Makuake Makuake Makuake 404 500 ameba-02 ameba arrow-down-02 arrow-down arrow-left-02 arrow-left arrow-right-02 arrow-right arrow-up-02 arrow-up back bell book box calendar calendar-02 camera cart case chain-02 chain chart-02 chart check-02 check clip close-02 close com-02 com-03 com crown description earth exclam-02 exclam facebook-02 facebook folder-02 folder funded google hatena heart home instagram key-02 key-03 key line login logout mail-02 mail men menu mike minus money movie network new note-02 note notfunded owner pagenation-left-02 pagenation-left pagenation-right-02 pagenation-right pc-02 pc pen-02 pen-03 pen-04 pen-05 pen plus pocket pos-02 pos question-02 question reload reset search set-02 set sp-02 sp star success-02 success swipe tag time-02 time-03 time twitter-02 twitter user-02 user-03 user-04 user widget women zoomin zoomout instagram-02 clap com-04
















お気に入り

お気に入りボタンを押すと?

マイページのお気に入りリストに追加されます

プロジェクト終了前にメールが届きます

メールマガジンの設定はこちらから

長野県の古民家カフェ『おぐさんち』 八ヶ岳を一望できる2階展望席を完成させたい!

戻す

『おぐさんち』は、築200年(1800年代の建築)と伝えられている、古民家を改装した自宅カフェです。OPEN以来5年が経ちますが、当初の構想では、2階展望席(庭越しに八ヶ岳全景が見えるのを眺めてお茶をする)を構想しながら、時間的・経費的な制限のために完成させることができなかった部分です。

いつの日か、なんとかそれを実現したいという思いは消えず、今日に至ってクラウドファンディングという方法を知ったことで、このプロジェクトを企画した次第です。

ともに夢を見ることのできる人を募りたい、との気持ちで投稿しました。

「おぐさんち」とは変わった名だが、どういう意味ですかとよく訊かれます。

もとは娘の友人たちが言い出したことで「おぐらさんち」がちぢめられたものです。

娘が美術系の高校に通っていた頃から、ともだちが大勢よく遊びに来てくれて、当時は名古屋のマンションに住んでいたのですが、家内は心づくしの料理で歓待するのがつねでした。

「おぐさんちの料理がおいしい」「また、おぐさんち行ってもいい?」が娘の仲間うちの合言葉のようになっていき、長野県の古民家でカフェをはじめることにまでなったとき、フランス語やイタリア語の覚えにくい名よりも親しみやすいのではないかと、そのまま屋号にすることにしました。

古民家カフェ『おぐさんち』の誕生です。

長野県に移ったのは、縁やゆかりがあったわけではなく、東京や名古屋のような都会ではイメージどおりの店を持つには資金がかかりすぎるので、地方に場所をさがすうち自然に古民家を候補にすることが多くなりました。ところで、古民家といっても、土台がコンクリートにかわっていたり、あらぬところに風呂場が増設されていたり、大部分が半端な改修がされているものがほとんどでした。

ところが、長野県富士見町(甲州街道を下ると長野県の入口に位置する標高700m以上の高原の町です)で出会った旧細川家は、昔のおもかげを残したままの、築200年という養蚕農家でした。

もともと、寛永17年(江戸時代初期)にこの地に新田を開いた細川奥右衛門の9代目がご当主だったという名家で、厩(うまや)の跡、豪壮な天井を持つ土間、桜の大黒柱にかかるふた抱えもある黒松の梁、囲炉裏に燻された壁が特徴のイドコと呼ばれる板の間など、当時の造りをそっくり残した貴重な日本家屋です。

わたしたちの出会いが半年遅かったら、ここは取り壊されて建材として売られていたとのこと。首都圏から160kmしか離れていない富士見町に、いま、自由に中を見られる数少ない諏訪地方を代表する古民家として、『おぐさんち』は存続しているのです。

<おぐさんち詳細>

〒399-0211 長野県富士見町富士見8273-2 (若宮簡易郵便局前)

         0266-55-4620

       カフェ営業は現在 金・土・日・月 の 11:00~15:00

       夜は予約が必要              17:00~21:00

 

今回の構想を簡単に述べるなら、下の写真の屋根の上に、展望窓がついた部屋が乗ります。一見平屋ですが、上には最高2m20cmの高さのある小屋裏があり、昔ははしごで昇り降りする物置だったのを、階段で上がれるようにしました。

2階改修の主眼は、展望席部分の屋根を持ち上げ、展望と同時に高さでスペースをかせぐことにあります。

この家は東向きに建てられているので、2階に大きな窓ができると、全体に暗い家の中も明るくでき、日本家屋独特のうすら寒さも解消できることになるのです。

完成のイメージをイラストで示すと、こんな風になります。

いまも、おいでになるお客様からは、「昔を思い出して懐かしい」、「おもわずゆっくりしてしまう」と、わたしたちが欲しいと思っていた評価を頂きます。ここに、景色のよい席、さらにゆっくりできる空間ができあがると、カフェとしても、種々のイベント会場としても、地域で指折りの一番店へと成長することも難しくありません。

構想が完成すれば、「外から見ただけでは中の素敵さがわからない」などという声もなくなるでしょう。

もとより、諏訪地方の代表的な養蚕農家としての面影を残す、ほぼ唯一の出入り可能な古民家として成り立っているので、この地方を代表する八ヶ岳を一望する景色を手に入れることができたら、言うことのない店ができあがります。

日本有数の古民家カフェを完成させる企みに乗ってくれる方を、広く募集したいのです。

この地方は、何年かに一度は記録的な大雪になったりします。

雪景色も、暖かな部屋から眺めるならば、ほんとうに綺麗です。

そして、大きな窓のある部屋から、雄大な八ヶ岳を眺めたり、夜には降るような星空を身近に見上げたり、大雨や嵐の、激しい吹き降りにおののいたり、時には雷をおそれたり。

きっと、一生忘れられない思い出を皆さまにプレゼントすることができます。

そうなるとそこは、店として住処として、理想の形に近づくでしょう。

そんな家で、その良さがわかる人たちと触れ合いたいと考えているのです。

 

集まった資金は展望席増築の材料費に充てさせていただきます。

時期的に、梅雨にかかりそうなのは不安ですが、6月中に資材の発注と準備をします。

雨の日と晴れ間をぬって、内装と屋根上の工事を進め、7月の本格的な観光シーズン到来までに、展望窓と見晴らし台(仮称:星見台)を完成させるというスケジュールで進めていきたいと計画しています。

 

クラウドファンディングという、わたしたちの年代には想像もできなかった仕組みが、世の中の真ん中に登場しています。

長引く不況感のなかで、金融機関は本来の役目を果たしていないし、夢を抱く者の夢の実現は無理なのかと考えていた中でのMakuakeさんとの出会いでした。

思いを共通する人たちとの、出会いと相互協力の輪が広げられたらと願います。

 

わたし 小倉 直樹と、 家内と、 息子(二男)です。

『おぐさんち』に住まいする住人は、この3人です。

亭主は、日大法学部を卒業して、昭和50年に半分公務員の団体職員として社会人生活をスタート。以降、営業マン、社員教育機関、広告代理店勤務などを経験して、カレーハウスCoCo壱番屋を経営する㈱壱番屋の教育研修課長を経て、その後ココイチの有力加盟店で店長たちの独立を助成する仕事に勤務し、8人の独立起業を見届けました。

ココイチの仕事は通算20年になりましたが、定年でサラリーマン人生を終了。


定年前から準備をし始めましたが、いまは長野県諏訪郡富士見町で古民家の自宅カフェを持っています。

富士見町は明治大正時から、いち早く別荘地として開かれていながら現在は人口1万5千人たらずの小さな高原の町です。すばらしい自然環境や観光資源に恵まれていながら一番それに気づいていないのは町民と市政である、というような典型的な過疎化が進む地方自治体のひとつです。

そこに暮らして6年、人の訪れの限られた飲食店ですが、そこから脱却するための模索の第一歩として、家と店の完成を志しました。無事にプロジェクトが完遂できれば、次の企画も考えたいと希望する65歳、62歳、35歳、3人の『おぐさんち』です。

支援するコースを選択する

支援するコースを選択する

このプロジェクトは目標金額の達成有無にかかわらず、サポーターがプロジェクトに支援を申し込んだ時点でプロジェクトの成立(売買契約の成立)となります。

1,000円コース(税込)

お名前掲載・ケーキセット
お名前掲載・ケーキセット

●店内にお名前掲載
店内に、支援者のご氏名を掲示するコーナーを設け、そこに期限を定めず記録させていただきます。

●お礼のお手紙
心を込めたお礼のお手紙をお送りいたします。

●ケーキセット券1名様分(珈琲または紅茶付き)
おぐさんちオリジナルケーキと珈琲または紅茶のセットで1名様分ご提供させていただきます。
フルーツタルト、シフォン、チーズ、ショート、パウンドなどからお選び頂けます。
※ケーキは焼きたてをご用意させて頂くため、リターンご利用の際は前週までに必ず事前にご予約ください。
※有効期限:2018年7月まで

6人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

2,000円コース(税込)

お名前掲載・お礼のお手紙・オリジナルポストカード

【遠方の方向け】

●店内にお名前掲載
店内に、支援者のご氏名を掲示するコーナーを設け、そこに期限を定めず記録させていただきます。

●お礼のお手紙
心を込めたお礼のお手紙をお送りいたします。

●ポストカード3枚
おぐさんちのオリジナルポストカードをお送りいたします。

※リターンご利用の際は前週までにご予約をお願いします。

1人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

3,000円コース(税込)

お名前掲載・ランチ「季節の御膳」
お名前掲載・ランチ「季節の御膳」

●店内にお名前掲載
店内に、支援者のご氏名を掲示するコーナーを設け、そこに期限を定めず記録させていただきます。

●お礼のお手紙
心を込めたお礼のお手紙をお送りいたします。

●ランチ「季節の御膳」1名様分提供させていただきます。
『おぐさんち』のランチは、季節の御膳(デザート・飲み物付き)です。
春から秋は膳仕立て、寒い季節は暖かく召し上がれるように、シチューなどのギャザリング方式でご提供させていただきます。(通常価格2000円相当)

※リターンご利用の際は前週までにご予約をお願いします。お料理は日本風の家庭料理が中心ですが、好き嫌い、アレルギーは事前にお伝えください。
※有効期限:2018年7月まで

2人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

5,000円コース(税込)

お名前掲載・ペアでディナー
お名前掲載・ペアでディナー

●店内にお名前掲載
店内に、支援者のご氏名を掲示するコーナーを設け、そこに期限を定めず記録させていただきます。

●下記、A,Bのいずれかからお選びください。
------------------------------
A, 6000円分のお食券。
画像のケーキはフルーツタルト。ケーキ2ホールという選択もありです。(ご予約要)
------------------------------
または
------------------------------
B, ディナー(3000円相当)ペア招待券
夕食を2名様分提供させていただきます。(お酒別)
有効期限:2018年7月まで
------------------------------
※リターンご利用の際は前週までにご予約をお願いします。
※ご利用の際は前週までにご予約をお願いします。

13人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

10,000円コース(税込)

お名前掲載・イラン遊牧民の小絨毯ギャッベ
お名前掲載・イラン遊牧民の小絨毯ギャッベ

●店内にお名前掲載
店内に、支援者のご氏名を掲示するコーナーを設け、そこに期限を定めず記録させていただきます。

●下記、A,B,Cのいずれかからお選びください。
------------------------------
A, ランチ6名様ご招待
12000円分のお食事券ご提供させていただきます。
------------------------------
または
------------------------------
B, ギャッベ座布団1枚
お住まいが遠方で、容易にお食事にはこれないという方には、ギャッベ座布団1枚を提供させていただきます。
都会での価格は20,000円前後です。色・柄の細かい指定はできませんが、イランの遊牧民カシュガイ族の純正手作り品です。
一品ごとに異なる完全な輸入品です。理想通りの形や色合いは選べません。
------------------------------
または
------------------------------
C, 四季のイベント・パーティー、ペアご招待券
『おぐさんち』では、四季おりおりに「ケーキバイキング」や「フラワーアレンジメントとお茶・ケーキの会」など、人気のイベントやパーティーを催しています。(3000円相当)ペアで2回参加できるご招待券提供させていただきます。
有効期限:2018年12月まで
------------------------------
※リターンご利用の際は前週までにご予約をお願いします。
※イベントやパーティの開催はFBでご案内しています。有効期限2018年12月まで

0人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

20,000円コース(税込)

お名前掲載・ギャッベ座布団2枚・ギャッベ小型マット1枚
お名前掲載・ギャッベ座布団2枚・ギャッベ小型マット1枚

●店内にお名前掲載
店内に、支援者のご氏名を掲示するコーナーを設け、そこに期限を定めず記録させていただきます

●下記、A,B,Cのいずれかからお選びください。
------------------------------
A, ランチ券12食分(月替わり1年分)。
------------------------------
または
------------------------------
B, ギャッベ座布団2枚。
お住まいが遠方で、容易にお食事にはこれないという方には、ギャッベ座布団2枚を提供させていただきます。
都会での価格は1枚20,000円前後です。色・柄の細かい指定はできませんが、イランの遊牧民カシュガイ族の純正手作り品です。
一品ごとに異なる完全な輸入品です。理想通りの形や色合いは選べません。
------------------------------
または
------------------------------
C, ギャッベ小型部屋マット1枚
小型マットサイズのギャッベ60×40cm(45,000円相当)を提供させていただきます。
------------------------------
※リターンご利用の際は前週までにご予約をお願いします。

2人が支援しています。

2017年07月中にお届け予定です。

受け取るボタンを押すと?

急激に支援が集まったり、クラウドファンディング終了数日前になると、リマインドメールが届きます。

終了前にお知らせを受け取る

「Makuake(マクアケ)」は、実行者の想いをサポーターの支援によって実現するクラウドファンディングサイトです。このページは、 レストラン・バーカテゴリの 「長野県の古民家カフェ『おぐさんち』 八ヶ岳を一望できる2階展望席を完成させたい!」プロジェクト詳細ページです。

長野県の古民家カフェ『おぐさんち』 八ヶ岳を一望できる2階展望席を完成させたい!

\このプロジェクトが気に入ったら/

PAGE TOP

支援を続けるには
こちらからログインしてください

会員登録

\約1分で登録でき、Makuakeを楽しめます!/

SNSで登録

メールアドレスで新規登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

パスワード

※半角英数字
6文字以上

確認

ログイン

SNSでログイン

Makuake IDでログイン

メールアドレス
パスワード

※半角英数字
6文字以上

新規会員登録

メールアドレス
確認
ユーザー名

※全角・半角
英数字3-20文字

Makuake内で公開されます。