Makuake Makuake Makuake 404 500 ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04
















お気に入り

お気に入りボタンを押すと?

マイページのお気に入りリストに追加されます

プロジェクト終了前にメールが届きます

メールマガジンの設定はこちらから

山田農場を食べよう!遊ぼう!みんなで集まれる『都市型農場』をつくろう!

戻す

【いざというときに助け合える繋がりを生む場所『都市型農場』をつくりたい】

はじめまして、千葉県船橋市車方町にて有機農業を営んでおります、山田農場と申します。
「地域で自給する」をテーマに、将来的な食糧危機に対して、また、来たる震災などの大災害に備える意味でも地域農作物の自給率を向上させるべく、日々畑にむかっております。

8年前に千葉県船橋市を就農地と決め、15アールの畑と38アールの田んぼで農場を始めました。

現在 畑は10倍となりましたが、いよいよ皆さんに「都市型農場」としてご活用いただくことで、より地域の食料自給率の向上に貢献したい、と、このプロジェクトを立ち上げました。

船橋市は人口が増え続け、現在では60万人を超え、畑は次々マンションや分譲地に姿を変えています。

また現在では、生産現場を見ることなくスーパーで野菜を買うことが一般的で、子供たちも土に触れたり実際に生えている野菜を見ることなく成長しがちです。

例えば、気軽に生産の現場に行くことが出来たなら、子どもたちも食べ物がどこから来るのか、どう作られるのか理解することが出来るでしょう。体験学習、ワークショップなど、畑発信のイベントに気軽に参加して欲しい。

それを実現するのが、今回ご提案する「都市型農場」です。

もちろんこれまでの山田農場でも、日々の野菜の生産と並行して、地域の皆さんを畑に招き、生産者と消費者相互の理解を深め、より生産地を身近に感じて頂けるような活動を多数行ってきました。

しかしながら、現在のところ農場には電気も水もなく、多数の人が集まれるような施設もありません。そのため、ワークショップは季節や天候に左右されざるをえず、ご参加の皆さんの交流を深めるための場作りが困難でした。

そこで今回、ライフラインである水と電気、そしてゆとりのあるハウス(後述)を設営するこのプロジェクトを通して、食料自給や有機農業に関心をお寄せ下さる皆さんと気軽に交流し、いざというときに助け合えるような繋がりを生む【都市型農場】として山田農場を成長させたいと考えました。

***

【今回のプロジェクトで建てるハウスのこと】

現在の山田農場では12坪ほどの小さなハウスを「育苗」に「野菜の出荷」に「ワークショップ」に、とスタッフ同士がすれ違うことも困難な状況でみっちりと使用しています。基本的には冬の育苗を目的として作られているので、夏は暑くて使用することが出来ません。

今回みなさんにご一緒いただくこのプロジェクトでは、60畳ほどの余裕のあるハウスを建てる予定です。基本的な構造は農業用ビニールハウスですが、材料や構造を工夫することで夏は涼しく冬は暖かく快適に人が集える空間になることでしょう。

50畳ほどの大広間には薪ストーブ・水道・炊事場・オフグリッドソーラー発電(後述)による電気を設置し、数十人規模の集会や料理教室など、各種ワークショップができるようになります。

 

また、今回は初の試みとして、この新しいハウスの「ネーミングライツ(愛称・通称の命名権)」を募集することにいたしました。私達の活動に共感くださる方からのお申し込みをお待ちしております!

***

【今回のプロジェクトで掘る井戸のこと】

異常気象が相次ぐ昨今では、農業に井戸は必ず必要なものになっています。

山田農場では、私の自宅の水道水を300リットルの大きなタンクに入れ、毎朝軽トラックで運んでいます。300リットルというのは、畑に直接まいたとしても炎天下ではあっという間に蒸発してしまう量で、夏場はまわりの農家が一日中(文字通り)湯水のごとく散水しているのを横目に、なんども家と農場を往復しなければなりませんでした。

 

8月の炎天下が二週間も続くと、ナスや里芋など水がないとあっという間に枯れてしまいます。7月に種をまく人参は、雨が降らなければ一粒たりとも発芽しません。

私が幼いころは夕立が頻繁にあって、真夏でも畑の土が30センチ下までサラサラに乾くということはなかったようですが、昨年は夕立といえるものは一回もありませんでした。

今回のみなさまの支援によって、井戸を掘ることができたなら、より安定的に生産できるだけでなく、野菜にとっても過不足なく水分養分を取り入れることで、すくすく育ち味も向上することと思います。

***

【今回のプロジェクトで設置する太陽光発電のこと】

畑にある資源として、さんさんと降り注ぐ太陽があります。

2011年3月の原発事故の際には水道水に放射性物質が出たことで、スーパーなどでペットボトル入りの水の買い占めが起き、井戸水に注目が集まりました。特に農家はほとんどの家に井戸が掘ってあるため、たくさんの人が水を貰いに来たといいます。

現在、飲料用の井戸を掘ろうとすると少なくとも10メートル以上は掘らないとなりません。

一般のご家庭で使用されている井戸の多くは「浅井戸」にあたります。「深井戸」に比べ水源が地表に近いため自然災害や付近の土壌汚染などの影響を受けやすく、生活・事業系廃水などの周辺環境からの汚染の可能性もあります。

一方、今回山田農場で計画しているのは「深井戸」で、こちらは昔ながらの手押しポンプは使えません。電動のポンプを使用せざるをえませんが、当然のことながら電気が無ければ一滴も水はでません。

そこで、オフグリッド型のソーラー発電システムの導入により、非常時においても好きなだけ水が汲みだせますので地域のライフライン確保としての役割も果たせます。

***

【山田農場の野菜】

最後に、農場の主役である野菜たちの紹介をさせていただきます。山田農場では農薬と化学肥料を一切使わずに少量多品目で野菜を栽培しています。

有機農業では一般に堆肥などを作って畑に施しますが、山田農場では牧草や雑草を畑に生やし、そこに地域のお豆腐屋さんからでたオカラや米ぬかをかけてトラクターで耕すことにより、土の中で発酵させて土の中で堆肥を作るということで健康な土づくりをしています。



畑の中に雑草が生い茂るエリアをあえて作って、テントウムシやカエル、小動物など害虫を食べてくれる生き物が畑の中に常に生息するようにしたり、相性の良い野菜を隣合わせで育てたり、畑のデザインを工夫する事で、病気や害虫の被害を自然に防いでいます。

 

100種類ほど育てている野菜の、ほぼ100%が露地野菜。自然のままの光と風をたっぷり受けてすくすく育っています。

以下は、今回のプロジェクトでのリターン(寄付へのお礼)としてご用意しているワークショップに関わる、野菜たちの一部をご紹介します。


『合鴨農法による米づくり』

合鴨農法でお米を育てています。

生まれたばかりの合鴨の雛をみんなで一斉に田んぼに放す「放鳥会」は子どもたちのみならず大人からも歓声が上がります。

 

合鴨は雑草や害虫をたくさん食べて、糞として肥料を供給し、勢いよく泳ぐことで田んぼを耕してくれます。雛たちはすくすくと成長し、大粒でとてもおいしいお米が出来ます。

 

大人になったカモ達は貴重なタンパク源として、みんなで解体してお肉として頂きます。合鴨農法の田んぼでは、お米とおかずが同時に生産されるのです。

最初は怖がっていた子どもたちも、興味津々で見守っています。さっきまで動いていた命を食すことへの抵抗感は、貴重な体験になることでしょう。

 

今回のリターンでは、この「放鳥会」と「鴨鍋会(解体教室)」をご一緒いただきます。もちろんその間も、鴨達の様子をのぞきに、遠慮なく畑に遊びに来て下さい。

 

『大豆』

「大豆作りから豆腐造りを楽しむ会」というものを開催するようになって三年になります。

大豆の種をまき、雑草を取り、枝豆を収穫して食べ、大豆を収穫し、豆腐にして食べる、という会です。



自分で種をまいて収穫した大豆で、プロの豆腐屋さんに指導を受けて自分で豆腐を作ります。

  

なかなか充実した体験と自負するとともに、参加者さまからもご好評をいただいておりますが、今回のプロジェクトが実現すれば、暑さ寒さをしのげるハウス内で焼き芋を作ったり、トウモロコシをゆでたりと、畑での講習の時間をゆっくり楽しむことができるようになることでしょう。

さらに、今回のリターンでは「味噌づくり」教室もプラスした特別な企画となりますので、お楽しみに!

***

【プロジェクト費用概算】

・井戸掘り+ポンプ  : 400,000 円
・ビニルハウス(材料費のみ) : 300,000 円
・ハウス施工費  : 70,000 円
・ソーラー発電機 : 160,000 円
・makuake仲介手数料(20%) : 186,000 円

                               合計 : 1,116,000円

***

最後までご覧いただきありがとうございました。

みなさんにリターンを楽しんでいただけるよう、スタッフ一同アイデアを絞りましたが、気になるリターンはありましたでしょうか?

バリエーションがありますので、複数のリターンをお選びいただくこともできます。

四季折々に違った表情を見せる山田農場の旬を楽しみながら、【都市型農場】をともに築く一員になっていただけたなら嬉しいです。


【山田農場】 山田勇一郎

 

 

 

支援するコースを選択する

支援するコースを選択する

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

3,240円コース(税込)

残り24個

【限定60個】山田農場オーガニックオリジナルトート
【限定60個】山田農場オーガニックオリジナルトート

【限定60個】
ちょっとそこまで、のお散歩にぜひ山田農場のオーガニックなロバをお供に♪ A4ファイルサイズに対応。
***
▼山田農場オリジナルトート
 素材:オーガニック綿100% 12オンス
 サイズ:W400×H300×D140mm
 持手サイズ:25×460mm
 内容量:10L
▼サンキューカード

36人が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

(更新日:2015年07月23日)

3,240円コース(税込)

残り9個

【20組限定】ビニールハウスにでっかい絵を描いちゃおう!
【20組限定】ビニールハウスにでっかい絵を描いちゃおう!

【20組限定】イラストレーターniccoさんと一緒に、農場の新ハウスにおおきなおおきな絵をかこう!
***
▼5/24(日)AM『ビニールハウスにでっかい絵を描いちゃおう!』ワークショップ参加権(親子1組)
 ※お子さんお1人追加:1500円(当日)
 ※詳細は4月中旬に直接ご連絡差し上げます。
▼サンキューカード

11人が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

(更新日:2015年07月23日)

5,400円コース(税込)

残り16個

【限定50個】朝採り野菜&合鴨米お試しコース
【限定50個】朝採り野菜&合鴨米お試しコース

【限定50個】
山田農場自慢の朝採り野菜を十数種類詰め合わせ出荷します。普段は畑から半径10キロメートル圏内に限定して販売していますので、特別な機会です。貴重な合鴨農法によるお米もお試し下さい!
***
▼山田農場の十数種類の野菜詰め合わせ+お米1kgセット(5月に1回)
▼サンキューカード
▼HPにサポーターとしてお名前を掲載

34人が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

(更新日:2015年07月23日)

10,800円コース(税込)

残り4個

【限定15組】欲張り冬野菜収穫ツアー(10月中旬)
【限定15組】欲張り冬野菜収穫ツアー(10月中旬)

【限定15組】
山田農場を巡りながらサツマイモ、里芋、落花生、小松菜、キャベツ、枝豆などを収穫。
冬野菜のお土産はもちろん、畑で落花生を塩ゆでしたり・・・その場で冬の味覚を楽しみましょう!
***
▼10月『欲張り冬野菜収穫ツアー』参加権
 ※大人3名まで(あるいは大人2名+小学生以下2名までOK)
 ※天候により詳細は9月中旬にご連絡差し上げます。
 ※権利譲渡可
▼サンキューカード
▼HPにサポーターとしてお名前を掲載

11人が支援しています。

2015年10月中にお届け予定です。

10,800円コース(税込)

残り6個

【限定10組】ハウス一日使用権
【限定10組】ハウス一日使用権

【限定10組】
井戸が生まれ、めでたく電気も通った新ハウスを24時間自由に活用して下さい。友達家族と一晩キャンプもよし。調理講座などを開催しても。
畑の旬の野菜たちを採ったその場で調理できる機会を最大限にご利用下さい。(野菜は、山田農場の販売時価に準じます。)
***
▼『新ハウス』一日使用権(9:00am~翌9:00am・2015年度内有効・分割利用不可)
 ※畑の旬の野菜もぜひご活用下さい。
▼サンキューカード
▼HPにサポーターとしてお名前を掲載

4人が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

(更新日:2015年07月23日)

19,440円コース(税込)

残り8個

【限定10組】新ハウスウォーミングパーティーご招待(グループ)
【限定10組】新ハウスウォーミングパーティーご招待(グループ)

【限定10組】
新ハウスのお披露目を兼ねて、山田農場の野菜をふんだんに使ったランチパーティーにご招待いたします。
この日は、繊細で確かなフードを提供されるカフェ「fetr(フェトル)」さんに腕を振るっていただきます。
対して「山田農場エンジェルス」による、豪快な農家料理もお楽しみください。
***
▼5月24日(日)竣工ランチパーティーご招待
 ※大人3名まで(あるいは大人2名+小学生以下2名までOK)
 ※ご家族追加:大人3000円/小学生以下1500円
 ※参加権の譲渡可
 ※詳細は4月中旬にご連絡差し上げます。
▼新ハウスに直筆サイン
▼朝採り野菜お土産
▼サンキューカード
▼HPにサポーターとしてお名前を掲載

2人が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

(更新日:2015年07月23日)

29,160円コース(税込)

残り9個

【限定15組】『合鴨の一年』
【限定15組】『合鴨の一年』

【限定15組】
合鴨農法を中心に有機農業について学べます。最後は鴨鍋をみんなで食べて、年の瀬を乗り切りましょう。
***
▼合鴨にまつわる会への参加権(全2回)
・ 合鴨放鳥会(6月:まだ黄色くかわいらしい雛たちを水田に放ちます。)
・合鴨解体教室&鴨鍋会(12月:すっかり丸々とした鴨たちを頑張って美味しくいただきます。)
 ※日時は前月中旬までに追ってお知らせいたします。
 ※大人3名まで(あるいは大人2名+小学生以下2名までOK)
 ※参加権の譲渡可
▼合鴨農法の新米 10キロ(10月下旬)
▼山田農場オリジナルトート(1個)
▼サンキューカード
▼HPにサポーターとしてお名前を掲載

【実施・お届け:6月~随時】

6人が支援しています。

2015年06月中にお届け予定です。

(更新日:2015年07月23日)

29,160円コース(税込)

残り8個

【限定12組】『大豆!大豆!大豆!の一年』
【限定12組】『大豆!大豆!大豆!の一年』

【限定12組】
大豆を育てながら、一年を通して有機農業について学べます。
***
▼『種まきから豆腐・味噌作りまで。大豆にまつわる教室』への参加権(全6回)
・ 7/12 種まき
・ 8/23 草取り
・10/11 「枝豆」収穫
・11/22 「大豆」収穫
・翌1月 「豆腐作り」教室
・翌2月 「味噌作り」教室
 ※大人3名まで(あるいは大人2名+小学生以下2名までOK)
 ※参加権の譲渡可
▼山田農場オリジナルトート(1個)
▼サンキューカード
▼HPにサポーターとしてお名前を掲載


【実施・お届け:7月~随時】

4人が支援しています。

2015年07月中にお届け予定です。

(更新日:2015年07月23日)

108,000円コース(税込)

残り1個

【限定1組】「ネーミングライツ」新ハウスに名前をつけて下さい!
【限定1組】「ネーミングライツ」新ハウスに名前をつけて下さい!

【限定1組】
新しいハウスの「ネーミングライツ(愛称・通称の命名権)」です。
私達の活動に共感くださる方からのお申し込みをお待ちしております!
***
▼新ハウスネーミングライツ
▼5月24日(日)竣工ランチパーティーご招待(1名)
 ※詳細は4月中旬にご連絡差し上げます。
▼新ハウスに直筆サイン
▼サンキューカード
▼HPにサポーターとしてお名前を掲載

0人が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

108,000円コース(税込)

残り3個

【限定5組】『山田農場の一年 食べ尽くしコース』
【限定5組】『山田農場の一年 食べ尽くしコース』

【限定5組】
『山田農場の一年 食べ尽くしコース』
ご自宅には毎月朝採りの野菜が届きます。一年を通してお楽しみがいっぱいです!
大豆と合鴨を育てながら、有機農業について学べます。年末には鴨鍋をみんなで食べ、年明けにはお豆腐作りと味噌作りと盛りだくさんです。(参加権の譲渡可)
***
▼5月24日(日)竣工ランチパーティーご招待◎
 ※詳細は4月中旬にご連絡差し上げます。
▼新ハウスに直筆サイン
▼野菜セット 5月より毎月1回(全12回)
▼『大豆にまつわる教室』への参加権(全6回)◎
▼『合鴨にまつわる会』への参加権(全2回)◎
▼サンキューカード
▼HPにサポーターとしてお名前を掲載
 ◎大人3名まで(あるいは大人2名+小学生以下2名までOK)
 ◎参加権の譲渡可

【実施・お届け:5月~随時】

2人が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

(更新日:2015年07月23日)

7,020円コース(税込)

残り0個

【限定10組】新ハウスウォーミングパーティーご招待
【限定10組】新ハウスウォーミングパーティーご招待

【限定10組】
新ハウスのお披露目を兼ねて、山田農場の新鮮野菜をふんだんに使ったケータリングパーティーにご招待いたします。
この日は、繊細で確かなフードを提供されるカフェ「fetr(フェトル)」さんに腕を振るっていただきます。
対して「山田農場エンジェルス」による、豪快な農家料理もお楽しみください。
***
▼5月24日(日)竣工ランチパーティーご招待(大人1人)
 ※詳細は4月中旬にご連絡差し上げます。
▼新ハウスに直筆サイン
▼朝採り野菜お土産
▼サンキューカード
▼HPにサポーターとしてお名前を掲載

10人が支援しています。

2015年05月中にお届け予定です。

(更新日:2015年07月23日)

10,800円コース(税込)

残り0個

【限定15組】欲張り夏野菜収穫ツアー(7月初旬)
【限定15組】欲張り夏野菜収穫ツアー(7月初旬)

【限定15組】
山田農場を巡りながらジャガイモ・ナス・トマト・ピーマン・キュウリ・トウモロコシ・枝豆などを収穫。夏野菜のお土産はもちろん、畑で皆でスイカ割りなど。一緒に美味しく食べましょう!
***
▼7月『欲張り夏野菜収穫ツアー』参加権
 ※大人3名まで(あるいは大人2名+小学生以下2名までOK)
 ※天候により詳細は6月中旬にご連絡差し上げます。
 ※権利譲渡可
▼サンキューカード
▼HPにサポーターとしてお名前を掲載

15人が支援しています。

2015年07月中にお届け予定です。

(更新日:2015年07月23日)

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いをサポーターの支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 フードカテゴリの 「山田農場を食べよう!遊ぼう!みんなで集まれる『都市型農場』をつくろう!」プロジェクト詳細ページです。

山田農場を食べよう!遊ぼう!みんなで集まれる『都市型農場』をつくろう!

\このプロジェクトが気に入ったら/

PAGE TOP

支援を続けるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

SNSで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

ログイン

SNSでログイン

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。