Makuake Makuake Makuake 400 403 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect apple loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots icon-warning
















あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

プロジェクトの期間が終了しました

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

実力派パティシエが限界に挑む【口どけの黄金律】紀州プレミアム生レモンケーキ

戻す

ストーリー

  1. 百貨店で行列・楽天総合1位のチーズケーキを生んだ男の新たなる挑戦!
  2. 実力派パティシエが緻密な計算により導く「口どけの黄金律」
  3. 創業300年超の農家の紀州レモンが、特殊製法で「スーパー紀州レモン」に。

力をかけずとも

沈みゆくフォーク。

もうその感触が心地いい。

こだわりの紀州レモンが、

極上の生レモンケーキに

なりました。

紀州プレミアム生レモンケーキは、これまでのイメージを大きく覆す新しいレモンスイーツ。実力派パティシエが生地とレモンカスタードが同時に溶け合う温度にこだわり、緻密な計算により導いた「口どけの黄金律」。雪のように儚い口どけと、後にくる濃密なレモンの好バランスが楽しめる一品です。

紀州プレミアム生レモンケーキは、レモンの生産、加工、製造、商品企画やデザインに至るまで、オール和歌山のチームメンバーにより誕生しました。

**********************************

今回、この「紀州プレミアム生レモンケーキ」をご紹介するにあたり、開発の様子を見聞きし、取材を重ねた広報からの取材タッチでお届けします。少しでも現場の熱意やできたケーキの美味しさが伝われば幸いです。

**********************************

和歌山の素材と技術で

「究極のスイーツ」を

手掛けたい

今回の「紀州プレミアム生レモンケーキ」ができた背景にはある想いがありました。プロジェクトの中心にいるのは和歌山の厳選素材で作るスイーツブランド「KANOWA」の企画運営を担うお菓子プロデューサー、山添利也。楽天市場総合ランキング1位の実績を持つチーズケーキを生み出した彼が、これまでの経験を生かして今回企画したのがKANOWA初の生スイーツ「生レモンケーキ」でした。

KANOWAはこれまでバウムクーヘンやフィナンシェなどの焼き菓子を商品化してきましたが、お菓子の世界の主役はやはり生スイーツ。「和歌山の素晴らしい素材をさらに楽しんでいただきたい」。そう願う彼にとって生スイーツを商品化することは必然でした。

どうせ作るなら究極のスイーツを。

そのためにも関わる全員に示された命題は「リミッターを外す」。素材選びに加工、製造、そしてパッケージデザイン。各々の限界を超えたら何か生まれるか。チームの新たな挑戦の始まりでした。

父を越える

新しいレモンケーキを

KANOWAのお菓子を生み出すのは、和歌山市内で父から受け継いだ洋菓子店を営む「パティスリー エルヴェ」の2代目オーナーシェフ、橋本憲司。全国菓子大博覧会での金賞受賞をはじめ、数々のコンテストでの入賞経験を持ち、今では和歌山県洋菓子協会の副会長を務める実力派パティシエです。

そんな橋本は、店を引き継いで以来ずっとレモンケーキを模索してきました。その理由は、父の代にエルヴェを支えてきた3本柱が「バウムクーヘン」「マドレーヌ」、そして「レモンケーキ」だったことから。これらを自分の代で再び新しい形にできないか。そんな想いが橋本の中にありました。

店では先代のレシピを再現した「昭和40年代マドレーヌ」を発売。さらにKANOWAでは既にバウムクーヘンが商品化されています。後はレモンケーキをどんな形で世に送り出すか。コンセプトが定まらないまま時間が過ぎ、橋本にとって父を越えるレモンケーキづくりは自分自身への命題でもありました。

製菓専門学校の講師や製菓技術コンテストの審査員としても活躍する舌と腕をもつ橋本。今回「そのリミッターを外して、原価も考えず究極のケーキを作ってください」の山添の言葉が何より橋本を奮い立たせたのは言うまでもありません。

和歌山は全国3位の

「レモン」の産地

レモンと言えば瀬戸内が有名。事実、全国の産地のトップ2は広島と愛媛が名を連ねています。しかし、続いて全国3位をキープしているのが実は和歌山。遡ると、明治初期に熱海に来た外国人が庭先にレモンの種を蒔いたことが国産レモンのはじまりと言われます。そして、そこから和歌山や広島に伝わっていったという話が残ることからも、和歌山で早くからレモン栽培に取り組まれていたことがわかります。

和歌山県は1年を通して気候が温暖で、特に県北中部は天気や湿度が安定し、降水量も少ない瀬戸内海式気候。「有田みかん」で有名な有田地方は全国屈指の柑橘地帯として知られています。

今回素材として使ったのは、その有田地方にある広川町の山のてっぺんで作られている露地栽培の「紀州レモン」。太陽をたっぷりと浴びて丹精込めて育ったこだわりのレモンは、程よく熟し、酸味のバランスも整った逸品。この恵みの味こそ、紀州プレミアム生レモンケーキにとって欠かせない鍵を握っています。

300年続く農家の

こだわりレモン

「紀州レモン」を生産するのは農業生産法人(株)滝本農園の滝本幸紀さん。江戸時代から300年続く農家を受け継ぎ、有田みかんをはじめとする柑橘類を栽培しています。柑橘はどれも同じような栽培方法なのかと思っていましたが、露地で育てるレモンは、場所選びが重要です。

海風のミネラルでおいしく成熟するのが有田みかんの特徴。そのため有田では山の斜面に沿ってたくさんの段々畑が作られています。気温や日当たりなどの栽培条件こそみかんと似ているものの、レモンは風に弱く、目に見えない傷でも病気の原因に。そのため、紀州レモンは周囲の木々や向かいの山が風避けになる場所で栽培しています

またイワシ由来の肥料を用いるのも滝本さんのこだわりのひとつ。さまざまな肥料を試した結果、熟し方に違いが出たのがイワシでした。これを「木が反応する」と滝本さんは表現します。そんな手間をかけて育むレモンの実一つひとつが「紀州」の看板を背負い、多くは首都圏の百貨店などに出荷されています。

地元和歌山で育った上質なレモンを極上のお菓子に。KANOWAのデザインを担当する藤戸からの紹介で出会った山添と滝本さん、そして紀州レモン。この出会いがあって、このレモンケーキのプロジェクトは始動しました。

特殊製法と繊細な手作業で

レモンが新たな姿に

お菓子となる前段階でレモンの加工を担当するのは、社会福祉法人一峰会。山添と橋本は会の技術指導や商品企画のアドバイザーを担っています。

このうち、農産加工を一手にするのが同法人の福祉事業所の1つ「あすなろ」。こちらではみかんの薄皮を除くなど機械では難しい繊細な手作業での実績もあれば、県下で3台しかない真空加熱調理カッターなどの特殊な設備も完備。個人の工房や飲食店では難しいさまざまな加工が叶うことから、今ではKANOWAの欠かせないチームメンバーとなっています。

今回はその真空加熱調理カッターで果汁を濃縮させ、皮と果汁をフリーズドライでパウダー状にしています。元となるレモン果汁は一つひとつ手搾り

そして、この作業でもリミッターを超えた人がいました。他の人より約2倍の果汁を搾ったスタッフのMさんとHさん。普段は寡黙な2人が、周囲から「すごい!」と絶賛され一躍ヒーローに。最終的にケーキの素材を加工するのは特殊設備によるものですが、彼らを含め、作業に関わるメンバーたちもまたこのプロジェクトになくてはならない存在です。

和歌山の

スイーツプロデューサーが

仕掛ける挑戦とは

山添は以前、地元和歌山でチーズケーキが人気の店舗「シエスタ」を経営していました。シエスタのチーズケーキと言えば楽天市場の総合1位にもなる人気商品。メディアにも引っ張りだこで、百貨店の催事では常に行列となりました。そんな催事販売や販売店への営業経験などを生かし、現在は数々のお菓子をプロデュース。これまでもKANOWAで柿とみかんの両方の花蜜を集めた稀少な蜂の蜜を用いた「奇跡バウム」などを発表。和歌山の観光土産店などで好評をいただいています。

そんな山添にとって、今回の企画は、ただ新商品を作りたいというだけでなく、「和歌山産のこだわりレモン」「福祉の世界とのコラボ」「パティシエの振り切った全力」を結集した新しいものづくりへの挑戦でした。

中でも特に大きな軸としてあるのは、福祉の世界を支援すること

自閉症をもつ愛息子の成長をきっかけ福祉について深く考えるようになった山添。折しも社会福祉法人一峰会と出会い、橋本とチームを組んで企画・開発・営業のサポートをすることで、知名度を得ることとなり、福祉の可能性を広げました。

ところが順調だった売り上げも新型コロナの影響でぴたりと停滞。そこで感じたのは「同じ商品を同じように売るのでは、これを乗り越えてもまた何かあれば止まってしまう」でした。

そこで、通販インフラを整え、WEBサイトを開設。土産品ではなく通販であれば生スイーツも無理なく商品化できます。チームに福祉事業所を組み入れることで、福祉業界への支援になるだけでなく、できることも大幅に拡大可能。それならば生スイーツに挑戦しない手はありません。

紀州プレミアム生レモンケーキのファンになってほしいのはもちろん、福祉の可能性や橋本憲司という実力あるパティシエの存在、そして和歌山の良質なレモンと、KANOWAのお菓子や取り組みをもっともっと知ってもらいたい」と山添は語ります。

スッと消えゆく儚さと、

しっかりレモンの存在感。

その対比が堪らない

実際にできあがった紀州プレミアム生レモンケーキは、やはり想像していた形や食感とはまったく違いました。実力を備えたパティシエが技術を開放すると、こうも美しい芸術的な味が生まれるのかと、思わず感動を覚えるほど。

そもそも「リミッターを外す」=「自己満足」ではいいものはできません。上限がなく自由に思ったことができる。それもまた自分との戦いと言えるからです。

橋本がこだわったのはレモンの酸味に負けない工夫。濃縮したレモン果汁は、ただ酸っぱいだけでない濃度や深みが際立ちます。これをカスタードにブレンドすることで、カスタード特有の重さがむしろ軽い口当たりとなり、レモンの爽やかさを前面に押し出します。

そして、ふわっふわの外側生地は実はレモン味のレアチーズ。ですが、そう聞いて思い浮かべるレアチーズケーキの食感ともまた違います。

この食感を作るため、橋本がチョイスしたのはイタリア産のマスカルポーネ。非加熱の生チーズゆえ、原料となる生クリームが大きく味を左右します。生チーズ特有のあっさり感を持ちながらもレモンと合わせた際に存在感が消えないコクのあるものを。国産を含めさまざまなチーズを試した結果、生地は、レモンの爽やかな酸味を立てるだけでなく、口にした時にキレがよくなめらかな舌触りに。「レア」という単純な言葉だけで表現しきれない食感と、一度食べたら忘れられない濃厚なレモンの味わい、これは確かに今までなかった」組み合わせではないでしょうか。

計算と偶然から生まれた

奇跡のマッチング

橋本いわく「お菓子は計算。足して足して足して…その後にどれだけ引けるかが重要」。その計算を繰り返し、完成目前に「あと一歩何が足りないのか」と考えていた橋本を答えに導いたのが、レモンパウダーでした。

当初レモンは濃縮果汁だけでいいと考えていたことから、このパウダーを加えたのは、ひょんなことから。実はレモンパウダーはもともと別のお菓子の材料として一峰会から預かっていたものでした。ほんの試しのつもりで加えてみたところ、足りないピースがはまるように完成に近づきました。

そんな想定外のマッチングもあれば、計算ずくの隠し味はさすが匠のなせる技。例えばカスタードのコクを足すため、少量のホワイトチョコを加えたり、卵の使い方にひと工夫したりと、シンプルなようでも実は様々な技が随所に散りばめられています

何より苦労したのは本来融点の違うレアチーズ生地とレモンカスタードが口に入れた時に同じタイミングで溶け合うこと。基本的にものは人肌の36度で溶けるため、口どけを良くするのはそれを下回る温度でなければなりません。

橋本が試行錯誤の末にたどりついた「口どけの黄金率」は、ひと口目からしっかりと実感できます。製菓技術を競うコンテストで審査員を務め、自身も研究を続けてきた橋本だからこそ、味や食感へのこだわりは人一倍。すべてがしっとり、ふわり。鮮やかなほどに味が溶け合う瞬間の感動は、ぜひ実際に体感してみてください。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

結成!

オール和歌山で作る

プロジェクトチーム

KANOWAが掲げるのは「果実王国和歌山を活かし、お菓子で繋がる輪をつくる」。

一般的なスイーツブランドと何が違うのか。それは生産者、福祉事業所、パティシエ、そしてデザイナーなどオール和歌山のメンバーが手を取り作り上げる「共創スイーツ」がブランドコンセプトです。

プロジェクトメンバー

橋本憲司

大阪・奈良・兵庫のケーキ店で腕を磨き、父親が和歌山で創業した「パティスリーエルヴェ」に入社。現在は2代目オーナーシェフとして地域密着の店舗を運営する傍ら和歌山県洋菓子協会副会長を務め、製菓の講師やコンテスト審査員など幅広く活躍。2013年全国菓子大博覧会金賞受賞。

滝本幸紀

有田郡広川町で独自栽培の柑橘を栽培する(株)滝本農園代表。20歳から約40年農業の道を邁進し、還暦を過ぎてなお若々しく意欲的。試行錯誤を重ねた肥料や農法を用いて確立したブランドレモン「紀州レモン」は首都圏の飲食店や百貨店などで重宝されています。

一峰会のみなさん

海南市を中心に、地域に根ざした障がい福祉サービス事業所を展開する「一峰会」。パンやお菓子の製造販売、またその材料になる農産加工など、食を通じたさまざまな角度からの就労継続支援B型事業所を運営し、地域貢献と利用者の自立を目指しています。

拔井友希

社会福祉法人一峰会職員で、おかし工房 桜和所長。福祉事業所と地域の新しい関係構築を目指す、KANOWAに欠かせぬキーパーソン。桜和で手掛けた「紀州五色バウム」は2015年のスウィーツ甲子園でグランプリ、バウムクーヘン博覧会では和歌山県代表に。

藤戸佐千世

グラフィックやWEBの枠に囚われない幅広いビジネスデザインを手掛ける「design NAP」代表。約100業種以上の中小企業のデザインに関わった経験を元に、マーケティング、ビジネスモデル、ブランディングの他「見えないデザイン」に着目。ビジネスとデザインの橋渡し役として活躍しています。

橋本真美

御坊市のローカル新聞の記者、奈良のタブロイド新聞の営業兼ライター、和歌山のタウン誌出版社を経て独立したフリーライター。新聞から雑誌、グルメや旅のサイト、コーポレートサイトなど業種を問わず和歌山を拠点に幅広いセールスライティング、コピーライティングを手掛けています。

山添利也

関西大学卒後、大手経営コンサルティング会社に入社。退社後、地元和歌山で「スイーツパスタのお店 シエスタ」を創業。現在は株式会社コンフォートの代表として様々なご当地お菓子をプロデュースしている。和歌山の厳選素材を用いたスイーツブランド「KANOWA」では「奇跡バウムクーヘン」「みかん花はちみつフィナンシェ」をプロデュース。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////

紀州プレミアム生レモンケーキ」は、手間暇かけた素材と丁寧な加工、そしてそれを生かした製造にビジュアル面まで徹底的にこだわっています。

感動を生んだラグビー日本代表チームのスローガン「ワンチーム」の言葉を借りたいくらい、一丸になったチームができました。

良質な素材の良さをきっちりと届けられるスイーツづくりは、これからもKANOWAの目指すところ。今回の紀州プレミアム生レモンケーキもその一つとなります。

レモン好きならば必食、そしてレモン好きならずとも一度食べればファンになってもらえるはず。それだけ自信をもってお届けする「紀州プレミアム生レモンケーキ」。

ぜひ皆さまのご支援をよろしくお願いします。

リスク&チャレンジ

和歌山厳選素材スイーツ KANOWA 代表の山添利也です。 現在、おいしい紀州プレミアムレモンケーキをお届けできるよう、最終準備を進めております。 ご支援をいただいた順に、11月から発送させていただきます。 宜しくお願い致します。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2020年10月30日までに支払いを完了した時点で、応援購入が成立します。

5,980円(税込)

【早割・限定50本】KANOWA 紀州プレミアム生レモンケーキ1本
【早割・限定50本】KANOWA 紀州プレミアム生レモンケーキ1本

【早割・限定50本】紀州プレミアム生レモンケーキ1本

・50名様限定 早割価格
・紀州プレミアム生レモンケーキを、オリジナルBOXにてお届け

【紀州プレミアム生レモンケーキについて】
1本約570g、たて16.5cm横8.5cm高さ5.8cm、冷凍でのお届けとなります。
保存は冷凍にて、賞味期限は製造日から30日です。お召し上がりになる際は冷蔵庫にて約7、8時間で解凍してください。解凍後は48時間以内にお召し上がりください。

のサポーター

残り

2020年11月末までにお届け予定

6,150円(税込)

KANOWA 紀州プレミアム生レモンケーキ1本
KANOWA 紀州プレミアム生レモンケーキ1本

紀州プレミアム生レモンケーキ1本

・紀州プレミアム生レモンケーキを、オリジナルBOXにてお届け

【紀州プレミアム生レモンケーキについて】
1本約570g、たて16.5cm横8.5cm高さ5.8cm、冷凍でのお届けとなります。
保存は冷凍にて、賞味期限は製造日から30日です。お召し上がりになる際は冷蔵庫にて約7、8時間で解凍してください。解凍後は48時間以内にお召し上がりください。

のサポーター

残り

2020年11月末までにお届け予定

6,780円(税込)

【早割・限定10名】紀州プレミアム生レモンケーキ1本&冷凍ミカン風みかんパン5個
【早割・限定10名】紀州プレミアム生レモンケーキ1本&冷凍ミカン風みかんパン5個

【早割・限定10名】紀州プレミアム生レモンケーキ1本&冷凍ミカン風みかんパン5個

・紀州プレミアム生レモンケーキと、KANOWAセレクトパン「ぱん工房かたつむり  冷凍ミカン風みかんパン」

【紀州プレミアム生レモンケーキについて】
1本約570g、たて16.5cm横8.5cm高さ5.8cm、冷凍でのお届けとなります。
保存は冷凍にて、賞味期限は製造日から30日です。お召し上がりになる際は冷蔵庫にて約7、8時間で解凍してください。解凍後は48時間以内にお召し上がりください。

【冷凍ミカン風みかんパンについて】
和歌山特産のみかんのパウダー・ジュース・ジャムを贅沢につかって焼き上げた、みかんパンです。懐かしい冷凍ミカン風のネットに入れております。5個入、冷凍でのお届けとなります。
保存は冷凍にて、賞味期限は製造日から60日です。お召し上がりになる際は常温にて約2時間で解凍してください。解凍後は48時間以内にお召し上がりください。

のサポーター

残り

2020年11月末までにお届け予定

6,950円(税込)

紀州プレミアム生レモンケーキ1本&冷凍ミカン風みかんパン5個
紀州プレミアム生レモンケーキ1本&冷凍ミカン風みかんパン5個

紀州プレミアム生レモンケーキ1本&冷凍ミカン風みかんパン5個

・紀州プレミアム生レモンケーキと、KANOWAセレクトパン「ぱん工房かたつむり  冷凍ミカン風みかんパン」

【紀州プレミアム生レモンケーキについて】
1本約570g、たて16.5cm横8.5cm高さ5.8cm、冷凍でのお届けとなります。
保存は冷凍にて、賞味期限は製造日から30日です。お召し上がりになる際は冷蔵庫にて約7、8時間で解凍してください。解凍後は48時間以内にお召し上がりください。

【冷凍ミカン風みかんパンについて】
和歌山特産のみかんのパウダー・ジュース・ジャムを贅沢につかって焼き上げた、みかんパンです。懐かしい冷凍ミカン風のネットに入れております。5個入、冷凍でのお届けとなります。
保存は冷凍にて、賞味期限は製造日から60日です。お召し上がりになる際は常温にて約2時間で解凍してください。解凍後は48時間以内にお召し上がりください。

のサポーター

残り

2020年11月末までにお届け予定

10,930円(税込)

【早割・限定5名】KANOWA 紀州プレミアム生レモンケーキ2本セット
【早割・限定5名】KANOWA 紀州プレミアム生レモンケーキ2本セット

【早割・限定5名】紀州プレミアム生レモンケーキ2本セット

・5名様限定 早割価格
・紀州プレミアム生レモンケーキを、オリジナルBOXにてお届け

【紀州プレミアム生レモンケーキについて】
1本約570g、たて16.5cm横8.5cm高さ5.8cm、冷凍でのお届けとなります。
保存は冷凍にて、賞味期限は製造日から30日です。お召し上がりになる際は冷蔵庫にて約7、8時間で解凍してください。解凍後は48時間以内にお召し上がりください。

のサポーター

残り

2020年11月末までにお届け予定

11,100円(税込)

KANOWA 紀州プレミアム生レモンケーキ2本セット
KANOWA 紀州プレミアム生レモンケーキ2本セット

紀州プレミアム生レモンケーキ2本セット

・紀州プレミアム生レモンケーキを、オリジナルBOXにてお届け

【紀州プレミアム生レモンケーキについて】
1本約570g、たて16.5cm横8.5cm高さ5.8cm、冷凍でのお届けとなります。
保存は冷凍にて、賞味期限は製造日から30日です。お召し上がりになる際は冷蔵庫にて約7、8時間で解凍してください。解凍後は48時間以内にお召し上がりください。

のサポーター

残り

2020年11月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するクラウドファンディングプラットフォームです。このページは、 フードカテゴリの 「実力派パティシエが限界に挑む【口どけの黄金律】紀州プレミアム生レモンケーキ」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。