Makuake Makuake Makuake 400 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots
















あなたの支援

リターン支援

支援金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

発達障害・知的障害の子が、コミュニケーションゲームで自分の気持ちを伝えるボード

戻す

ストーリー

  1. 発達障害・知的障害の子が、自分の気持ちを伝えるための「きもち・つたえる・ボード」
  2. 筑波大学附属大塚特別支援学校で活用されていたツールをオリジナル商品として製品化しました。
  3. ポジティブな言葉で気持ちを伝えるだけでなく、相手の話をしっかり聴き、共感を促します。

発達障害・知的障害の子が、コミュニケーションゲームで自分の気持ちを伝えられるボード

 

きもち・つたえる・ボード

筑波大学附属大塚特別支援学校 佐藤義竹先生が、コミュニケーションゲームの授業で使っていた教材を製品化します。

 

 

「きもち・つたえる・ボード」は、相手の話を聴いて自分が感じたことをボードで伝えます。

 

こちらが佐藤義竹先生

 

 

ボードは全部で8種類。

「いいね!」「え〜!」「すてきだね」「なるほど〜」(2パターン)「そうなんだね」(2パターン)のなかから、自分の気持ちにぴったりのボードを選んで、相手にみせます。

 

 

 

コミュニケーションゲームの時に使います。

 

「きもち・つたえる・ボード」は、コミュニケーションをより楽しく盛り上げてくれます。

 

筑波大学附属大塚特別支援学校で、コミュニケーションゲームの授業で使われていました。

 

教室では、このような手作りボードでした。

 

教師の研修会でも、コミュニケーションゲームとボードの相乗効果が分析されました。

 

 

ボードを使う前と使った後を調査し、比較分析しました。

 

<調査内容>

コミュニケーションゲームで、ボードを使う前と、使った後の生徒たちの変化を比較。

<調査対象>

筑波大学附属大塚特別支援学校中学部の生徒。「伝える」ことに課題があるAグループと、「聴く」ことに課題があるBグループに分けて調査。

<分析者>

佐藤義竹

<グラフの見方>

「指導2」から、ボードを使用。「指導1」と「指導2」以降を比較。

 

<比較分析の結果>

ボードを使うと、「話し手に注目する」「リアクション(反応)を示す」など、子供たちが主体的にゲームに取り組むようになりました。

 

相手の話を最後まで聴く姿勢もみられました。ボードを使ってリアクションしようとすると、自然と相手の話をよく聴くようになるということです。

 

ボードを使い始めたのは、「指導2」以降。

 

 

Aグループ:「自分の思いを伝えること」に教育的ニーズがあるグループ。

 

 

Bグループ:「相手の話を聴くこと」に教育的ニーズがあるグループ

 

「きもち・つたえる・ボード」を、佐藤義竹先生の学校の中だけではなく、全国の特別支援学校、特別支援学級、通常学級、療育施設、ご家庭で使っていただきたいと思い、製品化をすすめております。

 

「きもち・つたえる・ボード」の特徴

 

1)気持ちをボードで見える化。

 

聴き手・・・ボードを使って気持ちを伝えようとすると、相手の話をよく聴くようになります。さらに、共感を示せるようにもなります。

 

話し手・・・自分に示されたボードを確認することで、自分の話をよく聴いてもらっているという安心感に包まれます。

 

 

2)ボードに書かれているのは、すべて相手を肯定する言葉。

 

ポジティブな感情に目が向くようになります。

話し手は、自分が受けいれられているという気持ちになれます。

 

 

3)相手の視点に立って見ることができるようになります。

 

相手にどのように見えているかという視点に立つことで、他者理解にもつながります。

 

自分に見えている面の言葉と

 

相手に見えている面の言葉は違います。

ボードを示す相手にどのように見えているかを考えて使います。

 

4)気持ちを伝えるのが苦手でも使えます。

相手と目を合わせることが苦手であっても、声に出さなくても、気持ちを伝えることができます。

 

5)障害のある子もない子も楽しめます。

コミュニケーションゲームを盛り上げてくれるツール。障害があってもなくても、楽しめます。

グループ同士の話し合いなどでも活用できます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

佐藤義竹先生が考案した教材は、2018年、マクアケで支援を得て「すきなのどっち?」として製品化しました。すでに、日本全国の特別支援学校、学級、通常学級、療育施設、ご家庭など幅広くお使いいただいています。

 

今回、コミュニケーションゲームをより盛り上げ、コミュニケーションの楽しさ、心地よさを深めるツールとして「きもち・つたえる・ボード」を製品化していきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ボードは4枚。絵本に登場するような動物たちのイラストが8種類。

 

大切に使ってほしいから、ボードをしまいたくなる、可愛い収納ケース。

*写真のボードと収納ケースは、試作品です。完成品は、色味が若干異なる場合があります。

 

――――――――

きもち・つたわる・ボード 仕様

 

サイズ:ボード 直径13×23cm   収納ケース 25×15cm

内容:ボード4枚 収納ケース1個

素材:紙

生産国:日本

予定価格:2,000円+消費税

 

――――――――

製造スケジュール

 

〜9月初旬 原稿完成

〜9月中旬 印刷入稿

10月末  商品完成

11月初旬より ご支援いただいた方へ発送

11月中旬より 販売

――――――――

         

tobiracoの代表、平野佳代子は元編集者です。教育雑誌を10年余り取材編集する中で教師たちの素晴らしい手作り教材をたくさんみてきました。

現場で生まれた、それらの教材は、教師が子供達の反応を見ながら、時には気になる子の顔を思い浮かべ、休日返上で作ったものがほとんどです。

 

しかし、手作りゆえに量産が難しく、先生の研修会でほそぼそと伝授されるだけであったり、ひとりの教師の職人芸だけで終わったり。

 

なんともったいない話でしょうか。

 

現場で生まれた効果のある教材を、世の中に送り出したい。せっかく送り出すなら、多くの人に愛される可愛いデザインにしたいと思い、tobiracoという会社を立ち上げました。

 

私、平野佳代子の弟と妹が障害者であることから、特別支援教育にはとりわけ関心がありました。

 

特別支援教育にこそ、高度な知識と技量のあるプロが必要だと常々考えていました。取材する中で出会った筑波大学附属大塚特別支援学校は、まさにそうした先生ばかりでした。手作りの教材は、子供が楽しみながら、苦手なことを学べる、愛情あふれるものばかり。「教材」という言葉におさまりきらない、温かなものを感じ心打たれました。

「きもち・つたわる・ボード」は、tobiracoが発売する筑波大学附属大塚特別支援学校の教材第5弾です。

 

これまで、tobiracoが製品化した筑波大学附属大塚特別支援学校の教材をご紹介します。

 

見る目をかえる 自分をはげます かえるカード

 子供の自己肯定感を高めるカード。

 

きいて・はなして はなして・きいて トーキングゲーム

ルールはひとつ。人の話を黙って最後まで聴くこと。

NHKの情報番組「あさイチ」や新聞などで紹介され、tobiracoの看板商品となりました。

 

たたみ方れんしゅうボード

ダンボールをパタンパタンと倒して、服のたたむ手順の練習ができます。

これは、同校幼稚部で使われていたものを製品化。

NHKの「まちかど情報室」で紹介されました。

 

えらんで きめて つたえるゲーム すきなのどっち?

 

佐藤義竹先生が考案、昨年マクアケのクラウドファンディングにて製品化。

ーーーーーーーー

筑波大学附属大塚特別支援学校には、たくさんの手作り教材が展示されているコーナーがあります。

 

筑波大学附属大塚特別支援学校校舎(東京都文京区)

 

ーーーーーー

リターン一覧 (すべてに、活動レポートを添えます)

 

tobiracoオリジナル グリーティングカード4種セット 1,000円

 

【先着300名様】15%off きもち・つたえる・ボード1セット 1,836円

 

【先着65名様】15%off  きもち・つたえる・ボード2セット 3,672円

 

【先着14名様】20%off  きもち・つたえる・ボード5セット 8,640円

 

【先着20名様】 きもち・つたえる・ボード1セット+ 「すきなのどっち?」4,536円

 

【先着20名様】 きもち・つたえる・ボード1セット+ 「トーキングゲーム」4,536円

 

【先着10名様】15%off  きもち・つたえる・ボード2セット+ 「すきなのどっち?」6,372円

 

【先着10名様】15%off  きもち・つたえる・ボード2セット+「トーキングゲーム」6,372円


リスク&チャレンジ
・予定通り、製品をお届けできるよう迅速且つ丁寧に進めるよう最善の努力を尽くしますが、お届けが遅れる場合があります。予めご了承ください。

・皆様のご支援により量産効率が向上した場合、一般販売価格が販売予定価格より下がる可能性がございます。

支援者からの応援コメント

プロジェクトを支援する

プロジェクトを支援する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2019年10月30日までに支払いを完了した時点で、支援が成立します。

1,000円を支援(税込)

tobiracoオリジナル グリーティングカード4種セット
tobiracoオリジナル グリーティングカード4種セット

・tobiraco代表の平野佳代子より、Makuake内のメッセージとして直接お礼のメッセージをお送りします。


・オリジナルグリーティングカード4種

きもち・つたえる・ボードのイラストレーター、オグロエリさん作。仕掛けのあるカードです。

配送料無料

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

1,836円を支援(税込)

【先着300名様】15%off きもち・つたえる・ボード1セット
【先着300名様】15%off  きもち・つたえる・ボード1セット

tobiraco代表の平野佳代子より、Makuake内のメッセージとして直接お礼のメッセージをお送りします。

先着300名様に、発売に先駆けて特別価格にてご提供いたします。

配送料無料

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

3,672円を支援(税込)

【先着65名様】15%off きもち・つたえる・ボード2セット
【先着65名様】15%off  きもち・つたえる・ボード2セット

tobiraco代表の平野佳代子より、Makuake内のメッセージとして直接お礼のメッセージをお送りします。

先着65名様に、発売に先駆けて特別価格にてご提供いたします。

配送料無料

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

4,536円を支援(税込)

【先着20名様】 きもち・つたえる・ボード1セットとトーキングゲーム
【先着20名様】 きもち・つたえる・ボード1セットとトーキングゲーム

tobiraco代表の平野佳代子より、Makuake内のメッセージとして直接お礼のメッセージをお送りします。

先着20名様に、以下のセットでご提供いたします。

・「きもち・つたえる・ボード」15%off 1セット
・コミュニケーションゲーム「トーキングゲーム」1個

配送料無料

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

4,536円を支援(税込)

【先着20名様】 きもち・つたえる・ボード1セット とすきなのどっち?
【先着20名様】 きもち・つたえる・ボード1セット とすきなのどっち?

tobiraco代表の平野佳代子より、Makuake内のメッセージとして直接お礼のメッセージをお送りします。

先着20名様に、以下のセットでご提供いたします。

・「きもち・つたえる・ボード」15%off 1セット
・コミュニケーションゲーム「すきなのどっち?」1個

配送料無料

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

6,372円を支援(税込)

【先着10名様】 きもち・つたえる・ボード2セット とトーキングゲーム
【先着10名様】 きもち・つたえる・ボード2セット とトーキングゲーム

tobiraco代表の平野佳代子より、Makuake内のメッセージとして直接お礼のメッセージをお送りします。

先着10名様に、以下のセットでご提供いたします。

・「きもち・つたえる・ボード」15%off 2セット
・コミュニケーションゲーム「トーキングゲーム」1個

配送料無料

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

6,372円を支援(税込)

【先着10名様】 きもち・つたえる・ボード2セット と すきなのどっち?
【先着10名様】 きもち・つたえる・ボード2セット と すきなのどっち?

tobiraco代表の平野佳代子より、Makuake内のメッセージとして直接お礼のメッセージをお送りします。

先着10名様に、以下のセットでご提供いたします。

・「きもち・つたえる・ボード」15%off 2セット
・コミュニケーションゲーム「すきなのどっち?」1個

配送料無料

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

8,640円を支援(税込)

【先着14名様】20%off きもち・つたえる・ボード5セット
【先着14名様】20%off  きもち・つたえる・ボード5セット

tobiraco代表の平野佳代子より、Makuake内のメッセージとして直接お礼のメッセージをお送りします。

先着14名様に、発売に先駆けて特別価格にてご提供いたします。

配送料無料

が支援しています。

2019年11月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 教育カテゴリの 「発達障害・知的障害の子が、コミュニケーションゲームで自分の気持ちを伝えるボード」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、支援後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、支援後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。