Makuake Makuake Makuake 404 500 ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill
















120種類以上の利き酒探検、日本酒テーマパーク、名酒センター御茶ノ水店オープン!

戻す

私たちは、東京浜松町で「名酒センター」(日本酒PRセンター)を運営しております。全国41蔵の酒蔵の協同アンテナショップで、各酒蔵の情報を発信しています。

・全国各地41蔵の日本酒を取り揃えております。

言わずと知れた名酒の金字塔から、広く知られていないことがもったい無い程に美味しい隠れ名酒がありますが、それぞれに酒蔵の個性が酒に反映されています。私達は、ひとつひとつの酒を大切に、蔵元の個性をさまざまな角度で皆様に伝えていきたいと考えています。

三倍醸造酒という、米のない時代に流布された酒が多い中、時代に翻弄されることなく、自蔵の造りの精神を貫いた蔵元、香りの高い酒が売れる中でも、自分の蔵元の酒は香りがないのが特徴だと、あえて香りを出さない蔵元、際立った味を出すのではなく、食事と寄り添う酒でありたいと願う蔵元。時間を費やし、昔の造りにこだわる蔵元。いずれも市場の動向にそぐわない戦略なのかもしれません。マスメディアに取り上げられる確率は低いものです。

ただ、そこにはどんなに時代が変わっても、酒造りに対するゆるぎない情熱が各々の蔵元にあります。頑固に昔の造りを守っているだけではありません。食事の内容も時代と共に代わり、人の好みも変わっていきます。寄り添う酒であるためには、様々なアンテナをはることが必要です。そんな努力は惜しまず、これからも皆様の生活に溶け込む酒を目指す酒蔵の酒が、ここにあります。

・120種類以上のラインナップから、飲み比べ、気に入ったお酒はご購入もできます。

いくつもの種類を同時に飲み比べると、自分の好みが鮮明になっていきます。好みがわかるとともに、自分が美味しいと思える酒に出会っていきます。より高みを目指して日本酒探検へ。日本酒tripの一助に、名酒センターをご利用ください。

まずは銘柄でお酒を選ぶのではなく、ご自身の味覚で選ぶ楽しみを見つけてください。

味の好みが見つかったら、次はその蔵元についての情報をご享受ください。蔵元に会いに行くこともできます。名酒センタースタッフの一人ひとりが、日本酒探検の旅の水先案内人になります。

名酒センター協賛蔵元一覧

名酒センターの創設者は、酒蔵は日本文化の宝であると、人生を日本酒の世界へ捧げてきました。彼の意志を受け継ぎ、20代の若い力で新たな名酒センターを形作っていきます。

浜松町店に加え、御茶ノ水駅より徒歩5分ほどの神田明神並びに「名酒センター御茶ノ水店」を7月吉日オープンいたします!

店舗外観イメージ

名酒センターは、日本で唯一の日本酒専門情報誌『月刊ビミー』を発行していく中でうまれました。取材で出逢った酒蔵の、酒造りに対する熱意が詰まった日本酒を、多くの人に届けたい。

そんな想いで、日本酒の魅力を、皆様に伝え続けてきました。

美味しい酒マガジン「月刊ビミー」は、1985年創刊の日本唯一の日本酒専門の情報誌です。

月刊ビミーでは、蔵元レポート、著名人の日本酒にまつわるインタビュー、エッセイなど、様々な企画を通して日本酒の魅力を伝えてきました。創刊から32年経ったいまも、日本酒の今を伝え続けています。

創設者・編集長である故武者英三は全国の酒蔵をくまなく歩き回って取材を重ね、各蔵元をレポートしてきました。全国約3000場を訪ねました。それぞれの酒造りの現場で、蔵元や蔵人の想いや覚悟に触れてきました。

酒一杯の中には、言葉では語りつくせぬ、背景がありました。

百聞は一見にしかず、どんな美文を並べても、実際、その時間にそこにいる人に味わっていただくこと、そのことで真の日本酒の魅力を語ることができると考えました。

そんな、書ききれない行間の想いを皆さんに味わっていただきたくて、蔵元を説得しました。

お蔵元とは、どれだけの時間をかけて語り合ったでしょうか。皆様がどうやったら、日本酒の魅力に気付いてくれるか…

今でこそ日本酒のイメージも向上しつつありますが、30年程前は悲しいかな日本酒を飲む印象は決していいものではありませんでした。飲めば頭が痛くなる、悪酔いする、そんな酒も多かった時代です。ただそんな中でも信念を持って日本酒を造り続けている蔵元がありました。そんな蔵元との出会いは衝撃的でした。

どうにかこういう酒を皆様に届けたい、その一心でした。

いくつも廃業する蔵元がある中で、今ある酒蔵は努力を怠らなかった蔵元です。継続していくにはそれなりの理由があります。

全国区に知られていても、いなくても、その地で長い歴史を培い、個性的な逸品を造り続けています。 

お蔵元の協力のもとで、試行錯誤しながら、名酒センターができました。

ひと蔵ひと蔵お蔵元の顔を想い浮かべて皆さんに日本酒を薦めてきました。

お酒を飲んだ皆さんの笑顔が嬉しくて、スタッフ一同皆様に、蔵直の様々なお酒を提供させていただきました。

浜松町の名酒センターには、日本の方のみならず世界各国から日本酒を飲んでみたい、というお客さまがいらっしゃいます。

名酒センターは、日本酒の世界に一歩踏み入れた人の、心からの「うまい」のお手伝いをさせて頂きます。

あなたにとってのおいしいお酒とは、なんですか?

有名ブランドだからですか?いやいや、みんなに知られてないから?マニアなあの人がすすめたから?

何にとらわれることなく、自分の感性で利いてみよう。あなたが存分に利き酒できるテーマパーク、名酒センターです。

ちょっと立ち止まって、自分の五感をつかって味わってみてください。

日本酒の繊細な味わいを知ることで、自ずと日本人としての感性に磨きがかかります。季節で味わう、温度で味わう、アレンジして味わう。この心配りが、人々の感性を高めることになります。

試飲するお酒を自由に選んで、ご購入もできる、というシステムは浜松町店と同じですが、御茶ノ水店にはこんなバージョンアップがあります。

より美味しい体験をお楽しみいただます。

低温でじっくりと生のまま燻した「伊勢志摩産 さば冷燻」はたっぷりと上品な脂がのっていて絶品!さっと皮目を炙り、薬味とともにご提供致します。お燗酒と合わせればお酒が脂を程よく洗い流し、心地よい余韻だけが残ります。

 八戸産の塩辛「浜育ち」ははちみつを添加した甘口仕立て。絶妙なバランスで調味されたその味わいは、深いコクがありながら生臭くありません。そのままでもご提供致しますが、調味料としてアレンジした一品もご用意致しております!濃醇・淡麗、甘辛口問わず、幅広いお酒に寄り添ってくれます。あなたはどの組み合わせがお好き?

 その他にも全国各地の名品が飲み比べに彩りを添えます。季節や旬に応じて変わるメニューで飽きさせる事はありません。日本の美味を味わい尽くしていただけます。

 

御茶ノ水店から徒歩30秒ほどの場所にある神田明神は、江戸総鎮守として1300年の歴史を培ってきました。商売の神様としても知られ、ビジネスマンのお参りの姿も見られます。店舗真向いには江戸幕府直轄の学問所となった湯島聖堂があり、多くの大学が集まる街は、アカデミックな空気が流れる落ち着いた街並みが広がります。また、秋葉原まで徒歩7分の距離にあり、独特なサブカルチャーが息付く街にも隣接しています。

新しい文化と歴史の薫る街、御茶ノ水にて、様々なアプローチを通して日本酒文化を幅広い層へ発信します。

全てクラウドファンディング限定販売の、超お得なリターンです!

まずは覗いてみたい方も、浜松町店の昔からの常連さんも、この機会に是非!

懐の深い日本酒は、日本人の生活にいつも寄り添ってきました

日本酒は、世界に誇れる酒類です。並行複発酵という他に類を見ない発酵方法、「三段仕込み」と呼ばれ徐々に発酵を促して仕込んでいく独自の手法など、精緻で細やかな配慮が必要な醸造酒です。造りにかける手間と時間と人の叡知といった総合的な観点からとらえると、日本酒は他の酒類を圧倒しています。

また日本酒は世界中のどんな料理にも、包み込むようにしっとりと寄り添う、懐の深い味わいも持ち合わせています。

夕飯に寄り添う美味しい一杯、お祝い事で乾杯して飲む嬉しい一杯、故人を偲んで飲むありがとうの一杯。

日本酒は、何百年も前から、日本人の食文化に寄り添い、人生の様々なシーンに寄り添ってきました。

味わう理由は様々、味わう形も人それぞれです。何にとらわれることなく、名酒センターは個々人のお好きなスタイルに合わせた飲み方で日本酒を楽しんでいただける場を提供します。

 

このプロジェクトを通じて、名酒センターをより多くの人に知っていただき、より多くの日本酒ファンを作り、日本文化の中で産まれた日本酒需要の拡大に尽力してまいります。

ウイメンズ日本酒会事務局

ウイメンズ日本酒会は、15年前に、女性の目線で日本酒の魅力を伝えるという目的で創設された任意団体です。スタッフはすべて女性で、今まで様々なイベント等を開催してきました。事務局を名酒センター御茶ノ水店に移し、引き続き活動してまいります。

代表・望月祐佳

 

名酒センター浜松町店

月曜日~金曜日 12:00~22:00(21:30 LO)

土曜日、日曜日 13:00〜20:00(19:30 LO)

定休日:祝日

TEL:03-5405-4441

FAX:03-5405-4442

E-mail:meishu@nihonshu.com

住所:105-0013 東京都港区浜松町2-3-29 磯山第二ビル1F

名酒センター御茶ノ水店

火曜日~土曜日 11:00~22:00(21:30 LO)

日曜日 11:00〜19:00(18:30 LO)

定休日:月曜日

※変更となる場合がございます。

TEL:準備中

FAX:準備中

E-mail:meishu2@nihonshu.com

住所:113-0034 東京都文京区湯島1-2-12ライオンズプラザ
   御茶ノ水1F

 

 

支援するコースを選択する

支援するコースを選択する

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

1,000円コース(税込)

【まずは気軽にお試し】利き酒+肴セット(2000円分)
【まずは気軽にお試し】利き酒+肴セット(2000円分)

【気軽に利き酒体験ができるお得なセット】
・利き酒飲み比べセット(1000円分)
※お好みに合わせて、純米大吟醸・純米・本醸造・リキュール(梅酒・ もも・ゆず・はちみつ・ブルーベリーなど)の中から3種類をお選びいただきます。

・肴セット(1000円分)
※地方選りすぐりの珍味から二品お選びいただきます。
(浜松町店大人気つまみ伊勢志摩冷燻サバなど)

・浜松町・御茶ノ水両店でご利用いただけます


プロジェクト終了後、郵送にてご送付いたします。

133人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

3,000円コース(税込)

【オープン記念!未来の常連さんへ!】御茶ノ水店限定利き酒チケット(5000円分)
【オープン記念!未来の常連さんへ!】御茶ノ水店限定利き酒チケット(5000円分)

【オープン記念!リピート予定の方は絶対お得】
・利き酒5000円分チケット
・100円ごとにご利用いただけます!
・ご来店1回につき何回でも使用okです!
・有効期限はございません!
・名酒センターにある120種類あまりのすべての飲料(日本酒・熟成酒・リキュール・甘酒等)にご利用いただけます
・御茶ノ水店でのみご利用いただけます

プロジェクト終了後、郵送にてご送付いたします。

252人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

4,000円コース(税込)

【中々お店に来られない方へ】おうちで名酒センター体験セット発送(送料込み)
【中々お店に来られない方へ】おうちで名酒センター体験セット発送(送料込み)

【ご自宅でゆっくりと利き酒体験ができるセットです】
・名酒センター厳選蔵元の日本酒300ml×3本
(純米大吟醸・純米・本醸造など)
・利き酒セットグラス付き
・酒のお供に抜群の燻製味噌1瓶付き

※写真はイメージです。

プロジェクト終了後、郵送にてご送付いたします。

26人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

5,000円コース(税込)

【浜松町・御茶ノ水両店ご利用予定の方へ】2店共通利き酒チケット(7000円分)
【浜松町・御茶ノ水両店ご利用予定の方へ】2店共通利き酒チケット(7000円分)

【リピート予定の方は絶対お得】
・利き酒7000円分チケット
・100円ごとにご利用いただけます!
・ご来店1回につき何枚でも使用okです!
・有効期限はございません!
・名酒センターにある120種類あまりのすべての飲料
(日本酒・熟成酒・リキュール・甘酒等)にご利用可能です
・浜松町店、御茶ノ水店どちらでもご利用可能です

プロジェクト終了後、郵送にてご送付いたします。

77人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

8,000円コース(税込)

新酒鑑評会金賞受賞酒720ml×1本+御茶ノ水店限定利き酒チケット5000円分
新酒鑑評会金賞受賞酒720ml×1本+御茶ノ水店限定利き酒チケット5000円分

【御茶ノ水店で飲んで、帰って金賞酒飲んで、贅沢日本酒三昧】
★全国新酒鑑評会金賞受賞酒720ml×1本
・2017年5月に行われる全国新酒鑑評会で金賞を受賞したお酒をお届けします。


★御茶ノ水店限定利き酒チケット(5000円分)
・利き酒5000円分チケット
・100円ごとにご利用いただけます!
・ご来店1回につき何回でも使用okです!
・有効期限はございません!
・名酒センターにある120種類あまりのすべての飲料
(日本酒・熟成酒・リキュール・甘酒等)にご利用可能です

全国新酒鑑評会金賞受賞酒が決まり次第、郵送にてご送付いたします。

3人が支援しています。

2017年08月中にお届け予定です。

16,000円コース(税込)

年間4回お届け春夏秋冬季節酒720ml×2本+2店共通利き酒券7000円分
年間4回お届け春夏秋冬季節酒720ml×2本+2店共通利き酒券7000円分

【浜松町店で飲んで、御茶ノ水店で飲んで、帰ってからも旬の味を飲んで、お得に日本酒三昧】

★名酒センター厳選!春夏秋冬季節酒720ml×2本
・「春酒」「夏酒」「ひやおろし」「しぼりたて」など、移ろいゆく日本の四季にピッタリな日本酒を季節のはじめにお届します

★2店共通利き酒チケット(7000円分)
・利き酒7000円分チケット
・100円ごとにご利用いただけます!
・ご来店1回につき何回でも使用okです!
・有効期限はございません!
・名酒センターにある120種類あまりのすべての飲料
(日本酒・熟成酒・リキュール・甘酒等)にご利用可能です


2017年7月・10月・12月・2018年3月に郵送にてご送付いたします。

17人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

50,000円コース(税込)

【御茶ノ水店限定】名札付きmy酒器キープ+ご来店時最初の一杯いつでも無料券
【御茶ノ水店限定】名札付きmy酒器キープ+ご来店時最初の一杯いつでも無料券

【酔狂なお楽しみ】
・名札付きmy酒器キープ+ご来店時最初の一杯いつでも無料券
・1年間有効
・陶芸家による、世界にひとつの手造り酒器付き
・酒器は店頭にて、先着順でお選びいただけます。
・写真の酒器はイメージです。
・店内に酒器と名札プレートを展示させていただきます。
・毎回ご来店時に店長おすすめ旬の日本酒を一杯サービスさせていただきます。
・御茶ノ水店でのみお使いいただけます。
・酒器は、1年間お預かりさせていただいた後、お返しいたします。

・プロジェクト終了後、郵送にてご送付いたします。

2人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

6,000円コース(税込)

残り0個

【スペシャル肴付】蔵元囲んで名酒センター御茶ノ水店オープニングパーティーご招待券
【スペシャル肴付】蔵元囲んで名酒センター御茶ノ水店オープニングパーティーご招待券

【特別な肴付き!蔵元さんと日本酒の未来に乾杯!】
・オープニングパーティー開催日時:7月7日(金) 19:00~21:00
・クラウドファンディング限定販売!
・先着40名様限定
・★スペシャル★「割烹 船生」折り詰め肴付き!
※変更することもございます
・飲み放題(普通酒から大吟醸、熟成古酒・リキュールまで)
・蔵元さんから、お酒がより美味しくなるお話も聞けます。
・お申込み期限は2017年6月30日10時までとなります。


・プロジェクト終了後、郵送にてご送付いたします。

40人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

100,000円コース(税込)

残り0個

【誰よりも先に新名酒センター体験】オープン前貸し切り権利第四部
【誰よりも先に新名酒センター体験】オープン前貸し切り権利第四部

【二度とない企画です!お仲間とご一緒に、新名酒センターをご体験ください】
・2017年7月2日16:00~18:00の部
・クラウドファンディング限定販売
・先着1グループ様限定とさせていただきます。
・飲み放題(普通酒から大吟醸、熟成古酒・リキュールまで)
・肴付き(名酒センター浜松町店大人気肴伊勢志摩冷燻サバ・八戸直送塩辛など)
・20名様迄でお願いします。
・お申込み期限は2017年6月30日10時までとなります。

・プロジェクト終了後、郵送にてご送付いたします。

1人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

100,000円コース(税込)

残り0個

【誰よりも先に新名酒センター体験】オープン前貸し切り権利第三部
【誰よりも先に新名酒センター体験】オープン前貸し切り権利第三部

【二度とない企画です!お仲間とご一緒に、新名酒センターをご体験ください】
・2017年7月2日13:00~15:00の部
・クラウドファンディング限定販売
・先着1グループ様限定とさせていただきます。
・飲み放題(普通酒から大吟醸、熟成古酒・リキュールまで)
・肴付き(名酒センター浜松町店大人気肴伊勢志摩冷燻サバ・八戸直送塩辛など)
・20名様迄でお願いします。
・お申込み期限は2017年6月30日10時までとなります。

・プロジェクト終了後、郵送にてご送付いたします。

1人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

100,000円コース(税込)

残り0個

【誰よりも先に新名酒センター体験】オープン前貸し切り権利第一部
【誰よりも先に新名酒センター体験】オープン前貸し切り権利第一部

【二度とない企画です!お仲間とご一緒に、新名酒センターをご体験ください】
・2017年7月1日13:00~15:00の部
・クラウドファンディング限定販売
・先着1グループ様限定とさせていただきます。
・飲み放題(普通酒から大吟醸、熟成古酒・リキュールまで)
・肴付き(名酒センター浜松町店大人気肴伊勢志摩冷燻サバ・八戸直送塩辛など)
・肴のお持ち込みも可能です。
・20名様迄でお願いします。
・お申込み期限は2017年6月30日10時までとなります。

・プロジェクト終了後、郵送にてご送付いたします。

1人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

100,000円コース(税込)

残り0個

【誰よりも先に新名酒センター体験】オープン前貸し切り権利第二部
【誰よりも先に新名酒センター体験】オープン前貸し切り権利第二部

【二度とない企画です!お仲間とご一緒に、新名酒センターをご体験ください】
・2017年7月1日16:00~18:00の部
・クラウドファンディング限定販売
・先着1グループ様限定とさせていただきます。
・飲み放題(普通酒から大吟醸、熟成古酒・リキュールまで)
・肴付き(名酒センター浜松町店大人気肴伊勢志摩冷燻サバ・八戸直送塩辛など)
・20名様迄でお願いします。
・お申込み期限は2017年6月30日10時までとなります。

・プロジェクト終了後、郵送にてご送付いたします。

1人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いをサポーターの支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 レストラン・バーカテゴリの 「120種類以上の利き酒探検、日本酒テーマパーク、名酒センター御茶ノ水店オープン!」プロジェクト詳細ページです。

120種類以上の利き酒探検、日本酒テーマパーク、名酒センター御茶ノ水店オープン!

\このプロジェクトが気に入ったら/

PAGE TOP

支援を続けるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

SNSで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

ログイン

SNSでログイン

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。