Makuake Makuake Makuake 400 404 500 app_store ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back eye bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04 heart_line mail_line bell_line heart_fill search_fill hash hash-02 store store-02 location makuake omni7 yconnect loudspeaker icon-user-share-people icon-eye-user-share icon-user-share-arrow icon-user-share-yen user-share-background-dots
















あなたの支援

リターン支援

支援金額

0

など

シェア支援

シェアを見て訪問

シェアを見て支援

シェア支援リンク
仲間にプロジェクトを紹介しよう

あなた専用のシェア支援リンク

シェア支援リンクなら、あなたのシェアで
何人がプロジェクトにやってきたか確認できます

コピーしました

あの頃をもう一度。神戸の急坂で活躍した 神戸電鉄「旧101号車」復元プロジェクト

戻す

ストーリー

  1. 1929年にデビューし、約90年にわたって活躍を続けてきた「旧101号車」復元プロジェクト始動
  2. 車両竣工図やダイヤグラムと車両運用表、関係者にしか配布していない記念のフォトブックをご用意。
  3. 修繕開始前のバックヤードツアーに参加してみんなで「旧101号車」復元を応援しよう!

神戸市街から六甲山系を越え、北摂と北播磨をY字型に結ぶ神戸電鉄(以下、神鉄)は「通勤鉄道」と「山岳鉄道」の二つの顔を持つ、全国でも珍しい存在の鉄道会社です。昨年11月28日に鉄道開業90周年を迎えた神鉄には、開業翌年の1929年にデビューし、約90年にわたって活躍を続けてきた「旧101号車」が、今も自力走行が可能な状態で現存しています。

本プロジェクトは、昭和初期の山岳鉄道車両として全国でも貴重な存在ながら、最近では老朽化も進み、将来の行く末が危惧されている神鉄の「旧101号車」を、志を同じくする地域の方々や全国のファンと力を合わせ、末永く保存し、次世代へ伝えていくための活動を目指しています。

2両編成で活躍する、昭和40年代前半頃のデ101形。山岳用電車の貫録が感じられます。 撮影:松井正史様

私たちは「旧101号車」を愛するメンバーとして2017年より有志とともに活動を開始しました。そして神鉄との連携の下、2018年10月から「デ101まもり隊」として公式活動をスタートしてきました。

今回集まった資金については、本プロジェクトに係る諸費用を差し引いた全額を神鉄に寄贈し、傷みの進んだ「旧101号車」の外板補修を中心に、最低限の修繕・補修を行っていただきます。

時代を駆け抜けたあの頃の「旧101号車」の姿を、将来へ復活させるための礎として、皆様のお力をお借りできればと思っています。

今回の目標金額について

○目標金額 1,500,000円 (プロジェクトに係る経費込み)

本プロジェクトに係る諸費用を差し引いた全額を神鉄に寄贈し、傷みの進んだ「旧101号車」の外板補修を中心に最低限の修繕・補修を行っていただき、今回は1983年3月の大規模更新直後の姿に近い、「構内入換車更新後の姿」への復元を目指します。

本プロジェクトが成立した場合、神鉄の2020年度車両工事計画に織り込んでいただいた後、同年度中の修繕・補修工事着手~支援者へのお披露目となる予定です。

 

しかしながら、第一目標の約150万円で実施できるのは、あくまでも「最低限の修繕・補修」で、1983年の「構内入換車更新後の姿」を完全に復元するには、約300万円の費用が必要となります。


そこで、今回のクラウドファンディングでは、第二・第三の目標を設定する「ストレッチゴール」の仕組みを取り入れることにしました。

○第二目標金額 3,900,000円 (プロジェクトに係る経費込み)

第二目標まで支援が集まると・・・

車体及び台枠下面の全面塗装を施し、1983年の大規模更新直後の姿に近い、美しい姿を目指します!

1983年3月、大規模な更新修繕を実施直後の「旧101号車」。今回のクラウドファンディングでは、この時の姿に近い状態まで、補修する事を目指しています。

 

○第三目標金額 5,250,000円 (プロジェクトに係る経費込み)

さらに、第三目標まで支援が集まると・・・

腐食の激しい、乗務員室出入り用の木造扉(4ヶ所)の補修が可能となります!

 

 この電車は「デ101形」と呼ばれる車両で、神鉄の前身である「神戸有馬電気鉄道(1928年11月開業)」の三田線延伸にあわせ、開業翌年の1929年に10両が製造されました。戦前から戦後にかけての永きにわたり、高度成長期の神鉄を支えてきましたが、後継車両の登場により、1971年に全車が営業用から引退しました。

有馬口駅のホームに並んだデ101形。左の車両は今も鈴蘭台車庫に残る、現役時代の101号車です。 撮影:西岡一男様

 

仲間が次々と解体されていく中、トップナンバーの101号車は只一両解体を免れ、営業用から引退後も鈴蘭台車庫の構内入換車として、第二の人生を歩み始めます。さらに1983年には大規模な更新修繕を実施、現在の姿となりました。

構内入換車へと更新修繕された、「旧101号車」の最近の姿。前面の三枚窓はHゴムで固定され、側面の乗降用扉や一部の窓は埋められたものの、随所に現役時代の雰囲気を数多く残しています。

 

「旧101号車」は営業用車両として約42年間、構内入換車として約45年間の合計約90年間、陰日向となって神鉄の歴史を支えてきましたが、2016年に登場した構内用バッテリーカーの新造に伴い、その任を後進に譲りました。構内入換車の引退直前となった2015年10月には、鈴蘭台車庫での構内運転も実演され、多くのファンで賑わいました。

縁の下の力持ち的存在として、現役引退後も構内入換車として神鉄を支えてきた「旧101号車」ですが、2016年に登場した後輩のバッテリーカー(写真左)に、その任を譲ることとなりました。

2015年10月の「神鉄トレインフェスティバル」で公開された「旧101号車」の構内運転・撮影会の風景。地元だけでなく遠来のファンも数多く足を運ばれ、会場は大いに賑いました。

 

構内入換車の引退後は、解体され役割を終える予定でしたが、解体を惜しむ声も多く寄せられ、「旧101号車」は現在も鈴蘭台車庫内に留置されたままとなっています。しかしながら、製造後90年の時を経て車体内外の傷みは激しく、外板の腐食も進んでおり、予断を許さない状況が続いています。

外板や電気部品の傷みも進んでおり、将来に亘って保存していく為には、有志による継続的なサポートが欠かせない状況です。

 

既にご説明の通り、「旧101号車」は危うく解体される予定であったところ、とりあえずはその難から逃れる事ができましたが、将来にわたって保存が保証されている訳ではありません。又、車両を保有する神鉄の業況次第では、将来の売却や解体の可能性が全くないとは言い切れないのもまた事実です。厳しい現実ですが、私たちを含めて支援に賛同いただく方々には、この点を十分理解いただく必要があります。

車内から見た「旧101号車」の運転台部分と車内の様子。構内入換車への改造時に多くの機器が撤去されましたが、営業用車両時代の面影が随所に残っています。

 

しかしながら、このまま何も行動を起こさないままでは、全国でも貴重な存在の「旧101号車」を守っていく事はできません。製造から90年を迎え、全国でも貴重な存在の「旧101号車」を次の世代へ伝えていくため、有志数名が集まり、神鉄との意見交換をスタートしたのは、2017年の夏でした。

運転台の主幹制御器に残る「昭和4年2月製造」の銘板。90年の歴史を駆け抜けてきた、「旧101号車」の勲章のようです。

 

その後も数度の意見交換を重ねながら、私たちは2018年10月に支援組織として「デ101まもり隊」を立ち上げました。同年11月には神鉄ご協力の下、事前募集による「旧101号車」の見学・撮影会を開催したほか、他団体さんイベントでの見学会サポートや模型運転会・販売会での広宣など、「旧101号車」の存在を知って頂くための活動を一歩ずつ進め、今回のクラウドファンディング実施にこぎ着ける事ができました。

皆さまとともに力をあわせ、昭和初期の貴重な電車「旧101号車」を守っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

【リスク&チャレンジ】

本プロジェクトの成否にかかわらず、「旧101号車」は将来にわたって保存が保証されているものではありません。車両を保有する神戸電鉄 (以下、神鉄) の事情によっては、将来の売却や解体等により「旧101号車」の保存・復元が叶えられなくなる可能性もございます。

その場合、神鉄や私たちに対して、何ら異議申し立てや求償等を行わないことを前提に支援をお受けさせていただきます。

事情を十分にお汲み取りいただいた上で、お申込みをお願いいたします。

(お申込みをいただいた時点で、ご承諾いただいたものとみなします)

 

リターンについて

今回のプロジェクトでは神戸電鉄ご協力の下、「旧101号車」にゆかりのある数々の資料を、リターンとしてご提供させて頂くことが可能となりました。

 

○お礼のポストカード風ペーパークラフト

1971年の現役引退後、ほぼ原形の頃の「旧101号車」をデザインした、記念のポストカード風ペーパークラフトです。カッターナイフと接着剤で組み立てれば、愛らしい101号車が皆さまのお手許に!今回のクラウドファンディング限定の非売品です。

組み立てると、こんな愛らしい姿に!

 

○デ101形の車両竣工図(複製品)

実車とともに、鈴蘭台車庫に現存していたデ101形の車両竣工図で、図面は1957年11月に作成されたものの複製品です。車両諸元も一目で分かるファン垂涎の一品で、今回のクラウドファンディングのために、神戸電鉄から特別にご提供いただいた資料となります。

 

○1970年6月改正ダイヤグラムと車両運用表のセット(複製品)

鉄道会社の列車運行には欠かせないダイヤグラム(列車運行図表)と、一日の車両運用と定期的な検査周期を把握する為、現場の列車運行には欠かせない車両運用表のセット(ともに複製品)です。「旧101号車」の現役時代最後の改正となった、西鈴蘭台駅の開業した1970(昭和45)年6月5日改正当時のダイヤや車両運用・編成を紐解く事ができる資料で、特に車両運用表は、一般には殆ど開示される事のない大変貴重なものです。ともに今回のクラウドファンディングのために、神戸電鉄から特別にご提供いただいた資料となります。

 

○神戸電鉄一日乗車券2枚セット(オリジナル台紙付)

神戸電鉄全線(湊川以北)が任意の一日、乗り放題のフリーチケットを2枚セットしました。今回のリターン用に制作した、特製のオリジナル台紙付です。

 

○フォトブック「神鉄沿線 あの日・あのころ」

2013年に運行を開始した神戸電鉄「ミュージアムトレイン」の企画展示に際し、関係者限りで作成・配布した記念のフォトブックを、今回リターンとしてご提供させていただきます。
愛好家撮影による、昭和40年代前半の神鉄沿線と現在の沿線風景を、定点撮影風に織り込みながら、時代の変遷を楽しんでいただける一冊です。

 

○「旧101号車」修繕開始前のバックヤードツアーチケット

<実施日>

2020年3月22日(日)予定 神戸電鉄鈴蘭台車庫

 ・午前の部 10時開始 11時30分終了予定 10名
 ・午後の部 13時30分開始 15時終了予定 10名

※お申込み時に、午前の部・午後の部、いずれかご希望の部を選択して下さい。一方のご希望が多数となった場合には、会場整理の都合上、ご希望の部を変更させていただく場合がございます。(開催内容は同一です)


<内容>

普段は立ち入る事のできない神戸電鉄の鈴蘭台車庫を、社員さんによる解説付きで巡る、本クラウドファンディング支援者限定のバックヤードツアー(見学会)です。
本見学会の終了した2020年度に「旧101号車」は修繕工事へ入る予定ですので、工事前の「旧101号車」を見学できる貴重な機会となります。

・車両工場見学
・旧101号車と新型バッテリーカー撮影
・車内見学と記念撮影


<特典>

・お礼のポストカード風ペーパークラフト
・デ101形車両竣工図(複製品)
・神戸電鉄一日乗車券2枚セット(オリジナル台紙付)
 

○神戸電鉄キャラクター「しんちゃん」ミニぬいぐるみ 昭和の詰襟姿

昨年の「鉄道開業90周年」を記念して販売され、人気を博した神戸電鉄キャラクターの「しんちゃん」が、昭和時代の詰襟制服バージョンで登場!今回のクラウドファンディングのために、個数限定で特別に制作させていただくものです。

 

○「旧101号車」HOスケール(1/80)ペーパー製鉄道模型

1971年の現役時代引退直前の「旧101号車」を、HOスケール(1/80・軌間16.5mmゲージ)サイズで忠実に再現した手作りの鉄道模型で、実際に走行が可能です。
作品は映画「三丁目の夕日」に登場した、特急こだま号の作者によるもので、今回のクラウドファンディングのために、特別に制作していただくものです。

 

○「旧101号車」Oスケール(1/45)ペーパー製鉄道模型

1971年の現役時代引退直前の「旧101号車」を、前述のHOスケールよりもさらに大型のOスケール(1/45)で忠実に再現した手作りの鉄道模型で、こちらは鑑賞用のディスプレイモデルとなります。(動力化ご希望の場合は、実費をご負担いただいた上で別途承ります)
作品は映画「三丁目の夕日」に登場した、特急こだま号の作者によるもので、今回のクラウドファンディングのために、特別に制作していただくものです。

 

本プロジェクトの今後の計画

今後は継続的に、プロジェクトを複数回実施し、将来は・・・

現在はHゴムで固定されている、3枚の正面窓を、原形に復帰したい!

大規模更新時に撤去された、側面の客室扉や窓も、原形に復帰したい!

時間はかかりますが、少しずつ皆さまとともに支援を繰り返しながら、オリジナルの姿の「旧101号車」を目指したいと考えております。

 

 

実行者紹介

有志による支援グループ「デ101まもり隊」が実施します。

 

私たち「デ101まもり隊」は、神鉄の開業翌年から約90年近く活躍を続けてきた「旧101号車」の修繕・保存と次世代への継承をサポートするため、有志一同により2017年より活動を開始しました。そして神鉄との連携の下、2018年10月からは公式に対外活動を開始、同年11月には神鉄ご協力の下、事前募集による「旧101号車」の見学・撮影会を開催したほか、他団体さんイベントでの見学会サポートや模型運転会・販売会での広宣など、「旧101号車」の存在を知って頂くための活動を一歩ずつ進め、今回のクラウドファンディング実施にこぎ着ける事ができました。

神鉄開業の翌年から約90年にわたって幾多の困難を乗り越え、令和の時代を迎えた「旧101号車」。その堂々たる姿に、時に私たちは「旧101号車」の生きようとする意志を、強く感じるのです。

「旧101号車」を末永く保存し、次の世代に伝えていくためには、たとえ少しずつでも地道に取り組む、継続した活動と、皆さまからのご支援が必要不可欠です。

私たちの活動にご賛同くださる皆さまと、ともに一歩ずつ歩みを進め、現役当時の美しい姿で「『開業101年目』の101号車」を実現できるよう、活動を続けてまいりたいと思います。

是非私たちと一緒に、「旧101号車」を守っていきましょう!

 

支援者からの応援コメント

プロジェクトを支援する

プロジェクトを支援する

このプロジェクトはAll or Nothing型です。プロジェクト成立のためにはプロジェクト終了日の2019年11月28日までに目標金額が達成となる必要があります。

2,000円を支援(税込)

お礼のポストカード風ペーパークラフト
お礼のポストカード風ペーパークラフト

1971年の現役引退後、ほぼ原形の頃の「旧101号車」をデザインした、記念のポストカード風ペーパークラフトです。カッターナイフと接着剤で組み立てれば、愛らしい101号車が皆さまのお手許に!今回のクラウドファンディング限定の非売品です。

※神戸電鉄株式会社 返礼品使用許諾済
※写真は見本品のイメージです。支援いただき次第での発注・制作となりますので、デザイン・仕様が変更になる可能性もございます。ご了承ください。


【ご注意】

本プロジェクトの成否にかかわらず、「旧101号車」は将来にわたって保存が保証されているものではありません。車両を保有する神戸電鉄 (以下、神鉄) の事情によっては、将来の売却や解体等により「旧101号車」の保存・復元が叶えられなくなる可能性もございます。

その場合、神鉄や私たちに対して、何ら異議申し立てや求償等を行わないことを前提に支援をお受けさせていただきます。

事情を十分にお汲み取りいただいた上で、お申込みをお願いいたします。

(お申込みをいただいた時点で、ご承諾いただいたものとみなします)

が支援しています。

2020年03月末までにお届け予定

5,000円を支援(税込)

【先着50名限定】デ101形の車両竣工図(複製品)
【先着50名限定】デ101形の車両竣工図(複製品)

実車とともに、鈴蘭台車庫に現存していたデ101形の車両竣工図(複製品)で、図面は1957年11月に作成されたものです。車両諸元も一目で分かるファン垂涎の一品で、今回のクラウドファンディングのために、神戸電鉄から特別にご提供いただいた資料となります。

※神戸電鉄株式会社 返礼品使用許諾済
※A3サイズ1枚の複製品となります
※竣工図は実際に現場で使用されていた原本からの複製となりますので、図面への書き込みなどがそのまま残っております。それらも含め、長年活躍してきた「旧101号車」の足跡としてお楽しみください。


【ご注意】

本プロジェクトの成否にかかわらず、「旧101号車」は将来にわたって保存が保証されているものではありません。車両を保有する神戸電鉄 (以下、神鉄) の事情によっては、将来の売却や解体等により「旧101号車」の保存・復元が叶えられなくなる可能性もございます。

その場合、神鉄や私たちに対して、何ら異議申し立てや求償等を行わないことを前提に支援をお受けさせていただきます。

事情を十分にお汲み取りいただいた上で、お申込みをお願いいたします。

(お申込みをいただいた時点で、ご承諾いただいたものとみなします)

が支援しています。

2020年03月末までにお届け予定

8,000円を支援(税込)

【先着100名限定】1970年6月改正ダイヤグラムと車両運用表のセット(複製品)
【先着100名限定】1970年6月改正ダイヤグラムと車両運用表のセット(複製品)

鉄道会社の列車運行には欠かせないダイヤグラム(列車運行図表)と、一日の車両運用と定期的な検査周期を把握する為、現場の列車運行には欠かせない車両運用表のセット(ともに複製品)です。「旧101号車」の現役時代最後の改正となった、西鈴蘭台駅の開業した1970(昭和45)年6月5日改正当時のダイヤ・車両運用・編成等を紐解く事ができる資料で、特に車両運用表は、一般には殆ど開示される事のない大変貴重なものです。ともに今回のクラウドファンディングのために、神戸電鉄から特別にご提供いただいた資料となります。

※神戸電鉄株式会社 返礼品使用許諾済
※いずれも1号表(平日ダイヤ)となります
※車両運用表…B4サイズ1枚の複製品となります
※ダイヤグラム…長尺物のため、A3サイズ5枚に分けて印刷した複製品となります
※両資料とも、実際に現場で使用されていた原本からの複製となりますので、図面への書き込みやテープ跡などがそのまま残っております。それらも含め、長年活躍してきた「旧101号車」の足跡としてお楽しみ下さい。


【ご注意】

本プロジェクトの成否にかかわらず、「旧101号車」は将来にわたって保存が保証されているものではありません。車両を保有する神戸電鉄 (以下、神鉄) の事情によっては、将来の売却や解体等により「旧101号車」の保存・復元が叶えられなくなる可能性もございます。

その場合、神鉄や私たちに対して、何ら異議申し立てや求償等を行わないことを前提に支援をお受けさせていただきます。

事情を十分にお汲み取りいただいた上で、お申込みをお願いいたします。

(お申込みをいただいた時点で、ご承諾いただいたものとみなします)

が支援しています。

2020年03月末までにお届け予定

10,100円を支援(税込)

【先着50名限定】神戸電鉄一日乗車券2枚セット(オリジナル台紙付)
【先着50名限定】神戸電鉄一日乗車券2枚セット(オリジナル台紙付)

神戸電鉄全線(湊川以北)が任意の一日、乗り放題のフリーチケットを2枚セットしました。今回のリターン用に制作した、特製のオリジナル台紙付です。

※一日乗車券の有効期間 2020年4月1日~2021年3月31日のうち、任意の一日が神戸電鉄全線乗り放題(湊川以北)
※一日乗車券の券面デザインは、神戸電鉄で一般に販売されている通常のデザインとなります。写真はイメージです。
※神戸電鉄株式会社 返礼品使用許諾済
※発送は神鉄観光株式会社へ委託予定です
※支援いただき次第での発注・制作となりますので、デザイン・仕様が変更になる可能性もございます。ご了承ください。
※ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。


【ご注意】

本プロジェクトの成否にかかわらず、「旧101号車」は将来にわたって保存が保証されているものではありません。車両を保有する神戸電鉄 (以下、神鉄) の事情によっては、将来の売却や解体等により「旧101号車」の保存・復元が叶えられなくなる可能性もございます。

その場合、神鉄や私たちに対して、何ら異議申し立てや求償等を行わないことを前提に支援をお受けさせていただきます。

事情を十分にお汲み取りいただいた上で、お申込みをお願いいたします。

(お申込みをいただいた時点で、ご承諾いただいたものとみなします)

が支援しています。

2020年03月末までにお届け予定

30,000円を支援(税込)

【先着50名限定】神戸電鉄キャラクター「しんちゃん」ミニぬいぐるみ 昭和の詰襟姿
【先着50名限定】神戸電鉄キャラクター「しんちゃん」ミニぬいぐるみ 昭和の詰襟姿

昨年の「鉄道開業90周年」を記念して販売され、人気を博した神戸電鉄キャラクターの「しんちゃん」が、昭和時代の詰襟制服バージョンで登場!今回のクラウドファンディングのために、個数限定で特別に制作させていただくものです。

※神戸電鉄株式会社 返礼品使用許諾済
※発送は神鉄観光株式会社へ委託予定です
※写真は正面・側面の各イメージです。
※支援いただき次第での発注・制作となりますので、デザイン・仕様が変更になる可能性もございます。ご了承ください。
※ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。


【ご注意】

本プロジェクトの成否にかかわらず、「旧101号車」は将来にわたって保存が保証されているものではありません。車両を保有する神戸電鉄 (以下、神鉄) の事情によっては、将来の売却や解体等により「旧101号車」の保存・復元が叶えられなくなる可能性もございます。

その場合、神鉄や私たちに対して、何ら異議申し立てや求償等を行わないことを前提に支援をお受けさせていただきます。

事情を十分にお汲み取りいただいた上で、お申込みをお願いいたします。

(お申込みをいただいた時点で、ご承諾いただいたものとみなします)

が支援しています。

2020年03月末までにお届け予定

210,000円を支援(税込)

【追加リターン】「旧101号車」HOスケール(1/80)ペーパー製鉄道模型
【追加リターン】「旧101号車」HOスケール(1/80)ペーパー製鉄道模型

大好評につき追加リターン

1971年の現役時代引退直前の「旧101号車」を、HOスケール(1/80・軌間16.5mmゲージ)サイズで忠実に再現した手作りの鉄道模型で、実際に走行が可能です。
作品は映画「三丁目の夕日」に登場した、特急こだま号の作者によるもので、今回のクラウドファンディングのために、特別に制作していただくものです。
尚、10月12・13日に東京で開催される「第44回日本鉄道模型ショー」では、同車両のペーパーキットが
会場で販売される予定ですが、完成品は本クラウドファンディングのみの限定品です!

※神戸市近隣にお住まいの方でご希望の方は、直接の完成品受け渡しも可能です。(受け渡し場所は神戸市須磨区内の予定、プロジェクト成立後に別途受け渡し場所をご連絡させていただきます。受け渡し場所までの交通費は各自ご負担をいただきます)

※神戸電鉄株式会社 返礼品使用許諾済
※写真は見本品のイメージです。支援いただき次第での発注・制作となりますので、デザイン・仕様が変更になる可能性もございます。ご了承ください。
※ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。
受け渡し期間:2020年5月中(改めて実行者よりご案内をさせていただきます)


【ご注意】

本プロジェクトの成否にかかわらず、「旧101号車」は将来にわたって保存が保証されているものではありません。車両を保有する神戸電鉄 (以下、神鉄) の事情によっては、将来の売却や解体等により「旧101号車」の保存・復元が叶えられなくなる可能性もございます。

その場合、神鉄や私たちに対して、何ら異議申し立てや求償等を行わないことを前提に支援をお受けさせていただきます。

事情を十分にお汲み取りいただいた上で、お申込みをお願いいたします。

(お申込みをいただいた時点で、ご承諾いただいたものとみなします)

が支援しています。

2020年05月末までにお届け予定

15,000円を支援(税込)

【先着30名限定】フォトブック「神鉄沿線 あの日・あのころ」
【先着30名限定】フォトブック「神鉄沿線 あの日・あのころ」

2013年に運行を開始した神戸電鉄「ミュージアムトレイン」の企画展示に際し、関係者限りで作成・配布した記念のフォトブックを、今回リターンとしてご提供させていただきます。
愛好家撮影による、昭和40年代前半の神鉄沿線と現在の沿線風景を、定点撮影風に織り込みながら、時代の変遷を楽しんでいただける一冊です。

※神戸電鉄株式会社 返礼品使用許諾済
※Photoback製 A5サイズ36ページ
※ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。


【ご注意】

本プロジェクトの成否にかかわらず、「旧101号車」は将来にわたって保存が保証されているものではありません。車両を保有する神戸電鉄 (以下、神鉄) の事情によっては、将来の売却や解体等により「旧101号車」の保存・復元が叶えられなくなる可能性もございます。

その場合、神鉄や私たちに対して、何ら異議申し立てや求償等を行わないことを前提に支援をお受けさせていただきます。

事情を十分にお汲み取りいただいた上で、お申込みをお願いいたします。

(お申込みをいただいた時点で、ご承諾いただいたものとみなします)

が支援しています。

2020年03月末までにお届け予定

25,000円を支援(税込)

【先着20名限定】「旧101号車」修繕開始前のバックヤードツアーチケット
【先着20名限定】「旧101号車」修繕開始前のバックヤードツアーチケット

<実施日>

2020年3月22日(日)予定 神戸電鉄鈴蘭台車庫

 ・午前の部 10時開始 11時30分終了予定 10名
 ・午後の部 13時30分開始 15時終了予定 10名

※お申込み時に、午前の部・午後の部、いずれかご希望の部を選択して下さい。一方のご希望が多数となった場合には、会場整理の都合上、ご希望の部を変更させていただく場合がございます。(開催内容は同一です)

<内容>

普段は立ち入る事のできない神戸電鉄の鈴蘭台車庫を、社員さんによる解説付きで巡る、本クラウドファンディング支援者限定のバックヤードツアー(見学会)です。
本見学会の終了した2020年度に「旧101号車」は修繕工事へ入る予定ですので、工事前の「旧101号車」を見学できる貴重な機会となります。

・車両工場見学
・旧101号車と新型バッテリーカー撮影
・車内見学と記念撮影

<特典>

・お礼のポストカード風ペーパークラフト
・デ101形車両竣工図(複製品)
・神戸電鉄一日乗車券2枚セット(オリジナル台紙付)

※集合場所までの交通費は、別途ご負担をいただきます。
※ご協力いただく神戸電鉄のやむを得ない事情により、日程を変更させていただく場合がございます。ご了承ください。


【ご注意】

本プロジェクトの成否にかかわらず、「旧101号車」は将来にわたって保存が保証されているものではありません。車両を保有する神戸電鉄 (以下、神鉄) の事情によっては、将来の売却や解体等により「旧101号車」の保存・復元が叶えられなくなる可能性もございます。

その場合、神鉄や私たちに対して、何ら異議申し立てや求償等を行わないことを前提に支援をお受けさせていただきます。

事情を十分にお汲み取りいただいた上で、お申込みをお願いいたします。

(お申込みをいただいた時点で、ご承諾いただいたものとみなします)

が支援しています。

2020年03月末までにお届け予定

200,000円を支援(税込)

【先着3名限定】「旧101号車」HOスケール(1/80)ペーパー製鉄道模型
【先着3名限定】「旧101号車」HOスケール(1/80)ペーパー製鉄道模型

1971年の現役時代引退直前の「旧101号車」を、HOスケール(1/80・軌間16.5mmゲージ)サイズで忠実に再現した手作りの鉄道模型で、実際に走行が可能です。
作品は映画「三丁目の夕日」に登場した、特急こだま号の作者によるもので、今回のクラウドファンディングのために、特別に制作していただくものです。
尚、10月12・13日に東京で開催される「第44回日本鉄道模型ショー」では、同車両のペーパーキットが
会場で販売される予定ですが、完成品は本クラウドファンディングのみの限定品です!

※神戸市近隣にお住まいの方でご希望の方は、直接の完成品受け渡しも可能です。(受け渡し場所は神戸市須磨区内の予定、プロジェクト成立後に別途受け渡し場所をご連絡させていただきます。受け渡し場所までの交通費は各自ご負担をいただきます)

※神戸電鉄株式会社 返礼品使用許諾済
※写真は見本品のイメージです。支援いただき次第での発注・制作となりますので、デザイン・仕様が変更になる可能性もございます。ご了承ください。
※ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。
受け渡し期間:2020年5月中(改めて実行者よりご案内をさせていただきます)


【ご注意】

本プロジェクトの成否にかかわらず、「旧101号車」は将来にわたって保存が保証されているものではありません。車両を保有する神戸電鉄 (以下、神鉄) の事情によっては、将来の売却や解体等により「旧101号車」の保存・復元が叶えられなくなる可能性もございます。

その場合、神鉄や私たちに対して、何ら異議申し立てや求償等を行わないことを前提に支援をお受けさせていただきます。

事情を十分にお汲み取りいただいた上で、お申込みをお願いいたします。

(お申込みをいただいた時点で、ご承諾いただいたものとみなします)

が支援しています。

2020年05月末までにお届け予定

500,000円を支援(税込)

【先着1名限定】「旧101号車」Oスケール(1/45)ペーパー製鉄道模型
【先着1名限定】「旧101号車」Oスケール(1/45)ペーパー製鉄道模型

1971年の現役時代引退直前の「旧101号車」を、前述のHOスケールよりもさらに大型のOスケール(1/45)で忠実に再現した手作りの鉄道模型で、鑑賞用のディスプレイモデルとなります。(動力化ご希望の場合は、実費をご負担いただいた上で別途承ります)
作品は映画「三丁目の夕日」に登場した、特急こだま号の作者によるもので、今回のクラウドファンディングのために、特別に制作していただくものです。
尚、10月12・13日に東京で開催される「第44回日本鉄道模型ショー」では、同車両のペーパーキットが
会場で販売される予定ですが、完成品は本クラウドファンディングのみの限定品です!

※神戸市近隣にお住まいの方でご希望の方は、直接の完成品受け渡しも可能です。(受け渡し場所は神戸市須磨区内の予定、プロジェクト成立後に別途受け渡し場所をご連絡させていただきます。受け渡し場所までの交通費は各自ご負担をいただきます)

※神戸電鉄株式会社 返礼品使用許諾済
※鑑賞用のディスプレイモデルとなります。(動力化ご希望の場合は、実費をご負担いただいた上で別途承ります)
※プロジェクト成立後の発注時に、ご希望の軌間をご指定下さい。
 (Oゲージ・32mm 又はOJゲージ・24mm)
※写真は見本品のイメージです。支援いただき次第での発注・制作となりますので、デザイン・仕様が変更になる可能性もございます。ご了承ください。
※ご注文状況、使用部材の供給状況、製造工程上の都合等により出荷時期が遅れる場合がございます。
受け渡し期間:2020年5月中(改めて実行者よりご案内をさせていただきます)


【ご注意】

本プロジェクトの成否にかかわらず、「旧101号車」は将来にわたって保存が保証されているものではありません。車両を保有する神戸電鉄 (以下、神鉄) の事情によっては、将来の売却や解体等により「旧101号車」の保存・復元が叶えられなくなる可能性もございます。

その場合、神鉄や私たちに対して、何ら異議申し立てや求償等を行わないことを前提に支援をお受けさせていただきます。

事情を十分にお汲み取りいただいた上で、お申込みをお願いいたします。

(お申込みをいただいた時点で、ご承諾いただいたものとみなします)

が支援しています。

2020年05月末までにお届け予定

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いを支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 地域活性化カテゴリの 「あの頃をもう一度。神戸の急坂で活躍した 神戸電鉄「旧101号車」復元プロジェクト」プロジェクト詳細ページです。

シェアで応援

PAGE TOP

手続きを進めるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

各種サービスIDで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、支援後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。

ログイン

各種サービスIDでログイン

以前利用できたログイン連携でログインされていた方へ

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。

  • ※makuake.comからのメールアドレスが受信拒否設定に含まれていないかご確認ください。
  • ※Makuakeからのメールマガジン/各種お知らせをお送りさせていただきます。(不要な場合は登録後に解除できます。)
  • ※携帯キャリアのメールアドレスでは、支援後などにシステムからのメールが届かない場合がありますのでご注意ください。