Makuake Makuake Makuake 400 403 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check check-03 clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line link login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect apple loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots icon-warning
















あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

プロジェクトの期間が終了しました

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

シンガポールの味をご自宅で。青森県田子町産ニンニク香る究極のバクテースープキット

戻す

ストーリー

  1. 青森県田子町産にんにくを使って作る究極の「シンガポールバクテー」スパイス
  2. 1時間で本格的なバクテーが完成する便利なスパイスパック。田子産にんにくもお付けします
  3. 人口減少が進む青森県田子町に移住。バクテーを愛した男が挑む地方創生

青森にんにく香るバクテースパイス

「シンガポールバクテー」皆さんはご存知ですか?

胡椒がピリッと効いたスープに、スペアリブなどの肉類とニンニクが入った東南アジア発祥のスープ料理。ニンニクが決め手のバクテー。シンガポールでは、朝昼夜ご飯に、飲んだ後のシメにと、いつでも食べる、日本でいうラーメンのようなソウルフードとして人気を博しています。

シンガポール駐在時にバクテーに出会い、その衝撃的な美味しさが忘れられなかった私は、日本で美味しいバクテーを再現するため、にんにくの名産地青森県田子市に移住し、田子のにんにくを使ったバクテースパイスの開発を行ってまいりました。

旅する!TRAVEL SOUP!

この度完成したのが

『旅する!TRAVEL SOUP! TAKKO BAK KUT TEH SOUP』

バクテーをご家庭で手軽に作れるように、必要なスパイスが全てパックになった商品です。スペアリブとにんにく、そしてこのスパイスパックを一緒に煮込むことで本格的なシンガポールバクテーを1時間で作れる商品になっています

煮出し用のパックにバクテーに必要な田子町産のガーリックパウダーも含めた全てのスパイスが入っているので、多種多様なスパイスの購入や、計量は不要です。

・なかなか海外に行けない中、シンガポールに”旅する”気分を味わってもらいたい

・にんにくの町「青森県田子町」を知っていただきたい

そんな思いのもと「旅」をコンセプトに商品を完成させました。

本格バクテーの作りかた

参考までに、スペアリブで作るレシピをここに記しておきます!この行程を踏むと、美味しいバクテーが出来上がります。前日からの準備が必要になりますが、ぜひご参考ください!

①調理をする前日の夜、スペアリブをボールにあけ水を全体が浸るまでいれる。浸透圧でスペアリブの血抜きを行う。

②鍋に水をたっぷり入れ、沸かす。前日に血抜きしたスペアリブを入れ、アクがある程度取れるまで湯通しを行う。

③湯通ししたスペアリブをボールにあけ、スペアリブについたアクを水で洗い流す

④水1リットルを沸かす。沸騰したらスペアリブとバクテースパイスパックを入れる。

⑤スペアリブを入れるとお湯の温度が多少下がるので、再度沸騰するまで加熱する。

⑥沸騰したら、ニンニクを鍋に入れ、蓋をして弱火で煮込む。水1リットルの量をキープするように適宜水を追加する。

⑦60分ほど煮込み、味見をする。味が薄ければ醤油と胡椒を入れて調整する。

⑧火を止め、30分ほど寝かす。食べる前に再度加熱して召し上がれ。

リターンについて

田子産のニンニクを使って美味しいバクテーを楽しんでいただきたいとの思いから、この度「バクテースパイスパック」と「田子産ニンニク」をセットにしたリターンご用意しました。

〜ラインナップ〜

①「バクテースパイスパック」1セットと田子町産にんにく1個 3,000円

②「バクテースパイスパック」3セットと田子町産にんにく3個 6,000円

③「バクテースパイスパック」5セットと田子町産にんにく5個 10,000円

④「バクテースパイスパック」10セットと田子町産にんにく10個 20,000円

ぜひお楽しみください。

〜開発エピソード〜

このスパイスを作った男の物語

はじめまして、バクテーを愛し、この度プロジェクトに挑戦する男です。

私はこのプロジェクトを通して、田子町の大きな魅力と可能性を、日本や世界の人に届けられるきっかけになることを願っています!

皆さんにはぜひ、私の想いと物語を最後まで読んでいただければと思います。こんなバカな男が世の中にいたのか、そう思ってもらえるだけでも皆さんへの自信になると思います。ぜひ、最後まで、最後まで、読んでみてください。

バクテーとの出会い

私がバクテーを初めて食べたのは、2010年のことでした。

当時働いていた会社の海外事務所立ち上げのため、シンガポールを単身訪れた際に競合他社の人たちが食事に連れて行ってくれました。

大通り沿いに面した汚いお店。

テーブルや椅子も安物で汚れており、店員さんもなんだかそっけない。競合他社が連れてきてくれただけに、

「まあ、競合だし、汚いお店でまずい飯を食わせられるんだな。」

そんな想いでした。

そのお店で、出てきたのが「バクテー」
スペアリブが3本とにんにくが数片入って、スープは白っぽい。

日本の具材たっぷりの味噌汁やスープが好きな私にとっては、

「なんだこの不味そうで色味のないスープは。やっぱり競合他社、ひどい店に連れてこられた」と、思いました。

でも、それはスープを一口含んだ時に全てが変わりました。


「うまっ!!」


日本語のわからない現地人の競合他社の方に、思わず日本語が出てしまいした。

味気のなさそうに見えたスープは胡椒のパンチが効き、柔らかいスペアリブとよくあう!皮がついたにんにくは、口に運ぶとスルッと中身だけが飛び出て、スープを吸ったニンニクはこれまた美味。

あっという間に平らげ、お代わりまでして4杯食べました。
これが、私のバクテーとの出会いでした。

忘れられないあの味

シンガポールでの生活は6年間続き、そして日本帰国したのが2016年。

世界でも評価される美食の街東京、当然バクテーのお店もたくさんあると思いきや、意外にも数えるほど。旅の味を忘れられない私は、たくさんの店でバクテーを食べましたが、どうもやっぱりあの味とは違う。

シンガポールのスーパーでは、あんなにたくさんあったバクテーを作るスパイスパックが日本のスーパーには売っていない。
その時から、「ないなら作ろう。」
そんな想いで、バクテースパイスの開発に勤しみました。
失敗を繰り返しながら、試作を続ける中で
ある時、こんなふうに思ったのです。

「バクテーに欠かせないニンニクの産地で バクテーを作って町を活性化できないだろうか?」

“地方“との出会い

なぜこんな突拍子もないことを思ったのか??

当時、私は車のマーケティングの仕事をしていました。
そのときに出会ったとある地方の着物問屋さん。
最高級の着物の普段着として認知されているその着物。
職人によって作られた質の良い着物も、
着物の需要の落ち込み、ブランド力の低下、安い着物の登場、

日本に残すべき本当に良いものが世の中から姿を消そうとしている。
それを止めようと、必死に活動している地方の方々。

転勤族だった私にとって、故郷がどこなのかもわからない自分がなぜ

地方の活性化

という言葉に心を鷲掴みされたような気がしました。

「自分自身が今後やるべき仕事は地方の活性化ではないのだろうか。」

そんな想いが強くなり、新卒から12年お世話になった会社をスパッと退職し、
2019年5月、私は移住を決意しました。

ニンニクのまち“青森県田子町“

移住先に選んだのは青森県田子町。人口5,500人ほどの小さな町。

最盛期には12,000人ほどの町民がいましたが、今はその半分以下。今も年間100人ほどのペースで人口が減っています。空き家や空き店舗が目立ち、出歩く人は年配の方が多く若い方はあまり見かけず。
コンビニは1軒あるだけ、もちろんどこの町にもあるようなファストフード店やファミレス、居酒屋はありません。
そんな過疎化の進む田子町を選んだのは、この町の主産業がバクテーに必要な「にんにく」だったからです。

町内のほとんどの農家さんがニンニク農家さんで、ニンニクで有名な青森県の中でも特に生産に力を入れているニンニクの名産地です。町の中には、ニンニクの形を模した電灯やニンニクポスト、そしてガーリックセンターというニンニクに特化したCafe & Shopもあります

そして、田子町には田子豚というブランド豚もあります。
この町でなら、バクテーはもっと輝けるのではないか、そして町もバクテーと一緒に活性化できるのではないか
そんなことを思い、私は地域おこし協力隊*としてこの町に移住しました。
*地域おこし協力隊とは総務省が行なっている事業で、人口減少が進む過疎地域に都市部からの移住者を募り、都市部で経験したことなどを活かし地方の活性化を試みる事業です。

にんにくの勉強、そしていよいよ・・。

地域おこし協力隊に着任後は、にんにく振興をメインミッションに多くのにんにくの勉強をしました。
まずは、にんにくの栽培。
これまでの人生で農業はやったことがなかったですが、町民の方々に色々と教わりながら、にんにくの植え付け、管理作業、収穫、なぜ田子町のニンニクが世の中で評価されているのか、生産の場面から体験させていただきました。今ではお借りしている畑で少量ですがニンニクを植え付けるほどになりました。今年の夏に収穫を迎えます。

(にんにく農家さんからのご指導)
そして、味くらべ。田子のニンニクは本当に美味しいのか。中国産、タイ産、スペイン産、青森県産、たくさんの種類のニンニクを購入してきて、町民の皆さんと味比べの会を開きました。

(たくさんの産地からのニンニクを揃え、味比べの会を開きました)
時には、シンガポール・タイに営業に行き、田子町のニンニクが海外でどのような評価を受けているのか、需要はあるのか、売り込みにも行きました。

(シンガポールで販売支援をしてくれる会社を訪問)

町のイベントで、バクテーを作って提供もしてみました。この時は80食、全て完売。

(この時は、バクテーラーメンにしました)

地域おこし協力隊として2年活動し、都会から移住してきた自分にとっていいことだけではもちろんなかったです。
「東京に帰れ。」
「呑気に笑ってるな。移住者なんだから飲み会の時も辛そうにしてろ。」
「田子町を利用するな。」
そんなことを言われた時もありました。
でも自分の中では揺らがなかった。

・バクテーを通して、地方の町「田子町」を知ってもらいたい
・人口減少が進む田子町が少しでも元気になってもらいたい

そんな想いを持って、私はこの商品をリリースしたいと思っています。

こんな方々に食べて欲しい!

私は、今回の商品を作るにあたってこんな方々に食べてもらいたいなと頭の中に思い浮かべながら作っています。

① 過疎化が進む田子町を応援したい方たち!
② 私がシンガポール駐在時代に知り合った友人たち
③シンガポールに駐在や旅行などで滞在したことがあり、現地のバクテーを懐かしむ人たち
④ シンガポールにこれから遊びに行ってみたい!でも今はいけない。そんな中でも、食でシンガポールを楽しみたい方たち!

田子町を応援したい方にも、バクテーを懐かしむ人にも、
そしてまだバクテーを食べたことがない多くの方達にも、
田子町から出発したこのバクテースパイスで、
シンガポールの旅を、味を楽しんでもらいたい!
そんな想いに溢れています。

資金の使い道

今回、皆様からご支援いただいた資金は、

・商品の撮影費用
・パッケージの費用
・材料費
・送料

として使用させていただます!

実行者紹介

ここまで読んでいただいた皆様、本当にありがとうございます!
私が、今回のプロジェクトの実行者、あおいもりトレーディング代表の五十嵐孝直です。

大学卒業後、外資系の商社に入社し、さまざまな国に出張で訪れました。
日本とは違う彼らの文化や食、慣習、そんなことを肌で体感した自分が今度は海外とは真逆の地方での仕事に心が惹かれました。
海外を見てきた自分でしかできないことが地方にはあるのではないか。
移住した今は、青森県田子町でバクテーの活動と並行して様々な活動を行いながら、町の活性化に向けて活動しています。

ラジオのパーソナリティやセミナーでの講師で町の魅力発信、

青森県内の地域おこし協力隊と連携した活動、

畑を借りて丸芋や枝豆、トマトなどを育てて販売したりしています。

2021年3月には、田子町内で空き店舗を購入しました。今後はここを拠点にしてさらなる町の活性化活動に取り組んでいきます。

地方と海外を結ぶこのバクテースパイスが、

地方の魅力を、

田子町の大きな魅力と可能性を、

日本や世界の人に届けられるきっかけになることを願っています!

ぜひ、応援よろしくお願いいたします!

(ここまで読んでいただきありがとうございました!)

リスク&チャレンジ

開発の工程において、デザインや仕様が一部変更になる可能性もございます。 製造スケジュールについては、現在プロジェクト成功を想定した数で調整しておりますが、想定を上回る応援購入の申し込みがあった場合、製造工程の都合や配送作業に伴うやむを得ない事情によりお届けが遅れる場合がございます。 上記のようにプロジェクトページに記載している内容に変更がある場合はできる限り早く活動レポートなどで共有を行ってまいります。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2021年04月29日までに支払いを完了した時点で、応援購入が成立します。

3,000円(税込)

バクテースパイスパック1セット&田子町産にんにく1個
バクテースパイスパック1セット&田子町産にんにく1個

開発するバクテースパイスパック1セット(4人前)と田子町産にんにく1個をつけて発送いたします。
(送料込)

バクテースパイスパック
・賞味期限:直射日光を避け、常温にて保存。製造から180日。
・開封後はお早めにお召し上がりください。

田子町産ニンニク
・賞味期限:ネットのまま、冷蔵庫の野菜室ではなく、チルド室で保管ください。1ヶ月持ちます。
・生鮮物ですので期限は目安となります。状態をよくご確認の上、お早めにお召し上がり下さい。

のサポーター

残り

2021年06月末までにお届け予定

6,000円(税込)

バクテースパイスパック3セット&田子町産にんにく3個
バクテースパイスパック3セット&田子町産にんにく3個

開発するバクテースパイスパック3セット(4人前×3)と田子町産にんにく3個をつけて発送いたします。
(送料込)

バクテースパイスパック
・賞味期限:直射日光を避け、常温にて保存。製造から180日。
・開封後はお早めにお召し上がりください。

田子町産ニンニク
・賞味期限:ネットのまま、冷蔵庫の野菜室ではなく、チルド室で保管ください。1ヶ月ほど持ちます。
・生鮮物ですので期限は目安となります。状態をよくご確認の上、お早めにお召し上がり下さい。

のサポーター

残り

2021年06月末までにお届け予定

10,000円(税込)

バクテースパイスパック5セット&田子町産にんにく5個
バクテースパイスパック5セット&田子町産にんにく5個

開発するバクテースパイスパック5セット(4人前×5)と田子町産にんにく5個をつけて発送いたします。
(送料込)

バクテースパイスパック
・賞味期限:直射日光を避け、常温にて保存。製造から180日。
・開封後はお早めにお召し上がりください。

田子町産ニンニク
・賞味期限:ネットのまま、冷蔵庫の野菜室ではなく、チルド室で保管ください。1ヶ月ほど持ちます。
・生鮮物ですので期限は目安となります。状態をよくご確認の上、お早めにお召し上がり下さい。

のサポーター

残り

2021年06月末までにお届け予定

20,000円(税込)

バクテースパイスパック10セット&田子町産にんにく10個
バクテースパイスパック10セット&田子町産にんにく10個

開発するバクテースパイスパック10セット(4人前×10)と田子町産にんにく10個をつけて発送いたします。
(送料込)

バクテースパイスパック
・賞味期限:直射日光を避け、常温にて保存。製造から180日。
・開封後はお早めにお召し上がりください。

田子町産ニンニク
・賞味期限:ネットのまま、冷蔵庫の野菜室ではなく、チルド室で保管ください。1ヶ月ほど持ちます。
・生鮮物ですので期限は目安となります。状態をよくご確認の上、お早めにお召し上がり下さい。

のサポーター

残り

2021年06月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するクラウドファンディングプラットフォームです。このページは、 フードカテゴリの 「シンガポールの味をご自宅で。青森県田子町産ニンニク香る究極のバクテースープキット」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。