Makuake Makuake Makuake 400 403 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check check-03 clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line link login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect apple loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots icon-warning

あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

プロジェクトの期間が終了しました

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

「おいしい料理と合わせるノンアルがほしい!」老舗酒蔵から、究極の水出し専用玄米茶

戻す

ストーリー

  1. 「お酒が飲めなくても、料理を引き立ててくれる飲み物がほしい!」
  2. 老舗酒蔵が提案するのは、有機栽培された山田錦・一番摘み茶葉を使った究極の「水出し専用玄米茶」
  3. 料理が、よりおいしくなる。カロリーやカフェインを気にせず飲める「玄米茶」を、再発見する

料理と合わせるノンアルコールの飲み物がない、と感じたことありませんか?


お酒以外の、飲み物の選択肢の少なさに困ったことはありませんか?

ちょっといいレストランで、小料理屋で。友人宅でのホームパーティで。あるいは、ちょっといい材料を揃えて料理を用意した自宅で。

豊富なアルコールリストに比べて、ソフトドリンクは「烏龍茶、オレンジジュース、ジンジャーエール、ノンアルコールビール」…

それに合わせて楽しめる料理もありますが、新鮮な刺身や寿司、出汁の効いた煮物、天然塩を振った焼き魚、朝びき地鶏の焼鳥。とくに食材の魅力を活かした繊細な和食は、ソフトドリンクの強い香りや、甘さ、炭酸の強い刺激が邪魔になってしまうこともあります。

おいしい料理に合わせるために…酒蔵が生み出したのは、究極の水出し専用玄米茶「88」

創業1751年。“飲食を豊かにする”と掲げる酒蔵が提案するのは、おいしい料理をより楽しむためのノンアルコールドリンク「水出し専用玄米茶」です。

元々日本茶には、日本酒同様に「うま味・甘味・酸味・苦味」の幅広い味が含まれていて料理と合わせやすいのです。しかし、普通にお湯で淹れてしまうとその苦味が立ちすぎて「味を切る」効果が強くなりすぎ、料理と合わせる、というよりも食後に口内をリセットする役割として飲まれてきました。

そこで、通常「玄米茶」で使われるコストの低い等外米や番茶ではなく、豊かなうま味や甘味をたっぷり含んだ有機栽培の兵庫県産の酒米「山田錦」と、静岡県産一番摘み茶葉「春野茶」を選択。

ともに有機栽培で育てられた最上級の素材を選び、抽出にお湯でなく、低温の水だけを使うことで透明感のある香りと味わいを引き出します。

高温で出てきてしまう「苦味・渋味」を抑えて、「うま味・甘味」を中心に引き出し、さらに「焙煎した米の香り」「米の旨み」が料理との橋渡しをしてくれるのです。


繊細な和食や、素材の魅力を活かした料理などともペアリングを楽しめる…
おいしい料理をもっとおいしく感じさせてくれる、ノンアルコールドリンクが誕生しました。

料理が、よりおいしくなる。
カロリーやカフェインを気にせず飲める「玄米茶」を再発見する。

豊かな焙煎された米の香りに、茶葉の爽やかさ、透明感あふれる旨みと甘味。この究極の水出し有機玄米茶は、これまでのカジュアルな玄米茶がもつ印象を覆します。

食後のほっこりタイムに…ではなく。

自宅での「お取り寄せ」や「ふるさと納税」で届いた新鮮な食材に合わせて。
ママ友達との子連れのホームパーティに。
運転や仕事の予定が控えている日に。
お酒を呑まない友人たちも混ざる、家飲みのラインナップとして。
休肝日のお供に。
在宅勤務中のリセットドリンクに。
そして、疲れた平日の夜、寝る前でも気兼ねせず飲めるリラックスアイテムとして。

酔わずに、楽しむ。
カロリーやカフェインを気にせずに、楽しむ。
家時間を、おいしい飲み物がより豊かにしてくれる。

そんなシーンに活躍してくれると信じています。


…完成した水出し有機玄米茶には、『88(ハチジュウハチ)』という名前をつけました。
お米とお茶と、それぞれに由縁がある数字。
そして、私達の豊かでおいしい食卓と、有機栽培で守られた豊かな自然環境がゆったりと循環し続けられるよう、願いを込めて。

ここから始めようと思います。

<開発秘話>
そもそもなぜ酒蔵が「玄米茶」を提案するのか?

「おいしい料理に、おいしいお酒を合わせるのが好き」

…企画者の私は、もともとは酒蔵の人間ではありません。
蔵に嫁にきただけの「おいしい料理とおいしいお酒が好き」な、ただの「おいしいもの好き」でした。お酒がないと生きていけないわけではないけれど、おいしい料理を食べるときは、おいしいお酒を一緒に楽しみたい。

なので、ワインやビールも飲みますが、澄んだ香りや旨みや深い味わいがあって主張しすぎず、おいしい料理を引き立ててくれる日本酒が大好きです。

「お酒が飲めない!」ことで気がついた

ところが、8年前にこどもを授かって、初めて「お酒が飲めない!」という状況に陥ったとき。
外食で美味しい料理を食べに行って(とくに和食)、飲み物で困ることが増えました。お酒以外では食べながら飲みたいものが見つからない、と思ったのです。

人が飲めない理由、飲まない理由は様々です。
体質だったり、好みだったり、運転だったり、仕事だったり、子育てだったり。今や飲まないことを選択する人達も増えてきている中で、料理との“ペアリング”を楽しめるのは、アルコール飲料だけ、というのも変な話です。

人生を豊かにしてくれる「おいしい料理を楽しむための飲み物」は、アルコールでも、ノンアルコールでも、あったほうが嬉しい。

お酒を飲む人も飲まない人も同じテーブルで、おいしいものを食べながらそれぞれが料理と合わせて楽しめるような、おいしいノンアルを作りたい。

“飲食を豊かにする”を掲げる酒蔵として、ノンアルコールドリンクの開発を考え始めたのは、その頃からでした。

酒蔵が提案する意味のあるものを…

最初「日本酒のような飲み物」をイメージしながら探し始めると、日本酒と同様に旨味・酸味・甘味・苦味を兼ね備えた日本茶「水出し緑茶」はすぐ候補に入ってきました。
ただ問題は、

・茶葉によって香りや味わいが異なるので、意外と料理とのペアリングが難しい
酒蔵でやる意味がない(お茶屋さんにまかせよう)

でした。
方向性を変えて、発酵系のドリンクや茶葉を醸すことなど、色々なことを試したり検討したりしましたが、「料理と合わせやすい」条件をクリアできず、しばらくストップに…

米の香りでつながった「日本酒」と「玄米茶」

それが転換点を迎えたのは、本業の日本酒を夏においしく楽しめる飲み方を探していて、「日本酒のお茶割り」を試していたときでした。

「水出し緑茶」だとそれぞれの茶葉によって合う香りが異なり、合わせる日本酒を選ぶのが難しかったのですが、たまたま自宅で作っていた「水出し玄米茶」で割ってみたところ、香りの方向性が合いやすい!
…そういえば、玄米茶も焙煎したお米だけど、日本酒もお米から造られているのだった、と思い出したのです。
両者とも、食欲をそそるお米のいい香りがします

もしかすると、玄米茶なら、いけるかもしれない。
玄米茶を「酒米」でつくることで新しい提案ができるなら、酒蔵がやる価値があるかもしれない、と思いました。

そこから改めて「玄米茶」というものを調べ始めたのです。

酒米が、玄米茶に向いているという発見

酒米って、ご存知でしょうか?

正しくは「酒造好適米」と呼ばれる、酒造りがしやすい性質を持っているお米です。その特徴に、「①大粒で砕けにくい」「②熱を加えた後で米と米がパラパラとした状態になりやすい」などがあり、食用米より高い価格で取引されています。

これが、おいしい玄米茶をつくるのにとても適した特徴だったんです。

①大粒で砕けにくい
→通常は難しい長い時間をかけた「深蒸し」に耐え、米の旨みと甘みが引き出される。

②米と米がパラパラとした状態になりやすい
→米粒がくっつかずに焙煎できることで、一粒一粒均等に火が入りきれいな焙煎ができる。

酒米の特性を活かして、深蒸し&焙煎で引き出された深い味わいが、料理とつなげてくれました。

何十種類に及ぶ、茶葉・蒸し・焙煎・量の組み合わせを試作

ここからはそれまで相談に乗っていただいていた炒り米やお茶のプロと、集まって、そして各々で、試作を繰り返しながら方向を定めてきました。

茶葉の種類だけでなく、蒸しや火入れの後加工、炒り米の焙煎の濃度、複数の茶葉のブレンドで行くのか、シングルオリジンと呼ばれる一種の茶葉のみを使うのか、炒り米と茶葉の量のバランス、水に対する最適な量…

ご協力いただいたのはこのお二人。

静岡県の「株式会社八木音」の八木洋介さん(上:日本ティーコンシェルジュ協会認定講師)、そして「マツバ製茶株式会社」の三石洋介さん(下:日本茶インストラクター、全国茶審査技術七段)です。

数多くの試作のおかげで、さまざまな玄米茶の可能性と、初めての「水出し専用玄米茶」の提案として何がふさわしいのかを決めることができました。

目指すのは、「純米大吟醸」。
この試飲会のときは、まだ夏の終り。『88』が誕生する半年前の話です。

<ご感想>

下記は、関わっていただいた方々に試飲をお願いした時のご感想です。
芦屋からおいしいお料理を提供していただいた、自然派料理「amasora」のシェフと、撮影に協力いただいたモデルさんにコメントをいただきました。

<原材料>
有機栽培、自然栽培のものを使う

日本酒と違い、日本茶・玄米茶は、茶葉や炒り米から直接成分が抽出されます。米も茶葉も、収穫時に農薬を洗い落とす工程などありません。使う素材は、「有機栽培」「自然栽培」しか選択肢にありませんでした。

酒米は、藤本さんの有機栽培の兵庫県産「山田錦」

日本で最も高級な酒米、兵庫県産「山田錦」。その山田錦のふるさと、兵庫県の多可町で16年前に有機栽培を始めたのが、藤本さんでした。

(↑有機栽培の酒米「山田錦」の田んぼ。病気などにも弱く、育てるのが難しいと言われている「山田錦」は、大粒で穂先が重く、背が高くて倒れやすいこともあり、収穫の頃にはこのような光景が珍しくありません)

藤本さんと奥さんは、こどもが産まれたことをきっかけに、従来の農薬や化学肥料を使う慣行農法をやめ、有機栽培をはじめました。

草を抜き、虫と戦い、豊かな土をつくり、病気に負けない強い稲をつくる。周囲の人からは変人扱いされたと言います。「有機栽培」は雑草との戦い。毎日草を抜き続けながら、豊かに実った稲穂に触れる藤本さんの爪には、土が入り込んでいます。

有機栽培の田んぼの周りには、雑草が青々と茂り、カエルや周りの田んぼから逃げてきたバッタたちが跳ね回っていました。

茶葉は、藤原さんの有機栽培の静岡県産「春野茶」

静岡県浜松市の天竜区春野町。

有機茶園の土壌は、茶の栽培に適した弱酸性にして、微生物をはじめ有機物が豊富で元気と言われます。山の草(ススキ・雑草等)を畝に敷き詰めて有機肥料にし、自然を活かした土作りをする。藤原さんが行う、この「茶草場農法」は、生物多様性と人間の営みとの共生を守る伝統農法として、世界農業遺産に認定されています。


「分解しないで残り続ける農薬の水銀・小鉄。化学肥料無しで、有機茶として安全・安心のお茶を売りたかった」と、藤原さん。
一人で山を切り拓いて茶畑への道を作り、有機栽培の茶畑を作ってこられました。

虫や病気とは戦わずに、整枝時期をその都度変えて増大しないように調整をしているそうです。
つらいのは、夏場は2週間で背丈まで伸びる雑草、そして草取り中どこから現れるかわからない蜂。それでも有機栽培を続けるのは、「人に優しいお茶を飲ませたい」からだと笑ってくださいました。

<パッケージ・オリジナル保存缶イラスト>
動物と植物の共生を描く「マツダケン」氏描き下ろし

“いかに生命力を宿すか”をテーマに、動物と植物の共生を描き続ける画家・マツダケン氏に、これら生命力に溢れた生き物を描くイラストを依頼。

有機栽培による酒米の田んぼや茶畑で、共生しながら強く生きる生物と植物の姿をパッケージのラベルに描いていただきます。

プロジェクトと同時進行で制作が進んでいますので、活動レポートでの完成を楽しみにしていただけると嬉しいです!

リターンの詳細

仕様

・名称:水出し専用有機玄米茶『88(ハチジュウハチ)』
・原材料:有機緑茶(静岡県産)、有機炒り米(兵庫県産米)
・内容量:ティーバッグ500ml用の場合 45g(5gティーバッグ×9包)
ティーバッグ750ml用の場合 48g(8gティーバッグ×6包)
リーフの場合 50g
・賞味期限:発送日から約1年
・保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存してください。
・販売者:(株)安福又四郎商店

※有機JAS認証を取得予定。
特定原材料7品目は含みません。

リターン

【早割5%OFF】有機水出し玄米茶「88」×2パック(送料込)

・究極の有機水出し玄米茶「88」×2パック

※パックの内容は、「テトラ型ティーバッグ」「リーフ」からお選びいただけます。
※このリターン品は、ヤマト運輸の「ネコポス」にて、ご自宅のポストに投函いたします。


有機水出し玄米茶「88」×2パック(送料込)

・究極の有機水出し玄米茶「88」×2パック

※パックの内容は、「テトラ型ティーバッグ」「リーフ」からお選びいただけます。
※このリターン品は、ヤマト運輸の「ネコポス」にて、ご自宅のポストに投函いたします。

有機水出し玄米茶「88」×2パック、オリジナル保存缶セット(送料込)

・究極の有機水出し玄米茶「88」×2パック
・マツダケン氏イラスト入りオリジナル保存缶×1缶

※パックの内容は、「テトラ型ティーバッグ」「リーフ」からお選びいただけます。

有機水出し玄米茶「88」×2パック、フィルターインボトルセット(送料込)

・究極の有機水出し玄米茶「88」×2パック
・HARIO フィルターインボトル×1本

※パックの内容は、「テトラ型ティーバッグ」「リーフ」からお選びいただけます。
※フィルターインボトルの色は、「ブラック」または「スモーキーグリーン」からお選び頂けます。

有機水出し玄米茶「88」×2パック、保存缶、フィルターインボトルセット(送料込)

・究極の有機水出し玄米茶「88」×2パック
・マツダケン氏イラスト入りオリジナル保存缶×1缶
・HARIO フィルターインボトル×1本

※パックの内容は、「テトラ型ティーバッグ」「リーフ」からお選びいただけます。
※フィルターインボトルの色は、「ブラック」または「スモーキーグリーン」からお選び頂けます。

水出し玄米茶の作り方

「水出し玄米茶」の作り方をご説明します。

※夏などは、氷を半分・水を半分つめてじっくり一晩かけてつくると、より苦味や渋味が抑えられて、透明感ある旨みが堪能できます。

<ティーバッグの場合>

1,抽出用のボトルにティーバッグと水を入れ、フタ部分をしっかりセット。
(大きめの麦茶ボトルなどで作る場合は2袋を入れる、水の量を減らすなどして、濃さをお好みで調整してください)
2,フタ部分を抑えながら軽く、円を描くように混ぜる。
3,冷蔵庫で、お好みで4時間〜6時間程度お待ちください。

<茶葉の場合>

1,抽出用のボトルに茶葉11g(すりきりで、大さじ2杯程度)と水を入れ、フィルターとフタ部分をしっかりセット。
2,フタ部分を抑えながら、円を描くように混ぜる。
3,冷蔵庫で、お好みで4時間〜6時間程度お待ちください。

実行者紹介

株式会社 安福又四郎商店
安福 愛

リスク&チャレンジ

・水出し専用玄米茶は、もちろんお湯出しでもお飲みいただくことはできますが、水出しで想定している味わいとは異なることをご承知いただけると幸いです。 ・茶葉やティーバッグの保管は、密封された状態での冷暗所をおすすめいたします。(密閉されていない状態で長く放置しますと、湿気を吸ってしまったり、香りが飛んでしまったりします) ・現在すでに、酒米の焙煎を終え、茶葉の手配を行い、パッケージの制作を進めているところです。 パッケージについては、現在デザインを制作中のため、リターン画像に掲載されている商品パッケージは、テストサンプルのため、お届けするパッケージとはデザインが異なります。パッケージデザインは、完成次第「活動レポート」にてご報告いたしますので、楽しみにお待ち下さい。 ・リターンの配送については、3月末より順次発送を予定しています。 もし想定を大きく上回るご注文をいただき、配送にお時間をいただくような場合などは、随時状況をご報告しながら配送を進めさせていただきます。 ・リターンの到着後はすぐに中身のご確認をお願いいたします。破損のないよう厳重に注意してお送りいたしますが、万が一、運送中にガラス製のフィルターインボトルなどの破損があった場合は、大変お手数ですが、お届けから1週間以内に弊社までご連絡をお願いいたします。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 本文中に記載させていただいたスケジュールは、あくまでプロジェクト公開時点の予定です。 応援購入の性質上、配送遅延のおそれがございます。 原則として、配送遅延に伴う応援購入のキャンセルはできませんが、 リターン配送予定月から3ヶ月を超えた場合には、希望者に限りキャンセルにて対応させていただきます。 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2022年03月27日までに支払いを完了した時点で、応援購入が成立します。

3,300円(税込)

有機水出し玄米茶「88」×2パック(送料込)
有機水出し玄米茶「88」×2パック(送料込)

・究極の有機水出し玄米茶「88」×2パック

※パッケージのデザインは現在制作進行中です。「活動レポート」にてご報告いたします。
※パックの内容は、「テトラ型ティーバッグ(5g×9個/8g×6個)」「リーフ(50g)」からお選びいただけます。
※賞味期限は、約1年です。
※開封後は、しっかりとパウチを閉じて直射日光や高温多湿な場所をさけて保存してください。
※このリターン品は、ヤマト運輸の「ネコポス」にて、ご自宅のポストに投函いたします。

のサポーター

残り

2022年04月末までにお届け予定

6,100円(税込)

有機水出し玄米茶「88」×2パック、オリジナル保存缶セット(送料込)
有機水出し玄米茶「88」×2パック、オリジナル保存缶セット(送料込)

・究極の有機水出し玄米茶「88」×2パック
・マツダケン氏イラスト入りオリジナル保存缶×1缶

※パッケージ、保存缶のデザインは現在制作進行中です。「活動レポート」にてご報告いたします。
※パックの内容は、「テトラ型ティーバッグ(5g×9個/8g×6個)」「リーフ(50g)」からお選びいただけます。
※賞味期限は、約1年です。
※開封後は、しっかりとパウチを閉じて直射日光や高温多湿な場所をさけて保存してください。

のサポーター

残り

2022年04月末までにお届け予定

6,300円(税込)

有機水出し玄米茶「88」×2パック、フィルターインボトルセット(送料込)
有機水出し玄米茶「88」×2パック、フィルターインボトルセット(送料込)

・究極の有機水出し玄米茶「88」×2パック
・HARIO フィルターインボトル×1本

※パッケージのデザインは現在制作進行中です。「活動レポート」にてご報告いたします。
※パックの内容は、「テトラ型ティーバッグ(5g×9個/8g×6個)」「リーフ(50g)」からお選びいただけます。
※フィルターインボトルの色は、「ブラック」または「スモーキーグリーン」からお選び頂けます。
※賞味期限は、約1年です。
※開封後は、しっかりとパウチを閉じて直射日光や高温多湿な場所をさけて保存してください。

のサポーター

残り

2022年04月末までにお届け予定

8,500円(税込)

有機水出し玄米茶「88」×2パック、保存缶、フィルターインボトルセット(送料込)
有機水出し玄米茶「88」×2パック、保存缶、フィルターインボトルセット(送料込)

・究極の有機水出し玄米茶「88」×2パック
・マツダケン氏イラスト入りオリジナル保存缶×1缶
・HARIO フィルターインボトル×1本

※パッケージ、保存缶のデザインは現在制作進行中です。「活動レポート」にてご報告いたします。
※パックの内容は、「テトラ型ティーバッグ(5g×9個/8g×6個)」「リーフ(50g)」からお選びいただけます。
※フィルターインボトルの色は、「ブラック」または「スモーキーグリーン」からお選び頂けます。
※賞味期限は、約1年です。
※開封後は、しっかりとパウチを閉じて直射日光や高温多湿な場所をさけて保存してください。

のサポーター

残り

2022年04月末までにお届け予定

3,135円(税込)

【早割5%OFF】有機水出し玄米茶「88」×2パック(送料込)
【早割5%OFF】有機水出し玄米茶「88」×2パック(送料込)

・究極の有機水出し玄米茶「88」×2パック

※パッケージのデザインは現在制作進行中です。「活動レポート」にてご報告いたします。
※パックの内容は、「テトラ型ティーバッグ(5g×9個/8g×6個)」「リーフ(50g)」からお選びいただけます。
※賞味期限は、約1年です。
※開封後は、しっかりとパウチを閉じて直射日光や高温多湿な場所をさけて保存してください。
※このリターン品は、ヤマト運輸の「ネコポス」にて、ご自宅のポストに投函いたします。

のサポーター

残り

2022年04月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するアタラシイものやサービスのプラットフォームです。このページは、 フードカテゴリの 「「おいしい料理と合わせるノンアルがほしい!」老舗酒蔵から、究極の水出し専用玄米茶」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

ログインできない場合

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、応援購入後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。