Makuake Makuake Makuake 400 403 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect apple loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots icon-warning
















あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

虐待を受けた子どもたちが成長して「生きている」姿を本で届けて虐待を減らしたい!

戻す

ストーリー

  1. 写真集が子ども虐待防止について優しく考えるきっかけになります。
  2. 虐待ってなんだろう?という疑問に向き合い、虐待の今を知る資料として写真集を見てもらいたいです
  3. 「傷は怖いから見たくない!」いいえ、傷の写真はありません。優しい写真とメッセージが入ってます。

虐待の話ってこわい?実は身近な話

近年、悪い意味で世の中に広まっている言葉「虐待」。

でも滅多なことじゃ起きない話じゃないの?
テレビの向こうの話で、自分は関係ないよ。
そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも下の写真で大きく笑ってる彼女。
彼女も子ども時代に虐待を受けて育ちました。
虐待は遠いところにある話ではなく、隣の家の出来事であり、もしかしたら自分自身も親の支配を受けて気づかない場合だってあるんです。
もしかしたらあなたの友達も、隠しているだけで虐待を受けているかもしれません。

虐待を受けて、死んでしまう子供のニュースが後を断ちません。
そしてニュースにはならない、虐待から生き延びてなんとか大人になった人たちがいます。
そんな人たちを

「虐待サバイバー」と呼びます。

「サバイバー」なんてそんなかっこいい名前をつけて、と思われるかもしれません。
しかし、本当に命辛々生き延びて育ってきた人たちなのです。
中には死んでしまう子もたくさんいるのです。
まさにサバイバーです。
親の支配から逃れても、精神疾患を患う方は多くいます。
自分重い障害を負いました。
そんな厳しい虐待を,虐待サバイバー達は必死で生き延びてきました。
逃げてきました。

そして今も必死に生きているんです。

私は自身の被虐待の事実を知ってから虐待サバイバーの今「生きている」姿を写したいと思ってインターネットで募集をかけました。
こうして始まったのが「虐待サバイバー写真展」です。

虐待サバイバーの写真と、その方の伝えたいメッセージを15人募集させていただきました。

1年で15人の撮影を終えました。

上の写真の方はこんなに優しい表情を私に向けてくれました。
下の写真の方はかっこいい決めポーズをとってくれました。
その中から彼らが受けた悲惨な経験は想像し難いと思います。

今回私はこのような虐待サバイバーが「前へ向かって生きている」姿を映した写真集を作りたいのです。

プロジェクト詳細

写真を撮らせていただいた私も子ども時代から成人後も虐待・支配を受けて育ちました。

子ども時代に届けられなかったたくさんの声を、数多くの世代の人から届けるため、写真と、被写体の方の言葉を共にした写真集を出版したいのです。

今回、東京都国立市にある小鳥書房様とご縁があり、共に写真集を作ることになりました。
しかし出版には多額の資金が必要です。
その資金調達のために、今回All or Nothingのプロジェクトに挑戦させていただくことになりました。

小鳥書房様は自費出版と商業出版を併せた形で世に本を出す形式を取ります。

たったひとりの人のための本を作りたい

そんな真摯な出版社様です。

小鳥書房様と一緒にぜひ虐待サバイバーの柔らかい写真と言葉を届けたい、自分はそう思いました。
まずは私がこのクラウドファンディングを成功させて、その後、写真集の出版の実現に向けて動き出します。

虐待ってなんか怖いと思っている方にも優しく肩を軽くたたくような暖かい写真集にしたいです。
その優しさと暖かさの元は生きるか死ぬかの厳しい経験なんです。
「虐待サバイバー」の生きている姿を書籍で見てください。
そして小さい本にする予定です。
いつも手元に置いてくださると嬉しいです。
笑顔の詰まった、でも考えるとこができる本。
見てみたくはないですか?

今回は本を出すことが目的ですが、これをきっかけに虐待問題について身近に感じて欲しいということ、虐待を少しでも減らすことができることが目標です。
子ども虐待は大人になっても精神的に追い詰められるのです。
この本が虐待サバイバーや悩みを抱えてる人の救いになれば幸いです。

こんな方に見て欲しい!

虐待を受けた当事
虐待に関連のある勉強をしている学生
コミュニティを作りたいと思うNPO・市民団体の方
実際に虐待問題に仕事などで関わる人たち
虐待の話をテレビで見て「何か力になれないか」と思った視聴者
このページをここまで読んでくださった方

仕様

大きさ:A5変形(大きさは変わるかもしれません。)
ページ数、内容:未定(15人の方の写真とその方々からのメッセージ+α)
予価:1,800円(税抜)(変更があるかもしれません。)

スケジュール

11月29日プロジェクト終了
11月中旬〜2月:編集、デザイン作業(ここで本の仕様が決まります。)
3月:印刷作業、完成
4月:発送作業開始

リターンについて

500円:ポストカード1枚お送りいたします。

1,000円:ポストカード2枚お送りいたします。

1,500円:写真集1冊とポストカード2枚をお送りします。


2,500円:写真集1冊とポストカード2枚お送りいたします。写真集にサインをお入れしてお贈りします。


5,000円:サイン入り写真集とポストカード2枚。
写真集一冊お送りします。
本の後ろに支援してくださった方としてお名前をお載せいたします。メッセージにお名前をお書きください。載せたくない方はメッセージにその旨をお書きください。


10,000円:写真集2冊とポストカード2枚。
2冊のうち1冊はサインをつけてお贈りします。
2冊のうち1冊は身近な方に差し上げるか図書館に寄贈などしてください。虐待に関心を持ってもらうために本を広めていただけたら幸いです。
写真集の後ろに寄付してくださった方としてお名前をお載せいたします。メッセージにお名前をお書きください。載せたくない方はメッセージにその旨をお書きください。

20,000円:あなたか、あなたの好きな人、もの、なんでも撮影いたします。
東京都近郊の方、東京に来られる方限定となります。


50,000円:あなたか、あなたの好きな人、もの、なんでも撮影いたします。
東京都近郊の方、東京に来られる方限定となります。

写真集2冊とポストカード2枚。
2冊のうち一冊はあなたのお名前入りサイン入り
2冊のうち一冊は身近な方に差し上げてください。虐待問題に対する関心を広めていただけたら幸いです。
本の後ろにお名前をお載せいたします。メッセージにお名前をお書きください。載せたくない方はメッセージにその旨をお書きください。

100,000円:サイン付き写真集、心からの感謝のメールをいたします。

おそらくこのプロジェクトを100,000円支援してくださる方は何か欲しいというわけではないと思います。
多分チャリティ的な意味で支援してくださる方だと思います。
そんなあなたに心より強い感謝の言葉を送りたいです。
また、サイン付き写真集を差し上げます。

資金の使い道

275,000円:小鳥書房様への編集料
275,000円:小鳥書房様へのデザイン料
1000,000円:書籍印刷、作成料
40,000円:リターンにかかる諸費用(ボストカード印刷費、郵送費など)
10,000円:雑費
32,0000円:MAKUAKE様への手数料
総計:192.000円

実行者紹介

田中ハルと申します。
様々な障害を持っているため、なかなか一般的な社会生活が難しい状態にあります。
そんな自分が虐待という社会問題と関わり、問題解決のための活動をすることができることは喜びであり使命であり天命です。
この書籍はただ見るだけでなく、虐待問題について優しく問いかけることができます。
また、この本をきっかけにコミュニティの中で虐待問題を話しやすくできると思います。

写真集を作ることが目的ですが虐待を減らすことを目標にしています。
チャリティ的な意味も込めて、ぜひ応援よろしくお願いします。

このプロジェクトは All or Nothing です。
達成した場合のみリターンが可能となります。

リスク&チャレンジ

発起人は様々な障害を抱えており、途中、療養などで出版が延期になる可能性があります。 杖歩行のため、駅を利用しにくい場合は他の交通手段を使って打ち合わせに行く予定です。 そのため交通費を少し多めに見積もりました。 延期をしても本は目標を達成すれば必ず出します。中止はしません。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

このプロジェクトはAll or Nothing型です。プロジェクト成立のためにはプロジェクト終了日の2020年11月29日までに目標金額が達成となる必要があります。

500円(税込)

ボストカード1枚お送りいたします。
ボストカード1枚お送りいたします。

ボストカードを1枚お送りいたします。

のサポーター

残り

2021年05月末までにお届け予定

1,000円(税込)

ポストカード2枚お送りします。
ポストカード2枚お送りします。

ポストカードを2枚お送りします。

のサポーター

残り

2021年05月末までにお届け予定

1,500円(税込)

写真集1冊とポストカード2枚お送りいたします。
写真集1冊とポストカード2枚お送りいたします。

完成した写真集1冊とポストカード2枚お送りいたします。

のサポーター

残り

2021年05月末までにお届け予定

2,500円(税込)

写真集を1冊差し上げます。ポストカード2枚お送りします。写真集にサインをつけます
写真集を1冊差し上げます。ポストカード2枚お送りします。写真集にサインをつけます

写真集を1冊差し上げます。ポストカード2枚お送りします。写真集の最後にサインをおつけしてお送りします。

のサポーター

残り

2021年05月末までにお届け予定

5,000円(税込)

人気

写真集1冊。ポストカード2枚。写真集にお名前が載ります。
写真集1冊。ポストカード2枚。写真集にお名前が載ります。

写真集1冊とポストカードを2枚お付けします。
写真集に田中ハルのサインをおつけしてます。

写真集の中に支援してくださった方として(多分最後のページ)お名前を載せさせていただきます。
載せたくないという方はおっしゃってくだされば載せません。
メッセージ機能にて「書いて欲しいお名前を書いていただく」

「名前を載せたくない」
旨をお書きください。

保証期間:本プロジェクトでサポートいただいた初版分

のサポーター

残り

2021年05月末までにお届け予定

10,000円(税込)

写真集2冊、1冊は名前入りサイン付き。ポストカード2枚。書籍に名前が載ります。
写真集2冊、1冊は名前入りサイン付き。ポストカード2枚。書籍に名前が載ります。

写真集を2冊、うち1冊はサイン付きの書籍になります。
もう1冊は身近な方に差し上げたり図書館に寄付してください。
本を世に広げ見てもらってください。虐待防止のきっかけになるかもしれません。
ポストカードを2枚おつけいたします。

写真集の中に支援してくださった方として(多分最後のページ)お名前を載せさせていただきます。
載せたくないという方はおっしゃってくだされば載せません。
メッセージ機能にて「書いて欲しいお名前を書いていただく」

「名前を載せたくない」
旨をお書きください。

保証期間:本プロジェクトでサポートいただいた初版分

のサポーター

残り

2021年05月末までにお届け予定

20,000円(税込)

あなた、またはあなたの撮ってほしい身近な方や物の写真をお撮りします。
あなた、またはあなたの撮ってほしい身近な方や物の写真をお撮りします。

田中ハルが東京近郊か東京あたりに来れる方で希望の場所であなた、あなたの好きな人、あなたの好きなものの写真を田中ハルがお撮りします。 世情的に移動に制限があるため、撮影場所が限定されてしまうことをご了承ください。

■Makuakeメッセージにて2021年2月末までに日程調整のご連絡をいたします。
■撮影可能な有効期限は2021年1月1日〜6月30日になります。

のサポーター

残り

2021年05月末までにお届け予定

50,000円(税込)

写真集2冊。あなたやあなたの好きな人の写真を撮ります。書籍に名前が載ります。
写真集2冊。あなたやあなたの好きな人の写真を撮ります。書籍に名前が載ります。

完成した写真集2冊、うち一冊にサインをおつけします。
それとポストカードを2枚お付けします。
写真集の中に支援してくださった方として(多分最後のページ)お名前を載せさせていただきます。
載せたくないという方はおっしゃってくだされば載せません。
メッセージ機能にて「書いて欲しいお名前を書いていただく」

「名前を載せたくない」
旨をお書きください。

また東京近郊か東京あたりに来れる方で希望の場所であなた、あなたの好きな人、あなたの好きなものの写真を田中ハルがお撮りします。
世情的に移動に制限があるため、撮影場所が限定されてしまうことをご了承ください。
■Makuakeメッセージにて2021年2月末までに日程調整のご連絡をいたします。
■撮影可能な有効期限は2021年1月1日〜6月30日になります。

保証期間:本プロジェクトでサポートいただいた初版分

のサポーター

残り

2021年06月末までにお届け予定

100,000円(税込)

写真集にサインを入れてお送りします。心より感謝のメールをお送りします。
写真集にサインを入れてお送りします。心より感謝のメールをお送りします。

このプロジェクトにこの価格で応援購入してくださる方はすでに欲しい「モノ」は持っていると思います。
チャリティ的な側面であることを踏まえてこのリターンを作りました。
自分が想いの限りの感謝のメールをお送りいたします。

のサポーター

残り

2021年05月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するクラウドファンディングプラットフォームです。このページは、 アート・写真カテゴリの 「虐待を受けた子どもたちが成長して「生きている」姿を本で届けて虐待を減らしたい!」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。