Makuake Makuake Makuake 404 500 ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill
















宮城県より発信!コバルト―レ女川ジュニアユース女子サッカーチームを発足したい

戻す

このプロジェクトは宮城県のサッカークラブ「コバルトーレ女川」が地域の女子選手の受け皿として立ち上げるジュニアユース女子チームのユニホーム製作費環境整備費の調達を目的としています。また、サッカー女子日本代表でも活躍している永里優季選手もアドバイザーとして就任して頂きながら、共に地域の女子サッカーの環境整備に取り組んでいきます。

▼永里優季選手からのメッセージ動画

【日本女子サッカー界の現状】

現在、日本の女子サッカー界が抱えている問題の一つに中学生年代での女子選手の受け皿となるチームが少ない事があげられます。小学生年代の現場では男子に混じってサッカーをプレーできても、成長に伴う体力などの問題で男子と一緒にプレーできる女子選手の数はかなり減ってしまいます。女子サッカーの普及や世界のトップクラスを目指す為にもこの中学生年代での環境整備は必要不可欠です。

宮城県の女川町・石巻地域でも長年同じような問題を抱えて、小学生年代でサッカーを続けられない女子選手が多くいました。

 

【永里優季選手との出会い】

そんな地域の女子選手達とクラブに夢を与えてくれたのが、サッカー女子日本代表に所属する永里優季選手です。震災後の2012年度から毎年継続的に被災地への支援活動として女川町・石巻地域でサッカー教室を開催して頂きました。選手活動の傍らサッカーを通して地域を活性化するというクラブと同じビジョンを持ちながら関わって頂いてます。

このような縁もあり2017年4月に立ち上がる「コバルトーレ女川ジュニアユース女子」のアドバイザーとして就任して頂く事になりました。

 

▼永里選手から地域の女子選手へ直接指導

 

2017年4月よりジュニアユース女子チーム発足】

2011年に発生した東日本大震災後には、人口の流出から地域の少子化も進んでおり地域を取り巻く環境は厳しいです。ですが、この地域に将来のサッカー女子日本代表を夢みてサッカーに打ち込む女子サッカー選手の為にチームの立ち上げを決めました。

2017年4月より女川町や石巻市を含めた県北地域において、中学年代の女子サッカーの受け皿となるべく、「コバルトーレ女川ジュニアユース女子」を発足する事になりました。

▼この地域の女子選手達の為に受け皿となるチームを

 

【コバルトーレ女川について】

コバルトーレ女川は、スポーツを通じた魅力的な町づくりを目指す「女川スポーツコミュニティー構想」のもと、将来のJリーグ参入を目指して2006年4月に誕生しました。また、地域の子供たちの受け皿となるべくアカデミー部門を2007年よりに立ち上げました。

チーム創設から一貫して掲げていることは「地域貢献」です。ボランティアによるサッカー教室などサッカーを中心とする活動で町を元気づけることが、クラブの使命であり、存在意義となります。その一環として地域の幼稚園や保育所にて、年間70回程度ボランティアとして訪問サッカー教室を開催してます。

クラブ立ち上げから10年以上が過ぎましたが、2011年に発生した東日本大震災など様々な困難を乗り越えてクラブ活動を続けてまいりました。トップチームは2016年度には東北社会人リーグ1部を優勝して、JFL昇格まであと一歩の地域決勝チャンピオンズリーグまで進出した。

これからも「コバルトーレが100年続いていくクラブ」を目指して地域に根ざした活動を続けていきます。

 

【担当スタッフ】

監督: 隅田 翔(すみた しょう) 1983年5月3日生まれ

■サッカー歴

習志野市立習志野高校(1999-2002)

駒澤大学(2002-2006)

コバルトーレ女川(2006-2009)

■指導歴(コバルトーレ女川アカデミー)

ジュニア(U-12)コーチ(2009-2012)

ジュニアユース(U-15)監督(2012-2013)

ユース(U-18)監督(2013-2014)

ジュニア(U-12)監督(2014-2017)

ジュニアユース(U-15)男子・女子監督(2017-)

 

コーチ: 越河 なつみ(こすごう なつみ) 1994年12月23日生まれ

■サッカー歴

石巻山下サンファン・石巻サンファンガールズ(2003-2007)

FHT宮城(2007-2010)

明成高校(2010-2013)

仙台大学(2013-2017)

■指導歴

コバルトーレ女川ジュニアユース女子コーチ(2017-)

 

▼クラブの地域貢献活動の訪問サッカー教室

 

【支援の輪を世界へ】

永里選手をはじめとした女子日本代表の選手たちにも応援を頂きながら、地域の女子選手が安心してサッカーを続けられるチームを立ち上げていきます。しかし、チームの立ち上げには思いだけでは叶えられない部分も多くあります。選手たちが着るユニホームの調達や用具の整備などの環境整備を行う必要があります。また、チームの認知度もまだまだ低いのでより多くの女子選手にチームの活動を周知していて頂く必要があります。将来的には世界や全国の女子選手が集まる大会を開催して、震災教育や国際交流などで、選手の成長を促す取り組みを行っていきたいです。

 

【リターンの紹介】

①3,000円コース

▲お礼のメッセージメール

サッカー女子日本代表にも選出されていて、クラブの女子チームのアドバイザーにも就任している永里優季選手からの御礼メッセージをクラブを通して送らせて頂きます。

 

②5,000円コース

▲岩渕真奈選手と永里選手からの直筆サイン入りポストカードプレゼント

永里優季選手からのお礼メッセージをクラブを通して送らせて頂きます。また、ドイツのフランクフルトでの永里優季選手とバイエルンミュンヘンでの岩渕真奈選手の直筆ポストカードをプレゼントします。

・永里選手のポストカードは2017年2月にドイツでサインして頂いたものを空輸で送って頂きました。

・岩渕選手のサインは2016年12月に女川町でのサッカー教室の際にサインをして頂きました。

 

 

③10,000円コース

▲永里選手からお礼のメッセージ動画

サッカー女子日本代表にも選出されていて、クラブの女子チームのアドバイザーにも就任している永里優季選手からのお礼のメッセージ動画をクラブを通して送らせて頂きます。

 

④50,000円コース

▲完成したユニホームのプレゼント
ユニホームには永里選手がデザイナーと共にデザインしたロゴが掲載される特別モデルとなります。

※写真のユニホームは練習着となります。

 

⑤100,000円コース

▲永里選手からのサイン入りスパイクと完成したユニホーム

サッカー女子日本代表にも選出されていて、クラブの女子チームのアドバイザーにも就任している永里優季選手直筆のシューズと完成したユニホームをプレゼントします。
※画像とスパイクのデザインが異なる事もございます。
※永里選手が日本に帰国する12月にスパイクが届きます。その為にスパイクの郵送が2018年1月になりますがご了承下さい。

 

 

【最後に】

今回のプロジェクトが中学年代における女子サッカーの環境整備の先駆けとなり、全国に波及していく事を願っています。

全国の皆さんと共にチームを作り上げていきましょう!

ご協力を宜しくお願い致します。

 

支援するコースを選択する

支援するコースを選択する

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

3,000円コース(税込)

お礼のメッセージ
お礼のメッセージ

サッカー女子日本代表にも選出されていて、クラブの女子チームのアドバイザーにも就任している永里優季選手からのお礼メッセージをクラブを通して送らせて頂きます。

22人が支援しています。

2017年04月中にお届け予定です。

(更新日:2017年05月25日)

5,000円コース(税込)

残り37個

【追加リターン】お礼メール+永里優季選手・永里亜紗乃選手のポストカード
【追加リターン】お礼メール+永里優季選手・永里亜紗乃選手のポストカード

皆さんご支援誠にありがとうございます。5,000円コースの追加リターンがご用意できるようになりました。こちら、永里優季選手ポストカードと妹の亜紗乃さんがドイツのポツダムに所属していた時のポストカードをご提供させていただきます。 貴重な姉妹揃ってのポストカードです。

13人が支援しています。

2017年08月中にお届け予定です。

(更新日:2017年05月25日)

10,000円コース(税込)

お礼のメッセージ動画
お礼のメッセージ動画

サッカー女子日本代表にも選出されていて、クラブの女子チームのアドバイザーにも就任している永里優季選手からのお礼のメッセージ動画をクラブを通して送らせて頂きます。

9人が支援しています。

2017年05月中にお届け予定です。

(更新日:2017年07月07日)

50,000円コース(税込)

残り17個

【特別モデル】完成ユニホームシャツ
【特別モデル】完成ユニホームシャツ

完成したユニホームをプレゼントさせて頂きます。
ユニホームには永里選手がデザイナーと共にデザインしたロゴが掲載される特別モデルとなります。

3人が支援しています。

2017年08月中にお届け予定です。

(更新日:2017年05月25日)

100,000円コース(税込)

残り4個

【限定10足】 永里選手直筆のサイン入りシューズ+完成ユニホーム
【限定10足】 永里選手直筆のサイン入りシューズ+完成ユニホーム

サッカー女子日本代表にも選出されていて、クラブの女子チームのアドバイザーにも就任している永里優季選手直筆のシューズと完成したユニホームをプレゼントします。
※画像とスパイクのデザインが異なる事もございます。
※永里選手が日本に帰国する12月にスパイクが届きます。その為にスパイクの郵送が2018年1月になりますがご了承下さい。

6人が支援しています。

2018年01月中にお届け予定です。

(更新日:2017年05月25日)

5,000円コース(税込)

残り0個

お礼のメッセージ+永里優季選手・岩渕真奈選手サイン入りポストカード
お礼のメッセージ+永里優季選手・岩渕真奈選手サイン入りポストカード

永里優季選手からのお礼メッセージをクラブを通して送らせて頂きます。また、ドイツのフランクフルトでの永里優季選手とバイエルンミュンヘンでの岩渕真奈選手の直筆ポストカードをプレゼントします。

40人が支援しています。

2017年05月中にお届け予定です。

(更新日:2017年05月25日)

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いをサポーターの支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 スポーツカテゴリの 「宮城県より発信!コバルト―レ女川ジュニアユース女子サッカーチームを発足したい」プロジェクト詳細ページです。

宮城県より発信!コバルト―レ女川ジュニアユース女子サッカーチームを発足したい

\このプロジェクトが気に入ったら/

PAGE TOP

支援を続けるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

SNSで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

ログイン

SNSでログイン

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。