プロジェクトを掲載したい方はこちら

あなたの応援購入

応援購入したリターン

応援購入金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

プロジェクトの期間が終了しました

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

あなたの特別な日に特別なワインを|オーストラリアのロマネ・コンティ

戻す

ストーリー

  1. ロマネ・コンティに限りなく近いワイン
  2. ブドウ栽培から醸造まで一貫して丁寧に手掛けることで、飲む人に与える感動とそのエレガンス
  3. 生産数に限りのある希少なワイン。贅沢な味わいを、特別な人と特別な日のお供に

1本200万円するものもあるらしい…」

ロマネ・コンティと聞いて、その味わいが浮かぶよりも迫力のある価格が頭に浮かぶ人の方が多いのでは、ないだろうか。

今回は、そのロマネ・コンティに魅せられ、限りなく近い味を地球の裏側「オーストラリア・ヤラバレー」で醸す醸造家ダーミエン・アーチボルト氏の造るワインをご紹介したい。

「ロマネ・コンティ」とは、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネコンティ(DRC)社が単独所有するフランスのブルゴーニュ、コート=ドール県・ヴォーヌロマネ村にある、約1.8ヘクタールのグラン・クリュ(特級格付け)のピノ・ノワールのブドウ畑、または、その畑で生産するブドウから造ったブルゴーニュワインのことである。

素晴らしいワインであることは、世界中の人々が認めているけれど、その高価な価格から、なかなか人生で何度も飲めるワインではない。

▲偉大なるロマネコンティの畑にて

17歳の頃、オーストラリア・ヴィクトリア州・ヤラバレーの名門ワイナリー「ヤラ・イエリング」で、ブドウ収穫のアルバイトを始めたダーミエン・アーチボルト氏。このアルバイトでの経験が、彼をワイン醸造家の道へと導いてくれた。

アルバイトを始めた頃、後に彼の師匠となるヤラ・イエリングのオーナーDr. ベイリー・カローダス氏は、早くもダーミエン氏の才能に気づき、毎日のように彼にブラインドティスティングをさせ、ワインを教えてくれたという。「その教えの中で、僕がいつも一番美味しいと感じるもの、それが “ブルゴーニュ・ヴォーヌ・ロマネ村のワイン” だった」その師匠との出会いから、すっかり「ワイン」に魅了されたダーミエン氏は、アルバイトで終わらせるのではなく、ワイン醸造家としての道を歩み始めたのだった。

▲所狭しと並べられたバレルルームを動き回るダーミエン氏

ブドウ収穫のアルバイトから始め、ついには醸造長にまでのぼりつめたダーミエン氏。師匠とのワイン造りは、本当に楽しかったと話す。カローダス氏の残した言葉の中で、有名な一言がある。

「ブドウのブレンド比率や、どんな樽に何年入れたかってそんなことは、どうでもいい。飲んで美味しいワインかどうかが大事」

しかし、その背景には、独自の栽培・醸造スタイルを築き上げるために並々ならぬ努力があった。フランス ボルドーやブルゴーニュなどの偉大なワインに引けをとらないワインを造りたいと、1978年より、ブレンド比率・樽の種類や熟成年数など、さまざまな実験に取り組んでいた。その右腕となっていたのが、ダーミエン氏だった。カローダス氏と二人三脚で造ってきた「ヤラ・イエリング」のワインは、オーストラリアで最も偉大なワインと言っても過言でないほど、不動の位置にのぼりつめたのだった。

▲普段は温和で優しい雰囲気のダーミエン氏。試飲時の真剣な表情に、私たちも身が引き締まります

師匠カローダス氏の写真。よく見ると、今のダーミエン氏と所作さえも似ているような・・・

2008年にカローダス氏は、惜しまれつつこの世を去った。「カローダス氏のいないヤラ・イエリングでワインを造るのは、何か違ったんだ」とダ―ミエン氏はヤラ・イエリングを去った。

その後、ダ―ミエン氏はカローダス氏の古くからの友人であり、同じく “フランスのワインに引けをとらないワインをオーストラリアで造りたい” と熱意を持っていたマーク・ホリガン氏と力を合わせて新しいスタートを切ったのが「ピンパネル・ヴィンヤーズ」である。

ダーミエン氏とマーク氏。熱い二人は、良くバレルルームで語り合っているそう。

まず、二人はフランス ヴォーヌ・ロマネ村に出向き、土壌を研究したという。土壌のph値など徹底的に調べ、自社畑の土壌に同じ数値を再現。それだけでなく、およそ250トンの石灰岩をフランスから取り寄せ、自社畑に敷き詰めた。フランス ヴォーヌ・ロマネ村に限りなく近い土壌を作り上げたのだ。栽培から醸造までを徹底し、地球の反対側オーストラリアで、ヴォーヌ・ロマネ村を感じる果実、そしてワインをつくっている。

サンロマン本社から直送されているフランソワ・フレール社の樽(左)選定するダーミエン氏(右)

オーストラリアでは、ワイン醸造家が、ブドウ栽培から醸造まで一貫して手掛けることは珍しい。ダーミエン氏のワイン造りは、畑から始まっている。信頼できる人材しか、畑には入らせないと言う徹底ぶり。ワインを造るものとして、その年の気候や土壌の状態をワインに映し出すだけでなく、そのブドウが持つポテンシャルをどうすると最大限引き出すことが出来るのかを見極めなければならない。ブドウをリスペクトすることを常に心がけている。

樽は、ブルゴーニュ・サンロマンに本拠があり、DRC社やルロワを含む多くの素晴らしいドメーヌでも使用されているフランソワ・フレール社から直接取引を行っている。それ以外にも、長年カローダス氏と研究をしてきたブドウ栽培・醸造の方法や樽使いがピンパネル・ヴィンヤーズのワインには生き続けている。

DRC社でワインを造っていたわけでもなく、フランスでワイン醸造の経験があるわけでもない。それでもダーミエン・アーチボルト氏が、オーストラリアのロマネ・コンティと称されるワインを造ることが出来るのは、何故だろうか。それは、彼の絶対的な舌と感性、そして忠実さが実現させてくれているのだろう。幼い頃からのブラインドティスティングを通じ、感じてきた味わい、感性、そして自信の舌を信じ、それを忠実に今日のヤラバレーのブドウで再現させている。

私たちWINELISTは、日本初入荷の稀少なワインや生産者のストーリーが輝くワインを輸入・販売しているワインショップ。

WINELISTオーストラリアスタッフKisakiが、ヤラバレー視察に訪れた時のこと。前夜に、メルボルン市内のワインバーでカウンターに座っていると、横にいた地元の人たちと話が盛り上がった。「明日、ヤラバレーに行くけどおすすめは?」とKisakiが聞くと、「私たちも明日ヤラバレーに行くのよ!おすすめは、ピンパネル・ヴィンヤーズ。ピノノワールが好きなら絶対行った方が良い!」と。翌日、アポイントメントが入っていたワイナリーとミーティングを済ませ、「他のワイナリーをおすすめするならどこ?」と聞いて見ると、またしても「ピンパネル・ヴィンヤーズ」の名前が。その足で、ピンパネル・ヴィンヤーズへ向かった。そこで、出迎えてくれたのがダーミエン・アーチボルト氏だった。

試飲をさせてもらって、彼のワインの虜になったのは言うまでもなく、あまりの美味しさにその場で、このワインを日本に輸出させて欲しいと直談判したのだった。

それ以来、WINELISTスタッフ含む、飲む人全てを魅了し続けているのが、ダーミエン氏のワインである。

ダーミエン氏とワインリストスタッフKisaki

(オーストラリアスタッフ 本 輝咲 紹介文)

Profile: 2015年にオーストラリアへ移住。WSET Wine Educationにてワインを学び、現地Fine Diningでソムリエを経験。WINELISTのオーストラリア現地スタッフとしての他、ワインコンサルタントとしても活躍。オーストラリアにて、毎月ワイン教室を開催している。

フランス・ブルゴーニュを愛し、そのスタイルでピノノワールやシャルドネを醸すダーミエン氏。オーストラリアの代表品種とも言える、シラーズを醸すならば、どのようなスタイルで造りたいか?と考えた時に、一番に思い描いたのがフランス・ローヌ北部のコート・ロティだった。世界で最もエレガントなシラーが造られていると称されるコート・ロティ。そのテロワールは、ブルゴーニュを思わせるほど、ワインにエレガンスや複雑さを与える。今、世界中の生産者が手本とするコート・ロティ・スタイルのシラーをダーミエン氏も追求しながら造っているのだ。

ヤラバレーの気候は、ブルゴーニュやコート・ロティに大変近いものがある。何が違うのかというと、土壌の性質や湿度。ヤラバレーは、少し乾燥気味である。だからこそ、土壌のph値をコントロールしたり、しっかりと見極めて計算して剪定し、実る房の量をコントロールしたり、収穫のタイミングを調整することで、ブドウを、僕の造りたいワインになれる最高の状態に持っていくのだ。とダーミエン氏は語っている。

▲地中に石灰岩が敷き詰められたピンパネル自慢のピノノワールの畑。剪定後(右)収穫後の秋の様子(左)

ピンパネルのワインは、東京・銀座、京都・祇園などのミシュラン星付きの高級店で長くご愛飲いただいています。

この度、新リリースの南仏シリーズ、そしてヴォーヌ・ロマネシリーズの最新ヴィンテージを初入荷するにあたり、どこよりも早くマクアケに出品させていただくには、理由があります。

昨今のコロナウイルスの影響で、ピンパネルのワインをサーブしている、オーストラリアの高級レストランも運営することが難しく、自宅でピンパネルのワインが飲みたいとワイナリーに直接お客様から電話がかかってくることがあったと言います。世界中で、困難な状況が続いているかと思いますが、ご自宅でちょっと贅沢な時間を過ごしたい方、外食が出来ないけど特別な食事を楽しみたいという方に、是非飲んで幸せに明るい気持ちになっていただけると嬉しいなと願い、出品を決意しました。

生産数に限りのある希少なワインです。一杯のワインで幸せな気持ちになれるワインです。多くの方に、届きますように。

(Pimpernel Vineyards Viognier 2017年 紹介文)

ダーミエン氏の造るヴィオニエがまた、非常に素晴らしいのである。初めて飲んで思わず「お鮨と合わせたい」とヨダレが出てしまうほど、香り豊かで新生姜のがりを思わせるようなリッチな酸味を感じるワイン。このワインは、フランス・ローヌ地方・コンドリューを想い造ったもの。スパイシーで複雑なアロマと味わいは、伝統的なフランス料理から、モダンなアジアン料理まで、幅広くマッチしてくれる万能ワイン!

(Pimpernel Vineyards Shiraz 2017年 紹介文)

旧世界のエレガントだけど、どこかパワフルなシラーを思い出させてくれる1本。飲むと口の中に、プラムやブラックコーヒーのようなしっかりした味わいを残してくれるのも関わらず、口当たりはとても柔らかく、スミレやラベンダーを思わせる軽やかなアロマに誘われる。とても長い余韻と、ココアパウダーのように繊細なタンニンが、上質な味わいを届けてくれる。

(Pimpernel Vineyards GSM 2017年 紹介文)

このワインは、フランス・ローヌ地方・シャトーヌフ・デュ・パプを想い造ったもの。そのクラシックなブレンドに、ほんの少しだけマスカット・オブ・アレキサンドリアを共同発酵!ヤラバレーで育つブドウのポテンシャルの高さが、エレガントなローヌスタイルの中にしっかりと表現されている。

(Pimpernel Vineyards Chardonnay 2020年 紹介文)

ダーミエン氏の師匠カローダス氏から分けてもらった大切なシャルドネの苗木です。全て手作業で丁寧に栽培・収穫し、収穫量の制限。優しくバスケットプレスし温度管理も徹底し丁寧に造られたシャルドネは、整ったボディに、豊かな香り。舌触りもまろやかで優しく、美しい仕上がりに。高い酸味と香り高い良質の果実と、上質なオーク樽を味わいに感じることが出来ます。まるで「モンラッシェ」を思わせるような、素晴らしいコート・デュ・ボーヌスタイルのシャルドネです。

(Pimpernel Vineyards Pinot Noir One 2018年 紹介文)

樹齢28年になる単一畑のピノ・ノワールを使用。一つの芽に一房しかブドウを実らせない徹底ぶり。このピノノワールワンこそが、ピンパネルヴィンヤーズのテロワールを最も良く表現できているワインだとして、ピンパネルのアイコニックワインとして親しまれている。手を加えるのは、最小限に。テロワールやブドウの本質をありのままに表現されたクラシックワイン。

ピュアでジューシーなラズベリーやチェリーのような味わいと同時に、ライ麦パンや炭火焼きのようなニュアンスをほのかに感じられる。エレガントでクラシックなスタイルは、まさに、ダーミエンが思い描いた、ヴォーヌ・ロマネ村のピノノワールを思い浮かべる1本である。

(Pimpernel Vineyards Pinot Noir Two 2018年 紹介文)

樹齢28年になる単一畑のピノノワールを使用。一つの芽に一房しかブドウを実らせない徹底ぶり。このワインは、ピンパネルを代表するピノノワール「ワン」と比較するために造られたもの。全く同じ区画のブドウを使用していながら、醸造家が手を加えることでどれほど味わいに違いが出るのか楽しむことができる。収穫を少し遅らせ、発酵の仕方や樽選びにも一癖加えることで、ピノノワールワンのエレガントで女性的なスタイルと対照的に、力強くパワフルなピノノーワルが完成した。同じ葡萄から造られたとは、見当もつかない違った魅力を是非飲み比べて楽しんで欲しい。

(Pimpernel Vineyards Hill Road Pinot Noir 2017年 紹介文)

樹齢27年になる単一畑のピノノワールを使用。「ヤラバレー最高峰のピノノワール」その代名詞とも言える、ダーミエン氏の造るピノノワール。もっとお手頃に、多くの人に気軽に楽しんで欲しいという想いから生まれたエントリーワイン。良質のピノノワールと厳選されたフレンチオーク樽を使用し、ブラックティーやさくらんぼ、森林のような香りに細いタンニン。クラシックなダーミエン氏らしさが溢れた繊細で美味しいピノ・ノワールが誕生しました。

Makuakeだけの限定先行販売のシラーズ2017年、GSM 2017年そしてヴィオニエ2017年を含む、特別プランをご用意させていただきました。(各750ml)

ピンパネル お試し1本セット【12%OFF】Makuake特別割引

ピンパネル 赤白2本セット【15%OFF】Makuake特別割引

ピンパネル 南仏3本セット【20%OFF】Makuake特別割引

ピンパネル ヴォーヌ・ロマネ 3本セット【20%OFF】Makuake特別割引

ピンパネル 全部飲みたい 6本セット【20%OFF】Makuake特別割引

ピンパネル 贅沢 12本セット【25%OFF】Makuake特別割引・セット割引

ピンパネルのピノノワールをまず試してみたいと言う方にピッタリの1本

【Makuake割12%OFF】通常販売価格:6,600円⇒5,808円(税・送料込)

ピンパネルの赤白をまず試してみたいと言う方へベストな2本

(シャルドネは、モンラッシェ??!と思う美味しさです)

【Makuake割15%OFF】通常販売価格:16,280円⇒13,838円(税・送料込)

今回新リリースされたピンパネルの南仏シリーズの3本セット

【Makuake割20%OFF】通常販売価格:34,650円⇒27,720円(税・送料込)

ピンパネルの王道、誰もが虜になる真髄のヴォーヌ・ロマネシリーズの3本セット

【Makuake割20%OFF】通常販売価格:37,290円⇒29,832円(税・送料込)

南仏シリーズとヴォーヌ・ロマネシリーズが全部入った6本セット

【Makuake割20%OFF】通常販売価格:71,940円⇒57,552円(税・送料込)

今飲む用と熟成用に★南仏シリーズとヴォーヌ・ロマネシリーズが2本ずつ入った12本セット

【Makuake割20%OFF】+【セット割5%OFF】=【トータル25%OFF

大幅お値引き!!

通常販売価格:143,880円⇒107,910円(税・送料込)

ブライダル企業である株式会社エスクリが、「結婚式という特別な日にふさわしいワインを提供したい」という想いからワインの自社輸入・販売を開始、WINELIST(ワインリスト)を立ち上げました。

年間延べ8,000組の結婚式を手掛けるスケールメリットを生かし、低コストでの自社輸入を実現しています。

「飲んで幸せな気持ちになれるワイン」を探し求め、私たち「エスクリ WINELIST」が辿り着いたのは、オーストラリアとカリフォルニア。

日本初入荷の希少なワインだけを現地生産者から直輸入しています。

ワイン通の多くの方々に、私たちが味わったあの感動を感じてほしい。思わず誰かに語りたくなる、素晴らしい味わいやストーリーを伝えていきたい。そんな想いに共感していただければ幸いです!

リスク&チャレンジ

※株式会社エスクリ WINELISTは、リターンセットワイン「ピンパネルヴィンヤーズ」の日本における独占販売権を有する正規代理店です。並行輸入品が発生する可能性がございますが、並行輸入品には正規代理店によるサポートを受けることができません。 <プロジェクトに関する情報> ・プロジェクトの属性 :輸入商品 ・実行者によるサポート:細心の注意を払っておりますが、万一商品に不具合があった場合は、お取り替え致します。 ・プロジェクト実行国:日本 ・製造国:オーストラリア ・製造者:Pimpernel Vineyards(ピンパネル ヴィンヤーズ・オーストラリア) ※ご覧になっている画面によっては商品の色味が異なって見える場合がございます。 ※使用感などに関しては、感じ方に個人差が予想される製品でございます。そのため、使用感等に関する返品・返金はお受けいたしかねます。 ※初期不良以外に関する返品・返金はお受けいたしかねます。 ※並行輸入品が発生する可能性があります。正規以外での個人輸入等は、完全に防ぐことができない場合がございます旨、予めご了承のほどお願いいたします。 ※並行輸入品は正規代理店による製品保証を受けることができません。 また、正規代理店を通じて購入することで、日本国内での流通に必要な各種認証の取得や、関税の適切な処理が担保されます。 ※商品はすでに完成しており、日本には4月中旬頃に到着予定ですので、リターンセットの配送はプロジェクト終了後の5月9日以降順次行う予定です。 ※本文中に記載させていただいたスケジュールは、あくまでプロジェクト公開時点の予定です。応援購入の性質上、配送遅延のおそれがございます。 ※輸入や配送の遅延など、問題が発生した際は活動報告で随時、ご支援者様に報告致します。 ※原則として、配送の遅延に伴う応援購入のキャンセルはできかねますが、リターン配送予定月から6カ月を超えた場合には、希望者に限りキャンセル対応をいたします。 応援購入サービスの性質上、以上の注意点につきましてあらかじめご理解とご了承いただいた上で応援購入くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。最後に、本製品を手に取った皆様に喜んで貰えるよう、 チームメンバー一同心を込めて対応していきますので、 応援よろしくお願い致します。

サポーターからの応援コメント

文章のTOPへ

応援購入する

?

このプロジェクトはAll in型です。目標金額の達成に関わらず、プロジェクト終了日の2022年05月08日までに支払いを完了した時点で、応援購入が成立します。

27,720(税込)

【Makuake割引】ピンパネル 南仏 3本セット
【Makuake割引】ピンパネル 南仏 3本セット

【Makuake割引でお得】34,650円→27,720円(税・送料込・20%OFF)
・ピンパネルヴィンヤーズ ヴィオニエ(白)750ml×1本
・ピンパネルヴィンヤーズ シラーズ(赤)750ml×1本
・ピンパネルヴィンヤーズ GSM(赤)750ml×1本
※GSM:グルナッシュ・シラーズ・ムールヴェードル・マスカットオブアレキサンドリア

のサポーター

残り

2022年05月末までにお届け予定

107,910(税込)

【Makuake割引】ピンパネル 贅沢 12本セット
【Makuake割引】ピンパネル 贅沢 12本セット

大幅お値引き【セット割引】【Makuake割引】143,880円→107,910円(税・送料込・25%OFF)
・ピンパネルヴィンヤーズ ヴィオニエ(白)750ml×2本
・ピンパネルヴィンヤーズ シラーズ(赤)750ml×2本
・ピンパネルヴィンヤーズ GSM(赤)750ml×2本
※GSM:グルナッシュ・シラーズ・ムールヴェードル・マスカットオブアレキサンドリア
・ピンパネルヴィンヤーズ シャルドネ(白)750ml×2本
・ピンパネルヴィンヤーズ ピノノワール1(赤)750ml×2本
・ピンパネルヴィンヤーズ ピノノワール2(赤)750ml×2本

のサポーター

残り

2022年05月末までにお届け予定

5,808(税込)

【Makuake割引】ピンパネル お試し 1本セット
【Makuake割引】ピンパネル お試し 1本セット

【Makuake割引でお得】6,600円→5,808円(税・送料込・12%OFF)
・ピンパネルヴィンヤーズ ヒルロード・ピノノワール(赤)750ml×1本

のサポーター

残り

2022年05月末までにお届け予定

13,838(税込)

【Makuake割引】ピンパネル 赤白 2本セット
【Makuake割引】ピンパネル 赤白 2本セット

【Makuake割引でお得】16,280円→13,838円(税・送料込・15%OFF)
・ピンパネルヴィンヤーズ ヒルロード・ピノノワール(赤)750ml×1本
・ピンパネルヴィンヤーズ シャルドネ(白)750ml×1本

のサポーター

残り

2022年05月末までにお届け予定

29,832(税込)

【Makuake割引】ピンパネル ヴォーヌ・ロマネ 3本セット
【Makuake割引】ピンパネル ヴォーヌ・ロマネ 3本セット

【Makuake割引でお得】34,650円→29,832円(税・送料込・20%OFF)
・ピンパネルヴィンヤーズ シャルドネ(白)750ml×1本
・ピンパネルヴィンヤーズ ピノノワール1(赤)750ml×1本
・ピンパネルヴィンヤーズ ピノノワール2(赤)750ml×1本

のサポーター

残り

2022年05月末までにお届け予定

57,552(税込)

【Makuake割引】ピンパネル 全部飲みたい 6本セット
【Makuake割引】ピンパネル 全部飲みたい 6本セット

【Makuake割引でお得】71,940円→57,552円(税・送料込・20%OFF)
・ピンパネルヴィンヤーズ ヴィオニエ(白)750ml×1本
・ピンパネルヴィンヤーズ シラーズ(赤)750ml×1本
・ピンパネルヴィンヤーズ GSM(赤)750ml×1本
※GSM:グルナッシュ・シラーズ・ムールヴェードル・マスカットオブアレキサンドリア
・ピンパネルヴィンヤーズ シャルドネ(白)750ml×1本
・ピンパネルヴィンヤーズ ピノノワール1(赤)750ml×1本
・ピンパネルヴィンヤーズ ピノノワール2(赤)750ml×1本

のサポーター

残り

2022年05月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを応援購入によって実現するアタラシイものやサービスのプラットフォームです。このページは、 フードカテゴリの 「あなたの特別な日に特別なワインを|オーストラリアのロマネ・コンティ」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP