、他のものと合わせても、どちらも美味しくいただけるため、
体調やお腹の空き具合に合わせて、食べ方を調整できます。

例えば、小腹がすいている時は「22時のカレー」単体で。
少し物足りないときは、スープ感覚でサラダや温野菜と一緒に

かなりお腹がへっている時にはごはんと一緒に

さらに美味しく召し上がっていただくアレンジもございます。

爽やかでスッキリした後味がお好みの場合は、仕上げに生のオレンジを少量絞っていただくとオレンジの酸味がカレーの味をまとめ、爽やかな香りを感じます。

まろやかな味がお好みの場合は、トッピングで半熟のゆで卵や卵黄を加えていただくと、カレーの味に丸みが加わり、さらにやさしいカレーになります。

ぜひ、その日のコンディションに合わせて、召し上がり方を変えてみてください。


私たちが目指すこれからの生活スタイル

なぜ、今回「癒し」に着目したのか。それは、私たちの目指すこれからの生活スタイルに関係しています。

私たち ゆっくり おいしい ねむたいな は「食時間を豊かにデザインすることで、毎日幸せを感じられるようにすること」を目標に活動しています。

ゆっくりとくつろいで、おいしいものを食べて、夢うつつになりたい。そんな誰しもが漠然と豊かだと感じ、憧れている時間をデザインし、全ての人に心地よく幸せな食時間を提供することを理想としています。しかしながら、日々仕事や家事などに追われていると、そのような豊かさを体験することが難しい場合もあります。

そこで私たちは、簡単に誰もが豊かな食時間を感じられる、1日の終わりに食べる、心と身体にやさしいレトルトカレー「22時のカレー」を開発いたしました。

頑張って平日働いて、休日に平日の対価としての幸せを感じるのではなく、毎日小さくても幸せを感じることはできないものか。私たちは、その答えは食時間にあると考えました。楽しく、美味しく、心安らぐコミュニケーションが豊かな食時間を作りだし、私たちの生活を心地良く変化させていくこと。それが、私たちの理想です。


その理想を実現するには、主観的な感覚よりも、客観的に人がどのような幸せを、どのくらい感じているのかといった
幸せの数値を測る必要があると考えています。幸せの数値化、可視化の研究と共に、具体的なサービスの提供で世の中のハピネス指数をあげていくというプロジェクトの第一弾がこの「22時のカレー」です。

幸せは、単純な方法では測れません。幸せとひとことで言っても、「何をもって幸せなのか」が明確ではないからです。ですが、心拍数・ホルモンバランス・感情・体温・声・睡眠の質などの複合的な数値の変化から人の幸せ指数のヒントを導き出すことができるのではないかと仮説を立てています。

その中のひとつの基準として今回は「癒し」に着目しました。夜にくつろいで食事をとるからこそ、その日の終わりに気持ちが安らぎ、食事きっかけで幸せな気持ちになることができるのではないかと私たちは考えました。これが今回「22時をカレー」を開発した理由の1つでもあります。

私たちは、開発にあたって数種の試作品を脳波測定し、数値化した上でそのフィードバックを改良に生かしました。主観的な感覚だけでなく、客観的な数値も用いてクオリティーを上げることで、より味や香りを引出しました。

開発者の想い

株式会社ゆっくりおいしいねむたいな 左近榮梨

はじめまして。「22時のカレー」の開発を担当しました左近榮梨です。
プロジェクトページを最後までご覧いただき、ありがとうございます。

食品生産会社、飲食店でもない私たちがレトルトカレーをつくることは、大きな挑戦です。スパイス、ハーブの知識だけではなく、漢方医学や栄養学などの知識も取り入れながら、時間をかけてレシピ開発を進めてきました。構想から約2年、諦めずにここまで形にできたのは、豊かな食時間に対する強い想いと信念があったからです。

私自身、疲れて気が落ち込んでいる時に食で心を支えられた経験が沢山ありました。家族が作ってくれる食事、自分が自分のために用意した食事、手作りだけではなく即席の食事でも、支えられた経験があります。その食事に共通して言えることは、あたたかく、おいしく、やさしい労わりの気持ちを感じる食事だということです。「そのような体験を私も提供したい!」この一心で「22時のカレー」を開発してきました。

まだ、スタート地点に立った段階ですが、これからも「豊かな食時間」を提供するべく、活動を続けていきます。

私たちのプロジェクトを応援いただけますと幸いです。

リスク&チャレンジ

先行販売の年内の配送、一般販売の実現に向けて、誠心誠意プロジェクトを進めております。 (1)ご利用のパソコンやスマホ、ブラウザによって写真の色合いが実物と異なって見える場合がございます。 (2)ご支援状況や天候などにより、配送が遅延する場合がございます。 (3)プロジェクトページに記載している内容から変更があった場合、活動レポートから早急にお知らせ致します。 (4)ご感想、ご意見などございましたら、応援コメントやメッセージにてご投稿いただけますと幸いです。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2020年11月13日までに支払いを完了した時点で、応援購入が成立します。

2,000円(税込)

「22時のカレー」2箱
「22時のカレー」2箱

「22時のカレー」2箱をお届けします!
・送料込みのお値段です
・配送方法はゆうパケットを予定しています

【22時のカレーについて】
・内容量は、1箱1包装(120g)です
・原材料は下記の通りです。アレルギーをお持ちの方はご注意ください
たまねぎ(国産)、鶏肉(ブラジル産)、ばれいしょ、にんじん、食用なたね油、香辛料、トマトピューレ、しょうが、牛乳、ブイヨン、にんにく、調合みそ、オレンジパウダー、くるみ、くろごま、食塩 、(一部に乳成分・鶏肉・大豆・オレンジ・くるみ・ごまを含む)
・賞味期限は2022年2月20日となります

のサポーター

残り

2020年12月末までにお届け予定

5,500円(税込)

【Makuake限定アレンジレシピ付!】「22時のカレー」4箱セット
【Makuake限定アレンジレシピ付!】「22時のカレー」4箱セット

●「22時のカレー」4箱
●Makuake限定アレンジレシピ
をお届けします!
・送料込みのお値段です
・配送方法はゆうパックを予定していますが、変更する可能性がございます

【アレンジレシピについて】
・開発担当者が考案した「22時のカレー」をさらにお楽しみいただくためのMakuake限定アレンジレシピをお送りします

【22時のカレーについて】
・内容量は、1箱1包装(120g)です
・原材料は下記の通りです。アレルギーをお持ちの方はご注意ください
たまねぎ(国産)、鶏肉(ブラジル産)、ばれいしょ、にんじん、食用なたね油、香辛料、トマトピューレ、しょうが、牛乳、ブイヨン、にんにく、調合みそ、オレンジパウダー、くるみ、くろごま、食塩 、(一部に乳成分・鶏肉・大豆・オレンジ・くるみ・ごまを含む)
・賞味期限は2022年2月20日となります

のサポーター

残り

2020年12月末までにお届け予定

7,000円(税込)

【Makuake限定アレンジレシピ付!】「22時のカレー」6箱セット
【Makuake限定アレンジレシピ付!】「22時のカレー」6箱セット

●「22時のカレー」6箱
●Makuake限定アレンジレシピ
をお届けします!
・送料込みのお値段です
・配送方法はゆうパックを予定していますが、変更する可能性がございます

【アレンジレシピについて】
・開発担当者が考案した「22時のカレー」をさらにお楽しみいただくためのMakuake限定アレンジレシピをお送りします

【22時のカレーについて】
・内容量は、1箱1包装(120g)です
・原材料は下記の通りです。アレルギーをお持ちの方はご注意ください
たまねぎ(国産)、鶏肉(ブラジル産)、ばれいしょ、にんじん、食用なたね油、香辛料、トマトピューレ、しょうが、牛乳、ブイヨン、にんにく、調合みそ、オレンジパウダー、くるみ、くろごま、食塩 、(一部に乳成分・鶏肉・大豆・オレンジ・くるみ・ごまを含む)
・賞味期限は2022年2月20日となります

のサポーター

残り

2020年12月末までにお届け予定

7,500円(税込)

追加リターン【Makuake限定アレンジレシピ付!】「22時のカレー」6箱セット
追加リターン【Makuake限定アレンジレシピ付!】「22時のカレー」6箱セット

【追加リターン】
●「22時のカレー」6箱
●Makuake限定アレンジレシピ
をお届けします!
・送料込みのお値段です
・配送方法はゆうパックを予定していますが、変更する可能性がございます

【アレンジレシピについて】
・開発担当者が考案した「22時のカレー」をさらにお楽しみいただくためのMakuake限定アレンジレシピをお送りします

【22時のカレーについて】
・内容量は、1箱1包装(120g)です
・原材料は下記の通りです。アレルギーをお持ちの方はご注意ください
たまねぎ(国産)、鶏肉(ブラジル産)、ばれいしょ、にんじん、食用なたね油、香辛料、トマトピューレ、しょうが、牛乳、ブイヨン、にんにく、調合みそ、オレンジパウダー、くるみ、くろごま、食塩 、(一部に乳成分・鶏肉・大豆・オレンジ・くるみ・ごまを含む)
・賞味期限は2022年2月20日となります

のサポーター

残り

2020年12月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するクラウドファンディングプラットフォームです。このページは、 フードカテゴリの 「とっておきの夜食。食べても罪悪感のないハーブ香る至福の【22時のカレー】」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。